allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

LOOPER/ルーパー(2012)

LOOPER

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ポニーキャニオン)
初公開年月2013/01/12
ジャンルアクション/SF
映倫PG12
任務:未来から来る犯罪者を消せ
標的:30年後の自分
LOOPER/ルーパー Blu-ray
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,430
USED価格:¥ 800
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 殺すべき標的が30年後の自分というひねりの利いた設定と巧みな脚本が各方面から絶賛されたSFアクション。主演は「インセプション」「ダークナイト ライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットと「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス、共演にエミリー・ブラント、ジェフ・ダニエルズ。監督は「BRICK ブリック」のライアン・ジョンソン。
 2074年の世界ではタイムマシンが開発されていたが、その使用は法律で固く禁じられていた。しかし、犯罪組織は違法なタイムマシンを利用し殺人を行っている。なぜなら、その時代にはすべての人間の体内にマイクロマシンが埋め込まれ、殺人が事実上不可能になっていたのだ。そのため、彼らはタイムマシンで標的を30年前に送り、待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていた。2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジョー。ある時、そんなジョーの前に標的として現われたのは、なんと30年後の自分だった。一瞬の隙が生まれ、未来の自分に逃げられてしまう現代のジョー。ルーパーは処刑を失敗すれば、即座に犯罪組織に消されてしまう運命だった。現代のジョーは、処刑を完遂すべく、すぐさま未来の自分の追跡を開始するのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
434 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-12-06 07:38:14
【ネタバレ注意】

なにがどうあろうが、ブルース・ウィリスが今は亡き妻のために、
縁もゆかりもない ましてや年端もいかない子どもを殺しに
未来からやって来て 実際に手を下してしまうという設定。

いくらなんでもこれはあかん。


エイミー・ブラントのシングルマザーなくたびれっぷりは良かった。

投稿者:ピースケ投稿日:2014-04-19 22:19:17
エミリーの欲情シーンは良かったね。
投稿者:nedved投稿日:2014-01-18 23:31:49
ピアース・ガニォン
投稿者:nightwing投稿日:2014-01-12 02:03:44
タイムパラドックス物はややこしくて苦手だが、これはサスペンスの
キレも良く、物悲しさも相まって意外と観れる。
サイコキネシスを持つ子役に救われた部分もあるが、優男ゴードン君も
格好良かったぞ。
ただ、ジェフ・ダニエルズの悪役はイマイチ不気味さが不足だし
ブルース・ウィルスのハゲっぷりには、複雑な心境に陥るが・・・・・。
投稿者:bond投稿日:2014-01-09 09:31:41
「オーロラの彼方へ」の亜流。アイディアとそれなりに練った展開でいいのだが、矛盾は否めない。オチは意で外で哀しい。
投稿者:クリモフ投稿日:2013-11-07 16:17:10
タイムトラベルものだと思ったら、案外そうでもなった、という映画。特にラストあたりは大友克洋か、と思ってしまいました。
うーん、なにか釈然としないのはちょいと捻ったせいで、そこにパラドックスを感じてしまうからでしょうか。メインの話に現在の自分と未来の自分を持ってきたせいで、「これはいいのか」「このことは記憶にはならんのか」とかいろいろ気になってしまいました。
あとレインメーカーというかTK能力の設定はいるのかどうなのか。あれは個人的には不要で、もっと硬派というかリアルな設定にした方が良かったと思います。タイムトラベルと超能力をやっちゃたら盛り過ぎ。
そうなってくるとレヴィット=ウィリス問題も余計に気になってくるし、何やら歯痒い映画でした。バイク、銃やタイムマシンの造詣もあまり魅力がないし、SFとしてもアクションとしてもドラマとしても中途半端に感じてしまいました。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2013-08-06 20:04:03
もともと草食系で線の細さが魅力のジョセフが、30年後にブルース・ウィリスはないでしょ!
ブルースありきの企画なら、ヤング・ジョーはジョバンニ・リビージあたりがいいんでは?
ジョセフありきの企画なら、オールド・ジョーはピアース・ブロスナンかな。
もしくは、マイケル・パレ!!
投稿者:namurisu投稿日:2013-07-16 13:09:59
ループと組織を壊滅させる超念力小僧 対 中国女を救いたいマシンガンハゲ。元凶のドラッグボーイ、自業自得自決。
投稿者:kei.t投稿日:2013-07-09 23:27:52
【ネタバレ注意】

ルーパーが引退するのは、
未来から送り込まれてくるターゲットを
死の世界へ追いやる仕事で、
30年後の自分を射殺した時である。

ストーリーは単純だが、
主人公、ジョーの場合は少し違った。
未来から来た自分は、人生を奪われた側だけに
必死で人生を変えようと試みるのだ。

自分が生き残りたいのではない、
愛する妻を守りたい・・・
それが30年後のジョーの願い。

若い時にルーパーの仕事をしていれば
十分予想できたであろう悲劇だが、
当然、彼は受け入れられず
未来に君臨する悪の根源を断ち切ろうと
ある数字を調べて現代にやって来た。

ふたりのジョーは、数字の謎を解き、
悪のループを止めることができるのだろうか。

残念ながら私には、ここまで引っ張って
この結末か・・・
という思いが拭えなかったが、
それは、ジョーの心に芽生えた
母への思慕が、諦めという形でしか
表現できていなかったからではないかと思う。

投稿者:GRINDHOUSE投稿日:2013-05-01 22:19:29
【ネタバレ注意】

逃走した標的を脅迫する発想に思わず震えた。
上手く追跡から逃げても現代の自分に何かあれば未来の身体に影響が出てしまう。逃走中に身体の一部がどんどん欠落していくという新味のあるアイデアが良かった。

現代のジョーは、少年の人生のあらましを予知したのだから、未来のジョーにもそれが新たに記憶されるのかと思ったがそうではなかったらしい。

投稿者:黒美君彦投稿日:2013-02-04 20:34:40
タイムマシンものとしては異色の作品なのだろうけど、こういう作品は結局アイディア勝負。いってみればショートショートの味わいとでもいえばいいだろうか。
タイムパラドックスには目をつぶるとして…というか、ここで描かれているのはパラレルワールドと考えた方がいいかも知れない。
とはいえ、展開が予測不能でそれなりに楽しめた。B・ウィリス、ジョセフ・G=レヴィットもそれぞれ巧演。
オールド・ジョーの妻として出演のシュイ・チンが、エキゾチックな印象を残した。
小品ながら面白く観た。

それにしても“レインマン”はどうして急にループを閉じようと思ったのだろうか?
投稿者:ビリジョ投稿日:2013-01-28 17:05:34
【ネタバレ注意】

 これは良かったんでないか。よく出来たSFです。矛盾が気になるモゾモゾ感が今回は全くなかった。

 役者陣が良かったし子役もピカイチ。練られた脚本が生き生きしていた。トウモロコシ畑とかレストランとか、特殊効果っぽくないのどかな場面が効果的だった。未来は良い未来になるといいな。あの子もいい子に育つといいな。お母さんも美人だし。関係ないがあのステーキと炒り卵は美味しそうだった。

 隣に座った一人客の女子が「いやーやばいね」「あら大変」などとずっと独り言をぶつくさ言っていたのも良かった。

投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2013-01-28 12:30:23
あれでいいんか微妙な気がするがアホなオレにはわからん。
最近、中国資本の関係でやたら出てくるのにゲンナリする。
元々の脚本はフランスに行くんだったんじゃねえの?
「96時間2」でも中国旅行に行くとかセリフあったし
なんかキショイ
投稿者:敦煌投稿日:2013-01-22 09:30:21
 ウィリスに似せるためにゴードン=レビットの顔を微妙にいじってますよね(少なくともエラと目元の2カ所)。
 特殊メークの装具をつけたのか、ポストプロダクションで視覚処理したのかわかりませんが、後者だとしたらものすごい手間がかかっているはず。贅沢だ。
 ポール・ダノとパイパー・ペラーボをさして大きくない役で使っているのも贅沢(ペラ坊なんて胸まで出してる)。
 ちなみに、私は異質のものを恐れるフツーの人なので、我が身を犠牲に“化け物”を救う結末は釈然としないな。
投稿者:uptail投稿日:2013-01-19 14:10:39
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:映画で元気投稿日:2013-01-19 01:05:16
もうタイムパラドックスもののバカらしい安易な映画は観たくない、と思っていたので、この映画は観ないつもりだったが、ここのコメントを見て、えらいほめているから、観に行った。
本質的に、SFはすきだから。
ばかばかしい設定であるのだけれど、それを感じさせないほど、しっかりとした脚本、しっかりとした演出で、人間ドラマとしても成功している。
ハラハラドキドキ、展開も読めず、ずーっと緊張感があり、意外なラスト、アクションも派手さを抑えた分、よかったと思う。
ただ、ブルースウィルスの賞味期限は切れたように思う。彼とその妻役はミスキャストだと思う。
主役その他は、とてもいい味を出していた。
良い作品でした。
こういう映画は大好きです。
投稿者:moviemania1999投稿日:2013-01-17 21:49:29
●↑書こうかと思ったら すでにありました(苦笑)
(このタイトルでいくと必ずZ級の映画間違いなんいだけどね)
この二つの大作タイトルが見事に融合してしっかりした映画ができてしまうことに驚き。ブルース・ウィリスでなくジャン・レノが演じたら まさに「ドラえもん」未来と過去の自分が触れると凄い事になった「タイムコップ」というのもありました。この映画ではそういうの無かった。
ジョセフ・ゴードン・レヴィットの顔がいつも以上に老けてたような・・・あのままいくとT-1000のロバート・パトリックに似てしまうかも。悪さが多いいと30年後はハゲていくんだな(笑)気をつけよう。
http://blog.livedoor.jp/moviemania1999/
投稿者:mototencho投稿日:2013-01-17 15:19:35
コンピュータのプログラムで、同じ処理を繰り返するのがループ。で、書き方間違えるとこれが延々と続いてしまうわけで、限度を決める部分を記さないといけない。確かそれが“フラグを立てる”とか言ってたような。ややこしいタイムパラドックスに踏み込んでいる野心的なインディ系。ジョセフ・ゴードン=レヴィットがブルース・ウィリスに化けようとするチャレンジも興味深いけれど、監督のライアン・ジョンソンはもっと出世していきそう。“フラグを立てる”という主人公の決断がなにより本作の持ち味。http://mototencho.web.fc2.com/2013/looper.html
投稿者:たのきゅう投稿日:2013-01-16 19:01:29
【ネタバレ注意】

母親の名前が「ターミネーター」のサラと同じ名前ってのが洒落てますね。テレキネシスをスパイスにして、上手くまとめた作品でした。最後の方の銃撃戦は「ダイ・ハード」並みの戦いでジョン・マックレーンとキャラが被ってましたが(笑)。エミリー・ブラントは佐藤仁美に似てますね。

投稿者:もりじ投稿日:2013-01-15 12:51:21
【ネタバレ注意】

基本的にはすごく良かった。
あんま期待してなかったのもあるが、未来の自分を殺すという発想が面白い。
ちなみに一番ゾッとしたのが、未来の友達がドンドン削られていくとこ。
拷問?されてる本人が直接出てこないのが、想像させられてうまい表現だなーと思った。

しかしながらどうしても気になったんだけど
・ブルース・ウィリスの人生軸では、未来の自分を殺したのにレインメーカーが誕生している
→未来の主人公がいなければ母親は生きていたんだろうに、なんで悪に染まったの?
・なぜブルース・ウィリスを殺さずに捕まえたのよ…見つけた時点で速攻殺せばよかったのに
まーSFはこういう矛盾の解決が難しいからしょうがないだろうけど、そこが魅力でもあるからもうちょい練ってほしくはあった。
ところでレインメーカーが生まれないなら、ルーパー達が今までもらった金銀って消えたのかな…

投稿者:ローランド投稿日:2013-01-14 00:48:32
【ネタバレ注意】

  SFだというのをいいことに、オールド・ジョーに 爛織ぅ爛肇薀戰襪里海箸砲弔い届辰靴燭薜貽あっても足りないから・・・瓠,噺譴蕕傘賈襪鯆イ辰董∋空間移動作品に付き物の矛盾の整理をないがしろにしてもとにかく緊張感を持続させようと刺激的な断片を繋いでゆくという、普通なら爐笋譴笋譟ΑΑΝ瓩箸爐◆爾 ΑΑΝ甦兇あるはずなのに、そうではなくて、希薄な内容を膨らませて一本に作り上げたのとは逆に無駄を削ぎ落としてシャープにした結果こうなったのではないかと、そんな気持ちで退屈感と眠気の入り込む余地なく観終わりました。  

  始まってすぐに 狡暁塾呂鮖った人間が多く誕生し世間は期待をしたが、それらはコインを宙に浮かせて女の気を引くくらいの事にしか役に立っていない瓠,箸△辰燭韻鼻△修猟暁塾呂劉狡境瓩諒源を何個付けても足りないほどの能力を持った、『ブリキの太鼓』のオスカルと『オーメン』のダミアンを連想させる少年が動き始めるあたりから散らばった筋が一本になってきます。  

  悪を断ち切るために心を鬼にして・・・・のブルース・ウィリスのオールド・ジョーに対して、見かけも甘く優しいジョセフ・ゴードン=レヴィットのヤング・ジョーが、せっかく貯えた金塊銀塊にも未練なく我が身を犠牲にして爐修讚瓩鮗蕕襦ΑΑΑΑΑ  かくしてこの世に悪魔は存在し続けるのであります、ってことでしょうか?。  エンドクレジットの、切々と歌い上げるソウルミュージックが良かったです。     

  星の数は7個と半分です 

投稿者:savye投稿日:2013-01-13 14:16:49
【ネタバレ注意】

タイムリープが可能になった未来から、その時代の標的を過去に送り、過去(作中では現在)で暗殺する…というなんだか荒唐無稽なSF考証だが、その割にはこの作品内容はとても面白く描かれている。

例えばやっていることは正直古い。過去に戻り、ターゲットが大人になる前に殺しておくとか…『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ターミネーター』で散々やり尽くしたことを、今更映画にしても…という部分があるのは否めない。

それに「タイムループが完成された未来像」というのを明確に練っていないせいで、劇中様々な疑問が浮かび上がる。
一番思うのはやっぱり「せっかく時間移動できるのに、その利用方法が殺したい人間を過去に送るだけなの?」って点だ。確かにモノローグでは未来ではタイムループは違法だって一言言ってはあるが…そんな危険を冒してでも時間移動したい人間なんて幾らでもいるだろう!と。

しかし、この作品が扱っている主題として肝心な部分が例えばSF的なアクションや、タイムループ自体を織り交ぜた謎解きとか、二転三転する展開とか、そういう小難しいものの中にあるものではなくて、人間的な善悪とか生き様とか、そういうとてもナイーブなものを中核に置いているのが評価出来る点だろう。それにより、先に述べたSF的時代考証云々の話が多少和らぐしね。


見せ方も、構成も正直そこまで上手くは無い。バイクチェイスのシーンや銃撃戦なんかも正直チープでスタイリッシュさが無い。でも、この作品にはとても意欲がある。
そしてやはり、ラストの一連の主人公の葛藤〜決断、自己犠牲で命を賭してでも守るべきものの存在があり、それに気付き自分の人生とリンクさせたあの回想シーン…ここらへんの流れは目を見張るくらいに秀逸。むしろ、この映画はそれしか無いのだけど、それだけで全てをふいにするくらいの深い意味を孕んでいる。

それは、過去の自分を殺すだけでは時代は何も変わらない、自己を犠牲にしてでも、自分の死を見せてでも悪の道に進む人間を一人でも減らさなくちゃいけないという主人公の深い信念。
冒頭のほうで高級車でスラム街を爆走してる途中に、小汚い少年の前で感慨深く主人公が考える姿などからそこらへんは伺えるわけだが、もう少しその気持ちを明確に分かりやすく観客に伝える描写を入れてもいいかな、と思った。

だけど、この作品は本当に意欲的で深い。
個人的にはこういう作品を見ている間、最後はどうなるんだろう?と考えながら見ている。
物語が進行するにつれてそのラストの予想は複数個自分の頭で用意する。そう、映画を多く見ている人間というのはそういう風に映画を鑑賞してて、最後の結末っていうのは大体その複数個の中の一つであったりする。こういう小難しい設定を用意してあるSF映画やサスペンスなどは特に、だ。

しかし、この作品のこんな結末は予想していなかった。
というか、余りにも潔くてストレートで、逆の意味で予想が難しいラスト。
そういう意味ではとても玄人向けの映画なんじゃないかと思う。

投稿者:ASH投稿日:2013-01-13 00:06:12
【ネタバレ注意】

 しかし、タイムトラベルものもネタが尽きたんじゃないかと思ってたけど、「まだこの手があったか!!」と膝を打ちたくなるわな。こういう映画って、ひとりで観て矛盾点をブツクサと論うよりも、鑑賞後は誰かと議論を交わした方が愉しめるんじゃないかと。

 ただね、強烈な既視感に襲われちゃうんで、場合によっては低評価を下される危険性がある映画でもあることは確か。未来社会で犯罪組織を統率するレインメイカーなる人物を抹殺すべく、オールド・ジョーがタイムマシーンでやって来るという展開は、まんま「ターミネーター」。しかし、この映画には若干、捻ったオチが用意されている。俺ははそこに瞠目。

投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2012-12-24 16:04:53
未来から来た自分がハゲだった・・・
投稿者:陸将投稿日:2012-12-22 20:16:27
「タイムトラベルSFもの」には、その特殊な設定のルール説明が必要だ。
だが、本作は冒頭で主人公の口から台詞で説明された後は、極力「画」で世界観を見せていく。
その映画的な語り口が非常に効果的だ。
それでいて、ルールの細かい整合性に縛られない大胆さや、SFというジャンルに縛られず、「人間」の深い部分に迫ろうとするアプローチの斬新さがある。
だからこそ、本作はとてつもなく面白い。

秀逸なのは「ルーパー」と呼ばれる人間たちの日常描写だ。
惰性で行う機械的な殺人と、無感動で味気ない日常の循環。
そして、トリップ感覚を味わえる恍惚かつ艶めかしい画作り。
安易にカメラを揺らそうとせず、アングルの不安定さで世界観を構築していく。
空虚で息苦しい閉塞感を体験させるからこそ、そんな負のループを断ち切ろうとする主人公の咄嗟の決断に感動してしまう。

「肉体の痛み」を感じさせる描写も巧みだ。
拷問場面は直接的に描いてはいないが、観客が思わず想像してしまう見事な仕掛け。
それでいて、その後オールド・ジョーがヤング・ジョーに居場所を伝える場面に恐怖を与える効果も果たしている。
ライアン・ジョンソンは観客の想像力を喚起させるための、情報の出し入れに長けている。
そんな気の利いたストーリーテリング力に、ひたすら魅せられてしまった。
投稿者:Normandie投稿日:2012-10-01 01:54:01
どうでもいいケド、ブルース共演だからかなあ?来年1月公開と以外と早く見れるみたい。新作目白押しのジョセフはノッてますね。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ オリジナル脚本賞ライアン・ジョンソン 
 □ アクション映画賞 
 □ アクション映画男優賞ジョセフ・ゴードン=レヴィット 
 □ アクション映画女優賞エミリー・ブラント 
 ■ SF/ホラー映画賞 
【ニュース】
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、伝説の綱渡り師フィリップ・プティの伝記映画に主演へ2014/01/23
全米興行成績、3Dアニメ「くもりときどきミートボール2」が好スタート2013/09/30
ジョセフ・ゴードン=レヴィット監督デビュー作「Don Jon」、最新予告編2013/08/15
第39回サターン賞、結果発表2013/07/01
ジョセフ・ゴードン=レヴィット監督デビュー作「Don Jon」、予告編2013/05/23
第39回サターン賞、ノミネーション発表2013/02/21
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、結果発表2013/02/18
放送映画批評家協会賞、結果発表2013/01/11
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、ノミネーション2013/01/07
ロンドン映画批評家協会賞、ノミネーション2012/12/19
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2012/12/12
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、発表2012/12/06
全米興行成績、「パラノーマル・アクティビティ4」が好スタート2012/10/22
全米興行成績、リーアム・ニーソン主演「96時間/リベンジ」がV2達成2012/10/15
全米興行成績、リーアム・ニーソン主演「96時間/リベンジ」が大ヒット・スタート2012/10/08
全米興行成績、コメディ・アニメ「モンスター・ホテル」が好スタート2012/10/01
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」続編企画、監督候補7人が明らかに2012/09/26
全米興行成績、「ボディ・ハント」と「End of Watch」が首位タイ2012/09/24
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】LOOPER/ルーパーレンタル有り
 【DVD】LOOPER/ルーパーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION