allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コズモポリス(2012)

COSMOPOLIS

メディア映画
上映時間110分
製作国フランス/カナダ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2013/04/13
ジャンルサスペンス/文芸/ドラマ
映倫R15+
男は、自らを待つ死を知らなかった

2013年4月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

コズモポリス

(C)2012?COSMOPOLIS PRODUCTIONS INC. / ALFAMA FILMS PRODUCTION / FRANCE 2 CINEMA


 Photos

【クレジット】
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作:パウロ・ブランコ
マーティン・カッツ
原作:ドン・デリーロ
『コズモポリス』(新潮社刊)
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:ピーター・サシツキー
プロダクションデ
ザイン:
アーヴ・グレイウォル
衣装:デニース・クローネンバーグ
編集:ロナルド・サンダース
音楽:ハワード・ショア
出演:ロバート・パティンソンエリック・パッカー
ジュリエット・ビノシュディディ・ファンチャー
サラ・ガドンエリーズ・シフリン
マチュー・アマルリックアンドレ・ベトレスク
ジェイ・バルシェルシェイナー
ケヴィン・デュランドトーヴァル
ケイナーンブラザ・フェズ
エミリー・ハンプシャージェイン・メルマン
サマンサ・モートンヴィジャ・キンスキー
ポール・ジアマッティベノ・レヴィン
【解説】
 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、アメリカ文学を代表する巨匠ドン・デリーロの同名小説を、主演に「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンを迎えて映画化した文芸サスペンス。金融界で時代の寵児となった青年を主人公に、その栄光からの転落を、彼がオフィス代わりにするハイテクリムジンの中を主な舞台に観念的かつスリリングに描き出す。
 ハイテク装備のリムジンをオフィス代わりに、国際情勢をチェックしては相場を的確に予見、若くして巨万の富を築き上げた青年、エリック・パッカー。ところが、そんなあらゆるものを手に入れた資本主義の申し子を、不穏な運命が待ち受けていた。その日、大統領のニューヨーク訪問を前に、街では大勢の市民がデモに繰り出し、床屋に向かったエリックのリムジンはなかなか目的地にたどり着けない。そんな中、人民元取引で壊滅的な損失を出したエリックの運命の歯車は大きく狂い始めるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 21:30:54
やっぱ難解
投稿者:bond投稿日:2014-06-30 08:31:31
とりとめのない会話やシーンがダラダラと続く。主役がどうしてもヴァンパイアに見えてしまう。
投稿者:Bava44投稿日:2014-04-11 21:12:50
本当に気の毒な映画である。『コズモポリス』というタイトルが示す通り、グローバル化の末路を描いた近未来映画なのだろう。

内容的には、下層が保守化・暴徒化していることの見事な裏返しとしてのエリート層を描いた、知的な作品ではある。だが同時に、頭で考えても何故彼らエリート層が行き詰っているのかよく分からないということを率直に吐露してもいる。登場人物同士のドラマは全くなく、全員がハムレットを演じているような作品である。

クローネンバーグはインテリなので、作風に一貫性があり、物語も独善的な社会派映画になっていないことは評価できるが、問題はこういう映画を観たいと思う人がいるかどうかである。はっきり言えば、こんな映画は必要ない。時代の産物としての価値は大いにあるだろうが、映画観客との接点はあまりないと思う。
投稿者:uptail投稿日:2013-11-16 09:36:22
演出:7
演技:7
脚本:5
音響:6
投稿者:なちら投稿日:2013-06-17 23:39:45
自分としてはJ・ビノシュの喘ぎ顔は見たくなかった。50前のオバちゃんは、ちょっとキツイよ…。

お肌のトーンがなんか凄いパティンソン君は完璧主義の男にハマってて、
言いたい事が掴みにくい中盤までの静かなリズムを見た目の印象だけで引っ張れてる気がする。
お肌で我慢した分、ジアマッティとの場面は面白く見られたよ。

違和感があったのは、運転手が路上で別れる時、護衛が付く程の男を簡単に置いてきぼりにするのがねー。
車の終着点が見られた清々しい場面かもだけど、少し気になった。
投稿者:ASH投稿日:2013-04-24 23:42:41
【ネタバレ注意】

 ほぼ、車中。にもかかわらず、見えてくる、国際都市のダークサイド。エドワードこと、ロバート・パティンソン。生きてんだか、死んでんでか分からないような精気のない眼差しが、いい感じ。「トワイライト」サーガよりも向いてんじゃない。と思ったら、クローネンバーグ先生の次回作も続投ってか。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールデヴィッド・クローネンバーグ 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】コズモポリスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION