allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミラノ、愛に生きる(2009)

IO SONO L'AMORE
I AM LOVE

メディア映画
上映時間120分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(ツイン)
初公開年月2011/12/23
ジャンルドラマ
映倫R15+
わたしの「扉」が、いまひらく
ミラノ、愛に生きる [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 980
USED価格:¥ 530
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「フィクサー」のティルダ・スウィントンが息子の友人との許されぬ情事に溺れていく上流階級マダムを熱演して高い評価を受けた愛憎ドラマ。監督は「メリッサ・P 〜青い蕾〜」のルカ・グァダニーノ。ミラノの大富豪一族に嫁いだロシア人妻のエンマ。何不自由ない生活を送りながらも満たされない心に、いつしか孤独を募らせていく。そんな時、エンマは息子の友人でシェフのアントニオと出会う。心の奥底に眠っていた情熱的な感情がわきあがり、次第に抑えがたくなっていくエンマだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-30 17:26:02
2010年のゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞で外国語映画賞、米国アカデミー
賞では衣装デザイン賞のノミネートを受け、非常に高く評価された作品である。
しかし、個人的にはつまらなかった(笑) 上流階級の女性が息子の友達と不倫し、彼女
が眠っていた"女"を取り戻りもどす代償として"母親"としての存在を無くすという展開。でも、あまりにすんなり恋に落ちてしまうし、息子の最後も唐突すぎる。基本的にイタ
リア映画には近親相姦的なタブー映画も多く、年の離れた男女の不倫なんて日常茶飯事
のことなのかもしれないので、そのへんに不満はないのだが、もう少し説得力のある
恋愛感情に陥るまでの描写が欲しかった。期待感が大きすぎたのかな? ティルダ・スウ
ィントンはさすがアカデミー賞女優だけあって貫禄の演技。
投稿者:ASH投稿日:2012-06-09 09:16:59
【ネタバレ注意】

 「ティルダ・スウィントン」の一言で済まされちゃう前に観ておこうと思い立ち、早速DVDで鑑賞!! どちらかと言えば中性的でノーブルな顔立ちのティルダがこういう役をやるのは意外な気もするが、よくあるお話もティルダのお陰でグッと官能指数が上がったような。家族が揃うDVDのジャケが「ダーク・シャドウ」に似てる(なわけないか)。

 しかし、名前がエンマって、「ドロロンえん魔くん」かッ!!

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 衣装デザイン賞アントネッラ・カナロッツィ 
□ 外国語映画賞 (イタリア)
□ 外国語映画賞 
□ 外国語映画賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ミラノ、愛に生きる2013/11/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ミラノ、愛に生きる2012/06/08\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ミラノ、愛に生きるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION