allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タイタニック 3D(2012)

TITANIC

メディア映画
上映時間194分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2012/04/07
ジャンルドラマ
映倫G
アバター+タイタニック 3Dブルーレイセット<6枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 8,208
価格:¥ 7,586
USED価格:¥ 4,769
amazon.co.jpへ

 Photos
タイタニック 3Dタイタニック 3D

【クレジット】
監督:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン
ジョン・ランドー
製作総指揮:レイ・サンキーニ
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:ラッセル・カーペンター
プロダクションデ
ザイン:
ピーター・ラモント
衣装デザイン:デボラ・L・スコット
編集:ジェームズ・キャメロン
コンラッド・バフ
リチャード・A・ハリス
音楽:ジェームズ・ホーナー
主題歌:セリーヌ・ディオン
SFXスーパーバ
イザー:
ロブ・レガト
出演:レオナルド・ディカプリオジャック・ドーソン
ケイト・ウィンスレットローズ・デウィット・ブカター
ビリー・ゼインキャル・ホックリー
キャシー・ベイツモリー・ブラウン
フランシス・フィッシャールース・デウィット・ブカター
ビル・パクストンブロック・ラベット
バーナード・ヒルE・J・スミス船長
ジョナサン・ハイドJ・ブルース・イスメイ
ヴィクター・ガーバートーマス・アンドリュース
デヴィッド・ワーナースパイサー・ラブジョイ
グロリア・スチュアートローズ・カルバート
スージー・エイミスリジー
【解説】
 ジェームズ・キャメロン監督が1997年に手がけ、世界中で空前の大ヒットを記録するとともに、アカデミー賞で史上最多タイの11部門獲得の快挙を成し遂げた映画史に燦然と輝く金字塔「タイタニック」。本作は「アバター」で3D映画の新時代を切り拓いたキャメロン監督が、自らの代表作である本作を最新のデジタル技術で変換処理を施した3Dバージョン。
 1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。上流階級の娘ローズは、母親が決めた婚約者で大資産家キャルとの船旅に気持ちが塞いでいた。一方、賭けに勝って三等の切符を手に入れた画家志望の青年ジャックは、新天地アメリカへの希望で胸を膨らませる。そんな2人は船上で運命的に出会い、お互いに強く惹かれていくのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
タイタニック(1997)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2012-05-04 22:19:40
3Dにしてもしなくても、イイものはイイという典型である。
この傑作を再びスクリーンで観られることが何よりも嬉しい。
3Dではない映画を無理に3D化してメガネ越しに観ると、映像の劣化を感じることがあるけれど、本作にそんな心配は無用。
さすがはジェームズ・キャメロンだ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-331.html
投稿者:uptail投稿日:2012-04-30 09:25:02
演出:8
演技:7
脚本:7
音響:8
投稿者:たんばのもり投稿日:2012-04-11 19:19:49
 確かに、現時点での興行収益における全世界第一位は「アバター(2009年、米)」であるが、私は「タイタニック(1997年、米)」が、今でも一番だと思っている。
 「タイタニック」は、「アバター」より10年以上も前の公開であり、劇場公開の方法も違うし、ロングラン上映となったのも「タイタニック」の方である。また、「アバター」は3D映画であり、料金も2D映画に比べ1.2倍高い。

 3D化された「タイタニック3D」は、前半の船上で繰り広げられる若い二人(ジャック:レオナルド・ディカプリオと、ローズ:ケイト・ウィンスレット)のラブロマンスから、後半のタイタニック号が氷山に衝突し沈没していくパニックシーン、そして、二人の悲劇的な別れのシーンへと、圧倒的なスケール感で我々に迫ってくる。この感動は凄いに尽きる。

 リバイバル上映を、このような3D化された映画で見られるのも、現在を生きる映画ファンとしては、至福の喜びである。

 ※豪華客船タイタニック号が大西洋上で氷山に衝突し沈没した、当時として世界最大の海難事故(1912年に発生。1500名を超える死者を出す。)から、今年で100年。
 悲劇の日、4月15日を中心にして、全世界で様々な行事が行われている。
現在、当時のタイタニック号と同じ数の乗客を乗せたクルーズ船が、イギリスのサウサンプトンからアメリカのニューヨークまで追悼航海中であり、国連教育・科学・文化機構(ユネスコ)は、カナダ・ニューファンドランド島南方の水深4000mの海底に沈んでいるタイタニック号を「水中文化遺産保護条約」の保護対象にすると発表(2012.4.5)した。
 日本では、現在、CS各局でタイタニック号沈没の謎を追うドキュメンタリー番組が目白押しである。
投稿者:御中優希投稿日:2012-04-08 23:01:20
木場のIMAXデジタルシアターにて観賞しました。
一コマ単位、お金と手間をかけて手作業で3D化したというだけあって、登場人物の顔立ちまで分かるくらい立体的な映像となっています。
とりわけ、機関室の巨大な蒸気エンジンやボイラー室が登場するシーンと、氷山衝突から沈没までのクライマックスでは3Dが威力を発揮。
スペクタクル性と見事に融合していて、夢中になって魅入っていました。
それから観ていて思ったのは、キャメロン監督って本当タイタニック号への思い入れが深いんだなぁ…って事ですね。
IMAX3Dで観る事をオススメ致します。
(Moovie Liveより修正・転載)
投稿者:ASH投稿日:2012-04-08 00:46:49
【ネタバレ注意】

 「タイタニック」、スクリーン初鑑賞!! 1997年の公開時は近場にシネコンがなかったし、仕事も外回りのため忙しくって泣く泣く鑑賞を見送った。で、初めて観たのがDVDではなくて実は「地上波」という完全なる遅れ組。先月の「SW」と同じく3D上映にて再公開と聞きつけてイソイソと出向いたわけだが、改めて感じたのが、スクリーン映えのする超大作だっていうこと。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION