allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

TIME/タイム(2011)

IN TIME

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2012/02/17
ジャンルSF/サスペンス/アクション
映倫G
全ての人類は25歳で
成長が止まる

2012年2月17日(金)TOHOシネマズ 日劇他にて全国ロードショー

TIME/タイム

(c) Twentieth Century Fox Film Corporation


 Photos

【クレジット】
監督:アンドリュー・ニコル
製作:エリック・ニューマン
マーク・エイブラハム
製作総指揮:アーノン・ミルチャン
アンドリュー・Z・デイヴィス
クリステル・レイブリン
エイミー・イスラエル
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:ロジャー・ディーキンス
プロダクションデ
ザイン:
アレックス・マクダウェル
衣装デザイン:コリーン・アトウッド
編集:ザック・ステーンバーグ
音楽:クレイグ・アームストロング
出演:ジャスティン・ティンバーレイクウィル・サラス
アマンダ・セイフライドシルビア・ワイス
アレックス・ペティファーフォーティス
キリアン・マーフィレイモンド・レオン
ヴィンセント・カーシーザーフィリップ・ワイス
マット・ボマーヘンリー・ハミルトン
オリヴィア・ワイルドレイチェル・サラス
ジョニー・ガレッキボレル
コリンズ・ペニーイェーガー
ベラ・ヒースコートミシェル・ワイス
アーロン・ペリロベル
シャイロー・ウーストウォルドマヤ
スレイカ・シルバーパシャ
ローラ・アシュリー・サミュエルズサジータ
ウィル・ハリスユリシー
マイケル・ウィリアム・フリーマンナーディン
ジェシー・リー・ソファーウェッブ
ニック・ラシャウェイエクマン
ウィル・ペルツピエール
レイ・サンティアゴヴィクタ
コリン・マガーク
マクシミリアン・オシンスキー
【解説】
 「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督が、人間の余命が通貨のように売買される近未来を舞台に、貧しい青年と大富豪の娘が繰り広げる逃避行の行方を描くSFサスペンス・アクション。主演はジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライド。老化を克服した近未来の社会。全ての人間の成長は25歳でストップし、以降の余命は体内時計が刻む残り時間によって設定されていた。富める者は永遠の命を享受する一方、貧しき者は早死にする残酷な世界。ある日、貧しい青年ウィルは、社会への不合理を目の当たりにして、システムを支配する見えざる敵に立ち向かう決意をする。そして富裕層が暮らす地区へと潜入したウィルは、大富豪の娘シルビアと出会うのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 18:30:31
もうティンバーレイクは俳優で食べていきましょう。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2013-11-06 16:32:11
【ネタバレ注意】

“時は金なり”を具現化した近未来のシステムはなるほど興味深い。
だけど、いつから、どうしてこんなふうになっちゃったのか説明あったっけ?
SFだからこそ、その辺のリアリティー欲しかった。
余命数分の毎日なんて気が気じゃない!その日暮らしにも程がある。PASMOのチャージとは訳がちがうんだから。

25歳で成長は止まり老化しない世界。
だけどキリアン・マーフィーは25には見えなかったかな。

投稿者:nedved投稿日:2013-06-23 23:06:49
オリヴィア・ワイルド
投稿者:hayate9投稿日:2013-06-08 15:19:47
制限はあるけれど死に場所選べるし、将来ボケる心配もしなくていいし、ピンピンコロリと逝けるので、身辺整理もしておける。3%くらい羨ましいかも。
アマンダ嬢の可愛さが見所。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-05-10 00:48:01
着想は面白いが、それだけで引っ張ってて、展開は平板で物足りない。出だしの重要な場面。時間を持て余した富裕層の一人が、危険なスラムに何故来たのか、自暴自棄になって自殺をした訳、そのあたりを、も少し丁寧に描いていれば、興味が増したかもしれない。はっきり言って、着想を生かしきれなかったSF映画。ありきたりの活劇に、終始してて緊迫感が全く感じられなかった。時間監視局の捜査官たち、ヤクザなゴロツキたち。酒で死んだ友人。これらもビミョーな描き方。残念作。
投稿者:bond投稿日:2013-04-01 08:32:38
アイディアはいいが、展開が過去のSFの寄せ集めっぽい。退屈。
投稿者:terramycin投稿日:2013-01-26 01:01:30
【ネタバレ注意】

人間は25歳までしか自由に生きられず、それ以降は時間を手に入れるという奇想天外な物語であるが、映画としては、色々な展開が考えられ、興味を持った。

しかし、設定そのものには疑問を感じざるを得ないところがいくつかあり、それがツッコミどころにもなるので、今一盛り上がりに欠けた感がある。

貴重な時間なのに、腕と腕を合わせるだけで相手の時間が得られるというのも?である。年齢は操作が難しいのに、なぜにそこのところのセキュリティは確立させなかったのか?うかうか寝てられない。
まあ、実際に作品としてそのような設定を入れると理屈っぽくなってしまい、より難しくなって面白味がよりかけてしまうからだと思うがそれにしてもアンバランス。

この世界を構築した元凶に焦点を当ててほしかった。なぜ、25歳で老いない医学を手に入れながら、人間の生命を手中に収めることに成功したのか、その真の目的はとか、その者を倒して本来の自由を取り戻すとか。
所詮、今作品では主人公はこの世界の鼠小僧にしかなりえなかったという小さな話になってしまった。

投稿者:ピースケ投稿日:2012-08-25 23:16:34
なにを根拠に「100万時間あればイケる!」と思ったのか。
投稿者:genocide投稿日:2012-08-19 14:19:18
設定や世界観は面白いのだから、
もっとストーリーも面白くできたのでは?
ちょっともったいなく残念でした。

がしかし
実は見えないだけで、我々にも
腕に残り時間が表示されているのだ

もしこの映画のように残り時間が分ってしまったら、
僕は正気をたもっていられるだろうか?

昔、銀河鉄道999の主人公が
永遠に生きられる機械の体をあきらめ、
限りある命の生身の身体を選んだときの言葉を思い出した。

「永遠に生きることだけが幸せじゃない!」
「 限りある命だから、人は精一杯がんばるし、 思いやりや優しさがそこに生まれるんだ」
投稿者:namurisu投稿日:2012-08-04 11:19:43
ちゃちい未来。時間の奪い合い、だけ。篠田麻里子の声が良かった、だけ。今日も1日、ガンバロー!
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2012-04-08 21:53:09
こわかったです。
自分の腕に命のカウントダウン・・・
母親が死んでしまうシーン、本当に辛かった。

主演の二人が海で裸で泳ぐシーン、緑に光る命の時間が水中で光っていてとても綺麗でした
投稿者:リEガン投稿日:2012-03-15 16:42:26
「ガタカ」を期待し過ぎた。SFのようでSFではなく、1時間49分の上映時間はおそらく相当数のエピソードを刈り込んだ結果。アクション・シーンはびっくりするほど面白味がない。なぜ日本で興行的にまずまずの成功を収めたのだろう。そちらの方がSF的で不思議だ。25歳には無理がある“子猫”と言うか“案山子”一人がまたお気の毒。
投稿者:mototencho投稿日:2012-03-09 11:40:46
まさか大通りSFで“日銭暮らし”を描くとは、干されていなくてホッとしたアンドリュー・ニコルはさすが。役者さんを美形でそろえて口当たり良さそうだけど、若い人には実感できるだろうなぁ。http://mototencho.web.fc2.com/2012/intime.html
投稿者:なちら投稿日:2012-03-01 20:57:20
タイムバトルのグニャグニャ加減にビックリなんですが…。

譲り受けた時間を無駄にはしないと主人公は初めに言うけど、
それをどう無駄にしないのか掴めないままギャンブルに興じて、刑事に追われ、
何だか成り行きで義賊になってしまうんだよね。

この映画の言いたい事は何となく分かるが、
体制の崩壊が目的ならばもっと賢く行動して欲しいし、単なる義賊ならばもっとチャラくていい。
ボンヤリした印象のまま終わってしまって残念だったよ。
投稿者:uptail投稿日:2012-02-25 09:25:42
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:陸将投稿日:2012-02-20 19:43:30
【ネタバレ注意】

本作の核となる部分は「時間=通貨」という設定だ。
人間の腕に刻まれた時間がゼロになると死が訪れる世界は、弱肉強食の世界でもある。
少数の富裕層は長く生きられ、多数の貧困層は早死にしてしまう図式。
その根底には、アンドリュー・ニコルお好みのダーウィン的資本主義思想が流れている。

しかし、この特異な設定が全く生かしきれていない。
そもそも「時間=通貨」に置き換える必要がない場面ばかりが映し出される。
だからこそ、いちいち時間で金を払う場面がうるさく感じてしまう。
また、システム自体の欠陥も多すぎる。
人間が寝ている間でも時間の受け渡しができるのであれば、何のために時間に固執しているのかが分からない。
劇中における時間に対しての価値観があまりにも希薄すぎる。
特に終盤で自分の残り時間が少ないことに気づかず命を落とす男の、あまりの馬鹿っぷりには失笑すら沸き起こらない。
普段からゼロに向かってカウントダウンし続けているのに加えて、時間があと何秒残っているか表す演出が下手糞なので、ラストシーンの展開も全く盛り上がらない。

主人公とヒロインも魅力が無さ過ぎる。
バーで何故か富裕層を助け、そして貰った時間でなんとポーカーを始める主人公。
そんな彼を遠くから見つめる怪しげな女のショットが何度か挿入される。
その意味ありげなダサい見せ方に代表されるように、本当に編集が酷い。
ヒロインは父親の抑圧から解放されたいと思っている。
それが真夜中の海に主人公と飛び込み、何故か結ばれるという唐突かつ浅はかな展開で解決しようとする作り手の姿勢には腹が立つ。

無駄に繰り広げられるアクションシーンも盛り上がりは皆無だ。
実行しようとしている使命の重みに比べ、お気楽で危機管理能力ゼロの主人公たち。
彼らを追う人物たちも無能だからこそ、低レベルな追いかけっこという画しか撮れていない。
特に窓から車に飛び降りる場面のくだりは、あれを本当に面白いと思って撮っているのであれば、それは作り手のただの自己満足に過ぎない。
また、主人公の父親の死にまつわる重要なエピソードになるはずの「バトル」場面の、なんと恐ろしく地味なことか。
本作には映画的興奮の欠片すら見当たらない。

B級SFアクションに徹するのならまだよい。
しかし、こんなにチープな物語に乗せて高尚そうなメッセージを押し付けてくるのだから余計タチが悪い。
最終的に主人公たちはお構いなしに時間を奪い、貧困層にそれを贈る「正義の悪党」のような存在として幕を閉じる。
それは「弱者のヒーロー」のつもりなのかもしれないが、今までの2人の行動が馬鹿馬鹿しすぎて、全く説得力に欠ける。
伝えたいメッセージさえも、主人公たちの薄っぺらな人物像により陳腐なものになっている。
こんなにいい所が見当たらない映画も珍しい。

投稿者:カール犬投稿日:2012-02-19 03:32:02
【ネタバレ注意】

遺伝子操作で何がどうなってこのような状況になったのか知る由もないが
25歳以降は余命が腕に表示され、
そのカウントが通貨とされているという近未来世界。

主人公の属する階級は労働によって報酬として幾ばくかの時間を得て、
日々の生活にまた時間が消え、物価高に苦しむギリギリのその日暮らし。
別のエリアには富裕層がいて
どんなに時を経ても死なないくらい永遠に近い時間を保有して
リッチに暮らしている。

持たざる者と持てる者。アンドリュー・ニコル監督お好きな対比の世界。

思いがけず時間を手に入れることが出来た主人公と、
成り行きでお金持ち(時間持ち)のお嬢様が逃避行。
若い2人が時間銀行を襲い、持たざる者に時間を分け与える。

ボニーとクライド+パトリシア・ハースト+ねずみ小僧次郎吉。

着想や素材は悪くないと思うんだけれど、それが活かしきれていない。

主人公らを追うタイムキーパーやその背景、
いわくありげに語られるだけの主人公の父親とかどう考えても説明不足。

大量の時間が流出されて、結果この社会がどう変化していくのか?
人間の将来の可能性とか未来図というのが、まったく掴みきれない。

自分には残念ながら消化不良の映画だったかな。

褒めどころは、25歳以降は年を取らない設定だから
ちょっと小ぎれいな若手俳優がゾロゾロと出てくるキャスティングで、
画面が何だかとてもフレッシュ。ってところかな。

キリアン・マーフィだけ老けて見える?
時には心眼をもって見るべし!(笑)

投稿者:satokunn投稿日:2012-02-18 13:12:46
【ネタバレ注意】

久しぶりの駄作を観ました。金返せーいや貴重な僕の時間を返せー!!!
金を掛けた映画が良いとは決して言わないが、金も頭も使わずに作った映画を見せられてはたまらない。設定は面白そうだがなんとも脚本が悪すぎる。
途中から帰りたくなってきた。せめて時間を管理する絶対者が登場して実はこの世界はどうのこうのくらいは、出来なかったものか。唯一の救いは?ヒロインの子が眼が大きくてナイスバディだったことでしょうか。DVDも必要なし。暇がある方はTVでどうぞ。時間つぶしには良いですよ。

投稿者:ASH投稿日:2012-02-18 12:15:51
【ネタバレ注意】

 アンドリュー・ニコル監督が描くSFが好きだったりする。大々的にVFXを駆使して見てくれが派手なだけのよくあるSF映画ではなく、SF的な設定を借りて、その裏に寓意が込められているような作りが。本来、SFとはそういうジャンルだったのかもしれない。と、観ていてそんなことを思った。

 この映画のSF的な設定は、ひと昔前の、70年代のSF映画にあったようなどこか懐かしい感じがする。例えるなら「2300年未来の旅」のような(違うか)。すべての人間は25歳になると成長が止まり、と同時に余命のカウントダウンが始まる。時間が通貨の代わりとして流通している世界。25歳以降の平均余命はたったの23時間!! 余命を延ばすため、人々はあくせく働かなければならない! 今の世の中、ワーキング・プアが問題となってるが、この世界でのプアはもっと深刻だ!!

 貧困層は余命のため汗水たらして働くが、賃下げがあったり、予告なしに物価や税金が高騰したりで、暮らしが楽にならない。何をするにも「時間」という余命を切り崩さなければならないから、それが底をつくということは命に係わる一大事だ。対する富裕層は有り余る時間を無駄に遣い、優雅で贅沢に暮らしている。と、何やら格差社会の極端なまでの暗喩が見えてくる。貧しい人ってのは努力をしないから貧しいのであって、そんな連中には施しをする義理はないという考えが、富裕層にはあるようだ。

 少数の富裕層が富(時間)を独占し、多数の貧困層が割を食っている。笑っちゃうくらい、「時間」に余裕のある連中はそれを無駄遣いしてるのだ。貧困層と富裕層が暮らすゾーンの描き分けが徹底していて、貧困層は時間を無駄にできなから早歩きか小走り。対する富裕層は余裕があるから焦らずのんびり。この世界で時間に余裕があるということは不死に等しいから、目的もなくただダラダラと日々を過ごすだけ。勤め人には何とも羨ましい限りだが、目的がないとそれはそれで苦痛なのも分かる気がする。

 一応、主人公は社会の歪みを正そうと奮闘するウィルの方だが、シルビアの変化の方が興味深い。富裕社会でヌクヌクと暮らすシルビアは退屈を持て余し気味で刺激に飢えていたのは想像に難くない。そんなお嬢様がスラム街の青年と出会ったことで心境に変化が訪れるようになる。パティ・ハーストのように、はたまたボニー&クライドのようになってゆく。甲斐バンドの歌じゃないが「♪生きるってことは、一夜限りのOne Night Show♪」ってなもんだ。限りがあるからこそ、輝くのだと。

 突飛な設定のSF映画ゆえに、ウルサ方は矛盾が気になって最後までノレない映画かもしれないわな。ワン・アイデアだけで乗り切った映画という意見も、確かに否めない。SF的な設定を持ってくる必然性もないという難癖も出てくるでしょう。オープンカーで事故って無傷ってのも失笑!! 重箱の隅はいくらでも突っつける映画だ。しかし、ニコル作品に共通して言えることだが、SF的な設定は寓意(本作の場合は格差)を描く上での必要なものだと思っているので、これでOK。彼らが義賊となるラストは、チト月並みかもしれんがね。

 さて、お目当てのアマンダ・サイフリード(カエル顔)。お馴染みのブロンドを封印して赤毛のショート・ボブへと髪型を変えたが、これはこれでなかなかオツなもんです。富豪の令嬢ということでパーティ・ドレスをシックに着こなして登場するのだが、これがまたよく似合う。アマンダって手足がスラッとしていて長いから、何着ても似合うんかもね。しかも巨乳!! それにしても、あんなにヒールが高い靴で全力疾走とは! ところで、シルビアは生まれてこのかた走ったことがないと思うんだけど…。

 25歳で成長が止まるということで、若手を揃えてる。「ナンバー4」のアレックス・ペティファー、「ホワイトカラー」のマット・ボマー、そして最近活躍が著しいオリビア・ワイルドと、豪華で贅沢な配役。そんな中、執拗に彼らを追う時間監視員のキリアン・マーフィ、憎らしいビンセント・カーシーザーの2人が光る。監視員は追跡分のお手当しか貰えないってのが悲しい。

 俺もどちらかと言えばブルーカラー層なもんで、なんか妙に感情移入しちまったんだよね。インテリ層にはそれがないから「つまらん」のかもな(やっかみ、入ってます)。

 オリジナル・ポスター・デザインがメチャかっこいいので、BD化の際のジャケは是非このデザインで!

投稿者:maxpit投稿日:2012-01-28 22:49:19
アンドリュー・ニコルは常に斬新な発想で作品を創作
できる脚本家兼監督だが、今回もそれなりに面白い。
こういう題材ならもう少しお金をかけて独特の世界観
を創作してもよかったと思うのだが、「タイム・イズ・
マネー」の部分を取り去ればよくある普通の作品になっ
てしまっているので、もうひとひねり欲しかった。
最近、お気に入りのアマンダ・セイフライドは、
やはり、ブロンドヘアのままのほうがいい(笑)
【ニュース】
全米興行成績、大ヒット・アクション続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」が初登場首位2013/04/01
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、最新予告編2013/03/21
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、最新予告編2013/02/15
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、予告編2012/11/14
DVDリリース情報:「TIME/タイム」「テイク・シェルター」「伝説のロックスター再生計画!」etc.2012/04/27
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、特報2012/03/23
全米興行成績、「トワイライト・サーガ」最新作がメガヒット・スタート2011/11/21
全米興行成績、3Dアクション大作「インモータルズ −神々の戦い−」が好スタート2011/11/14
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「長ぐつをはいたネコ」がV22011/11/07
全米興行成績、「シュレック」スピン・オフ・アニメ「長ぐつをはいたネコ」が好スタート2011/10/31
全米興行成績、「パラノーマル・アクティビティ3」が記録的大ヒット・スタート2011/10/24
アンドリュー・ニコル監督SFサスペンス「In Time」、最新予告編2011/08/29
アンドリュー・ニコル監督SFサスペンス「In Time」、予告編2011/07/22
【レンタル】
 【Blu-ray】TIME/タイムレンタル有り
 【DVD】TIME/タイムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION