allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

劇場版 SPEC〜天〜 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2012/04/07
ジャンルサスペンス/ミステリー/コメディ
映倫G
真実を疑え。
SPEC 全本編Blu-ray BOX
参考価格:¥ 42,660
価格:¥ 29,862
USED価格:¥ 27,400
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
製作:渡辺香
エグゼクティブプ
ロデューサー:
濱名一哉
プロデューサー:植田博樹
今井夏木
アソシエイトプロ
デューサー:
大原真人
渡辺敬介
ラインプロデュー
サー:
市山竜次
赤羽智比呂
美術プロデュース:小林民雄
山下杉太郎
脚本:西荻弓絵
撮影:斑目重友
編集:大野昌寛
音楽:渋谷慶一郎
ガブリエル・ロベルト
美術デザイン:大木壮史
主題歌:THE RiCECOOKERS
『NAMInoYUKUSAKI』
VFX:野崎宏二
サウンドデザイン:石井和之
記録:奥平綾子
照明:川里一幸
装飾:大村充
録音:臼井久雄
助監督:白石達也
出演:戸田恵梨香当麻紗綾
加瀬亮瀬文焚流
福田沙紀志村美鈴
でんでん市柳賢蔵
岡田浩暉馬場香
松澤一之鹿浜歩
載寧龍二猪俣宗次
有村架純正汽雅
麿赤兒似内晶
三浦貴大宮野珠紀
利重剛福富薫
戸田恵子
山寺宏一
カルーセル麻紀
野添義弘
河原さぶ
多田木亮佑
藤田秀世
平田広明
たんぽぽおさむ
久松信美
伊藤淳史伊藤淳史
栗山千明青池里子
浅野ゆう子マダム陽
(特別出演)
神木隆之介一十一
椎名桔平津田助広
(特別出演)
竜雷太野々村光太郎
【解説】
 「トリック」シリーズ、「20世紀少年」3部作の堤幸彦監督、「ライアーゲーム」の戸田恵梨香、「それでもボクはやってない」の加瀬亮主演の人気TVドラマ「SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」の劇場版。特殊能力(スペック)を持った犯罪者に立ち向かう未詳事件特別対策係(ミショウ)捜査官の活躍を、スケールアップしたストーリー展開で描く。共演は神木隆之介、椎名桔平、竜雷太らレギュラー陣に加え、栗山千明、伊藤淳史、浅野ゆう子らがゲストで登場。
 通常の捜査では解決できない特殊な事件を扱う部署“警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係”、通称ミショウ。ある日、海上に漂うクルーザーから多数のミイラ化死体が発見される。スペックホルダーの関与が疑われる中、瀬文焚流とともに捜査を進める当麻紗綾。そんな彼女の前に、死んだはずのニノマエが姿を現わす。やがて事件は国家規模の様相を呈していくのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
SPEC(スペック) 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2010)TVシリーズ
SPEC〜翔〜 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)TVスペシャル
劇場版 SPEC〜天〜 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)劇場版
SPEC〜零〜 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2013)TVスペシャル第2弾
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇(2013)劇場版第2弾(前編)
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇(2013)劇場版第2弾(後編)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-03-04 11:12:29
何の前知識もなく、DVDを買いました。完全な失敗です。映画の内容以前に登場人物の関係がわからない。だから、ギャグも笑えない。
ただ、こんな不親切な映画ってないですね。トリックも劇場映画シリーズをやってましたが、上田・山田のレギュラーのキャラは不変ですが、一話完結だからすぐについて行けました。どうしてこんなディープな映画を作るのでしょうか。それと、超能力者だからなんでもできる、というのも映画の質を落としていると思います。
投稿者:uptail投稿日:2014-11-28 11:12:57
演出:3
演技:5
脚本:3
音響:3
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-11-20 23:14:29
SPECシリーズは大概観て来たが、さすがにかつてのシリーズは相当忘れている…だもんで、そうしたTVシリーズを復習していないと、とてもではないがついていけない作品。
というか出演者たちも何を演じているのかわかっていないんじゃないかなあ。
コアなファンのためのコアな作品、なんでしょうが、どうなんでしょうね。個人的にはもういいかな。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2013-02-25 08:38:49
ある程度の予習とある程度の考えなさが必要。www.seisakuiinkai.com
投稿者:maxpit投稿日:2012-10-08 08:27:46
TVシリーズ(起)やTVスペシャル(承・翔)を観ていないので、この(転・天)
の部分だけ観ても、正直、満足できる作品とはなっていない。このシリーズ
は「ケイゾク」の続きみたなものかと思っていたけど、海外TV「HEROE
S」のノリになっていたとは知らなかった。随所に見られる懐かしいギャグの
連発は、シリアスなドラマの内容からするとちょっと異質なものに思えますが。
冒頭で 世界的に有名な「ファティマの予言」の話が出てきたので、変に期待
してしまったが、ほとんど映画の内容とは関係なく、「X-MEN」「HERO
ES」のスケールをかなり貧弱にしたもので特殊能力(SPEC)を持った人間と警
察との戦いは期待以下の出来だった。ただ、日本の大人向けTVドラマとして
は、この類は珍しくて注目すべき作品と言えるかもしれない。次回「結・欠?」
となる章はどういう形で見せてくれるのかは知らないけれど、おそらく今回の
映画で触れられた「ファティマの予言」の回答となる展開になると思う。
すべて完結してから、またシリーズ最初から観てみたい。
投稿者:リEガン投稿日:2012-05-08 18:01:54
予習なしの鑑賞に反省。TVドラマを観ていない人間は蚊帳の外でした。劇場版を謳いつつ、“天”が起承転結の“転”に掛けていたとなれば、当然物語は中途にあって最後まで何が面白いのか全然さっぱり。『ちキショウ!テンでもないケツ作だぜぃ』という訳にはいきませんでした。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2012-04-19 03:58:02
風呂敷は広げるもので、畳むものではない。
その点、この作品はテレビシリーズ、スペシャルドラマ、映画第一作と続いて、引っ張り方がなんだか『バイオハザード』シリーズのようである。
が、何にせよ引っ張ったもんの勝ちだ。
風呂敷を畳みはじめるとつまらなくなるのだから。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-324.html
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION