allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コナン・ザ・バーバリアン(2011)

CONAN THE BARBARIAN

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2012/06/30
ジャンルアクション/アドベンチャー
映倫R15+
斬って!
斬って!
斬りまくれ!
コナン・ザ・バーバリアン [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,781
USED価格:¥ 1,990
amazon.co.jpへ

 Photos
コナン・ザ・バーバリアン

【解説】
 アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「コナン・ザ・グレート」でも知られるロバート・E・ハワードが生み出した伝説のヒーローを「スターゲイト:アトランティス」のジェイソン・モモア主演で映画化したアクション・アドベンチャー。幼き頃に父を惨殺された主人公の壮絶な復讐の旅路を、ハードなアクション満載で描き出す。監督はリメイク版「13日の金曜日」のマーカス・ニスペル。
 妖術が猛威を振るい、各種族が戦いに明け暮れる混沌の先史時代。女戦士である母の死と引き替えに戦場で生を受けた男児コナン。11歳となった彼は、地獄の力を得るために必要な古代王の骨の破片を探すアケロン族の騎士カラー・ジムによって父を目の前で惨殺される。20年後、逞しい戦士へと成長したコナンは、仇敵カラーへの復讐に執念を燃やしていた。一方カラーは、地獄の力を復活させる儀式に欠かせないある女を追っていた。やがて、その女を囮にカラーをおびき出すコナンだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
コナン・ザ・グレート(1982)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TH投稿日:2014-05-25 18:56:50
結構面白いと思いました。
ジェイソン・モモアの額の出っ張り具合がまさに「バーバリアン」。
彼はプロレスラーかと思っていましたが、違うのね。
ヒロインは、ちょっとジョディ・フォスター風でこれもまたいいですね。
投稿者:namurisu投稿日:2014-04-08 11:54:45
宮崎吾郎が作ったチャンバラと、瓜二つ。
投稿者:bond投稿日:2013-08-19 12:00:39
ストーリーは定番だけど、ダイナミックに戦いが展開。シュワちゃんもいいけど、こっちもいいでしょう。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2013-08-04 01:12:26
“シュワ版コナン”に思い入れが強いので、どーかなー?って 思いながら観賞。
コナンっていうよりは「300スリーハンドレッド」のノリかなぁ?やっぱり今風。
悪役はいい味だしてた。スティーブン・ラングは悪役の鑑!
ローズ・マッゴーワン、ガガ的エキセントリック良かったよ!「ブレードランナー」のダリルみたい。
投稿者:ASH投稿日:2013-07-16 00:12:30
【ネタバレ注意】

 リメイク、というよりは同一原作の映画化と考えると、割とシックリくる。モモアの凶暴な面構えはシュワちゃんよりいいかもしんない。が、華がないのは明白。女優陣は、断然、コッチの方がいい。

 監督のニスペルって、リメイクばっか撮ってんのな。独創性皆無、ってか?

投稿者:edix投稿日:2012-10-11 02:49:39
 シュワちゃん版「コナン」のリメイクということで、同じようなストーリー展開なら意味ないとしたのか、別物の話になっているのはいいとして。
 前作が好きなせいか、今作に惹かれるところが無かった(レイチェル・ニコルズは良いけどね)。
 ジョン・ミリアスの演出の骨太感、ある意味マンガっぽいほどのシュワちゃんの筋肉、当時の映像技術における魔法感・・・などなど格段に上回っていたと思う。J・モモアはテイラー・キッチュのように、かっこは良いんだけどいまいち個性に欠ける感じ。これからなのかな?
投稿者:maxpit投稿日:2012-09-15 22:19:54
シュワちゃん主演の「コナン・ザ・グレート(1982)」の再映画化だけど、
同時期に撮られた「タイタンの戦い」もそうだが、20年も経った現在の
映像技術をもってすれば再映画化の作品のほうが、遥かに映像の質は高
いし、迫力もある。なので、単純にオリジナルと比較するのは避けた方
が無難かもしれない。オリジナルを見たことない、シュワちゃん人気を
知らない人が、今回、同時に見たら、たぶん、2011年版のほうが面白か
ったというのではないだろうか?  ただ、当時オリジナル版を観た時は
確かに面白く感じたし、シュワちゃんカッコよかったという印象だけは
今も記憶に残っている。今回の作品を今の映画レベルで評するなら平均
点である。結構、原作のもつイメージはうまく表現できているとは思う
が、脚本がよくある復讐劇で特筆すべき点がないのである。もっと妖術
使い役のローズ・マッゴーワンに活躍させたら盛り上がったかもしれな
い。ジェイソン・モモアは、非常に適役だったと思う。何気にシュワち
ゃんよりカッコいいかも?なんて一瞬思ったし、逆にザ・ロック様なんか
が、主演してたら、いかにも〜って感じで粗探ししてたかもしれない(笑) 
相手役のレイチェル・ニコルズが綺麗なのと、久々に髪毛のあるボブ・
サップが観られたのもよかった。
投稿者:カール犬投稿日:2012-07-17 04:05:44
シュワルツネッガー版とどうしても比べられるだろうけれど、
ジェイソン・モモア・コナンは思っていたより良かったよ(パチパチ)

自分はこのくらいのすっきりマッチョ(シュワちゃん比)体型で十分。

80年代シュワちゃん版の泥臭さと比べ、時代差もあって当然だけど、
アクションの所作もスピード感も映像も格段に美しい。

後半チラリと映る全裸モモアのお尻の引き締まり具合も
ゲイの心をわしづかみ。
バーバリアンの名に相応しく残酷シーンありでサービス的に怠りなし。

コナンの父親役がロン・パールマンというのも自分には高評価。
この人は蛮族の長を素で演れちゃうんだよね。

チビコナンの蛮勇ぶりや、
いかにも頼れる父親との結びつきもちゃんと描かれていたので、
成長してからの復讐への説得力もちゃんとある(あるったらある笑)

問題はやっぱ成長後のストーリー展開と敵キャラだろうなぁ。
ローズ・マッゴーワンの突拍子もない髪型やメイクといい、
純血の血の乙女だの魔女の復活だのといかにもなキーワードは並ぶけど、
全然いかしきれてないよね・・・なのでラスト最大の見せ場であるはずの
カラー・ジム(スティーヴン・ラング)との対決が長い割には腰砕け。
(これは致命的)

それでもそれなりになんとか最後まで観られる作品だったし
ヒロイックファンタジーものとしてそこそこ良い所もあるのに、
この辺りがなんだか惜しいなぁ・・・という感想。

5点は全編ほぼ半裸で頑張っていたジェイソン・モモアに。
(と、ロン・パールマンに)
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】コナン・ザ・バーバリアン2012/11/02\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】コナン・ザ・バーバリアン2012/11/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】コナン・ザ・バーバリアンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION