allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

貞子3D(2012)

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
公開情報劇場公開(角川映画)
初公開年月2012/05/12
ジャンルホラー
映倫G
“S”の復活
貞子3D貞子の呪い箱 3枚組(本編3D&2D Blu-ray・本編DVD・特典DVD) (4,444セット限定)
参考価格:¥ 6,912
価格:¥ 2,880
USED価格:¥ 1,947
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:英勉
企画:池田宏之
エグゼクティブプ
ロデューサー:
井上伸一郎
原作:鈴木光司
『エス』(角川書店刊)
脚本:藤岡美暢
英勉
撮影:藤本信成
音楽:川井憲次
主題歌:シド
『S』
出演:石原さとみ鮎川茜
瀬戸康史安藤孝則
高橋努
染谷将太
高良光莉
山本裕典柏田清司
田山涼成小磯勇吾
橋本愛貞子
【解説】
 1998年に映画化されるや大ヒットとなり、続編やハリウッド・リメイクが製作されるなどジャパニーズ・ホラー・ブームを牽引した鈴木光司原作の“リング”シリーズが3Dで復活。鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾『エス』を原作に、ネット社会で巻き起こった新たな貞子の恐怖を、最新の3D映像で描き出す。主演は「フライング☆ラビッツ」「漫才ギャング」の石原さとみ。共演に「ランウェイ☆ビート」の瀬戸康史。監督は「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」の英勉。
 鮎川茜が教師を務める女子高では、ある噂が飛び交っていた。それは、ニコニコ動画のとある生放送を見た人間が全員、同じ時刻に死亡したうえ、サイトの管理者も死亡したというもの。しかも放送終了後も、その動画がウェブ上にアップロードされ続けているというのだった。そして、その動画捜しに夢中になっていた茜の教え子が謎の死を遂げてしまう。捜査に乗り出した警察が一連の不審死を自殺として処理する中、ベテラン刑事の小磯は“呪いの動画”の存在を突き止める。いっぽう茜も恋人の安藤孝則とともに“呪いの動画”について調べ始めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
リング(1998)
貞子3D(2012)第1作
貞子3D2(2013)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
25 2.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2013-09-01 11:40:49
超能力少女の女子高生っぽい女教師、コオロギ人間を始末。大根アイドルのモイスチャー長髪から復活。男はスマホ砕き。
投稿者:eddie投稿日:2013-08-31 07:29:56
これって、貞子じゃないだろう。
投稿者:bond投稿日:2013-08-04 11:43:05
なんで貞子がモンスター化してしまうんだか、本筋から大きく外れて、話しもくだらない。3Dで飛び出すのもちょっとしかない。しかも、全く怖くない。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-12-19 01:10:47
むしろ、ホラー映画が苦手な人にこそ見てほしい
www.seisakuiinkai.com
投稿者:maxpit投稿日:2012-10-08 00:49:57
「ハンサム★スーツ」で笑わせてくれた英勉監督。ホラーの才能はゼロだった
ようです(苦笑) いや〜ひどい出来ですね。怖いどころか逆に笑えます。
鈴木光司の原作とほとんど違い、オリジナルとも言える脚本なんですが、ほぼ
3Dという特殊効果だけを狙った作品なのではないですか? 2Dで観たので
ストーリーから、演出から、貞子のモンスターみたいな造形まですべて拒否
反応を起こしました(笑) 貞子の怪物化や蛾の大群やらすっかり西洋的な発想
は既にジャパニーズホラーの怖さから逸脱して、最初から輸出映画狙いで作
ったのかと思わせます。「リング」シリーズの亜流なら許せますが、シリーズ
の一本「エス」の映画化を謳っているだけに残念な一本でした。石原さとみ
ちゃんのかわいさだけが救いです。
投稿者:edix投稿日:2012-05-20 02:02:38
 なんか貞子って怨霊っぽかったような気がしてたんだけど、今作じゃバイオハザードのクリーチャーっぽいよ。

 演出も突然の大音量と飛び出し3Dで脅すだけで、初作のような怖さはなかったね。

   残念!!
投稿者:ASH投稿日:2012-05-12 14:12:18
【ネタバレ注意】

 スゲェ、貞子が飛び出してくる!!

 ってなわけで、タイトルにもわざわざ「3D」と謳ってるわけだから、これは3D版を観てあげなければ関係者に失礼!! と、オルシネのユーザーだったらまず考えることのないような理由で劇場へとイソイソと出向いたわけだが、客席に向かって貞子の白い手がニュ〜ッ!! っと飛び出してくる3D効果はまずまず。が、「リング」シリーズにまったく思い入れのない俺には、正直、怖くもなければオモロくもないという困ったシロモノ。笑顔をあまり見せない石原さとみにも、魅力半減よねぇ〜ッ。

 ただ、貞子を2010年代にアップデートさせたという点のアイデアはイイ。「リング」では「呪いのビデオ」だったのが、今回は「呪いの動画」ときたもんだ!! 確かに、ビデオよりはネットにUPされた動画の方が閲覧率は高いもんな。誰もがPCやスマホを持つ時代になったのならば、それだけ貞子の呪いも伝播しやすいだろうよ。しかも動画なら、フトしたことで目にすることもあるんだろうから。その目の付け所は上手いと感心するが、それが怖さに繋がんないのは、な〜んでぇ〜だぁ〜?

【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】貞子3Dレンタル有り
 【DVD】貞子3D 〜2Dバージョン〜レンタル有り
【書籍】
■ノベライズ
【文庫】 貞子3D --復活 (角川ホラー文庫)
新品:¥ 555
1新品:¥ 555より   16中古品¥ 1より 

■原作
【単行本】 エス
新品:¥ 1,620
1新品:¥ 1,620より   27中古品¥ 1より 

■コミカライズ
【コミック】 貞子 (怪COMIC)
新品:¥ 648
1新品:¥ 648より   35中古品¥ 1より 

【その他のおすすめ】





allcinema SELECTION