allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハンガー・ゲーム(2012)

THE HUNGER GAMES

メディア映画
上映時間143分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(角川映画)
初公開年月2012/09/28
ジャンルサスペンス/アクション/SF
映倫PG12
生存率1/24
それは究極のサバイバル。戦うことでしか、生き残れないのか――?
ハンガー・ゲーム ブルーレイ コンプリートセット(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 9,180
価格:¥ 19,480
USED価格:¥ 9,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ゲイリー・ロス
製作:ニーナ・ジェイコブソン
ジョン・キリク
製作総指揮:ロビン・ビセル
スーザン・コリンズ
ルイーズ・ロズナー=マイヤー
原作:スーザン・コリンズ
『ハンガー・ゲーム』(メディアファクトリー刊)
脚本:ゲイリー・ロス
スーザン・コリンズ
ビリー・レイ
撮影:トム・スターン
プロダクションデ
ザイン:
フィリップ・メッシーナ
衣装デザイン:ジュディアナ・マコフスキー
編集:スティーヴン・ミリオン
ジュリエット・ウェルフラン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
エグゼクティブ音
楽プロデューサー:
T=ボーン・バーネット
出演:ジェニファー・ローレンスカットニス・エバディーン
ジョシュ・ハッチャーソンピータ・メラーク
リアム・ヘムズワースゲイル・ホーソーン
ウディ・ハレルソンヘイミッチ・アバナシー
エリザベス・バンクスエフィー・トリンケット
レニー・クラヴィッツシナ
スタンリー・トゥッチシーザー・フリッカーマン
ドナルド・サザーランドスノー大統領
ウェス・ベントリーセネカ
トビー・ジョーンズクラウディウス
アレクサンダー・ルドウィグケイトー
イザベル・ファーマンクローヴ
アマンドラ・ステンバーグルー
ウィロウ・シールズプリムローズ・エヴァディーン
ポーラ・マルコムソンカットニスとプリムローズの母
レヴェン・ランビン
ジャック・クエイド
ダイオ・オケニイ
【解説】
 全米の若者から熱狂的に支持されたスーザン・コリンズの同名ベストセラー・シリーズの映画化第1弾にして、全米で空前の大ヒットを記録したティーンズ・サバイバル・アクション。はるか未来の独裁国家を舞台に、テレビ中継の下で最後の一人になるまで殺し合いを繰り広げる戦慄のサバイバル・ゲームに、妹の身代わりとなって参加したヒロインの過酷な運命をスリリングに描く。主演は「ウィンターズ・ボーン」のジェニファー・ローレンス、共演にジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース。監督は「シービスケット」のゲイリー・ロス。
 強大な権力を一手に握る独裁者が君臨する国家パネム。そこはエリート階層が暮らす最先端都市キャピトルとそれに隷属する12の貧困地区で構成されていた。独裁者は反乱の抑止を目的に毎年、全12地区からそれぞれ12〜18歳の男女一人ずつを選出して、最後の一人になるまで殺し合いをさせ、それを完全生中継する見せしめイベント“ハンガー・ゲーム”を開催していた。そのプレイヤーの抽選会で、第12地区からは12歳の少女プリムが選ばれてしまう。そこで姉のカットニスが身代わりを志願、男子で選ばれた同級生ピータ・メラークとともにハンガー・ゲームに参加することに。こうしてキャピトルに向かった2人は、教育係による過酷なトレーニングを経て、ついに総勢24人が繰り広げる殺すか殺されるかの究極のサバイバル・ゲームに身を投じていくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
641 6.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2016-05-04 01:13:29
【ネタバレ注意】

宗主国に牙を抜かれて貢物を献上する。
それが檻の中で殺人サバイバルを演じさせる為に各地区に若者を二人ずつ差し出させるというもの。
このムービー、殺人バトルが売り物って顔をしてるが、状況説明やら引き立てられる者の別れやらに1時間と8分程費やしてる〜確かに面白くない訳でもないのだが、多分、映画館で爆睡した人もいるかもですね。

そこから始まる殺人バトル…なのだが、あくまで主人公は逃げ回るのみ、武器を手にした後も自分から殺しにゆく事は有りません。つまりが良い子ちゃんで、逆に良くしてくれた人を他のプレイヤーに殺して貰って勝ち残る…攻撃を受けて咄嗟に1人射殺すのだが、それも友達になった少女の死を悲しむというドラマでチャラ。ルール変更で最後に残った2人が殺しあうぞ、ってなっても……殺して生きようとしない。

ある意味、興行主の大失敗を演出するのだが、それは本作が大失敗の金網デスマッチ?を見せるムービーであるというのと同じである。なので、殺人バトルが売り物って顔をするのは詐欺に近い。

まぁカットニスって主役の女性が、恋人がいるのにフィールドで他の男といちゃつくのを全国ネットで放映したり、片手を高く上げるポーズ(格好良い)を地元民がマネして暴動が始まったり、それも含めてか失敗興行の責任を取らされるのにアレが置いてあったりするって所が見所なのかも知れません。

自分達が舐めさせられている辛酸を感じて暴動する地元民…放映されるサバイバルショーを観せられてオリンピック宜しく地元を応援してる奴等…敗戦国の人間を皮肉ってるムービーなのかも知れないですね。

競技は終わったが、奴等の言いなりにならないって理不尽は依然安泰〜多分この先、弱いもの同士でなく、支配者との戦いにしてゆくつもりなのではないですかね?(既に続編はあるんだけど…情報は知らない…何か3か4の劇場予告は観た筈だけど…記憶がはっきりしない)

投稿者:terramycin投稿日:2014-08-03 13:31:51
【ネタバレ注意】

手振れ撮影と、先端都市キャピトルとそこにいる人々でB級作品臭が漂ってくるようであった。

主人公のJローレンスは近作品で地味な女性風だが、味が出ていてよかった。

肝心のサバイバルゲームは観客、スポンサーの影響を気にしすぎという作りでルール変更や2日目にして挑戦者を追い出すため森を無造作に役などめちゃくちゃである。
商業主義にもほどがあるが作品としてはつまらなくなってしまった。
せっかく、面白くできる素材があるのにそれを生かせていない感じ。

リンゴで反応する地雷ってどうなんだろうと思ってしまった。

投稿者:sachi823投稿日:2014-02-12 21:41:48
近頃はこういう映画が受けるのかな。
主演のジェニファー・ローレンスは感じが
よかった。
投稿者:namurisu投稿日:2014-01-05 18:28:42
敵はプレーヤー、自然、罠。アイテムは蜂、地雷、弓矢。勝者は心中覚悟のカップル。参加不可能。「2」は無し。
投稿者:nabeさん投稿日:2013-12-29 23:18:34
「バトルロワイアル」のハリウッド版である。
深作欣二監督の名作「バトルロワイアル」とどうしてもストーリーがかぶってしまうが、深作版に対してロス版は主人公が選ばれてからのエピソードが非常に長く、またゲーム本番も逃げ回っている時間が長いので、深作版のあのスリリングさを期待していた観客にはかなり不満だろう。
本来売りのはずのティーンエイジャー同士の殺し合いも、日本と違ってダイレクトな表現を避けているせいかまったくぬるい。また、最後のひとりまで戦うという基本ルールを変えてしまうに至っては、もう完全に深作版からはほど遠い別作品になってしまった。
主演のJ.ローレンスがキュートでいい味を出しているからこそ、続編はぶれることなく基本である本来の殺人ゲームに戻ってもらいたい。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2013-12-25 19:16:20
ルールをコロコロ変えるなっ!
投稿者:ピースケ投稿日:2013-11-04 22:31:06
一体いつになったら戦い始めるんや!?
投稿者:nightwing投稿日:2013-09-20 01:04:12
思っていたのとかなり違ったのでそれなりに楽しめた。
が、かなり幼稚と言うか稚拙なストーリーですな。
とにかくすべてが散漫で大雑把。全く持ってリアリティーがゼロ。
どうせなら「バトルランナー」みたいにハチャメチャにやってほしかった。
最後もあっけなく終わったし・・・・・。
投稿者:nedved投稿日:2013-08-28 00:08:22
ジョシュ・ハッチャーソン
投稿者:bond投稿日:2013-05-29 08:29:56
肝心のバトルシーンが少なく、やや冗長な展開。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-05-19 16:12:30
あの獣がホログラムみたいで紛らわしいので普通に狼を出せばいいと思った。続編が作られるみたいだけど、「トワイライト」シリーズのように大して盛り上がらない気がする。ディティールの杜撰さには目を瞑ってもいいけど、「怒り」が足りない。ヴァーホーヴェンや三池崇史なら「アンレイテッド・ヴァージョン」を作ってくれそう。
投稿者:TH投稿日:2013-04-08 19:13:12
「バトルロワイヤル」をハリウッドでリメイクするとこうなるのかー。
えっ?違うの?
投稿者:映画採点家まさ投稿日:2013-02-28 00:45:39
なかなか面白かったけど、オチにひねりがほしかった。
投稿者:なちら投稿日:2012-11-05 20:34:12
J・ローレンスにもっと弓の腕を披露して欲しかったのに、
まともに戦ったのは黒人少女を守る時、反射的に射った一発だけじゃないかー。
ヒロインに殺人はあまりさせられないだろうけど、こっちはもっとバトルが見たいんだよね。
ゲーム開始までのお披露目に時間を割いた割にはスポンサー制度も大して影響してないし、
進行役のW・ベントリーはなぜ自分の首を絞めるような事をしたのかワカランし、不満多し。

良かったのはJ・ハッチャーソンの憐れな恋心くらい。
あと、目立たないけど妹役の子が凄い美少女。
投稿者:陸将投稿日:2012-10-12 17:42:43
【ネタバレ注意】

本作は全てが操作された人工的空間の中で展開される残酷ショーだ。
そして、スポンサーや視聴者の支持を獲得することが、物語の鍵となっている。
それ故、何度もルールは変更され、テレビ屋的発想による劇的な結末へと強制的に着地させようとする。
終盤の悲劇的なロマンスに仕立て上げようとする、陳腐なメロドラマ展開に面白みは一切ない。
だが、本作は全国に生中継される娯楽ビジネスの世界を描いているため、そのような批判に対し「だってあえてTV的演出にしたんだもん!」と開き直れる逃げ道が用意されているのだ。
それが実にずるい。

脚本にも穴があり過ぎる。
「ハンガー・ゲーム」が開催されるまで、あれほど時間をかけて世界観や設定を丹念に描写したにもかかわらず、次々と疑問が湧いてくる。
相手グループは自分たちが集めた物資の山から、何故十分に距離を取らずに地雷を仕掛けたのか。
木の上にヒロインを追い込んだのに、何故見張りを立てずに全員が爆睡しているのか。
あるいは、重いものを投げるのが得意だと訓練場面でも強調されていたヒロインのパートナーに、結局自分の得意技を生かす場面を用意しなかったのは大きなマイナスだ。
また、「ゲーム」が開始されてからの殺し合いが山場になったことで、その後の殺し合い場面が全く味気ないものになってしまっている。
さらに、「ゲーム」の外側の世界の描写が少ないため、「ゲーム」が外界に与える影響が見えづらいのも難点だ。

だが、最も腹が立つのは観客のステレオタイプ化だ。
とにかく観客が映し出される場面は全てが酷い。
特に観客のハートを掴むためのコーディネートとして、炎を強調したコスチュームで入場する場面はもはや失笑ものだろう。
ちゃっちいCGで炎を合成しただけの陳腐な画面。
それを観て、何故観客が熱狂しているのかが分からない。
あまりにもスクリーン内の観客の反応と、スクリーン外の我々観客の反応がかけ離れているのだ。
「大衆はそんな単純に扇動される訳ないだろ!」という想いを前半の段階で胸に抱いてしまえば、そりゃ作り手に乗せられて物語を楽しむことなど不可能に決まっている。

投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2012-10-08 08:31:21
【ネタバレ注意】

「プロメテウス」が宇宙版「スプライス」ならこの映画近未来版「ウィンターズ・ボーン」だ。
主人公本人だし最初の場面や姿まんまだし、途中のカット混ぜてもわからんよ。食うもんないからリス食うとこまで一緒て。ねらってんのかスタッフ。
まあ、誰がマイルドにしたのか、本来(?)ならもっとエグくなってたはず。
あの黒人の女の子と仲良くなっちまったとこで、いずれ殺しあうんだろうと陰鬱な予想してたのが、他のメンバーの手で殺されたのを見たとき、あ、これ妥協したな、と。
深作さんやタラならもっと心臓をエグられるような展開があったんだろなあ。

投稿者:uptail投稿日:2012-10-06 09:39:25
演出:8
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:moviemania1999投稿日:2012-09-29 20:08:23
●かなり期待して観に行きました。
前半が苦痛でした。
へんてこな近未来なのが退屈な原因かも
後半でやっとゲームが始まって面白くなってきました。
ただ、ゲイリー・ロス監督(アクション映画経験0)のせいなのかアクションが地味で戦ってても何をやってるのかよく見えない。
ジェニファー・ローレンスはかなり良かったと思います。
イザベル・ファーマン(当時14歳)が異常に影が薄いのが残念
あと、都合に応じて救命具、ルール変更と変な獣はちょっといただけなかった。
次回作に気になるのは三角関係
第2の「トワイライト」になるかも
http://blog.livedoor.jp/moviemania1999/
投稿者:ASH投稿日:2012-09-28 23:25:27
【ネタバレ注意】

 どうでもいいことなんだけど、日本版ポスターでは「ハンガーゲーム」と中黒(・)が付かないくせに、オフィシャル・サイト内では邦題表記が「ハンガー・ゲーム」になっていたりと統一感がまるでない。要するに、その程度の扱いなんだよね。配給会社にしてみれば、こんな映画が日本で当たるとはハナから思ってないんだよ。

 それはさておき、B級SF映画によくある設定なもんだから既視感を覚えるのは誰も同じだと思うんだよね。殺人ゲームに熱狂する大衆ということで、タイプはチト違うが「デス・レース2000年」とか、シュワちゃんの「バトルランナー」とか。で、日本人なら真っ先に思い浮かべるが、あの「バトル・ロワイアル」しょっ!! 年端もいかない少年・少女が殺し合うという設定からしてモロだわ。パクったわけじゃなかろうが、原作者、触発されたんじゃねぇの? 知らないとは言わせない!

 貧困層が暮らす12の地区から選抜(というかクジ引き)された男女2人の計24人を最後のひとりになるまで殺し合いをさせるゲームということだが、彼らがスタジアムへ入場するくだりは悪趣味なオリンピック風。プレイヤーは観衆にウケるように振る舞い、プレー中の健闘によってはスポンサーも付くという。オリンピックは表向きは平和の祭典だが、実際は国の威信をかけた競技。人々が熱狂する祭典を権力者が利用しない手はないわな。

 前述した映画の他に、俺が思い出したのが「トゥルーマン・ショー」。プレイヤーは殺し合いをしてナンボなもんだから、逃げ回ってばかりのカットニスを戦わざるを得ない状況にさせようと、乱暴なやり方で環境を操作する。火の玉が♪ボッカンボッカン♪と襲ってくるくだりは、アレが当たれば死んじまうんじゃないかと心配しちまう。視聴者ウケを狙って芸人にムチャさせるTV番組も、考えてみれば同じようなもんだよなぁ。それにしても、あの軟膏、便利だわ。

 フト思ったのは、こんな理不尽なゲームに貧困層の人々はなぜに素直に従っているのか?、ということ。選抜の当日は精一杯のおめかしをして会場に赴く。どうやら選ばれることは名誉なことのようだ。戦い抜いて帰って来れば故郷に錦を飾ることになるが、生存率は1/24だから死ぬ人の方が圧倒的に多いのだ。この辺の大衆心理の怖さも、なんか気になるところ。74回も開催されると、それが年中行事として当たり前になっちゃうとか。

 都合によってルールを変えたり、やっぱ前言撤回なんて言ったり、カットニスとピータが勝手にゲームを終わらせようとしたら、優勝おめでとう! と、規則をコロコロと変えたり、ヘンな犬ッコロ(?)を登場させて場を盛り上げたりと、視聴者のウケばかり考えて主体性がないTV局、もっと大きく言っちゃえば社会の在り方そのもをチャカしてるような。もっとも、こんな「稚拙」な映画でそんなことを見出したとしても、興味のないヤツには「滑稽」にしか聞こえないんだろうがね。

 吊り橋効果じゃないが、こういう状況に置かれたら、初めはその気がなくても惹かれてしまうという心理は分からなくもない。故郷(くに)にはカレシがいるのに、極限状態を生き抜くことでカットニスがピータといい感じになるのは想像に難くない。また、その様子を中継で逐一見せられるゲイルの気持ちも分かるわ〜。この辺の青臭さが俺には堪らん!! 全米のヤングにウケたのも、そういうところなんだろうな。好きな人を盗られちゃうっていうアレよ。

 ジェニファー・ローレンスは可愛い顔してんだけど、田舎出のヤボったさがある娘だよなぁ、と思ってたが、この映画ではそれがかえって機能しているという。特技は弓ということだが、その技をもっと披露して欲しかった。続編はキャピトルに反逆する展開が用意されてるだろうから、そんときに期待だ。

 一見しただけでは誰だか分からないエリザベス・バンクスの怪演!! 俺は声で一発で分かったけど、あの白塗りメイクにド派手な衣装にはどん引く。ゲームが始まってから登場しなくなるのが超不満!! スタンリー・トゥッチも青い髪なので一見しただけでは分からない。トーク番組の司会者をカリカチュアしてんだろうな。

 アクションに関しては「カメラ、揺らし過ぎ」なもんだから、古い映画通は要注意。って、こんな映画、観やしねぇか。でも、正直に言うとこの映画、上映時間が長過ぎると思うんよね。原作があるとしても、2時間以内に出際よくまとめるのが観客への礼儀じゃんよぉ。

 12歳〜18歳ってのは一番多感な年頃で、与えられた課題には割と素直に従い、血気盛んな時期だからじゃねぇの。

投稿者:カール犬投稿日:2012-09-23 06:11:48
完璧にアメリカのティーン向け映画。

ゲーム参加者は12歳から18歳。
観客ターゲットもその年齢層かと思われます。
それにしてもこの年齢差(小6高3)で闘わせるという意味がわかりません。

どういうワケだか各地区代表24人が殺し合いをするイベント中継に、
スポンサーだのスタイリストだのオブザーバーだのがついていて、
いかにもアメリカ的な俗悪なリアリティ番組もどきを見せられるのと同時に、

“設定だけ聞くとバトルロワイヤルっぽいけど全然違うのよ〜
主人公が相手をコロスのは間接的か、やむにやまれずだし〜
ピンチの時は代わりに◯◯がヤッてくれるし〜(←あまりのことに失笑)
優しさや愛や勇気や知恵もちゃ〜んとえがいてるし・・ねっねっ”
などという、原作者の言い草をグダグダと聞かされている気分になれる作品。

確かにゲーム参加者は殺し合いの末死んでいくのだけれど、
アメリカのレイティング・システムと相談したかのように
この手の生き残りサバイバル映画にしては、ほぼ人畜無害の見せ方。

一応映倫のPG12指定だけど低年齢層が観てもこれは問題なしでしょう。

つまり設定こそサバイバルアクション(のはず)が
とんでもなく優良面したファンタジー映画なのです。
そこを受け入れられるか、ケッ!と思うかで評価がわかれるでしょう。

主役のジェニファー・ローレンスは、芯のしっかりしたキャラクターを好演。
若手の注目株も、脇を固める大人俳優もなかなかの粒ぞろい。

でも自分は、この2人しか選択肢がないなら
選ぶのはリアム・ヘムズワースの方だろウルトラキック!
くらいな感想しか出ません。
(原作は未読なので今後の展開は知ったことではありません)
投稿者:ジョー樋口一世投稿日:2012-03-27 09:45:17
メガヒットのようですね。
映像をみると「バトルロワイヤル」ほど殺伐としてないので
その分インパクトは無さそう。
メインキャストがまるで知らない。
レニー・クラヴィッツは何の役で出てるんだ?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞テイラー・スウィフト “Safe & Sound”(作詞/作曲)
  T=ボーン・バーネット 
  Joy Williams 
  John Paul White 
■ アクション映画女優賞ジェニファー・ローレンス 
□ 作品賞 
 ■ 男優賞ジョシュ・ハッチャーソン 
 ■ 女優賞ジェニファー・ローレンス 
 □ キス・シーン賞ジェニファー・ローレンス ジェニファー・ローレンス&ジョシュ・ハッチャーソン
  ジョシュ・ハッチャーソン 
 ■ 格闘シーン賞アレクサンダー・ルドウィグ ジェニファー・ローレンス&ジョシュ・ハッチャーソンvsアレクサンダー・ルドウィグ
  ジェニファー・ローレンス 
  ジョシュ・ハッチャーソン 
 □ ブレイクスルー演技賞リアム・ヘムズワース 
 □ アンサンブル演技賞 
 ■ 役作り賞エリザベス・バンクス 
【ニュース】
マシュー・マコノヒー主演ドラマ「Free State of Jones」、最新予告編2016/05/24
マシュー・マコノヒー主演ドラマ「Free State of Jones」、予告編2016/01/12
米興行成績、「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」がV42015/12/14
米興行成績、「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」がV32015/12/07
米興行成績、「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」がV22015/11/30
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム」完結編が1億ドル超えで初登場1位2015/11/24
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム」完結編、最新予告編2015/10/07
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム」完結編、予告編2015/07/24
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム」完結編、特報2015/06/10
全米興行成績、新作不在で「ハンガー・ゲーム」シリーズ最新作がV32014/12/08
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム」シリーズ最新作が余裕のV22014/12/01
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム」シリーズ最新作が今年最高成績で首位デビュー2014/11/25
全米興行成績、「ジム・キャリーはMr.ダマー」20年ぶりの続編が大ヒット・スタート2014/11/17
ジョシュ・ハッチャーソン&ベニシオ・デル・トロ共演ドラマ「Escobar: Paradise Lost」、最新予告編2014/11/14
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム3」、最新予告編2014/10/30
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム3」、予告編2014/09/16
ジョシュ・ハッチャーソン&ベニシオ・デル・トロ共演ドラマ「Paradise Lost」、予告編2014/09/04
ジェニファー・ローレンス主演アクション大作「ハンガー・ゲーム3」、ティーザー・トレーラー2014/07/29
エリザベス・バンクス主演コメディ「Walk of Shame」、最新予告編2014/04/16
全米興行成績、ベストセラーYA小説原作SF「ダイバージェント」が大ヒット・スタート2014/03/24
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「ダイバージェント」、最新予告編2014/02/05
エリザベス・バンクス主演コメディ「Walk of Shame」、予告編2014/01/17
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム2」が歴代4位の好成績でメガヒット・スタート2013/11/25
全米興行成績、「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」がV22013/11/18
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、フル・トレーラー2013/11/14
ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム2」、最新予告編2013/10/28
ゲイリー・ロス監督&ジェニファー・ローレンス、「エデンの東」リメイクで再タッグへ2013/09/26
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、ティーザー・トレーラー2013/08/26
全米興行成績、リー・ダニエルズ監督×フォレスト・ウィテカー主演ドラマ「The Butler」がV22013/08/26
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、ティーザー・トレーラー2013/08/23
全米興行成績、「プレシャス」監督実録人間ドラマ「Lee Daniels' The Butler」が初登場首位2013/08/19
ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム2」、最新予告編2013/08/12
全米興行成績、「第9地区」監督最新SF「エリジウム」が初登場首位2013/08/12
ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム」続編、フル・トレーラー2013/07/22
第39回サターン賞、結果発表2013/07/01
脱出王フーディーニ伝記映画、監督に「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソットか2013/06/19
ハリソン・フォード&ゲイリー・オールドマン共演サスペンス「Paranoia」、予告編2013/06/06
トビー・ジョーンズ主演サイコ・ホラー「Berberian Sound Studio」、予告編2013/05/15
ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム」続編、ティーザー・トレーラー2013/04/15
第39回サターン賞、ノミネーション発表2013/02/21
ゴールデングローブ賞、結果発表2013/01/14
放送映画批評家協会賞、結果発表2013/01/11
全米興行成績、「ホビット 思いがけない冒険」が強力新作陣を抑えV32012/12/31
ゴールデングローブ賞、ノミネーション発表2012/12/14
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2012/12/12
全米興行成績、「ボディ・ハント」と「End of Watch」が首位タイ2012/09/24
全米ベストセラーYA小説『Divergent』映画化企画、監督はニール・バーガーに2012/08/24
ジェニファー・ローレンス主演ホラー「House at the End of the Street」、最新予告編2012/08/02
ジェニファー・ローレンス主演ホラー「House at the End of the Street」、最新予告編2012/06/04
MTVムービー・アワード結果発表2012/06/04
全米興行成績、「アベンジャーズ」が首位陥落も史上最速で5億ドル突破の快挙2012/05/28
全米興行成績、「アベンジャーズ」がV3、史上最速ペースで4億5000万ドル超え2012/05/21
全米興行成績、「アベンジャーズ」が記録ずくめの快進撃で圧巻のV22012/05/14
全米興行成績、ヒーロー・アクション超大作「アベンジャーズ」が史上初の2億ドルデビューの快挙2012/05/07
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2012/05/02
全米興行成績、ティム・ストーリー監督群像コメディ「Think Like a Man」がV22012/05/01
ジェニファー・ローレンス、全米ベストセラー・ノンフィクションの映画化に主演へ2012/04/24
全米興行成績、ティム・ストーリー監督群像コメディ「Think Like a Man」が好スタート2012/04/23
「ハンガー・ゲーム」続編、新監督はフランシス・ローレンスか2012/04/20
全米興行成績、ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム」がV4達成2012/04/16
全米興行成績、ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム」がV32012/04/09
全米興行成績、好調「ハンガー・ゲーム」が新作陣を大きく引き離してV2達成2012/04/02
ジェニファー・ローレンス主演ホラー「House at the End of the Street」、予告編2012/03/30
全米興行成績、ジェニファー・ローレンス主演「ハンガー・ゲーム」が衝撃的メガヒット・デビュー2012/03/26
全米興行成績、J・ヒル&C・テイタム共演「21ジャンプ・ストリート」映画版が大ヒット・スタート2012/03/19
全米ベストセラー原作サスペンス「ハンガー・ゲーム」、最新予告編2012/02/03
『ハンガー・ゲーム』映画化第2弾「Catching Fire」、脚本はサイモン・ボーフォイに2011/11/17
全米ベストセラー原作サスペンス「ハンガー・ゲーム」、フル・トレーラー2011/11/15
全米ベストセラー原作サスペンス「ハンガー・ゲーム」、特報2011/08/30
【レンタル】
 【Blu-ray】ハンガー・ゲームレンタル有り
 【DVD】ハンガー・ゲームレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION