allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

戦争より愛のカンケイ<未>(2010)

LE NOM DES GENS
THE NAMES OF LOVE

メディア映画
上映時間95分
製作国フランス
公開情報劇場未公開
ジャンルロマンス/エロティック
戦争より愛のカンケイ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,662
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bava44投稿日:2013-06-30 21:24:46
「セックスは地球を救う」というウルトラ・リベラルな政治信条を、ある程度まで本気で信じている人たちが作った作品で、ここまで上手く作られているという事実に驚愕する。恐るべし、フランス人。

ドラマの中に機知とユーモアを織り交ぜ、軽く奏でる、この語り口の巧さが絶品だった。
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-24 12:13:02
人種、宗教、主義、思想などに絡んだ映画は、基本的に見る者を
選んでしまうのだが、こんなキュートなヒロインが主役なら話は
違ってくる。常識から逸脱した人間なのに、何故か憎めなく、
むしろ愛すべき人という者は確かにいる。世間の常識が実は間違
った考えであるのかとさえ錯覚してしまうこともある。

電話に夢中になって服を着ることも忘れて全裸で町にでかけたり、
電車に乗り遅れた老人のためにドアをこじ開け、職員に怒鳴りつ
けたり。過激思想家を転向させるには、議論では不可能でも、
セックスなら可能ということで自らの下半身を武器にしたり。
命の重みは同じなのに資本主義が価値の差をきめていると言い、
市場で、オマール3匹、カニ7匹が同じ値段なら、カニを買って
海に逃がしてやったり。人種や宗教を超えて、地球上が雑種だら
けになれば平和になると、伝統や血統を否定したりで、とにかく
メチャメチャな行動、発想なのだが、考えてみれば正論でもある
のだ。
日本では比較的、意識の薄い社会問題だけど、シニカルでユーモア
たっぷりに描かれているこの映画は意外な掘り出しものであった。
それに、ヒロインを演じるサラ・フォレスティエのすっかりファン
になってしまった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ジャック・ガンブラン 
 ■ 主演女優賞サラ・フォレスティエ 
 ■ 脚本賞バヤ・カスミ 
  ミシェル・ルクレール 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】戦争より愛のカンケイ2012/06/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】戦争より愛のカンケイレンタル有り
【その他のおすすめ】