allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

顔のないスパイ(2011)

THE DOUBLE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2012/02/25
ジャンルサスペンス
映倫G
顔のないスパイ Blu-ray
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,805
USED価格:¥ 1,250
amazon.co.jpへ

 Photos
顔のないスパイ顔のないスパイ顔のないスパイ顔のないスパイ

【解説】
 「3時10分、決断のとき」「ウォンテッド」の脚本家マイケル・ブラントが監督デビューを飾ったスパイ・サスペンス。若きFBI捜査官と引退した元CIAエージェントが手を組み、死んだはずの旧ソ連伝説のスパイを追うさまを捻りを利かせた展開で描く。主演は「プリティ・ウーマン」「HACHI 約束の犬」のリチャード・ギアと「イン・グッド・カンパニー」「スパイダーマン3」のトファー・グレイス、共演にマーティン・シーン。
 ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説のスパイ“カシウス”の名前が浮上してくる。そこでCIA長官ハイランドは、かつてカシウスの追跡に実績を残した元CIAエージェントのポール・シェファーソンを呼び戻し、大学でカシウスの研究をしていたFBIの新人捜査官ベン・ギアリーと組ませて捜査に当たらせる。カシウスに魅せられ、彼が殺しを復活させたと信じるベンに対し、カシウスは死んでおり事件は模倣犯の仕業と一蹴するポールだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2013-04-20 09:21:56
話はオチがちょっと変わってるだけで陳腐。
演出、画面作りから音楽まで全く没個性でやや粗雑、カーチェイスやアクションも活きない。
キャストもパっとせず、リチャード・ギアは相変わらずのダイコンで似合ってもないし、トファー・グレイスは顔も演技も普通の人すぎてこれまた凡作化の一因。
投稿者:bond投稿日:2013-01-21 12:25:37
もっと、面白くなる題材なのに、深みがなく、劇画調になってしまってる。ケヴィン・コスナー の「追いつめられて」の方がはるかに面白い。
投稿者:namurisu投稿日:2013-01-05 17:02:03
DOUBLE が DOUBLE。敵がまたロシアになってきた。スパイが簡単にミスる。ラストの腕時計は無理あり。
投稿者:賭侠投稿日:2012-11-01 02:17:35
ラストのオチ以外はその辺のB級映画と変わらない展開で、スパイを題材にした映画にしてはスケール感がない。
また、サスペンス・アクションとしても失格で、サスペンスの部分が薄すぎる。

ただ、リチャード・ギアは良かったと思う。


個人的にはマーティン・シーンが出ていたのが嬉しかった。
投稿者:uptail投稿日:2012-07-23 10:51:27
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-24 03:44:46
二重スパイもの。ラストのどんでん返しが肝となる作品だろう。
ソ連の伝説のスパイ「カシウス」は、いったい誰なのかという導入
の部分が謎解きになっているのではない。案外早くに、その答えは
明かされるのでサスペンスとしての面白味に欠けるような気もした
が、アクションでもそれなりに楽しめた。そして、ラストのオチは、
結構、意外感はあった。リチャード・ギアは、優しそうな顔立ちな
ので役柄に合ってないかと最初は思ったが、脚本上のキャラクター
を考えると違和感なく、むしろ適役なように思えた。
緊張感こそ、感じられないが、普通にそこそこは楽しめる作品で
本来は脚本家であるマイケル・ブラントの監督デビュー作としては
無難なところと言えるのではなかろうか?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】顔のないスパイ2012/07/04\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】顔のないスパイ2012/07/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】顔のないスパイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION