allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

はやぶさ 遥かなる帰還(2012)

メディア映画
上映時間136分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2012/02/11
ジャンルドラマ
映倫G
僕らは彼に《希望》を託した。
<初回生産限定>はやぶさ 遥かなる帰還 特別限定版【Blu-ray】
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 2,998
USED価格:¥ 2,997
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:瀧本智行
製作:岡田裕介
加藤進
早河洋
企画:坂上順
大澤善雄
COエグゼクティ
ブプロデューサー:
村松秀信
桑田潔
エグゼクティブプ
ロデューサー:
平城隆司
依田巽
木下直哉
プロデューサー:菊池淳夫
長坂勉
高野渉
ラインプロデュー
サー:
木次谷良助
企画協力:川村龍夫
原作:山根一眞
『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』(マガジンハウス刊)
脚本:西岡琢也
美術監督:若松孝市
撮影監督:阪本善尚
編集:高橋信之
音響効果:柴崎憲治
音楽:辻井伸行
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
VFXスーパーバ
イザー:
野口光一
スクリプター:長坂由起子
照明:大久保武志
制作担当:白石治
整音:室薗剛
装飾:柿澤武
録音:高野泰雄
助監督:権野元
キャスティングプ
ロデューサー:
福岡康裕
チーフデザイナー:小林久之
プロジェクトマネ
ージャー:
渡辺謙
出演:渡辺謙山口駿一郎
江口洋介藤中仁志
夏川結衣井上真理
小澤征悦鎌田悦也
中村ゆり松本夏子
吉岡秀隆森内安夫
石橋蓮司木下治夫
藤竜也丸川靖信
山崎努東出博
嶋田久作
近藤芳正
蟹江一平
笠兼三
モロ師岡
橋本一郎
宮下裕治
増田修一朗
大和田悠太
寺井文孝
ピエール瀧
長嶋一茂
永倉大輔
宮本大誠
小松靖
安藤彰則
石川樹
村田勘
野口貴史
重松収
織本順吉
菅原大吉
田中要次
矢島健一
【解説】
 日本中が感動し、世界が賞賛した小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの苦難の道のりとその偉業を、「沈まぬ太陽」「インセプション」の渡辺謙主演で映画化した実録ヒューマン・ドラマ。当初からプロジェクトをつぶさに取材してきたノンフィクション作家・山根一眞のベストセラー『小惑星探査機はやぶさの大冒険』を原作に、数々の困難に直面しながら不屈の意志でプロジェクトを成功へと導いた科学者、技術者たちの熱き奮闘の軌跡を、チームを率いる冷静沈着なプロジェクトマネージャーを軸に描き出していく。監督は「スープ・オペラ」「星守る犬」の瀧本智行。
 2003年5月9日、十数年の歳月を費やして開発された小惑星探査機<はやぶさ>がついに打ち上げられた。それを見守るプロジェクトマネージャーの山口駿一郎は“これは長い旅路の始まり”と決意を新たにする。プロジェクトには技術者、学者、民間企業をはじめ様々な立場の人々が関わっていた。山口はいつでもロジカルに思考し、どんな時にも感情を表に出すことなく、冷静にみんなを指揮し、一つのチームへとまとめていく。朝日新聞社の科学部記者・井上真理は、そんな山口はじめ関係者の取材を進めていく中で、彼らの純粋な気持ちに惹かれていく。やがて<はやぶさ>は、目的地である小惑星イトカワの撮影に成功、2005年11月にはいよいよ最大の難関であるイトカワへの着陸(タッチダウン)とサンプル採取に挑むのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
13 3.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2013-03-27 16:22:43
「はやぶさ」競作三部作の東映版である。
主演に渡辺謙、共演が江口洋介、吉岡秀隆、藤竜也、山崎努と達者な役者がそろい踏みであり、映画としての深みは三作中一番である。
この話はストーリーがあまりにも有名でありドラマチックなので、それをいかに映画として魅せるかが勝負になるが、この東映版は終始男臭く展開し結構感動する場面も多い。渡辺謙のリーダー役はどうみても東大教授には見えず、まるでヤクザの親分のような迫力だが、それがオトコのドラマとしてはうまく成立しているのが、いかにも東映版と言ったところだ。
惜しむらくは華やかなヒロインが不在なことだろう。健さん文太には、やはり藤純子が不可欠なのである。
投稿者:bond投稿日:2012-12-10 08:33:14
そんな事もあったなー、程度の記憶だったが、一大事業だったのね。諦めない肝要な事を学べる。
投稿者:maxpit投稿日:2012-08-27 20:37:45
他の2作を鑑賞後、これが一番最後となったが、予想通り大人向けの硬派な
仕上がり。これを子供と一緒に観ていたら飽きられてしまってたかもしれない。
俳優の顔ぶれを見て当初から予想はしていたのだが、ドラマは見ごたえこそ
あれ、はやぶさに関わるスタッフたちの苦労話を中心に重々しくストーリー
が進行するため、宇宙における夢とか憧れとかいうものより人間臭いドラマ
に傾倒しすぎているきらいがある。もちろん、映画の観客ターゲット層を考
えての脚本・演出だと思うので面白くないという訳では決してない。
投稿者:ひのぴ投稿日:2012-03-11 12:02:33
【ネタバレ注意】

はやぶさの偉業は誰しも認める所で、是非映画館で見なければと意気込んでいたのだが、見てみてがっくり.なぜつまらないドラマを無理やりつめ込まなければならないのか意味不明.最後のイオンエンジンのクロス運転は一か八か賭けるしか無い状況で、よく訳のわからないメーカーの理由をつけて反対する場面など、ありえない脚本でしょ.山根一眞氏の原作は、ドラマチックで、苦労話が盛り込まれていて本当に感動的だったのに、つまらない映画にしてくれた.下手な脚色などせずに、事実を淡々と描写してくれた方がよほど感動的だったのでは!?映画館でお金を払わなくても、NHK BSのドキュメンタリーの方が遥かに面白いです.唯一の救いは、やっぱり渡辺謙の演技力というか存在感かなあ.

投稿者:たんばのもり投稿日:2012-02-22 18:54:08
 2010年。人類史上初、月より遠い天体からのサンプルリターンを成功させた、日本の小惑星探査機“はやぶさ”の、打ち上げから、小惑星“イトカワ”への着陸、そして、数々のトラブルを克服し地球に帰還するまでの物語。
 “はやぶさ”の偉業は、マスコミや科学誌が大々的に取り上げ、一つの物語を作り上げてしまい、私たちは“この物語”をよく知っている。
 しかし、この映画は、“この物語”を映画化したに過ぎない。まるで、記録映画を見ているようだ。
 確かに見ていると、ジーンとくるようなところもあるが、余りにも知っていることばかりであり、新しい感動はないのである。(これは、私だけかも知れないが。)
 日本の第一線級の俳優と、映像スタッフを使い、海外ロケーションまでして作り上げた大作なのに、これはもったいない。
 “はやぶさ”を開発するには、多くの科学者や技術者の戦いがあったはずであり、この探査機を作り上げるエネルギーの人間ドラマにしたほうが、もっと人々の感動を呼んだのではないか。
 今の日本は、東日本大震災や原発事故により、大きく世相が落ち込んでいる。この“はやぶさ”の偉業を早く映画にし、公開することで、日本を活気づけようと考えた映画会社の気持ちはよくわかるが、やはり、早く作りすぎた映画であると思うのである。
 しかし、現在に生きる日本の若者には、是非、見てほしい作品ではある。

 PS:
 この映画のエンディングには見入ってしまった。なんと、日本の宇宙開発史のスライドが、次々に映し出されていくのだ。
 ・東大の糸川教授による、ペンシルロケットの水平発射実験。
 ・カッパー、ラムダロケットによる宇宙科学実験。
 ・内之浦・宇宙センター。
 ・ミューロケットによる、日本発の人工衛星“おおすみ”。
 ・そして、“はやぶさ”など。
 この映画を作った製作者の思いがひしひしと伝わってくる。
【レンタル】
 【DVD】はやぶさ 遥かなる帰還レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 3,086
12新品:¥ 2,390より   17中古品¥ 440より 

【書籍】
■原作
【ペーパーバック】 小惑星探査機 はやぶさの大冒険
新品:¥ 1,404
1新品:¥ 1,404より   70中古品¥ 1より 

■ノベライズ
【文庫】 はやぶさ 遥かなる帰還 (集英社文庫)
新品:¥ 514
1新品:¥ 514より   36中古品¥ 1より 

■コミカライズ
【コミック】 はやぶさ遥かなる帰還―コミック版
新品:¥ 1,008
1新品:¥ 1,008より   16中古品¥ 1より 

【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION