allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロボジー(2011)

メディア映画
上映時間111分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2012/01/14
ジャンルコメディ
映倫G
変形しない。
戦わない。
働きもしない。
そんなロボットに
日本中が恋をした――。
ロボジー<Blu-ray>スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
参考価格:¥ 8,100
価格:¥ 4,000
USED価格:¥ 2,845
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛快ドタバタ・コメディ。ロボット開発を任された冴えない技術者3人組が、お披露目に間に合わずに中に老人を忍ばせごまかそうとしたばかりに思わぬ騒動へと発展していくさまをコミカルに描く。歌手で俳優のミッキー・カーティスが五十嵐信次郎名義で主演の老人役を快演。共演は吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉。
 家電メーカー“木村電器”の冴えないロボット開発部員、小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から二足歩行ロボットの開発を命じられてしまう。ところが、お披露目の場となるロボット博を1週間後に控え、製作中のロボット“ニュー潮風”が大破する事態に。追い詰められた3人はロボットの製作を諦め、ロボットの外装にぴったりの老人、鈴木重光を見つけ出すと、中に入って動いてもらう、その場しのぎのごまかしでどうにか乗り切ろうとするのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mocotan投稿日:2013-07-22 08:57:35
ロボジー ロボ爺 

笑った。楽しかった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-11-11 23:33:19
【ネタバレ注意】

こういった題材で嘘を突き通す事を観る側に許容させるには、鈴木の孫の一人が難病に罹ってるとか、ロボットチームの一人のメガネノッポに崩壊寸前の家族が居て、子供にカッコイイ父親として憶えてて欲しいとか、会社の上司を憎たらしくするとか、色々考慮する余地が残されているのがマイナスで、矢口監督はやはり詰めが甘過ぎると言わざるを得ない。
あと海外のロボットマニアが気付く事を日本人が気付かない訳ないし、終盤の「手品」をもっと上手く描いて欲しかった。スピンオフで、ミッキーさんがあの格好のまま拳銃を偶然見付けて、悪を懲らしめる「ロボコップジジイ」も観てみたい。

投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-11-07 03:49:10
「ニュー潮風」って。なんかもっとかっこいい名前つけるものかと思ってた。でも面白いね。www.seisakuiinkai.com
投稿者:uptail投稿日:2012-10-15 11:53:36
演出:6
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:maxpit投稿日:2012-08-07 00:00:57
さすが矢口史靖監督というだけあって、この一見くだらなさそうな題材を
かなり面白い脚本にまとめてある。正直、この話、どういう風に収めるの
だろうと、あまり期待していなかったのだが、単にバレてごめんなさいで
終わらせなかったところが素晴らしい。最後のオチはまさに漫才とも言え
るオチで素晴らしい(笑) コメディなので、それはないだろっていうところ
もたくさんあるがそれはそれでご愛嬌♪ ミッキー・カーティスがなかなか
の好演で、吉高由里子も絶好調。見て損はなし。
投稿者:かっこう投稿日:2012-03-17 20:24:37
やはりロボットにおじいちゃんが入るという発想がいい。若者やおじさんではなく、おじいちゃん!確かにロボットの少々ぎこちない動きは、どちらかというとおじいちゃんに近いのかもしれない。とにかくギリギリで切り抜けていく3人組のドタバタ振りが面白い。どうなるかと思ったが、ラストもうまいことまとめ上げてる。ただ、世間を騙しているという気まずさが最後まで払拭できないのが、爽やかコメディとしては弱点。やっぱ多少ひっかかる。
投稿者:IBU eiken投稿日:2012-02-11 00:54:57
久々の矢口監督の新作で期待しすぎたのだろうか。イマイチ感は有りました。オールナイトの5,6人の劇場でしたがサホド笑いもなく…。予告編で期待しすぎたのか、笑えるシーンは予告編のシーンだけだった気がする。
個人的には「ハッピーフライト」もイマイチ感があったので、矢口監督には音楽を活かした映画(「ウォータ…」や「スイング…」)が一番楽しめる気がした。
投稿者:常さん投稿日:2012-01-21 15:00:27
 久しぶりに映画館でたっぷり笑いました。おじいちゃんも、女子大生も窓際三人組もとてもいい味出している。展開もテンポも申し分ない。ラストのオチもちゃんとはまっている。コマーシャルでは竹中直人ばかりが目立っているが、登場はこのシーンのみ。本当は老人の独居問題や介護の問題、家族の問題などを背景で扱いながらも、笑いで吹き飛ばしているのが素晴らしい。日本を元気にする映画だ。  
投稿者:陸将投稿日:2012-01-18 21:41:41
【ネタバレ注意】

矢口史靖監督の近年の作品にはいくつかの特徴がある。
戯画的な世界で繰り広げられるのは、俳優の過剰な演技であり、フザケ合いにも見えるギャグから生まれる底抜けた笑いであり、細かいことは気にしないご都合主義的な展開である。
それに比べると、本作は少々異質なのかもしれない。
ややリアリティーに重きを置いた本作のバランスは、矢口作品に若干の抵抗があった自分もすんなりと受け入れることができる。

本作の最も優れた点は、巧みな物語構成にある。
主に3つの立場に分けられる登場人物たちが置かれた状況を手際よく語っていく序盤は、見ていてとても心地がよい(特にタイトルが出るまでのくだりが最高!)。
そこで浮かび上がってくる個々の問題をどう切り抜けていくか。
1番大きな問題を具体的に言えば、ロボットの中に人間が入っている事実をどう誤魔化し続けられるか。
それが推進力となって、本作は展開していく。

矢口作品の特徴として、「アクシデントをどのように乗り越えるか」という点も挙げられる。
『ウォーターボーイズ』(01)のシンクロ、『スウィングガールズ』(04)のビッグバンドジャズ、『ハッピーフライト』(08)の飛行機着陸のように、その乗り越えるべき1点に物語が集約され、そこでカタルシスが生まれるのが従来の作りだ。
だが、本作は危機的瞬間が矢継ぎ早にやって来る。
そして、それらの状況を「乗り越えて」いくのではなく、「切り抜けて」いく。
だからこそ、個々の問題の根本的解決にはいつまで経っても辿り着かないのだ。

本作の笑いのツボも従来の作品とは異なる。
「真実」を知っているのは観客だけという優位な立場にいる中で、その「真実」がバレるか隠し通せるかのせめぎ合いの中から生じる。
突発的なギャグや変顔といった「ビックリ箱」的な笑いから、その時々における「シチュエーション」から笑いが生み出される。
理工学部の学生に無知な社員が質問を質問で返すやりとり、「ロボット」が孫に書くサインが達筆すぎるといった場面がいい例だろう。
矢口監督のコメディセンスが一段上のレベルに達したと感じる。

本作で1番苦慮したのはラストシーンであろう。
観客も「真実」がバレるギリギリで切り抜けていく過程を楽しみながらも、「この物語にどのような落とし所を用意するのか」と要らぬ心配をするだろう。
そういう意味では、第一段階の着地は非常に良かったと思う。
ロボットに入っていた老人も、子や孫と和解し、腰痛も治り(小道具としての磁石の使い方が見事)、スポットライトは浴びないながらも「自分」としてステージに無事に上がる。
3人の社員はロボットについて無知だったが、学生たちや本などから知識を吸収することで、実際のロボットを自らの手で作り上げ、真に会社に貢献する。
ロボットオタクの女子高生は、ロボットに一目ぼれし、追っかけることで、ロボットについて詳しくなり、それを就活で生かして、無事に木村電器に就職する。

けれども、この結末だと無視できない問題がそのまま放置されてしまう。
それは、「世の中に嘘をつき続けている」という事実だ。
ロボットの中に人間が入っていたという事実の隠蔽や偽装は、例え誰の身体を傷つけていなくても、世の中の夢を壊し、心を傷つけてしまうものである。
ロボット業界=虚構の世界と捉えられてもおかしくない。
その問題点を作り手たちも分かっているからこそ、マイナーな世界(これも矢口作品の特徴)であるロボットの世界は、専門敵領域までリアリティーを持って真摯な姿勢で描写している。

だからこそ、本作にはまだ続きがある。
上手く着地したはずの個々の物語を破綻させることになっても、それでも別のラストシーンを用意する。
再び老人にロボットに入るように、4人になった社員たちが頼み込むのだ。
これはとても思い切ったことをしてくれたなと思う。
「虚構」を再び突き進むことを苦肉の策として選択した矢口監督。
結局、何ひとつ根本的解決に至らないで、物語が円環していくような結末には、「映画ってどうせ虚構なんだからさ」という開き直りさえ感じるのだ。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2012-01-16 00:04:50
吉高由里子さんがとってもチャーミング。彼女といい、『モテキ』の長澤まさみさんといい、適役を得た女優さんはなんと輝くものだろう。
けれど一番輝いていたのは、やっぱり五十嵐信次郎さんだ。俳優歴は長いけど、新たな芸名で映画初主演とは、73歳にしてチャレンジ精神旺盛である。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-295.html
投稿者:ASH投稿日:2012-01-14 23:37:17
【ネタバレ注意】

 その昔、「ゲッターロボG」ってなアニメがあったけど、「ロボジー」というタイトルを聞いて真っ先に思い浮かべたわ。それはともかく、このサイトでは映画通からの評判は芳しくない矢口史靖監督作品だけど、相変わらず笑いどころを抑えた愉しい映画に仕上がっていて、上映中は場内からも笑い声がひっきりなし!! 深みがない分、通には受けが悪いかもね。

 てなわけで、今回は矢口監督が得意とするヘッポコ集団の奮闘記というプロットはだいぶ薄らいで、コメディでは王道ともいえる「成りすまし」モノで笑わせてくれる。要するに、主人公が自分の正体を偽っているので周りにバレないように振る舞い、その様が笑いを誘うというアレ。とはいえ、当事者であるニュー潮風は飄々としていて、バレないようにアタフタしているのはそのニュー潮風をでっち上げた開発者の3人組というところはチト違うけど。

 ひょんなことからニュー潮風の中に入ることになった鈴木さんというおじいちゃん。せっかく会いに来た実の娘も追っ払うような頑固で偏屈なジジィだ。孫とは仲良くしたいけど、年頃なので相手にしてもらえない。そんな心の中に寂しさを抱えたどこにでもいる老人が、ロボットに成りすましたことで精彩を取り戻してゆく。ニュー潮風になる前の鈴木さんの日がな一日が恐ろしく退屈に描かれているもんだから、人前で喝采を浴びることに快感を覚えるのも想像に難くない。

 ロボット開発を任された(押し付けられた?)3人組が、苦肉の策としてでっち上げた着ぐるみロボットが評判になり、引っ込みがつかなくなる。この3人組と鈴木さんが共犯関係になってゆく過程も笑わせてくれる。好き放題に振る舞うニュー潮風が自分たちの手に負えなくなる、文字通りの制御不能になるのだが、彼らもあることがきっかけでロボット開発に真剣に取り組むようになる。ここで矢口監督お得意のヘッポコ集団の奮闘記が前へ出てくるというわけだ。大学生の知恵を借りたりと、少々ズルいんだけど。

 着想は間違いなくHONDAのASIMOからなんだろうけど、二足歩行のヨタヨタした歩き方は腰を曲げた老人の歩き方をどことなく思わせる。そこであのロボットの中に老人が入っていたら面白いだろうな、てなことでこのプロットを思い付いたんだろうけど、成りすましコメディの体裁を取りながらも、老人が生きがいを見つけ出すというお話に到着する辺りはお見事の一言。なんだかんだ言っても鈴木さん、まんざらでもなさそうなのだ。だって、巡業先で贅沢三昧できるんだから。

 鈴木さんに振り回されっぱなしの3人組だけど、世間には言えない秘密を共有したことでこの4人が次第に離れられない関係になってゆく展開が心地よい。ラストで鈴木さんが手にした4つの強力な磁石がカチッと合わさることがそれを象徴しているわけだ。世話の焼けるジジィと出会ったことでリストラ要員の3人組も同様に精彩を取り戻してゆく。それぞれが自分の居場所を見つけることになると。

 引っ込みのつかなくなった展開をどう収束させるのか。事実が世間に知れてしまい、そこから新たにやり直すという優等生的なオチをあえて避けているのは好印象。真面目に見ちゃえば4人は木村電器の社長や世間をずっと騙したことになるのだが、企業が不正を隠蔽している現実から比べればこんなこと、カワイイもんよ。良識派気取りは反省の色がないと批判するんだろうけど、人を幸せにするウソも世の中にはあるもんなんだよな。

 おそらく日本では一番有名なスティクス(Styx)のヒット曲「ミスター・ロボット」(♪ドモ、アリガット、ミスター・ロボット、ドモ、ドモ♪)が印象的に使われているんだけど、歌うはなんと主演を務めた五十嵐信次郎。って、このジィさん、ミッキー・カーチスなんじゃん! これからの人生はこの芸名でやってゆくつもりなのかしらん? 日アカ主演男優賞の候補になってもおかしくないくらいの妙演を披露。ところで、ニュー潮風の中に入っていたのもミッキー本人なんじゃろか?

 吉高由里子はこういうエキセントリックな役がよく似合うわ。和久井映見を見かけるのはお久しぶり。それとデータには載ってないけど、和久井映見の旦那さん役を演じていたのは田辺誠一でぇ〜す!

 ちなみに、ASIMOをTVで初めて見たとき、俺も「ああ、中に人が入ってる」と思った。

投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2012-01-12 23:20:02
話は二転三転と展開します。
最後は納得の行く終わり方で、私的にはこれは当たりだったと思いました。

CMなどでは軽い印象でしたが、内容は奥深く、これは子供から大人まで楽しめる作品です。

また、軽いタッチでも、アダルトチックな部分はありません。親子で行って語り合い、絆を深めるのにいい作品かも知れません。

登場人物も役柄か皆コミカルで、しかも人数は少ないんです。

大がかりな仕掛けとかも無いのにいい話で、引き込まれ、上手く作ったと思われました。

この映画を観ると元気がない時にはパワーを頂きます。しかも内容は難しくなく、そんなに予備知識がなくても十二分に楽しめます。時間的に111分も丁度で、テンポのいい展開なので、中だるみはそんなになかった様に思います。

ロボットの名前もニュー潮風ですが、全体的な好感度も高いです。

大体、ストーリー自体ロボットにおじさんを入れる発想がいいですね。イケメンでもなく、子供でもなくおじいさんと言うのがいいのです。また、おじいさん(鈴木重光)役の五十嵐信次郎さん、いい味だしてますね。

この作品が奥深いのは、機械の専門用語が飛び交うシーンがあるのもあります。ロボット工学などと言う言葉も専門的ですよね。

もう1つこの映画を盛り上げているのは、ニュー潮風の動く時に発するモーターの音だと思います。この効果音はいいですね。

この作品は2回目の試写会でしたが、こう言う、繰り返し試写される作品は当たりが多いですね。
【レンタル】
 【Blu-ray】ロボジーレンタル有り
 【DVD】ロボジーレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 映画 ロボジー オリジナルサウンドトラック
新品:¥ 2,571
7新品:¥ 800より   7中古品¥ 261より 

【書籍】
■ノベライズ
【単行本】 小説ロボジー
新品:¥ 1,080
1新品:¥ 1,080より   13中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【単行本】 映画ロボジー取扱説明書
新品:¥ 2,052
21中古品¥ 338より 

【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION