allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

イルカと少年<未>(2011)

DOLPHIN TALE

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ/ファミリー
映倫G

【解説】
 「アメリカン・グラフィティ」「アンタッチャブル」などの演技で評価されているチャールズ・マーティン・スミスが監督を務めた、実話を基にした感動の物語。傷ついたイルカと孤独な少年の交流と成長を描く。「P.S. アイラヴユー」のハリー・コニック・Jr.、「ミリオンダラー・ベイビー」「インビクタス/負けざる者たち」のモーガン・フリーマン、「コレクター」のアシュレイ・ジャッドなど、豪華俳優陣が揃ったが日本では劇場未公開。
 11歳の内気な少年ソーヤーは、浜辺で大怪我を負ったイルカを発見する。保護されたイルカはウィンターと名づけられ、海洋生物専門の病院で治療を受けるが、傷の状態が悪すぎたため、命を救うために尾びれを切断するしかなかった。海洋生物にとって尾びれを失うことは致命的だが、ソーヤーはウィンターのために人工尾びれを開発することを思いつく。博識の海洋生物学者と熟練の義肢装具士に協力を依頼したソーヤーは、ウィンターが再び泳げるようになるよう奮闘する。
<allcinema>
【関連作品】
イルカと少年(2011)
イルカと少年2(2014)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:o.o投稿日:2018-09-03 03:53:58
善意、善意、ひたすら善意。善意の津波警報発令です。べつに悪意に満ちた映画を見たいと思っているわけではありませんが、ここまで善き人ばかりが出て来ると、ほとんど息が詰まりそうです。友情、愛情、他人への思いやり、助け合いの精神、動物愛護、エコロジー、家族の絆、障害者へのいたわり、前向きな心・・・も、もう勘弁しちくりー!と叫びたくなってしまいます。

そんな映画ですが、意地が悪そうな同級生たちや、視野が狭くて頭も悪そうな教師と、唯一学校だけはネガティブな描写となっています。学校になじめず、行くのが嫌でたまらない内向的な少年が学校の外で初めて夢中になれるものに出会うというストーリーや、彼が出会う少女が「自宅学習児」ということになっていることから見ても、アンチ学校の立場であることは明らかです。もっとも、これで学校も素晴らしいとなっていたら、ほとんど気味の悪い世界になっていたと思いますが。

この映画ではけっこう CG が使われていて、はっきりそうだと分かる場面もあるのですが、中には、「あれ、この水槽の中の魚たちは全部 CG ・・・だよな」と判別に苦しむシーンもけっこうあり、技術の進歩を感じました。7 年前 (2011 年) の映画なのですが、7 年もたてばさらに進歩しているだろうから、今や CG とまったく気づかないで目にしているものもたくさんあるんでしょうな。ついでに言うと、世界的には、手書きのアニメなんて産業的にも文化的にも、もう完全に終わっていると思いまーす。

ハリー・コニック・Jr.、アシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマン、クリス・クリストファーソン (大物カントリー歌手) と、けっこう豪華な出演陣で、なにか、芸能人が参加するチャリティー ショーを見ているような気分になってしまいます。アシュレイ・ジャッドは歳とったなー。モーガン・フリーマンはアメリカ版大滝秀治で、どんなタイプの映画に出ても「同じ人」ですが、それでいてしっくり馴染んでしまうのだから世界の七不思議の一つです。

アメリカって、こんなに善き国だったっけ?という感想です。
投稿者:fulcrum投稿日:2015-01-03 22:02:58
美ら海水族館では病気で尾鰭を失ったバンドウイルカ「フジ」に人工尾鰭を装着していた。フジは2014年11月に病気で死んだが、10年以上人工尾鰭で生き、人工ヒレは何度も何度も改良されていった。
けっしてクリアウォーターが特別なんじゃない。

ただし、日本と米国で大きく違うところがある。ウインターは義足や義肢で生きる子どもたち、大人たちの勇気のシンボルになっていることだ。このことはすごく特別だと思う。
それは画面で見る通り美しいことでもあるし、イルカの姿を見ると自然の摂理に反したことのようにも思える。また、イルカを過度に擬人化してしまう過ちを犯しているようにも思える。
米国は何につけシンボルが必要なんだな、と思った映画だった。続編も見たけど、乾燥は変わらず。
あと、ヒロインの娘さんが美人じゃないけど可愛くて好きです。
それとモーガン・フリーマンは働きすぎではないかと。
投稿者:mototencho投稿日:2014-01-07 19:39:06
動物感動映画は可能な限り避けるくせに、イルカやらクジラやらが出てくるのは案外観ている。致命的なダメージを受けると、野生動物はまず死んでしまうわけで、自然に逆らう人々の姿はやはり感動的。タイトルが“イルカの尻尾”というくらいで、人間の義足を応用して尻尾を作ろうという根性は合衆国ならでは。http://mototencho.web.fc2.com/2012/webought.html#dolfintale
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】イルカと少年 3D&2D ブルーレイセット2012/04/25\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】イルカと少年2015/12/16\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】イルカと少年レンタル有り
 【DVD】イルカと少年レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION