allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

運命の人(2012)

メディアTV
放映日2012/01/15〜2012/03/18
放映時間21:00〜21:54
放映曜日日曜日
放映局TBS/毎日放送
製作国日本
ジャンルドラマ
運命の人  Blu-ray BOX
参考価格:¥ 31,104
価格:¥ 16,660
USED価格:¥ 14,999
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:土井裕泰
吉田健
プロデュース:瀬戸口克陽
原作:山崎豊子
『運命の人』(文春文庫刊)
脚本:橋本裕志
音楽:佐藤直紀
出演:本木雅弘弓成亮太
松たか子弓成由里子
真木よう子三木昭子
大森南朋山部一雄
松重豊司修一
北村有起哉清原了
遠藤雄弥金田満
梶原善萩野孝和
でんでん恵比寿史朗
杉本哲太荒木繁
石橋凌安西傑
升毅吉田孫六
小松和重山本勇
石丸謙二郎林外務次官
橋爪功弓成正助
吉村実子弓成しづ
今井悠貴弓成洋一
山崎竜太郎弓成純二
山本圭八雲泰造
高林由紀子八雲加世
柴本幸青山芙佐子
甲斐恵美利青山美奈
長谷川博己鯉沼玲
原田泰造三木琢也
斎藤歩鳥井裕三
眞島秀和松中雄也
ふせえり枝川清美
黒沢あすか坂元千恵子
伏見哲夫高槻
綿引勝彦大館智文
伊武雅刀十時正春
小市慢太郎井口捜査二課班長
浅野和之森靖之
柳葉敏郎大野木正
吹越満坂元勲
市川亀治郎横溝宏
大和田伸也愛川輝一
本田博太郎曽根川靖弘
不破万作田淵角造
笹野高史福出赳雄
柄本明小平正良
北大路欣也佐橋慶作
ゲスト出演:田窪一世
(第1話)
奥田達士
(第1話)
笠原秀幸
(第2,4,5話)
綾田俊樹
(第2話)
吉田鋼太郎
(第3,4,5話)
伊藤正之
(第3話)
中平良夫
(第3話)
ノゾエ征爾
(第3話)
長谷川公彦
(第3話)
淵上泰史
(第4〜9話)
矢島健一
(第4話)
山本龍二
(第4話)
水橋研二
(第4話)
阪田マサノブ
(第4話)
日向丈
(第4話)
中山夢歩
(第4話)
森下能幸
(第4話)
柳東士
(第4,9話)
藤原新太
(第4,9話)
中野英樹
(第4話)
朝日奈こうや
(第4話)
大鷹明良
(第5〜8話)
小浜正寛
(第5〜9話)
佐野元哉
(第5〜9話)
児玉頼信
(第5話)
城戸光晴
(第5〜7話)
渡辺恭子
(第5話)
半海一晃
(第6,9話)
野沢由香里
(第6話)
福永典明
(第6,8,9話)
萩原利映
(第6話)
品川凜生
(第6話)
藤田宗久
(第7話)
山口河童
(第7話)
鶴見辰吾
(第8話)
小林勝也
(第8話)
八十田勇一
(第8話)
荒木貴裕
(第8話)
菅田将暉
(第9話)
平賀雅臣
(第9話)
萩原利久
(第9話)
辛島陽一
(第9話)
浜田道彦
(第9話)
赤屋板明
(第9話)
美波
(第10話)
泉谷しげる
(第10話)
津田寛治
(第10話)
三浦貴大
(第10話)
リリー・フランキー
(第10話)
山本道子
(第10話)
普久原明
(第10話)
吉田里琴
(第10話)
宮平安春
(第10話)
福田加奈子
(第10話)
平良進
(第10話)
瀬名波孝子
(第10話)
山入端佳美
(第10話)
津嘉山正種
(第10話)
平泉成
(第10話)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-04-08 17:21:38
【ネタバレ注意】

<あらすじ>沖縄返還を一年後に控えた1971年、佐橋慶作首相(北大路欣也)は米軍基地の永続的使用を認める合意を交わしたとの噂が流れていた。毎朝新聞政治部のエース記者・弓成亮太(本木雅弘)は、次期総裁候補といわれる自由党有力者の懐にも飛び込みスクープを放っていた。読日新聞の政治部山部一雄記者(大森南朋)はそんな弓成のライバルだった。妻の由里子(松たか子)は、弓成の仕事を支えていた。ある日、弓成は外務省ナンバー2の安西傑審議官(石橋凌)の秘書事務官の三木昭子(真木よう子)から極秘書類のコピーを渡される。彼女は仕事に熱中する弓成に好意を寄せていた…。

いわゆる「西山事件」をモデルにしたドラマ。山崎豊子の原作は未読。
日米間の密約をスクープした毎日新聞の西山太吉記者(=弓成亮太)が、女性事務官と「情を通じ」た結果としてネタを手にしたと非難され、機密漏洩を教唆したとして有罪判決を受けた事件だ。
この時一貫して「密約はない」とした政府の主張が実はウソで、密約が存在したことを2010年、ようやく政府が認めている。
しかし当時の世論はそうした本質を離れ、取材倫理の狭い領域に囚われてしまった。
とはいえ、おそらくそれは現在であっても同じような経緯を辿りそうだ。裁判所は所詮国の言い分を追認するしか能がなく、司法の独立など夢のまた夢なのだから。
佐橋=佐藤栄作がいかに狡猾な人物であったか。山部記者=渡邉恒雄がいかにいい記者であったか(苦笑)。そのほかモデルとなった人物を思い浮かべながら観るのもなかなか楽しかった。
なお、後半の弓成が沖縄で生活するくだりは完全なフィクションだとか。確かに歴史的事実が辻褄が合わないところがある。
結局沖縄に米軍基地を押しつけてきたこの国のありようは、原発を過疎地に押しつけてきた現代に至るまで何も変わっていない、と痛感する。

本木雅弘は熱演。真木よう子は、ちょいといい女過ぎ(笑)でした。

【エピソード】
第1話2012/01/15
 
第2話2012/01/22
 
第3話2012/01/29
 
第4話2012/02/05
 
第5話2012/02/12
 
第6話2012/02/19
 
第7話2012/02/26
 
第8話2012/03/04
 
第9話2012/03/11
 
第10話(終)2012/03/18
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】運命の人 Blu-ray BOX2012/07/11\28,800amazon.co.jpへ
 【DVD】運命の人 DVD-BOX2012/07/11\22,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】運命の人 Vol.1レンタル有り
 【Blu-ray】運命の人 Vol.3レンタル有り
 【Blu-ray】運命の人 Vol.6レンタル有り
 【Blu-ray】運命の人 Vol.4レンタル有り
 【Blu-ray】運命の人 Vol.5レンタル有り
 【Blu-ray】運命の人 Vol.2レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.2レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.1レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.6レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.5レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.4レンタル有り
 【DVD】運命の人 Vol.3レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 運命の人 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,571
8新品:¥ 2,263より   2中古品¥ 1,242より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION