allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポテチ(2012)

メディア映画
上映時間68分
製作国日本
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2012/05/12
ジャンルドラマ/コメディ
映倫G
ポテチ [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 2,050
USED価格:¥ 1,134
amazon.co.jpへ

 Photos
ポテチポテチポテチポテチ

【クレジット】
監督:中村義洋
プロデューサー:若林雄介
企画・プロデュー
ス:
松本整
宇田川寧
原作:伊坂幸太郎
『ポテチ』(新潮文庫刊『フィッシュストーリー』所収)
脚本:中村義洋
撮影:相馬大輔
美術:尾関龍生
衣裳:西留由起子
編集:李英美
音楽:斉藤和義
主題歌:斉藤和義
『今夜、リンゴの下で』
VFXスーパーバ
イザー:
大萩真司
ヘアメイク:池田美里
照明:佐藤浩太
整音:石貝洋
録音:小林圭一
助監督:平林克理
ポストプロダクシ
ョンプロデューサ
ー:
篠田学
企画協力プロデュ
ーサー:
遠藤日登思
出演:濱田岳今村忠司
木村文乃大西若葉
中林大樹落合修輔
松岡茉優ミユ
桜金造堂島監督
阿部亮平尾崎選手
中村義洋中村親分
大森南朋黒澤
石田えり今村弓子
【解説】
 仙台在住の人気作家・伊坂幸太郎の同名中編小説を、これまでにも「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」など伊坂作品を手がけてきた中村義洋監督が映画化したハートフル・ストーリー。空き巣を稼業にする平凡な青年を主人公に、彼を巡る皮肉な運命と奇妙な縁が織りなす心温まる人間模様を軽妙なタッチで綴る。主演は「アヒルと鴨のコインロッカー」「ロボジー」の濱田岳、共演に木村文乃、大森南朋、石田えり。
 空き巣を生業とする青年・今村忠司とその恋人・大西若葉は、とあるマンションの一室に忍び込む。そこはプロ野球のスター選手・尾崎の自宅。今村はなぜか尾崎にご執心で、尾崎の話になるとつい熱くなってしまう。すると突然、若い女性の声で尾崎に助けを求める電話がかかってくる。放っておけず、尾崎の代わりに女性を助けに向かう今村だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-04-14 01:15:24
木村文乃が儲け役。
投稿者:bond投稿日:2013-04-08 08:29:42
なんだかなー。まあ、仙台愛ですか。ホームドラマタッチでお気軽に。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2013-02-25 08:52:46
フィクションなのでそんなに気にしなくていいと思うけど、気にする人は「血液型だけで?」とか思うかもしれない。www.seisakuiinkai.com
投稿者:陸将投稿日:2012-05-20 21:18:43
エピソードとキャラクターが乖離している濱田岳の演技テンション。
「人が何を考えているのか分らない」大森南朋に台詞で説明するクドい演出。
明らかに時間経過がおかしいフラッシュバック描写。
蛇足としか言いようがないエンドロール後のシーン。
68分という短編の中に、鼻につく場面がいくつも散りばめられている。

1番腹が立つのは「空き巣」という設定である。
それを生業にしているにもかかわらず、盗む場面は徹底して排除する作り。
そのように主人公たちを「善き人げ」に描写し、「悪者」を説教するか脅すだけの機能しか果たしていない。
そもそもお前らが他人にそんなことが偉そうに言えるのだろうか。

例えば「尾崎」を騙そうとした2人組。
主人公たちは「悪者」を懲らしめるために、部屋に勝手に上がり込んでテーブルを蹴り飛ばす。
おまけに「震災の生贄にする」などと脅迫する。
この「偽りの正義感」、加えて仙台が舞台ということで「震災ネタ」を捻じ込もうとする作り手の浅はかさ。
この2人組も震災を経験した被災者なのではないのか。
仙台出身の自分には不快感この上ない場面だった。

あるいは「尾崎」を使わない監督。
気に入らないから試合で起用しない監督の弱みを握り、試合に出場させろと脅迫する。
だが、いざ「代打・尾崎」とコールされた際の、ファンの反応はどうであろう。
「ここでなんで尾崎なんだよ」的なニュアンスのどよめきが起こるということは、ファンもその程度にしか評価していないということだ。
だとすれば、「尾崎」を個人的な私情で強引に出場させた空き巣たちは、私情を采配に反映させる「悪者」扱いの監督と同じことをしているだけではないのか。

「善き人げ」な人間たちが「偽りの正義感」で「悪者」を説教する物語。
本作のような不快な作品が長編ではなくて良かったと心底思う。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2012-05-13 09:49:17
中村義洋監督!伊坂幸太郎原作!濱田岳主演!
まさに鉄板の陣営だ。ためらわずに映画館へGOだ!

しかもダラダラと長い映画に付き合って苦痛を覚えることが多い中、68分という上映時間で笑わせ、ハラハラさせ、感動させてくれる『ポテチ』は、本当にお得な作品である。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-332.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ポテチ2012/10/26\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ポテチ2012/10/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ポテチレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION