allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タイタンの逆襲(2012)

WRATH OF THE TITANS

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2012/04/21
ジャンルアクション/アドベンチャー
映倫G
この闘い、怒迫力。
タイタンの戦い/タイタンの逆襲 ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 2,000
USED価格:¥ 1,480
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 レイ・ハリーハウゼンが手がけた往年の特撮映画を最新のCG映像でリメイクしたスペクタクル・アクション・アドベンチャー「タイタンの戦い」の続編。前作から10年後の世界を舞台に、再び神々の戦いに巻き込まれた勇者ペルセウスの活躍をスケールアップしたアクションとともに描く。主演は引き続き「アバター」のサム・ワーシントン、共演にリーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ。監督は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマン。
 神々の王ゼウスと人間とのあいだに生まれた勇者ペルセウスは、愛する一人息子と穏やかな毎日を送っていた。一方天上界では、神々の力が弱まり、巨神タイタン族の封じ込めにほころびが生じ始めていた。もしタイタンの王クロノスが復活すれば、人類はおろか世界が終焉を迎えてしまう。そんな中、ゼウスから協力を求められるも、息子との生活を大事にしたいペルセウスはこれを拒絶する。しかし、冥界の王ハデスの陰謀によってゼウスは捕らえられ、ついにクロノスが覚醒してしまうのだった。
<allcinema>
【関連作品】
タイタンの戦い(2010)第1作
タイタンの逆襲(2012)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2013-05-12 18:05:39
【ネタバレ注意】

いや、オリジナル「タイタンの戦い」のコメントで『(クラーケンが)ティターン族の生き残りなのかもしれませんが、クロノスやらが登場する訳ではありません』と書きましたが、本作では「クロノス」出てきます。
まさに「タイタンの逆襲」な話であります。

(神話的には)三種の神器は、ひとつ目のキュクロープス(サイクロプス)が作ったものですが、本作では(美しくないので)捨てられたゼウスの息子である親方ヘパイストスが作ったことになってます。
彼の元妻(アレスとの浮気が元で大騒ぎ→離婚)が超絶美神アフロディーテであることなど、さり気なく織り込みながら颯爽と登場するブーボー!……って、やはりオリジナルへの敬意(なのか?)などを見え隠れさせつつ、ストーリーは三種の神器(ハデスの神器は透明カブトですが、ここでは刺又)で「三重の槍」を完成させて巨神クロノスを討つ!って事に〜立ち塞がるのはペルセウスの兄弟な軍神アレス……なんか肉弾相打つような展開ではありますが、そんな嫉妬やらの人間的な感情に振り回される神は正にギリシャ神話的です。そもそも前作のオリジナルにおけるペルセウスの試練もゼウスの妻のそんな感情が元だった訳ですが。

アンドロメダが(配役も変更されてますが)前作の如きヒロインの座をかなぐり捨てて、いや女王って立場も忘れてペルセウスと共に戦う戦士と化しています。神話的にはペルセウスの妻はアンドロメダ(ヘレイオスもアンドロメダの子)ですので、のっけから彼の息子に逢いたいやら前妻の死を悼んだり…飛ばしまくりです。タイタロスにまで付いてゆくのですが、同行するポセイドンの息子…途中で地図を投げ出したり…なんか中途半端な立ち位置。

で冥界への抜け道は迷路となっていて…迷宮いえばアリアドネ…いやテセウスに退治されるミノタウロスか…いや、ここは本編に残すべきだったか微妙なところ…。

ペガサスに騎乗して大空を舞い、撒き散らされる炎の海を掻い潜って巨神クロノスに飛びかかるペルセウス…超迫力ですが、クロノスの炎が大鎌と化すシーンがあれば、なお完璧だったかもです。

投稿者:scissors投稿日:2013-03-20 16:07:51
つまらん脚本と陳腐な演出。
投稿者:bond投稿日:2013-02-27 08:26:29
話はよくある定番。CG楽しむ映画。
投稿者:gapper投稿日:2012-12-01 20:12:53
【ネタバレ注意】

 推定予算15,000万ドル、総収益約30,200万ドル(2012)。
 
 前作同様、CGを見せる作品という感じ。
 収益が出ているので別段問題ないと言える。
 ただ、制作費の4倍近い収益が2倍ほどとかなりの下降線。
 3作目も匂わす終わり方だったが、果たして続くのだろうか。

【どうでもいい話】
 タイタンって炎とドロドロの巨人でナウシカの巨神兵のパクリの気がしてならない。
 別にいいんだけれどね。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:maxpit投稿日:2012-07-22 04:28:52
映像の迫力は前作を上回る。3D効果のせいもあろうが、特にキメラ、
サイクロプス、ミノタウロス、マカイなどの造作にも凝っていて、
戦闘シーンはかなりハイテンションで臨める。
問題は前作同様、演出にあるのかや脚本にあるのか解らないが、
壮大な話のわりに、こじんまりした感があり、ドラマ展開に今ひとつ
ワクワク感がない。テンポこそ、今回は悪くはないと思うのだが、
それでも、すごい映像の怪獣映画を観たという程度の感想しかもてず。
レイ・ハリーハウゼンの時代の特撮は、今より遥かに後進的な技術で
の撮影方法だったはずなのに、何故かワクワクしたものだ。観る側が
すっかり慣れてしまったという要因が大きいとは思うが、映像だけに
頼ることなく、観客の冒険心をくすぐるポイントも加えて作品を作って
欲しいものだ。
投稿者:nabeさん投稿日:2012-07-08 14:16:06
シリーズ第二作。再びペルセウスが悪に向かって立ち向かう!
前作は壮大なギリシャ神話をベースに物語が進み、神々もオールスター登場の感があったが、今回は登場する神々も厳選され更に内容の濃いモノになっている。
主人公のペルセウス役のS.ワーシントンは相変わらずたくましくてカッコよく、L.ニーソンのゼウスやR.ファインズのハデスも、スターウォーズのキャラクターのように定着してきたので安心して観ていられる。アンドロメダはR.パイクに代わって女王の貫禄が出てきて凛々しくてイイ感じだ。
対する悪役組はイマイチ主役を絞りきれず、CGの巨人に任せてしまったのは残念だ。今後はバットマンシリーズのように、その都度強烈なキャラクターを登場させて、ペルセウスをもっと困らせて欲しい。
投稿者:なちら投稿日:2012-05-21 22:25:33
アテナの可愛いブーボーちゃん、今回もなにげに登場。

前作にあった男どもの絆みたいな部分が良かったのに、父子の物語に重点を置かれちゃって、イマイチだった。
その上、そもそも女は要らないが美人であればまだ許せるのに、出ずっぱりのR・パイクはアレだしさ。
ゼウスの孫も、子役といえどカリスマ性は必要なのに地味な坊やだしさ、不満〜。

クリーチャーの迫力と、スパークした三本の槍のカッコ良さは救いだったけどね…。
投稿者:つちゃーん投稿日:2012-05-16 18:39:51
【ネタバレ注意】

ポスターのキメラやマカイなどの魔物を見てかっこいい!と思い3D版を観にいった。
けど魔物さんたち動きが速すぎて、お顔たいして見えず……
3Dじゃない普通のを見ればよかったかもしれない。

タルタロスの迷路で少しだれたけど、神話に出てくる生物が暴れてるのを見たかっただけの自分としては、展開速くて嬉しかった。

クロノスっていう溶岩巨人で、最近見た仮面ライダーがいっぱい出てくる
映画のショッカー首領を思い出したけど、首領は立ってるだけだったので、クロノスがおっきくてもちゃんと動いて攻撃してきて感動した(笑)


弱ったゼウスを演じるリーアム・ニーソンがよかった。
クワイ=ガン・ジン役系のリーアム・ニーソンが好きな方にはオススメ。

投稿者:COOLERKING投稿日:2012-05-13 13:08:22
前作は劇場で見逃してレンタルで鑑賞〜 面白さも含めて、やっぱりこりゃ劇場で3Dで観たかったなぁ、と歯ぎしりしたんやけど…

そこそこオモロイ。神、神のハーフ、クオーターの父子の物語でもあるし、それなりに考えさせるとこあるけど、 でもなんかひと味足りない…
ポセイドンの息子、出てきたときはむっちゃ期待したが、全然見せ場ない…(^_^;
ラスボスあっけない… 前半のキメラとの戦いの方が、断然迫力あった!

こっちこそレンタルで良かったなぁ…ってのが正直な感想やね

投稿者:投稿日:2012-05-11 12:48:51
IMAXで鑑賞。

最初から映画ではなく3Dアトラクションのつもりで観に行ったので大満足。特にクロノスとの戦いの画の迫力はなかなかで、バンバン飛んでくる溶岩を思わず避けそうになる事も何度か。

もっとも岩石大首領のようなクロノスを倒す方法のあっけなさは、オールライダーブレイクと五十歩百歩。

元々ストーリーの方は全く期待していなかったけど、いくら今のギリシアがあんな状態だからって、人んちの神話をここまで勝手に改変していいのかっていう内容。ハデス・ザ・ヴォルデモートがあっさり味方になるのも今時少年ジャンプでも却下されそうな陳腐な展開。

というわけで、アトラクションとしてしか楽しめない物件なので、間違ってもテレビで見ようとか思わないで、興味がある人は是非劇場で。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2012-04-29 00:18:44
【ネタバレ注意】

 
地元のシネコンで、レイトショー枠での3D上映がやっと始まったので鑑賞。
封切から時間が経ったせいか空いていて、始終ポップコーンをバリボリ喰ってるような奴もいなくて実に快適だった。

前作はファンタジーとアクションとモンスターのバランスが絶妙な面白さで、続編にも期待して観たんだが…。
一番大きな違いは、前作が主人公を始めとする「人間が神話のモンスターと戦う話」だったのが、今作は「神サマと神サマが戦う話」なんだよな。つっても絵面は長髪のおじさん同士がどつき合ってるだけなんで、正直退屈する。

ペルセウスの妻は死んじゃってて出てこないし、アンドロメダ王女も出てくるだけ。面白そうなキャラクターのポセイドンの息子(ペルセウスの従兄弟だ)も出てくるけど、何一つ活躍しない。出てくるだけ。人間の軍隊も出てくるんだけど出てくるだけ。ペルセウスの村の人も出てくるだけ。なんつううか観ていて燃えないというか感情移入しにくい。だんだん「どうでもいいや…」という気になっちゃう。

モンスターの描写も、前作に比べるとやっぱり落ちる。
主人公の村を襲うキメラや、クロノスの子分の4本腕モンスターは動きがやたらにチャカチャカ速く、CG臭くてなんとも重量感がない。神話のモンスターなんだからさ、前作の大サソリぐらいの重量感がほしかったよ。ダンジョンで唐突に主人公を襲うミノタウロスは神話モンスターの大スターであるはずが、ただの角はやしたオッサンでがっかり。大ボスのクロノス(歩く火砕流!)の巨大感は本当に素晴らしかったけど、なんでか短いカットばかりで、もっとじっくり見せろや!と飢餓感が残った。「巨人獣」みたいな一つ目巨人は楽しかったけどね。

よくよく見てみれば監督も脚本も前作とごっそり入れ替えだったんだね。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の監督に無名の新人脚本家か。さもありなん、という出来だったなあ。

あと、3Dの効果はあまり感じられなかったので、300円余計に払いたくない方は2D版で十分だと思います。

投稿者:ローランド投稿日:2012-04-24 22:57:27
  向きじゃないなって気がしながらも、サム・ワーシントンと双頭の怪獣の
バナー広告がなかなか面白そうに誘ってくれるし、どうせ暇つぶし、もうは
じめっから物語には期待をしなくて、視覚を楽しませるだけの頭をカラッポに
したしばしの安らぎを、とのつもりが、安らぎ過ぎて、あれだけ珍奇な生き物
が登場して、しかも戦いのシーンが多く、視覚も聴覚もかなり騒がしかった
はずなのに、何度か睡魔に負けてウトウトとしてしまったのであります。  

   なんたってストーリーのいい加減さが難点なんだけど、これはあらかじ
め予測できたことで、それよりもなによりも、視覚のほうが大きな問題なんで
あって、巨人や溶岩の巨大な塊りが生き物状態でうごめくところなんか、も
っと刺激的に迫力があってよさそうなものなんだけど、なにか都合があって
トリミングしてあるかのような画像の作りがいまひとつもの足りなく、これが
3D用になっているのを2Dで観賞したせいだとしたら、この3Dってのもちょ
っと考えものです。  3Dという特別な味付けがあるからと、出汁をとるなん
てことはもとより、基本的な味わいを無視した料理を提供するようなもので、
その特別な味付けが飽きられてしまう時だって来るってことに思い至らな
いのでしょうか。 

 ・・・って、最初からいい加減な気持ちで観賞に出向いたわりには本気
になっている(苦笑)。 3Dと2Dが同時上映されているもので、3Dでの観賞
が嫌だったら観に行かないこと。 これでよいではないか・・・・。 
投稿者:ASH投稿日:2012-04-21 22:57:06
【ネタバレ注意】

 前作のときは最寄りのシネコンでは3D版の上映はしてくんなかったけど、ありゃ後付け3Dらしいから「これなら2Dでよろし」系の映画なので通常版で観ても何の遜色もなかったみたいね。でも、悔しいからあとになってBDで3D版を観といた。で、この続編は最寄りのシネコンでも3D版を上映するというから、割高でも迫力のある映像が愉しめるのならと思いイソイソと出向いたわけ。

 今回は最初から3D上映を前提とした作りなのでスゲェことになってんのな。立体感は前作以上だ。冒頭のキメラが大暴れするくだりで、心を鷲掴みされる。3D効果のお陰で目の前まで迫ってくる。キメラが吐き出す炎が客席まで届くかのような勢いだ。3D効果をふんだんに使い、ギリシャ神話の世界へ観客を叩き込んでやるという意気込みに溢れているようだ。ジャンル映画ってのは、こうでなくっちゃ!

投稿者:藤本周平、投稿日:2012-04-21 22:22:09
面白かった。少なくとも前作よりもパワーアップしてました。
中盤、迷宮のくだりは結構ダレるけど、それ以外はテンポよく話が進むので
観ていて飽きないし、なにより怪物たちとの戦いがなかなか迫力があった。
特にクライマックス、ゼウスの父である巨神クロノスとの戦いはド迫力。
前作と同じく2Dから3D変換したものなので、2D版を鑑賞したのですが
結構3Dを意識した構図が多かったので、時間があればぜひ3D版も観に行きたい。
ただ、話のスピードが早すぎて物語の進行が多少荒いことは否めない。
ストーリーは気にせず、映像に酔いしれたい人は劇場へGO
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION