allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミッシング ID(2011)

ABDUCTION

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2012/06/01
ジャンルアクション/サスペンス
映倫PG12
偽りの日常か、
真実の自分か。
ミッシングID コレクターズ・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,170
価格:¥ 1,500
USED価格:¥ 1,152
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「トワイライト」シリーズでブレイクしたテイラー・ロートナー主演のサスペンス・アクション。ある日突然巨大な陰謀に巻き込まれ、謎の組織から命を狙われる身となってしまった高校生が、決死の逃亡を繰り広げながら自らの出自に関わる謎に迫っていくさまを描く。共演はリリー・コリンズ、アルフレッド・モリナ、シガーニー・ウィーヴァー。監督は「ボーイズ’ン・ザ・フッド」のジョン・シングルトン。
 平凡で幸せな毎日を送るスポーツ万能の高校生ネイサン。ある日、授業の課題のため、近所の幼なじみカレンとともに調べものをしていた彼は、誘拐被害児童一覧サイトの中に自分の子ども時代の写真を発見してしまう。様々な疑問が膨らんでいくネイサン。そんな矢先、自宅に謎の2人組が現われ、抵抗した両親が殺害されてしまう。カレンとともに、辛くもその場から逃げ出したネイサンは、執拗な追跡をかわしながら真相へと迫っていくが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-01-20 16:13:07
【ネタバレ注意】

邦題の『ミッシングID』がまず意味不明。原題の“Abduction”(誘拐)も芸がないけど。
基本的にテイラー・ロートナーが、マット・デイモンのジェイソン・ボーンをやろうとしている、というアクション映画ですね。
CIAの工作員を親父に持ってしまったがゆえに不幸な生い立ちのネイサン。ついに自分が「ミッシング・チルドレン」のひとりと気づいたけれど、そのサイトは悪者のトラップだったので、その晩あっという間に育ての親が殺され、幼馴染のカレン(リリー・コリンズ)を連れて逃避行、だと。CIAも悪者も信じられない中で、ついにピッツバーグ・パイレーツの本拠地PNCパークで最終決戦へ…。
まあつまらないことはないんだけれど、悪者がどうしてテイラー・ロートナーを殺そうとするのか(殺してしまって必要としているリストが手に入らなければ意味ないじゃん)、一方でカレンをなぜ生かしたのか、などなど突っ込みどころは満載。
ティーン版ジェイソン・ボーン、というのは本当にその通り。
フィル・コリンズの娘リリー・コリンズはブルック・シールズを髣髴とさせるほど眉がコユい。還暦を越えたシガニー・ウィーヴァーがすっかり貫禄のあるおば様になっていたのにも感慨がひとしお。
ということで、つまらなくはないものの主役ふたりに今ひとつ魅力を感じなかったんだよなあ。
そこそこ、という感じでしょうかね。

投稿者:nodo投稿日:2015-09-24 04:12:48
2011年頃のティーンエイジャー向けアクションサスペンス映画
主人公は「トワイライト」で売れているテイラー・ロートナー
ヒロイン役のリリー・コリンズはかわいいし 脇役のデンゼル・ウィタカーもいい味出してたけど 自分的には物足りなかったです
投稿者:カール犬投稿日:2014-06-01 00:08:36
『トワイライト』シリーズで得た人気を
どれだけキープし、あわよくば伸ばしていけるかが
今後の課題であろうテイラー・ロートナー。

これはとりあえず現ファンを引っ張るためだけの映画かな。

恐ろしいことにどんなに脇であろうが、
テイラー・ロートナー以上の顔立ちをした男前の若手男優が
一切出てこないというwこのシバリは逆にきつくないかい?

それなら無理矢理でもすっぽんぽんシーンぶち込むとかさー...(以下自粛)

リリー・コリンズも可愛いんだけれどね。

ただ事件に巻き込まれたり追いかけまわされている途中とか
妙に崩れた印象になるなーって思っていたら
やっぱあの眉の太さで困った顔の下がり眉をやっちゃうと
いきなり面白い顔になっちゃうんだね。
可愛いからって女の子は気を抜けないというか油断できないね。
投稿者:roberts-s投稿日:2013-07-15 09:12:56
サスペンスと聞いていたのに、最初を見ると青春モノの入り方だったので、借りた映画間違えたかなと思いましたが、
主人公が自分の出生を調べ始めてから話は一気に急展開となりました。

映画は、深く考えずに楽しむたちなので、話としては面白かったと思います。ただし最初の20分くらいを耐えることができるのなら。

ヒロインの女の子って、フィル・コリンズの娘さんだったんですね。1980年代を思い出します。

投稿者:scissors投稿日:2013-07-08 00:52:55
たぶん10分も見てないんだけど、劇場公開作品とは思えない感じ。
投稿者:bond投稿日:2013-05-21 12:40:21
主役が「トワイライト」の印象が強いので、どうしても被って見える。でも、テンポ良く、アクションもそこそこなので楽しめる。ミカエル・ニクヴィストはミスキャストじゃないか。
投稿者:uptail投稿日:2012-11-12 02:23:39
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:ASH投稿日:2012-06-22 22:14:17
【ネタバレ注意】

 「トワイライト」サーガのジェイコブこと、テイラー・ロートナーの単独主演作。アンチ・トワイライト派から総スカンを喰らったのか酷評も聞こえてきてはいるが、そういう色眼鏡を抜きにして観ると、コレが結構、オモロかったりなんかして。とはいえ、お話を盛り上げるためのご都合主義がそんなに気にならなければの話だけどな。

 予告編の印象からするとミッシング・チャイルドを扱ったサスペンス映画で、言うなればアメリカ版「八日目の蝉」みたいなお話なんだろうな、と思ったら、なんとそれは壮大な誤誘導で、実のところティーン版「ボーン・アイデンティティ」でしたという驚きの展開。しかし、有無を言わさぬテンポでグイグイと進んでゆき、アレヨアレヨとクライマックスへと突入!

 時には厳しいが理解ある優しい両親の元でのびのびと育てられたネイサン。青春を謳歌していた彼だが、拭い切れない違和感にいつも付きまとわれている。自分はいったい何者なのか、そういったアイデンティティへの不安が彼を悩ませていた。ティーンに特有の青春の悩みだが、彼の場合は他のティーンとはわけが違ってた。どうやら今まで自分を育ててくれた両親は、ネイサンの実の両親ではなかったのだ。そんな真実が明かされたその夜に…。

 幼い頃に誘拐され、偽りの両親に育てられた少年が真相を解明してゆく映画なんだとばかり思ってたもんだから、中盤辺りで展開が急転直下するんで驚くんだわ。カウンセラーだと思っていたベネット先生が、実はネイサンのことをずっと見守ってきたある「組織」の人物だったとは! ネイサンの居場所をずっと探していたもうひとつの組織と、彼の安全を確保するCIAが執拗に追いかけてくる! たまたま居合わせてしまった同級生のカレンと共に、ネイサンは逃げまくる!

 ツッコミどころは山のようにあるが、ネイサンを探していた組織がミッシング・チャイルドの行方を追うという偽のサイトを立ち上げていて、ネイサンがそこにアクセスするまでずっと張ってたってなくだり。スゲェ回りくどい、とうか根気のいるやり方なんじゃないかと。もし、ネイサンがそこにアクセスしなかったらどうするつもりだったんだ? ってな野暮も出てくらぁな。

投稿者:リEガン投稿日:2012-06-13 11:21:03
眉毛が太くて濃いリリー・コリンズがなかなか可愛いと思ったら、なんとフィル・コリンズの娘とは驚いた。主演のテイラー・ロートナーはじめ、「レイダース/失われたアーク」の姑息な案内人が印象深いアルフレッド・モリナ、「パトリオット」で非情な陸軍大佐を演じたジェイソン・アイザックス、「ハムナプトラ3」でレイチェル・ワイズの後釜マリア・ベロ、本家「ミレニアム」の主演以降悪役ばかりのミカエル・ニクヴィスト、そしてPNCパークのロベルト・クレメンテ…シガーニー・ウィーバー以外は、普通のアメリカ人とは印象異なる個性派揃いなのは、アフリカ系アメリカ人監督ジョン・シングルトンの思惑なのかな。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞テイラー・ロートナー 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」に対しても
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】ミッシング IDレンタル有り
 【DVD】ミッシング IDレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION