allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

EVA<エヴァ><未>(2011)

EVA

メディア映画
上映時間94分
製作国スペイン
ジャンルSF
映倫G
EVA<エヴァ> [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,889
USED価格:¥ 2,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 2012年10月〜11月開催の特集上映<“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション>にて本邦初上映。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:asama投稿日:2018-07-28 21:58:30
2018製作の「ホンモノの気持ち」のベースになってる作品。「ホンモノの気持ち」がこの作品をパクったとも(笑)。自律型進化系のロボット、少女ロボットのエヴァが、(「ホンモノの気持ち」で)大人の女性ロボット、ゾーイになって現れるが、この作品の予見性の見事さは驚きだ。ロボット研究者アレックス(ダニエル・ブリュール)が駆使する、空間で機能する3次元型コンピュータは、今、時代がまさに追及しているアイテムだ。人間が人間であることの限界を打破しようとロボット製造に向かうのは、鉄腕アトムの時代からの欲求であるが、現実化したロボットの存在によって、人間は、さらに人間の限界(=人間性)に突き当たるという逆説を、この二つの作品が見事に、リアルに示している。そして何より、どちらも魅力的な女優(クラウディア・ベガ[エヴァ]とレア・セドゥ[ゾーイ])によって、観るものを楽しませる、極めて映画的な世界を提供することに成功している。見るべき価値のある作品だ。未公開ナンセンス!今こそ公開すべき作品だ。
投稿者:uptail投稿日:2014-01-11 10:21:25
演出:7
演技:7
脚本:7
音楽:6
投稿者:bond投稿日:2013-09-11 09:48:13
CGがリアル。ロボットが感情を持てば、人になる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-08-10 01:01:53
「シベールの日曜日」を思い出させるキャスティング。SFというよりおとぎ話。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】EVA<エヴァ>2013/01/12\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】EVA<エヴァ>2014/02/08\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】EVA<エヴァ>2013/01/12\3,300amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】EVA<エヴァ>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION