allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カルロス(2010)

CARLOS

メディア映画
上映時間332分
製作国フランス/ドイツ
公開情報劇場公開(マーメイドフィルム)
初公開年月2012/09/01
ジャンル犯罪/ドラマ/アクション
カルロス [Blu-ray]
価格:¥ 6,549
USED価格:¥ 7,835
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「クリーン」「夏時間の庭」のオリヴィエ・アサイヤス監督が、実在の国際テロリストを主人公にその衝撃の半生を全3部作によるトータル上映時間5時間半の物語として描いた実録ドラマ。元々は全3話のTVミニ・シリーズとして製作されたが、その完成度の高さから本国フランスをはじめ世界各地で劇場公開された。主演は「ボーン・アルティメイタム」のエドガー・ラミレス。
 1970年代からおよそ20年にわたって14件のテロに関与したと言われる暗号名カルロスことイリッチ・ラミレス・サンチェス。1973年、彼はパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のリーダー、ワディ・ハダドに面会し、自分を売り込む。やがてハダドに認められ、PFLPに加わったカルロスは、日本赤軍のフランス大使館襲撃やオルリー空港でのイスラエル機砲撃などのテロに関与し頭角を現わしていく。そして1975年、ウィーンのOPEC本部を襲撃し、世界にその名を知らしめるカルロスだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト(2010)TVミニシリーズ
カルロス(2010)劇場版
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2013-08-14 00:41:22
ある程度リアルタイムで過ごした世代に入るから世界情勢の分かりにくさはあまり感じず、逆に誰に偏ることなく描き通し、文字通り全てを見せたアサイヤスのフランス人としての凄さを再確認した次第。
マルチリンガル、エドガー・ラミレスもまさに体を張って熱演、不謹慎だがメチャカッコ良い。
Rockな音楽のセンスも監督らしさが光るがサントラが未発売 なのは本当に残念。
とにかく三部作一気に堪能できた久しぶりの快作でした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 外国映画賞 
■ 外国映画賞オリヴィエ・アサイヤス 
 ■ 監督賞オリヴィエ・アサイヤス 
□ 監督賞オリヴィエ・アサイヤス 
 ■ 編集賞Marion Monnier 
  リュック・バルニエ 
□ 監督賞オリヴィエ・アサイヤス 
 ■ 有望若手男優賞エドガー・ラミレス 
 □ 編集賞リュック・バルニエ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】カルロス2013/04/26\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カルロス2013/04/26\5,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】カルロス 第3部 完結篇レンタル有り
 【DVD】カルロス 第1部 野望篇レンタル有り
 【DVD】カルロス 第2部 栄光篇レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION