allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トガニ 幼き瞳の告発(2011)

SILENCED
DOGANI

メディア映画
上映時間125分
製作国韓国
公開情報劇場公開(CJ Entertainment Japan)
初公開年月2012/08/04
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫R18+
この子たちの手を放したら、
僕は父親には戻れない。
トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 12,980
USED価格:¥ 4,032
amazon.co.jpへ

 Photos
トガニ 幼き瞳の告発トガニ 幼き瞳の告発トガニ 幼き瞳の告発トガニ 幼き瞳の告発

【クレジット】
監督:ファン・ドンヒョク
原作:コン・ジヨン
『トガニ 幼き瞳の告発』
脚本:ファン・ドンヒョク
撮影:キム・ジヨン
音楽:モグ
出演:コン・ユカン・イノ
チョン・ユミソ・ユジン
キム・ヒョンスヨンドゥ
チョン・インソユリ
ペク・スンファンミンス
チャン・グァン校長/行政室長
【解説】
 韓国の聴覚障害者学校で起きた実在の性的虐待事件を基にしたコン・ジヨンのベストセラー小説を映画化した衝撃の社会派ドラマ。校長や教師たちによるおぞましい虐待に加え、理不尽な司法制度にも翻弄される幼き児童たちの悲痛な運命を力強く描き出す。本作の公開によって韓国国内で改めて事件にスポットが当てられ、事件発覚後も存続していた学校の閉鎖や性犯罪に関する法改正が実現するなど、社会的にも大きな反響を呼ぶこととなった。主演は「あなたの初恋探します」のコン・ユ、共演に「人喰猪、公民館襲撃す!」のチョン・ユミ。監督は「マイ・ファーザー」のファン・ドンヒョク。
 深い霧に包まれた田舎の聴覚障害者学校に美術教師として赴任したカン・イノ。しかし着任早々、怯えたような児童たちの表情から学園内に漂う不穏な空気を感じ取る。ある日、一人の女子児童が女寮長によって顔を洗濯機に押しつけられている現場を目撃したイノは、彼女を保護して病院に入院させる。そして、偶然知り合った人権センターで働く気の強い女性ソ・ユジンに連絡を取る。やがて、児童たちが校長をはじめとする教師たちから日常的に性的虐待を受けている実態が判明。イノとユジンはマスコミを利用して校長たちを告発、ようやく警察が動いて逮捕にこぎ着けるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2013-11-22 08:35:18
まあ、ヒドイ事件だが、悪徳は世界共通なのね。子役がいい演技してる。後味悪い結末。
投稿者:ghost-fox投稿日:2013-03-17 21:52:12
ヘレン・ケラーは他にも名言を残している 
「人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか」
 
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-11-18 22:07:25
【ネタバレ注意】

実話の映画化で、この映画の製作後に舞台になった聾学校(実際は光州広域市が舞台です)は廃校になったというのですが、いくらなんでもこの学校が廃校にならずまた当事者が復帰したというのも驚き。

それにしてもこれって遠い昔の話ではなく、映画の設定では2005年ですからねえ。韓国に限った話ではありませんが、今の時代にも非合法、治外法権の闇の世界というのはあるものだと思います。

同時に日本でも障害者が被害者であるがゆえに警察も検察も裁判所も地域社会もろくに動いてくれなかったという事例はいまだにあるわけで(TBSドラマの「聖者の行進」もつまりはそのような事件をモデルにしています)、日本や韓国に限らず世界中さまざまなところでいろいろな「トガニ」があります。私たちはそれを忘れていはいけないと思います。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:藤本周平、投稿日:2012-09-10 23:50:36
いやぁホントにすごい映画だった。今年一番の衝撃。
あえて感想は書きません。ただこれだけは言える。
DVDでもいいから絶対に1度は見て。
投稿者:陸将投稿日:2012-08-26 00:11:55
純粋に映画がスクリーン外に与える影響力や現実との関わりを考えてしまう。
実話をベースに映画化し、その作品が観客の心を動かし、行動を起こさせる。
映画とはそのような力を持つメディアであることを改めて意識せざるを得ない。
それ程、本作には観る者の魂を鷲掴みにし、心をざわつかせるパワーが宿っている。

本作に登場する子供たちは手話で周囲に訴えかける。
力強い目力と、感情が乗り移っているかのような激しい体の動き。
思ったことを台詞で直接伝えることは映画では芸がない表現だが、手話というコミュニケーションを通せば心のキズさえも生々しく迫ってくる。

深い「ミジン」という田舎町で実際に起きたことは、あまりにも非人道的で許されざるものである。
元の有力者という立場から、前官冷遇といった慣習を利用しつつ検事さえ買収し、被害者児童の貧乏な親たちを札束で叩いて示談に持ち込むようなしたたかな犯罪者たち。
人でなしすぎる事実が黙殺される展開の数々に、声にならないため息が漏れてしまう。
それは思わず座席で身悶えしてしまうほどのレベルだ。

何といっても1人2役で演じられた、校長と行政室長が実に憎い。
ジトっとして気味の悪い「陰」の空気を充満させる双子の姿を見ると、まるで施設のどこにいても2人に監視されて逃れられないような錯覚に陥ってしまう。
あるいは、終盤の裁判における展開で「どちらが校長なのか」というサスペンスを生み出す役割も果たしている。
ここで「手話」で2人を見抜く展開も本当に見事だ。

所々に心がフッと軽くなるような瞬間も用意されている。
似顔絵を書き合う場面、裁判が終わり皆で食事を採る場面、浜辺で子供たちが大人に甘える場面などがそれだ。
けれども、些細な幸福は現実の闇にいとも簡単に飲み込まれてしまう。
その闇はあまりにも深く、映画内では太刀打ちできずに終わってしまう。

こんな救いのない映画があっていいのだろうか。
微力ながらせめて自分たちの力で、劇中の子供たちに救いの光を当てて、ささやかなハッピーエンドを付けてあげたい。
そう思わせる力があったからこそ、スクリーンの外で起きた運動を含め、このような1本の映画が完成したのだと思う。
投稿者:kuro投稿日:2012-08-25 18:02:23
【ネタバレ注意】

権力に簡単に踏みにじられてしまう幼い子供の人権。
自分のことをさておいて、むしろ自分を犠牲にしてまで他人の幸福を守る勇気の難しさ。
誰でもできることではありません。しかも、それをやったところで誰からも賞賛されるわけではありません。
そんな人権保護の難しさを見せられ、脳天をハンマーで殴られたかのような衝撃を受けた映画です。
母をなくした幼い娘の父親であったことが、主人公に物凄い勇気を与えました。
司法では勝てずに悪人を法で罰することはできませんでしたが、そんなことよりもはるかに大事なことは人権を侵害され傷ついた人を救うこと。
そのことを、いまさらながら教えられました。
幼い身障者の子供が語る「自分もふつうの人たちと同じように大切な命なのだとわかった」の台詞には参りました。
涙を他人に見られないようにして映画館を出るのに苦労した映画でした。
これほど教育上でも極めて好ましい映画が、映倫の審査では18禁なのはどうしてでしょうかね。
裸がでてくるわけでもありません。
映倫の審査基準というものが私にはいまひとつわかりません。
韓国では裁判が終了した事件にもかかわらず、映画を観た国民の世論によって厳罰化の法改正や当該学校が廃校になったとのこと。
まさに映画の力です。
私には満点以外の点数は思い浮かびませんでした。

【レンタル】
 【DVD】トガニ 幼き瞳の告発 〈オリジナル・バージョン〉レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 るつぼ(トガニ) / 韓国映画OST(韓国盤)
新品:¥ 1,529
4新品:¥ 1,719より   1中古品¥ 1,616より 

【書籍】
■原作
【単行本】 トガニ―幼き瞳の告発
新品:
17中古品¥ 201より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION