allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インポッシブル(2012)

THE IMPOSSIBLE
LO IMPOSIBLE

メディア映画
上映時間114分
製作国スペイン/アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2013/06/14
ジャンルドラマ
映倫G
生きる希望は、奪えない。
インポッシブル スチールブック仕様 【4,000個 初回数量限定生産】 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,718
USED価格:¥ 2,864
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 2004年のスマトラ島沖地震による大津波で被災したあるヨーロッパ人家族を巡る奇跡の物語を、「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ監督が完全映画化した感動のトゥルー・ストーリー。津波に呑み込まれ、家族がバラバラになりながらも再会を信じて懸命に生き抜き、諦めることなくお互いを探し続ける姿を通して、家族の愛と絆を力強く描き出す。出演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「フェア・ゲーム」のナオミ・ワッツ、本作がスクリーン・デビューのトム・ホランド。
 2004年12月。イギリス人夫婦マリアとヘンリーは、3人の息子たちとともにタイのリゾート地を訪れ、バカンスを楽しんでいた。ところがクリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を津波の濁流が襲う。一緒に流されたマリアと長男ルーカスは辛うじて生き延びるが、大ケガを負ったマリアは歩くこともできず、地元の人の助けでどうにか病院に搬送される。しかしそこは、遺体と重傷患者であふれかえり、手当もままならない状態だった。一方、下の息子2人ともども瓦礫の山と化したホテルで九死に一生を得たヘンリー。彼は息子たちを高台へと避難させると自分は一人残り、行方不明となったマリアとルーカスを見つけるため、ホテル周辺を探し回るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2016-03-29 23:41:50
トム・ホランド
投稿者:hitomi投稿日:2014-07-10 10:20:03
タイで2004年に起きた地震による津波被害の実話を元に作られた作品という事だったけど、あの状況でよく家族4人とも助かったよな〜〜〜。
つか、奇跡すぎて観終わった後にちょっと引いてしまった( ´;゚;ё;゚;)
3.11の被害を目の当たりにしてる日本人が観ると“ホントかよ?!”って感じちゃうんじゃないかなぁ?

ナオミ・ワッツの特殊メイク?はいつもの綺麗なナオミ・ワッツとは違い過ぎて“誰だコレ?!”って思っちゃった( ´;゚;ё;゚;)
ルーカス役のトム・ホランドが一番良かった。
てか、リトル・ダンサーのジェイミー・ベルを思い出したわ。。。http://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-05-19 16:58:29
【ネタバレ注意】

大津波の犠牲となり、離ればなれになっていた家族が再会したとき、母マリアが言った一言。重症で生きるか死ぬかの瀬戸際だったから「私、死んだの?」なんて言葉がでたのだろうな。
でも、その言葉に生きる喜び、希望を感じて深く心に響いた。
多くの命が失われたことを悲しく思う。

投稿者:bond投稿日:2014-05-14 09:50:57
東日本大震災経験者には、映画ごととは思えず、いろいろ思い出してしまう。スマトラの津波も相当だったんだな。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-05-10 16:49:42
【ネタバレ注意】

思い出した。全員無事に帰れた家族なら「最高の旅だった」と語り合えるだろうけど。

投稿者:zzz投稿日:2014-05-06 15:38:29
Good.
投稿者:U★mUzo投稿日:2013-07-06 17:30:22
実話の映画化。

津波の描写が凄まじいが、
実際は・・・もっと恐ろしいんだろうな。
こうなってしまったら、もうどうしようも出来ない・・・
自然の脅威を感じる。
思わぬ怪我をするプロセスも興味深かった。

再会出来て本当に良かったね(^v^)と思いつつ、
そう出来なかった多くの人たちのことを忘れないようにしなければいけない。

マリアとルーカスの行動を見て、
−この奇跡には「運命」を感じた−
生きている限りは「生きる」ということの意味を
考えるようにしなければ・・・と思った。

「目を閉じて、いいことだけを考えて」は
眠れない時に自分に言い聞かせてみよう。
http://ameblo.jp/t1r2m3/
投稿者:タオ投稿日:2013-06-18 22:25:29
スマトラ沖地震で発生した津波により離散してしまった家族が、お互いの無事を信じ、探し出す物語。事実に基づく話ということだが、同じ津波の作品として2013年2月に公開された「遺体 明日への十日間」があり、どうしても比較してしまう。「遺体」は津波のシーンがなく、生き残った人たちが何が起きたのか分からないままに、次々と運び込まれる遺体を前に絶句し、その中でも一人でも多くの人の身元を明らかにしようとする物語。この作品ではただただ死と向かい合い、何の希望もないままストーリーが進展していく。これに対して本作は、あくまでも生き残った人々が互いの無事を信じ、再会を喜ぶ物語である。冒頭のつなみのシーンは確かにすさまじいが、犹燹匹砲弔い討呂曚箸鵑豹┐譴蕕譴討い覆ぁどちらが心をつき動かされる作品かといえば、どうしても「遺体」に軍配が上がってしまう。
投稿者:uptail投稿日:2013-06-17 00:52:58
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:ASH投稿日:2013-06-14 23:31:40
【ネタバレ注意】

 ってことで、この映画、ひょっとすると人によっては観たことを激しく後悔するんじゃなかろうかと。と言っても、「つまらない」という意味ではなくて、劇中で描かれている出来事があまりにも壮絶なもんだから。さらに、つい2年ほど前に日本でも同じような災害に見舞われたから、どうしても思い出しちゃうってのはあるんだよな。

 タイのリゾート地でクリスマス休暇を過ごす、普通よりは少し裕福な一家がスマトラ沖地震によって発生した津波に襲われ、離散してしまう。妻のマリアは長男と、夫のヘンリーは二男・三男と共に何とか助かるが、異国のリゾート地で離ればなれになってしまい、お互いの行方を探すことになる。あれだけの大津波で5人家族のそれぞれがバラバラにならなかったのはにわかに信じ難いが、これまた「実話に基づく」ときたもんだ!!

 正直、俺もこの映画、とある一家の単なる「サバイバル」物語だと思う。津波に襲われて離散したベネット家の人々が再びめぐり会うまでを描いているのだが、主人公の家族以外はあまり焦点が当てられていない。もっとも、被災者全員に焦点を当てることは映画としては無理な話だが、ベネット家の奇跡の再会を描いたところで、再会できなかった家族もいれば、死んでしまった人たちもいるわけだから、素直に「よかったねぇ〜」と感動できないもんがある。

 とはいえ、予想だにしなかった災害によって彼らが味わった恐怖は想像を絶するもんだったと思う。海辺のリゾート地と言うことで、被災者は水着や薄着の人が多い。言い換えれば、これは半裸に近いってことだ。しかも靴を履いてなかったりする。こんな恰好で津波に襲われたとを考えると、そりゃあーもー!! ベネット家の苦しみは十二分に伝わってくるのだが、彼らだけに奇跡が起こっているかのようで、その辺が俺はどうも引っ掛かるんよ。

 この映画、何が怖いって、災害に見舞われたことももちろんだが、それが異国の地ゆえに言葉が通じないってことがとてつもなく恐ろしい!! 現地人にマリアは助けられるのだが、重傷を負ってるってのにズルズルと容赦なく引き摺られるもんだから、観てる俺も彼女と同じ気分を味わうハメになる。また収容された病院でのくだりも、言葉が通じないゆえのもどかしさに溢れている。英語は比較的伝わりやす言語かもしれんが、これが日本語だと考えると…。

【ニュース】
アニャ・テイラー=ジョイ主演ホラー「Marrowbone」、ティーザー・トレーラー2017/04/19
ソニー&マーベル共同製作「スパイダーマン:ホームカミング」、予告編2016/12/09
J・A・バヨナ監督ダーク・ファンタジー「怪物はささやく」、最新予告編2016/10/12
J・A・バヨナ監督ダーク・ファンタジー「怪物はささやく」、予告編2016/07/14
J・A・バヨナ監督ダーク・ファンタジー「怪物はささやく」、最新ティーザー・トレーラー2016/04/13
J・A・バヨナ監督ダーク・ファンタジー「怪物はささやく」、ティーザー・トレーラー2015/11/20
ソニー&マーベル、新スパイダーマンにトム・ホランドの起用を決定2015/06/24
「インポッシブル」のJ・A・バヨナ監督、パトリック・ネス『怪物はささやく』の映画化を監督へ2014/03/06
ブラッド・ピット主演アクション「ワールド・ウォーZ」、続編の監督はJ・A・バヨナに2013/12/11
ヨーロッパ映画賞、結果発表2013/12/09
ヨーロッパ映画賞ノミネーション発表2013/11/11
ナオミ・ワッツ主演故ダイアナ妃伝記映画「ダイアナ」、予告編2013/08/07
第39回サターン賞、結果発表2013/07/01
ナオミ・ワッツ主演故ダイアナ妃伝記映画「Diana」、ティーザー・トレーラー2013/06/13
アカデミー賞、結果発表2013/02/25
第39回サターン賞、ノミネーション発表2013/02/21
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、結果発表2013/01/28
ゴールデングローブ賞、結果発表2013/01/14
放送映画批評家協会賞、結果発表2013/01/11
アカデミー賞、ノミネーション発表2013/01/10
ロジャー・エバート氏選出、2012年ベスト102012/12/28
ロンドン映画批評家協会賞、ノミネーション2012/12/19
ゴールデングローブ賞、ノミネーション発表2012/12/14
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション発表2012/12/13
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2012/12/12
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、発表2012/12/06
【レンタル】
 【Blu-ray】インポッシブルレンタル有り
 【DVD】インポッシブルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION