allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

無言歌(2010)

夾辺溝
THE DITCH

メディア映画
上映時間109分
製作国香港/フランス/ベルギー
公開情報劇場公開(ムヴィオラ)
初公開年月2011/12/17
ジャンルドラマ
映倫G
それでも、人を想う。
無言歌(むごんか) Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 6,132
USED価格:¥ 4,601
amazon.co.jpへ

 Photos
無言歌無言歌

【解説】
 「鉄西区」「鳳鳴―中国の記憶」で山形国際ドキュメンタリー映画祭のグランプリを2度受賞するなどドキュメンタリー作家として世界的な評価を得ているワン・ビン監督が、自身初の長編劇映画として撮り上げた渾身のヒューマン・ドラマ。ヤン・シエンホイ(楊顕恵)の小説『告別夾辺溝』を基に、文化大革命前夜に起きた“反右派闘争”による悲劇を、入念なリサーチから紡がれた衝撃のエピソードと圧倒的な映像美で描き出していく。
 1949年に中華人民共和国を建国した毛沢東は着々と独裁体制を確立していくが、1956年、ソ連でのスターリン批判を教訓に、共産党に対する批判を歓迎する“百花斉放百家争鳴”を提唱した。しかしほどなく方針を一転させ、批判した知識人たちを“右派分子”として粛正、辺境の再教育収容所へと送り、劣悪な環境の中で多くの死者を出すこととなった。そんな中、中国西部の辺境の地、ゴビ砂漠の収容所“夾辺溝”では、過酷な労働を強いられた人々が飢えと疲労で次々と命を落としていく地獄の様相を呈していた。そこへ、収容されている夫を訪ねてひとりの女がやってくるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2013-07-15 12:12:59
飢餓を題材にした映画は多いが、本作は静かで荒涼とした砂漠がその雰囲気を高めてる。飢えは人を獣化する。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-03-08 10:33:57
ドキュメンタリー映像作家らしい王兵監督作品。これは、外国資本がなければ出来なかったと思われる映画だ。1960年、右派の政治犯たちが送られた強制労働施設。その過酷な実態をカメラはとことん追う。移動カメラが壕に入り土埃が舞う。上海から夫を訪ねてきた妻の号泣。砂漠に打ち捨てられた死者たちの土饅頭。建国の中で闇に葬られた歴史の側面をふり返り、検証している。
投稿者:Goroku投稿日:2012-09-08 13:56:13
中国の文化大革命時の強制労働施設を描いた作品。砂漠を開墾するという無益にしか見えない労働に従事する収容者たちが、栄養失調のためバタバタと倒れて死んでいく。
飢えの描写がすさまじい。まずそうな収容所の食事(白く濁ったうすい粥だけ)を、汚れた食器を舐めるようにして食べるが、それだけでは身が持たない。捕まえたネズミを焼いて食べる。細かな雑草の実を口にするが腹を壊す。他人の吐瀉物からでも固形物をつまんで食べる。描写はないが、死体のふくらはぎの肉を削ぎ取って食べる者がいるという話もあった。見ていて何度か吐き気をもよおすほどだった。監督官だけはうまそうな麺をすすっていた。
正気の沙汰とは思えないが、事実もきっとこのようなものだったのだろうと思う。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】無言歌2012/10/27\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】無言歌2012/10/27\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】無言歌レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION