allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

華麗なるギャツビー(2012)

THE GREAT GATSBY

メディア映画
上映時間142分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2013/06/14
ジャンルドラマ/文芸
映倫G
その名はギャツビー
男の憧れ、女の理想
その人生は――【嘘(ミステリー)】
華麗なるギャツビー <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,469
価格:¥ 4,445
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が「ロミオ&ジュリエット」でタッグを組んだレオナルド・ディカプリオを再び主演に迎え、F・スコット・フィッツジェラルドによるアメリカ文学を代表する名作を、豪華絢爛な3D映像で映画化したエンタテインメント大作。好景気に沸く狂騒の1920年代を舞台に、アメリカン・ドリームを体現するひとりの男が、ある目的のために全てを捧げる華麗にして空虚な人生の顛末を、ミステリアスかつゴージャスに描き出す。共演は「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイア、「17歳の肖像」のキャリー・マリガン。
 証券会社に就職し、ニューヨーク郊外に移り住んだ青年ニック・キャラウェイ。隣は宮殿のような豪邸で、夜な夜な豪華なパーティが開かれていた。しかし、そんな騒乱の屋敷に住んでいるのはジェイ・ギャツビーという謎めいた男ひとりだけ。ある日、ニックのもとにもパーティの招待状が届く。招待客はギャツビーについて様々な噂をたてるが、誰も彼の素性はおろか、パーティを開く理由さえ知らなかった。そんな中、ついにギャツビー本人と対面したニック。やがて、ギャツビー自らが語る本当の生い立ちを聞かされるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2014-11-02 16:17:29
【ネタバレ注意】

面白くなくて珍しく途中で再生辞めてしまった。続き観たらやっと面白くなったけど、まぁディカプリオが好きなだけかな。配役って余り気になんないけどさすがに今回キャリー・マリガンどうかな。

投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-05-15 13:55:16
【ネタバレ注意】

「オーストラリア」が“らしくない”と思ったバズ・ラーマン監督。しっかし!「ギャツビー」は“らしさ”炸裂!「ロミジュリ」「ムーランルージュ」の如くショータイムな映像と意表をつくサウンドが独特の世界観を作り出す。
自分はラーマン監督の過去作が好きなので、すんなり入りこめた。でもダメな人はダメかもね。
難をいうなら、原作が有名で映像化も何度かされているんだから、もっとハチャメチャにしても良かったのでは。
後半は真面目すぎて退屈してしまった。

投稿者:bond投稿日:2014-04-21 08:49:04
ディズニーランドかよ!ってツッコミたくなる乱痴気騒ぎ。レッドフォード版に比べると、ディカプリオは力みすぎの感あるが、ディカプリオ節で熱演。CGで色彩鮮やか。
投稿者:クリモフ投稿日:2014-04-18 23:16:42
いきなり1920年代の映像にJAY-Zのラップがクロスオーバーしてきて、先行き不安の珍作を予想したのですが、案外普通の映画にまとまってしまったのが、良いのか悪いのか(まぁ、原作が古典だから仕方がない)。
バズ・ラーマンはこれまでスルーしていたのですが、噂に聞くように、パーティ場面などは画面が煩い煩い。ここまで派手派手だと、ギャツビーの孤独との対比を通り越して、「なんかすごいパーティの映画だったなぁ」となりかねない気もします。
トランペットがなっているシーンでサックスを吹く黒人を映すシーンがあったり、思ったことが文字になって現れたり、起こるシーンで汽車の蒸気音がサンプリンングされていたり、ヘンテコな演出をあげたらキリがない。
後半、確かに愛し方を知らない哀れな男の話になるのですが、それは原作のテイストであろうし、なぜ「華麗なるギャツビー」でしなきゃいけないのか、良くわかりませんでした。
ディカプリオは熱が入ってるけど、ハマっているとは言えず、ひょっとしたらマグワイアの方がギャツビーに合ってたんじゃないかとも思います。マリガンもこの手の文芸ヒロインには向かない気が。エリザベス・デビッキだけは好演と感じました。
いっそのこと、無茶苦茶な超訳を観たかった気がします。最終的はそっち付かずな残念な印象でありました。
投稿者:新生投稿日:2013-12-19 15:10:14
この映画の監督、バズ・ラーマンには、私にとって悪い前科があるのです。
以前にバズ・ラーマンは「ムーランルージュ」を監督しており、巷間ではある程度の評価を得たようですが、時代背景を無視してふんだんにロック調の音楽を駆使し、内容も私には焦点が分からず退屈な作品でした。
私は1952年に公開された「赤い風車(ムーランルージュ)」が心に沁みる名作だっただけに、尚更に受け入れることはできませんでした。

それだけに新作のギャツビーを観るかどうか迷ったのですが、「ギルバート・グレイプ」以来贔屓にしているレオナルド・ディカプリオがギャツビーをどのように演じるのかの興味もあり、原作を再読した上で観ましたが、やはり悪い予感は当たりました。

1920年代のジャズエイジの時代に何故ラップなの?ローリング20、チャールストンの狂騒の時代だからといって、何も3Dで目まぐるしく、うるさく描くことはない!
1974年の旧作「華麗なるギャツビー」はそのあたりをフラッパーを中心に旨く描いており、画面に馴染みます。(帰ってきてレンタルDVDを観ました)

ただ、新作の方が原作に忠実だったような気がします。(映画は原作に忠実である必要はないのですが)
俳優面においては、語り手のニック役は新作のトビー・マグワイアも旧作のサム・ウォーターストンも両方とも活かされています。
トム役は旧作のブルース・ダーンが圧倒的な存在感で忘れられません。ブルース・ダーンも消えた俳優かと思っていたのだが、オッとどっこい、なんと今年のカンヌ映画際で主演男優賞を獲得していました。
デイジー役は、私からみると旧作のミア・ファーローが何故ギャツビーがこんなに恋するのかと思うほどの不美人なのだが、さすがフランク・シナトラを手玉にとり、ウッディ・アレンを惚れさせただけに、自身で言う“美しくてバカな女”を巧みに演じている。

そして肝心のギャツビーだが、これはL・ディカプリオの方が熱演してレッドフォードを上回っている。
私はR・レッドフォードは映画デビューする前のTVで特別出演した頃からのファンなのだが、「追憶」にしても二枚目役はどうもあまり気乗りしないで演じているような気がする。
自分の本意は二枚目にあらずなのであろう。レッドフォード本人の志が別の次元にあるのではないかと思います。

新作のギャツビーも後半は落ち着き、観ている分にはそれなりに楽しめると思います。
私の感性・嗜好が古いのか?もはや今のハリウッド作品には私の求めているような映画はでてこないのかもしれない。

この映画の私の結論は、
男は過去を取り戻せると信じているロマンチストであり、
女は過去は過去と割り切るリアリストである。ということ。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-11-23 00:17:13
あーれー。 超セレブの小洒落た日常の話かと思ってた。
ギャツビーの真相にも意外性ナシ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-11-20 23:33:59
【ネタバレ注意】

バズ・ラーマン監督らしく、けれん味たっぷり。豪華絢爛&3Dを評価するか否かがこの作品の評価にもつながってくるような気がする。
デイジー役はキャリー・マリガンが適役だったかどうか。レオナルド・ディカプリオやトビー・マグワイアはさすがに年齢的にやや苦しい感じもするが…。
とはいえ、豪華絢爛に徹し、リアリティを払拭した画面構成は、それなりに見応えがある。
バブルの退廃的なムードに憧れを抱く方にはお薦めできるが、さてさて個人的にどうかと問われると、バブルの皮が剥がされ、墜ちていくレオ様こそ、この作品の真価はあるんだよなあ、と妙に得心してしまうのだった。

投稿者:uptail投稿日:2013-10-15 11:18:27
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:なちら投稿日:2013-07-16 23:24:51
B・ラーマンてさ、この作品に限らず登場人物を唐突にバカに変えてしまう所があるよね。
シリアスとコミカルのバランスをちょっと間違えてる気がするんだが、どうなのよ。

ギャツビーとデイジーの再会はひどかったなー。あの狼狽はプリオに合ってないし、笑えなかった。
間違ったバカさの演出の上に希望を捨てないギャツビーが乗ると、
彼が単純な馬鹿者に見えてしまって美しくない。

煌びやかな設定はB・ラーマン向きで良かったんだけど、バカの演出いらんよ。
投稿者:U★mUzo投稿日:2013-07-06 17:21:05
【ネタバレ注意】

バズ・ラーマンが監督、ということだけで
絶対観なくては!と思った1本。

原作の存在は知っていたけど
こういう話だったんだね。

さすがにアメリカ文学の最高傑作と言われているだけあって
とても深みのある話だった。

性別や家柄などの自分では決められないものや、その人の性格などによる
生まれ持って運命づけられている人間界のパワーバランス、
戻せることのない時間の切なさ、
名声のあやふやさや虚しさ、などを思った。

ギャツビーは「デイジーから電話が来た!」と思いながら
死んだわけだから、それはそれで幸福な最期だったのかも知れない。
切ないけど。

典型的なメロドラマ、といえばそうなんだろうけど
人間の生態はメロドラマなんだな、とも思えた。

バズの豪華絢爛な世界観、ユニークな音楽、
特徴である強烈な引きとズームの映像に
「ああ、バズの映画を観ている」感いっぱい。

この時代のダンスって本当に素敵だと思う。
これぞダンスだと思うんだよね。

ディカプリオの美しく青い瞳が印象的。
ま、なぜか、ちょっと
最初の登場時に五木ひろしを思い出したりしたんだけどw

トビーとキャリーはそれぞれ得意な役柄を演じている感じで安心、
ジョエルの「良家の人間はいい子ばかりではない」感がうまかった。

自分はエリザベスがいいな、と思っていたんだけど
後半全く絡んでこなくて残念だった。
美貌+適度なビッチ感が良かったのでね。

自分は楽しめたんだけど・・・
楽しめない人もいるであろうところが
バズの映画の特徴かも知れない。
http://ameblo.jp/t1r2m3/

投稿者:ビリジョ投稿日:2013-06-30 00:57:17
【ネタバレ注意】

 原作を読んだとき、「変なお話だなあ」と思った。「何だ要するに三角関係の話か」とも思った。映画を観た後も、その感想はあまり変わらない。

 大金持ちの乱痴気騒ぎ。それの何が面白いんだろう。大金持ちを批判した物語ではない。かといって肯定もしていないのであろうが。大金持ちも大変なんだよ、ってことか。そんなどうでもいい話ではないのだろうけど。

 出だしは素晴らしいのである。「ぼくがまだ若く、いまよりももっと傷つきやすい心を持っていた時分に、父がある忠告を与えてくれたけれど、爾来ぼくは、その忠告を、心の中で繰り返し反芻してきた。『ひとを批判したいような気持ちが起きた場合にはだな』と父は言うのである。『この世の中の人がみんなおまえと同じように恵まれているわけではないということを、ちょっと思い出してみるのだ』」文学史に残る素晴らしい出だしだと思う。

 だがしかし。なんだろな。上流階級の姿をそのまま描いたところが良いのだろうか。このあと、アメリカを大恐慌が襲うことになるのだが、そこはあんまり描かれない。「ギャツビーはアメリカの姿だ」ってことなのかな。違うかな。違うんだろうなきっと。

投稿者:あーぼう投稿日:2013-06-25 10:38:06
レッドフォード版はよく覚えておらず、退屈な印象が残っていたが、映画館にて鑑賞(2D)。

ゴージャスな画面、音楽で飽きさせない展開。キャリー・マリガン演じるデイジーの事となると、子どものようになるギャツビーをディカプリオがそつなく演じて安定感がある。マリガンも当時のファッションが似合っていて、魅力的にみえた。後半、ギャツビーとニックのやり取りがやや冗長。その割に2人の友情に深まりもみえないので、ニックが一方的に魅了されている感がある。が、そういう話なのかもしれない。

大富豪とはいえ、クーラーのない時代は暑さを凌ぐのが大変だったのが分かり、印象に残った。
投稿者:ローランド投稿日:2013-06-17 22:48:51
  モノクロからだんだんと色鮮やかな画面になるとともに音質もよくなって迫ってくるオープニングに、それに続く金も手間もかけたであろう豪華絢爛百花繚乱な映像が物語る、湯水のごとくに金を使い勝手気まま傍若無人な生き方をしていて、警察署長さえも意のままにする天下無敵怖いものなしとさえ思わせる、文字通り牴變錣覆襦ΑΑΝ瓩緑岸不遜なふてぶてしい顔つきのギャッツビーと、終盤の、辛酸をなめこの世の裏表を熟知して成り上がってきたはずの人間が、女の愛というのがどういうものかも知らなかったのかと哀れさを誘うような、ただ一途にひたすらに愛にのめり込むギャッツビー、これを演じたディカプリオは俳優としての円熟期ですね。 顔が大きくて今日的には一般受けしないのかもしれないと思ってたけど、そのでかい顔の額のしわで演技しているようにさえ見えました。  

  読書は好きでも最近はノンフィクションばかりで純文学作品を読むだけの気力がないのだけど、この映画終了時には文藝大作を読み終わったような心持がありました。 物語の粗筋には派手さはないのだけど細部まで気が回っていて、それに映像も音楽もよく、そのチャールストンを踊るバックの音楽は時代からしてイチャモンを付けられそうなビートの乗りだったのだけど、Dエリントンやサッチモが本格的に活躍しだすのは20年代も後半になってからだから使うにためらわれるし、ここはこれでSF的にきめたってことでしょうか。  
  3Dで制作された作品は2Dで観ても・・・と躊躇させたのだけど、面白そうとの期待をさせた予告編が2Dではないか、だったらそれで十分楽しめるはずと思い直して観賞に赴いたわけですが、観もしないで否定するのはいけないのだろうけど、なんでこういう内容の作品を3Dにするのでしょう?。 3D上映設備の減価償却が終わるまでは供給し続けなければってことかな。
投稿者:ASH投稿日:2013-06-15 13:09:17
【ネタバレ注意】

 レッドフォードがギャツビーを演じたオリジナル版は中学生くらいの頃にTVの洋画劇場で観たっきりだが、アチラは随分と落ち着いた感じの映画だったと記憶してんだが、対するコチラはさすがはバズ・ラーマン監督だけはあるわな。絢爛豪華でそれが時にToo Muchなところもあるが、このノリについていけるんなら至福の2時間20分が過ごせる請け合い。

 原作未読で旧版は忘却の彼方という有様での鑑賞となったわけだが、ギャツビーはこの映画の主人公ではなく、ニックを狂言回しに据えて彼から見た「華麗なるギャツビー」の実像が見えてくるという構成が、俺には心地よかった。実質的な主人公はニックなのだが、彼のギャツビーに対する想いが過剰なため、どうやら美化されているようなフシがあるんだな。社交界への憧れがそうさせたのか。

 社交界のコネを利用してのし上がってきたギャツビーだが、大いなる誤算はデイジーと出会ってしまったこと。ギャツビーほどの財力があれば他に女なんていくらでも寄ってくるだろうが、とも思えるが、ひとりの女性を一途に愛してしまうという感情も分からなくもない。しかし、彼がしがみついた社交界のその実態は、体面ばかりを気にする連中の集まりだったことが明かされる。このなんともやりきれない結末に、凡人の俺は憐れみを感じずにはいられない。

 3D版は残念ながら時間の都合で断念したが、奥行きを活かした構図がビシバシと出てくるんで、これは是非3D版で観たい! ってことで、後日。

 オスカー美術賞、衣装デザイン賞ノミネートなるか?!

投稿者:ringoringo投稿日:2013-06-14 14:06:30
【ネタバレ注意】

ギャッツビーの恋愛観は悪く言えば、往生際の悪い粘着質な奴。しかし、良い面を観れば愛しい女性を一途に思い、慕い続ける、純愛を貫く男。(´ヘ`;)

今回のレオ様は、その両方を演じて見せてくれたと思う。
(予告篇はガツガツしたナイーブさの欠片もない部分ばかり使われていたから、ちょっと心配してしまいました。)(´・ω・`;)

ところで、20年代のN.Yの乱痴気騒ぎを圧倒的にゴージャスな映像表現で再現される様は素晴らしかったです。

そういえば、小説での僕の好きなシーン、デイジーとジョーダンが気球に乗ったみたいに浮かんでいるところが、アンニュイな雰囲気が全然なくて、麻痺している感覚が無かったのが、気になった。まぁ、とても些末な事ですが・・・
(○´3`)ノ

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 美術賞Beverley Dunn 
  キャサリン・マーティン 
 ■ 衣装デザイン賞キャサリン・マーティン 
■ プロダクションデザイン賞Beverley Dunn 
  キャサリン・マーティン 
 ■ 衣装デザイン賞キャサリン・マーティン 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
■ 美術賞Beverley Dunn 
  キャサリン・マーティン 
 ■ 衣装デザイン賞キャサリン・マーティン 
 □ 歌曲賞Lana Del Rey “Young and Beautiful”
【ニュース】
エンパイア映画賞、結果発表2014/03/31
アカデミー賞、結果発表2014/03/03
エンパイア映画賞、ノミネーション2014/02/25
英国アカデミー(BAFTA)賞、結果発表2014/02/17
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
アカデミー賞、ノミネーション発表2014/01/16
英国アカデミー(BAFTA)賞、ノミネーション発表2014/01/09
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 竜に奪われた王国」がV32013/12/30
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
全米興行成績、低予算ホラー「The Purge」がサプライズな大ヒット・スタート2013/06/10
全米興行成績、「ワイルド・スピード EURO MISSION」がV22013/06/03
全米興行成績、「ワイルド・スピード EURO MISSION」がシリーズ最高のメガヒット・スタート2013/05/27
全米興行成績、「スター・トレック」続編が2位にダブルスコアで圧勝首位デビュー2013/05/20
全米興行成績、「アイアンマン3」が「華麗なるギャツビー」とのハイレベルな戦いを制しV2達成2013/05/13
全米興行成績、「アイアンマン3」が歴代2位のビッグ・オープニング・デビュー2013/05/06
バズ・ラーマン監督×ディカプリオ主演版「華麗なるギャツビー」、最新予告編2013/04/05
バズ・ラーマン監督×ディカプリオ主演版「華麗なるギャツビー」、最新予告編2012/12/20
バズ・ラーマン監督×ディカプリオ主演版「グレート・ギャツビー」、予告編2012/05/23
バズ・ラーマン監督、『グレート・ギャツビー』の再映画化に着手2008/12/19
【レンタル】
 【Blu-ray】華麗なるギャツビーレンタル有り
 【DVD】華麗なるギャツビーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION