allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

モンスターズ・ユニバーシティ(2013)

MONSTERS UNIVERSITY

メディア映画 Anime
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2013/07/06
ジャンルファンタジー/コメディ/ファミリー
映倫G
モンスターよ、大志を抱け。
モンスターズ・ユニバーシティ コンプリート・ボックス(4枚組/1,000セット オンライン限定商品) [Blu-ray]
参考価格:¥ 16,200
価格:¥ 16,200
USED価格:¥ 7,942
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ダン・スカンロン
製作:コーリー・レイ
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:ロバート・L・ベアード
ダニエル・ガーソン
ダン・スカンロン
音楽:ランディ・ニューマン
声の出演:ビリー・クリスタルマイク(マイク・ワゾウスキ)
ジョン・グッドマンサリー(ジェームズ・P・サリバン)
スティーヴ・ブシェミランディ(ランドール・ボッグス)
ヘレン・ミレンハードスクラブル学長
アルフレッド・モリナナイト教授
デイヴ・フォーリーテリー
ショーン・P・ヘイズテリ
ジョエル・マーレイドン(ドン・カールトン)
ピーター・ソーンスクイシー(スコット・スクイブルズ)
チャーリー・デイアート
ネイサン・フィリオンジョニー
ボビー・モナハンチェット
ジュリア・スウィーニーママ(ミセス・スクイブルズ)
オーブリー・プラザチャーリー
タイラー・ラビーンブロック
ジョン・クラシンスキーフランク
ボニー・ハントミセス・グレイブス
ベス・ベアーズキャリー
ジョン・ラッツェンバーガーモンスターズ・インクの従業員
フランク・オズ
声の出演(日本語
吹替版):
田中裕二マイク
石塚英彦サリー
【解説】
 大ヒットを記録したディズニー・ピクサーの傑作アニメ「モンスターズ・インク」の前日譚を描いたファンタジー・コメディ。世界中のモンスターが憧れる大学を舞台に、後にモンスター界最恐のコンビとなるマイクとサリーの出会いと友情を描く。声の出演は前作に引き続きビリー・クリスタルとジョン・グッドマンが担当。日本語吹き替えも前作と同じく田中裕二と石塚英彦が務める。
 身体が小さくいじめられっ子だった少年マイクの夢は、モンスター界一の“怖がらせ屋”になること。そのために誰よりも努力し、ついに超難関大学モンスターズ・ユニバーシティの“怖がらせ学部”への入学を果たす。怖がらせるための知識と理論は誰にも負けない自信のあったマイクだが、見た目がかわいいという致命的な欠点に悩んでいた。そんなマイクは、自分とはまるで対照的な“怖がらせ屋”の名門一族に生まれたエリート学生サリーと出会い、ライバル心を募らせる。ところがマイクの必死の努力も虚しく、“恐くない”彼はとうとう学部を追放されてしまうのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ブルー・アンブレラ(2013)併映短編
モンスターズ・インク(2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-03-14 12:27:49
【ネタバレ注意】

それなりに面白かったけれど…という感じ。
天才怖がらせ屋の息子であるサリーが、最初はバカにしていたマイクに次第に心を開き、自らのふがいなさに気づくプロセスがやや弱い印象がある。まあ、お約束の大会で見事一位を得てめでたしめでたしとならないストーリーは悪くないんだけど。
大会に入ってからはテンポもいいんだけど、中盤に至るまでは何となくもったりしていて長く感じてしまった。
努力だけで何でも適う、というわけにはいかない残酷な現実はモンスターにも共通するということで、そのあたりがありがちなスポ根とは一線を画するんだけど、あまり記憶には残らないような気がする。キャラがそれぞれ少し弱いのかな。

投稿者:dadada投稿日:2015-08-05 22:18:52
子供と一緒にボンヤリとビデオ鑑賞。
前作も未見なので、ホントにボンヤリと鑑賞していたが...ブラックなギャグと何より苦いテーマにグイグイ引き込まれてしまった。
映画が終わる頃には、「これは、こういう意味なんだぞ」とか言いながら真面目に子供へシーン解説までしてしまった。
今更ながらディズニー・アニメ、恐るべし。
雨の休日、勢いで続けて「ベイマックス」まで鑑賞してしまった。
投稿者:nedved投稿日:2015-07-08 23:16:46
ビリー・クリスタル
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-03-28 00:57:54
【ネタバレ注意】

前作では“心優しき”サリー、“神経質な”マイクてなイメージだった。しかし!サリーの引き立て役だったマイクが今回は主役だよ!
才能には恵まれなくても、人一倍の努力と熱意で突き進むマイク。こんなに熱いヤツだったとは。まるで「ルディ 涙のウィニングラン」!

投稿者:kinenchyu投稿日:2013-11-18 20:53:51
前作がすごく良かったので、ちょっと期待しすぎました。10歳の娘と見に行ったのですが、喜んでいたので、子供にはいい作品なんだと思います。
投稿者:U★mUzo投稿日:2013-08-11 01:00:27
これは大傑作。

これを見る前に
前作を見ておくと感動が倍増すると思う。

質感まで伝わってくる絵が素晴らしいし、
各々のキャラクターの魅力がきちんと活かされている。

子供が楽しめるのはもちろんだけど、
実は大人の方が楽しめるんじゃないかな。

かなり苦い話だし、
現実世界と同じような容赦ない展開が続くんだけど、
諦めずに続けていれば絶対形になる、っていうことを
信じさせてくれて、とても励まされた。

こんなにうまくサラリと人生の悲哀と
喜びを表現出来るなんて
さすがピクサー。

今、頑張っていることがあるんだけど
成果が出ない・・・と迷い落ち込んでいる人は
ぜひ見るべき。
http://ameblo.jp/t1r2m3/
投稿者:uptail投稿日:2013-08-05 09:55:03
演出:8
演技:7
脚本:8
音響:7
3D:5
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2013-07-07 23:25:16
かつて、これほどまでに明るく楽しくいじめられっ子を描いた映画があっただろうか。
作り手たちの深い思いと見識とが伝わってくる、これは必見作だ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-427.html
投稿者:カール犬投稿日:2013-07-06 22:21:54
【ネタバレ注意】

「怖がらせ屋」になりたいという夢に向かって、人一倍の努力をしても
そのたった一つの夢はかなわない、それを思い知った時、
恵まれた血筋や資質をもっていても、
自分がその才能を活かすすべはもっていないと自覚した時、

湖のほとりで「だって友達じゃなかったから・・」とつぶやいた瞬間に
2人の関係は見事に形を変えていく。

マイクとサリーの出会いから、個性の違いを乗り越えて、
最怖のコンビが誕生するまでの、まさにユニバーシティ学園ドラマ編。

学園ヒエラルキーの下層から落ちこぼれ達が頂点を目指して頑張っていく→
最初は自分勝手な先走りで失敗もしたり内輪もめもあるけれど→
目標に向けて各々の力を合わせ、どんどんまとまっていくチーム。

セオリー通りだけれど嫌味や雑味のないこの安定感はやっぱり心地良いね。

大人が見ても子どもが見てもリサーチ万全の完全装備だから大丈夫。
どっからでもド〜ンとかかって来なさい方式の、盤石なるピクサー作品。

なぜサリーにマイクという親友であり相棒でありブレーンが必要なのか。
なぜマイクがサリーのトップ成績争いに我が事のように力を入れていたのか。
後年(モンスターズ・インク)に続く伏線がきちんと描かれている。

なるほどね〜、と思うと同時に、
『モンスターズ・インク』の最後で、マイクが「笑わせ屋」になれることが、
『モンスターズ・ユニバーシティ』でのマイクの一途さを知ると、
より素晴らしいオチだったという仕組みにもなっている。

そういう『モンスターズ・インク』のビギニングものとして、
きっちりと楽しめる作品でした。

毎回思うことだけれど、ピクサーには商業的な手抜かりってものがないね。

投稿者:ASH投稿日:2013-07-06 11:31:56
【ネタバレ注意】

 「モンイン」の前日譚は、マイクとサリーが出会った頃の大学時代のお話。ってことで、言うなればモンスターズ版「アニマル・ハウス」といった趣。ここ最近、目にすることが少なくなってきたキャンパス・ライフを描いた映画だけど、まさかモンスターズでそれが観られるとは!! 友愛会(Fraternity)の描き方なんか、モロじゃん!

 基本的なプロットは、俺が大好きな「へっぽこ集団の奮闘記」。名門MUの花形である怖がらせ学部に入学はしたもののサリーとの喧嘩が原因で転部させられてしまい、さらに学長からは「怖くない」とレッテルを貼られたマイクが、サリーと冴えない友愛会の連中と共に怖がらせ大会で優勝して怖がらせ学部に再編入しようと奮闘する。ディズニーの基本理念(?)ともいえる、信じていれば夢はきっと叶う(Dreams Come True)を地で行くマイクだが、この映画、恐ろしいことに、そのことをちょっとだけ「否定」してるんだわ。

 夢を抱き、それを実現させるために努力をするのは大切なことだが、どう頑張っても無理、ってなときがある。ハナから実現が不可能なことを望むんならともかく、あそこまで努力しているマイクに厳しい現実を突きつけるだなんて、いくらピクサー作品だからってそりゃないんじゃないの? とも思うが、彼の努力は別の形で実ることになる。確かに、マイクが怖がらせ屋になってしまうと「モンイン」とリンクしなくなちまうもんな。

 天才型と秀才型の違いとでも言えばいいのか。名家に生まれ、最初から才能に恵まれているサリーはその使い方をよく知らないでいるのに対して、マイクは計画性に長けた参謀タイプだ。いわば、ふたりでひとつのコンビネーション。これが、後の「モンイン」にシッカリとリンクすることになる。この作りの上手さに俺は感心! ロクに努力をしなくてもそれなりの才能に恵まれていた学生時代のサリーは、そのことを鼻にかけたイヤなヤツだったりする。そりゃそうだ、「あのサリバンの息子か」とチヤホヤされていらんだろうから。

 マイクとサリーが次第に固い友情で結ばれてゆく過程が実にスムーズに描かれていて、さらに、彼らと出会ったことでウーズマ・カッパの面々も自分たちの居場所を見つけることになる。ひょっとすると深みという点では、「モンイン」よりも「モンユニ」の方が上なんじゃなかろうか。と、鑑賞後は思ってみたりなんかして。ブーのようなキャラが出てこないんで、「泣ける」ような話じゃないんだけどね。でもま、勝負ごとに登場人物を絡ませると手っ取り早く感動が生まれるので、ある意味「あざとい」映画なんだよな、コレ。

 さて、今回はいつになくアクション・シーンが満載で、怖がらせ大会の競技なんか過剰なギャグも含まれているもんだから、これが可笑しいったらありゃしない!! 第1ステージの「毒のあるウニ」を避けて走る競争からしてもう最高!! しかも3Dで観ちゃうとウニが客席に向かって飛んでくるんだから! 怖がらせシュミレーターの競技なんか、あんま怖そうに見えないハズのドンやスクイシーが怖そうに見えちゃうのは、なんだか感動的なのだ。

 「モンイン」では子供たちの悲鳴がモンスターワールドの貴重なエネルギー源となっていたが、では、もし大人が悲鳴を上げたらどうなるのか? その疑問にこの映画は答えてくれる。マイクとサリーが迷い込むサマーキャンプのくだりは明らかにホラー映画調で、あの状況なら大の大人でも人目を憚らず悲鳴を上げるだろうよ。サリーのすさまじい咆哮が3D効果で迫ってくるもんだから、俺も鳥肌が立ったよ! 人間の子供たちが「不気味」に見えるのは、多分、意図的なんだろな。

 「モンイン」でランドールがサリーを異様にライバル視するのは、学生時代に端を発していたわけだったんだな。このランドール、高校時代は冴えない青春を送っていたとみえて、大学の権威ある友愛会に所属することで暗い過去を清算させようと画策している。と、そんな勝手な想像もできるんだわ。いわゆる、大学デビューってヤツだよ。

 モンスターのトレーディング・カードが舞うエンド・クレジットがまた秀逸!! ハードスクラブル学長のカードのデザインがちょっと古臭いとことか、芸が細けぇ!! 授業に遅刻すると慌てるナメクジ型のモンスター、ちゃんとオチがあるんで最後まで席を立たないように!

 あ、そ〜そ、ロズ、出てきたね!(Im Watching You Wazowski Always Watching)。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 長編アニメ賞 
□ 長編アニメ賞 
【ニュース】
英国アカデミー(BAFTA)賞、結果発表2014/02/17
アメリカ製作者組合(PGA)賞、結果発表2014/01/20
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
英国アカデミー(BAFTA)賞、ノミネーション発表2014/01/09
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション2014/01/06
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 竜に奪われた王国」がV32013/12/30
オンライン映画批評家協会賞、結果発表2013/12/17
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
オンライン映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/10
第86回アカデミー賞長編アニメーション部門の1次候補が明らかに2013/11/06
全米興行成績、話題騒然のジェームズ・ワン監督最新低予算ホラーが圧勝デビュー2013/07/22
全米興行成績、「怪盗グルーのミニオン危機一発」が強力新作陣を抑えV22013/07/16
全米興行成績、3Dアニメ「怪盗グルーのミニオン危機一発」がメガヒット・スタート2013/07/08
全米興行成績、「モンスターズ・ユニバーシティ」がV22013/07/01
全米興行成績、「ワールド・ウォーZ」が大健闘も首位は「モンスターズ・ユニバーシティ」が奪取2013/06/24
全米興行成績、新生スーパーマン・シリーズ「マン・オブ・スティール」が記録的ヒット・デビュー2013/06/17
「モンスターズ・インク」前章「モンスターズ・ユニバーシティ」、ファイナル・トレーラー2013/05/31
「モンスターズ・インク」前章「モンスターズ・ユニバーシティ」、最新予告編2013/04/26
「モンスターズ・インク」前章「モンスターズ・ユニバーシティ」、予告編2013/02/12
「モンスターズ・インク」前章「Monsters University」、特報2012/06/21
【レンタル】
 【Blu-ray】モンスターズ・ユニバーシティレンタル有り
 【DVD】モンスターズ・ユニバーシティレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION