allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

しあわせのパン(2011)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2012/01/28
ジャンルドラマ
映倫G
わけあうたびに
わかりあえる
気がする
しあわせのパン [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 4,381
USED価格:¥ 4,100
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:三島有紀子
製作:豊島雅郎
プロデュース:森谷雄
企画:鈴井亜由美
プロデューサー:遊佐和彦
岩浪泰幸
脚本:三島有紀子
撮影:瀬川龍
美術:井上静香
衣装:宮本まさ江
編集:加藤ひとみ
音楽:安川午朗
主題歌:忌野清志郎
『ひとつだけ』
矢野顕子
スタイリスト:大森イ予佑子
(原田知世担当)
フードスタイリス
ト:
石森いづみ
照明:原由巳
録音:小宮元
出演:原田知世水縞りえ
大泉洋水縞尚
森カンナ齋藤香織
平岡祐太山下時生
光石研未久のパパ
八木優希未久
中村嘉葎雄阪本史生
渡辺美佐子阪本アヤ
中村靖日広川のだんなさん
池谷のぶえ広川の奥さん
本多力郵便屋さん
霧島れいか未久のママ
信太真妃
イマニシケンタ
田中温子
あがた森魚阿部さん
余貴美子陽子さん
声の出演:大橋のぞみモノローグの少女
【解説】
 北海道出身の大泉洋を主演に迎え、北海道を舞台に贈るハートウォーミング・ストーリー。洞爺湖のほとりで小さなパンカフェを営む一組の夫婦と、そこを訪れる人々の心温まる人生模様が、四季折々の美しい風景とともに綴られてゆく。共演に「となり町戦争」の原田知世。監督は「刺青 匂ひ月のごとく」の三島有紀子。東京から洞爺湖のほとりの月浦に移り住み、パンカフェ“マーニ”を開店した夫婦、水縞尚とりえ。夫がパンを焼き、妻がそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。そんな小さなお店を、少しだけ悩みを抱えたいろいろなお客たちがやって来る。そしていつしか、心に小さなしあわせをみつけて帰ってゆくのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-01-05 17:48:52
毎日を丁寧に生きる夫婦だが、特に印象に残るシーンもなく、
さらーっと2時間終わっちゃった。
投稿者:mocotan投稿日:2013-11-20 07:34:17
おいしいパンとコーヒー。

食べたくなりました。

北海道のどのへんかな?って思ってたんだけど、

洞爺湖でしたか〜。

いいところですよね。

私もマーニーに行ってみたくなりました。

投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-04 06:35:26
その日とれた物を使って作るパン、なんだか硬そうな感じのが多いけど食べたくなる。www.seisakuiinkai.com
投稿者:maxpit投稿日:2012-07-09 22:33:51
癒し系ムービー。「かもめ食堂」「食堂かたつむり」にも似た雰囲気の
映画で北海道の洞爺湖を舞台に夏、秋、冬の3つのエピソードが描かれ
ています。コーヒーの香りとおいしそうなパンや野菜。ゆったりとした
自然。そこで暮らす寡黙で心優しい人たち。それらがカフェに訪れる
問題を抱えた人々の心を溶かし、幸せにしてくれます。
大泉洋と原田知世のキャスティングは完璧で、脇を固める役者さんも
すべて嫌味なく、役にはまっています。嫌なことがあったり、ちょっと
疲れた時などに観れば、きっと心を「ほっ」とさせてくれるものがある
と思うのでお勧めの映画です。
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-07-01 23:04:48
北海道の豊かな自然に、永遠の清純派原田知世を迎えれば、そりゃいい映画になるでしょう(笑)…と思ったらとんでもなくて。
いやいや、いわゆるハートウォーミングっぽいんですよ。
どこか荻上直子監督作品にも通じるところもあるので、女性には受けるかも知れません。
しかしながら作品全体から溢れてくるリアリティの欠如は、いかんともし難い感じ。まあファンタジーという前提ならまあいいんでしょうけど。

札幌出身の大泉洋が、東京で行き詰まってしまった原田知世とともに洞爺湖近くで部屋付カフェを始めたそうです。「水島クン!」と呼ぶ彼女との関係は、「夫婦」なのだそうです。彼女は好きでもない男と結婚して店を始めたのでしょうかね…。
妻に逃げられた父と娘がこの店で食事をとるときには、水も出てこないでいきなりワンプレート、その後にスープ、最後にパン。うーんどうよこの順番(笑)。
ナレーションがそういうオチなんだろうな、というのも見え見えで、後半は腕時計ばかりが気になってしまいました。

ついでにこれはワザと?なのかもしれないけれど、ビデオカメラでの撮影がバレバレ。ビデオは色彩がのっぺりしてしまうし、さらに知世ちゃんを若く見せるため?に絞りがオーバー気味なので、せっかくの舞台の大自然も台無し。
原田知世ファンだけに、CMのような彼女の可愛いシーンは良かったと思うけど、BlendyのCFじゃないんだからさ(笑)。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】しあわせのパン2012/07/06\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】しあわせのパン2012/07/06\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】しあわせのパンレンタル有り
【書籍】
■映像関連書籍
【文庫】 しあわせのパン (ポプラ文庫)
新品:¥ 648
1新品:¥ 648より   68中古品¥ 1より 

【単行本】 しあわせのパンの季節
新品:¥ 1,728
1新品:¥ 1,728より   13中古品¥ 1,353より 

【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION