allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇(2011)

L'ARRIVO DI WANG
THE ARRIVAL OF WANG

メディア映画
上映時間83分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(AMGエンタテインメント)
初公開年月2012/10/20
ジャンルSF/サスペンス/アクション
拷問反対。
宇宙人王さんとの遭遇 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,897
USED価格:¥ 1,988
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 イタリアに現われたエイリアンが中国語を話すというユニークな設定で贈るイタリア製インディSF。監督はマルコ&アントニオ・マネッティ兄弟。イタリア、ローマ。中国語翻訳家のガイアのもとに中国語の同時通訳を依頼する緊急の電話がかかってくる。仕事の内容はおろか場所さえも機密にされ、目隠しで連れてこられたのは真っ暗な地下室。何も見えない中、尋問者の厳しい質問と、それに対するワンさんと呼ばれる男性の奇妙な回答を通訳していくガイアだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2017-11-11 00:25:02
【ネタバレ注意】

チープで安っぽくて、
演出も展開も手際が悪くてモタモタ。

インディ作品らしいといえばらしい。

でも一見ギリシャ語通訳を思わせるような展開の中国語通訳でありながら、
あざといミスリード、酷なラスト。

現実と照らし合わせてみてたら何か思い当たるフシがあるだろう?
というこのメッセージは捨てがたいと思う。

礼儀正しく黒目がちな瞳の宇宙人王(ワン)さんは、
EUや世界の抱える諸問題のあれこれに当てはまるナイスな侵略者だった。

メインだけ追って、細かいところは切り捨てっぱなしだけど、

お金かけてきちんと脚本練って2時間くらいの整合性のあるSF作品に、、
ってなると、粗削りだからこそ鈍痛を伴うトゲのような持ち味が
きっと消えてしまうだろうなあ。

投稿者:水ヒラ投稿日:2015-10-12 22:06:40
心が綺麗過ぎる人は見ちゃいけないほどおもしろい!

まったくお金がかかっていないようでかかってる。アイディアが秀逸すぎる。
宇宙人がなぜ中国語を話すのか?→世界で一番使われている言語だから(10億人)

だからこのコメントより下は見てはいけない
投稿者:マーサ19投稿日:2014-07-29 23:37:44
【ネタバレ注意】

見ながら、通訳と同じ気持ちになったのに・・・
ETをかわいくしたような、宇宙人で・・・

騙す人は、こやって騙すんだろうなって思ったり。
確かに、中国の商売人は好きじゃないけど。
風刺より、夢がほしいな〜。

よく出来てて、気持ちが入るだけに、
がっかり映画でした。

イタリア映画って結構いいのあるんだけどね。

投稿者:bond投稿日:2013-10-07 08:36:59
【ネタバレ注意】

なんで、一般女性の部屋に装置落としたのか腑に落ちないが、なかなか面白い、せっかく助けたのに「おまえ、バカだな。」ってムカつくエイリアン。

投稿者:リベルタド!!投稿日:2013-08-29 22:48:58
【ネタバレ注意】

この映画作ったイタリア人は中国人が嫌いでしょ!
どーして囚われの宇宙人が中国語話すの?しかも!この宇宙人いいヤツぶってウソ八百ならべる卑怯者。
挙げ句の果てに、一生懸命助けてくれた恩人に対して「おまえ、バカだな。」と吐き捨てる・・・。最低最悪のイカサマ野郎だよ!
皮肉の効いた結末はまるで“ウルトラQ”みたい。「サウスパーク」「チームアメリカ」が好きなら、このブラックなテイストも受け入れるかも。

投稿者:ghost-fox投稿日:2013-01-14 22:10:32
【ネタバレ注意】

宇宙人(中国人)を見たら泥棒と思え

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】宇宙人王(ワン)さんとの遭遇2013/01/09\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】宇宙人王(ワン)さんとの遭遇レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION