allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コッホ先生と僕らの革命(2011)

DER GANZ GROE TRAUM
LESSONS OF A DREAM

メディア映画
上映時間114分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2012/09/15
ジャンルドラマ/学園/スポーツ
映倫G
あきらめることに慣れてしまった、
すべての大人たちへ――
コッホ先生と僕らの革命 [DVD]
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 19世紀末のドイツで教育の現場にイギリス発祥のチーム・スポーツ“サッカー”を導入し、後に“ドイツ・サッカーの父”と呼ばれる実在の人物コンラート・コッホを主人公に、サッカーを通じて封建的な学園に自由と平等の精神を植え付けた型破りな教師と生徒たちとの心の交流を描いた感動の学園ドラマ。主演は「グッバイ、レーニン!」「ベルリン、僕らの革命」のダニエル・ブリュール。監督は本作が本格的な映画デビューとなるセバスチャン・グロブラー。
 19世紀後半、普仏戦争でフランスに勝利し自信を深めた帝政ドイツでは、イギリスとの覇権争いへと関心が向かい、国民の反英感情がかつてない高まりを見せていた。そんな中、イギリスに留学していた青年コンラート・コッホが、名門カタリネウム校にドイツ初の英語教師として赴任してくる。しかしすぐに、生徒たちのイギリスに対する強い偏見と階級による露骨な差別意識に直面する。さらに、規律を重んじ、教師への絶対服従を強いる学園の封建的な雰囲気にも不満が募る。そこでコッホは授業にサッカーを採り入れ、生徒の自主性を引き出すとともにフェアプレーの精神とチームワークを学ばせることを思いつく。最初は戸惑っていた生徒たちもいつしかすっかり夢中になり、サッカー用語を通じて英語も学ぶようになっていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:2時間はいい投稿日:2017-04-07 15:43:49
残念ながらドイツのサッカーファンにとってはちょっと期待はずれかもしれない
ただしフェアプレー これをスポーツのみでなく忘れないでおこう

他は以下のことのほうが私には印象的な映画になってしまった

独文この時代を理解しようと思ったら
とにかくまさかで体育の授業が疑問だらけになって理解できなくなる
父と子の対立 後の大作家が子供のとき起こった自伝的作品

ーーーー
「手」は一番簡単 しかし
カタカナのゴールは英語の発音でも「ゴ」goalでいいに違いない
でも何度かは「ガ」に近かった。。。つまり英語の発音記号の「o」を「a」にしてみたら −>(独)Gaul
初めは笑いにくい
私は「Maul」が頭に浮かんでいた (イギリス人ではガールに変化しそうだったかも?)
ドイツ語ではゴールは「Ziel」であり 「Tor」だ
投稿者:mototencho投稿日:2012-09-27 19:43:16
ありがちな展開を経て、王道の感動へ観客を導く。目をつぶっていても分かりそうなのに目が離せない。、サッカーってものすごく分かりやすいスポーツなんだと再確認。快感と言ったらいいのかサッカー自体に人を魅了する力があるんだから、教えればもう止まらない。おまけとして英語教育にもなる。言語習得をスポーツを通じて行っている例は知らないけれど、効果はありそうだ。http://mototencho.web.fc2.com/2012/lessonod.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】コッホ先生と僕らの革命2014/01/10\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】コッホ先生と僕らの革命2013/05/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】コッホ先生と僕らの革命レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION