allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夏の終り(2012)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2013/08/31
ジャンルロマンス/ドラマ
映倫G
だって、愛してるの。
夏の終り [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 3,629
USED価格:¥ 2,200
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:熊切和嘉
製作:藤本款
伊藤和明
プロデューサー:越川道夫
深瀬和美
穂山賢一
アソシエイトプロ
デューサー:
星野秀樹
原作:瀬戸内寂聴
『夏の終り』(新潮文庫刊)
脚本:宇治田隆史
撮影:近藤龍人
美術:安宅紀史
衣裳:宮本まさ江
編集:堀善介
音響:菊池信之
音楽:ジム・オルーク
スクリプター:田口良子
ヘアメイク:清水ちえこ
照明:藤井勇
助監督:松尾崇
出演:満島ひかり相澤知子
綾野剛木下涼太
小林薫小杉慎吾
赤沼夢羅鞠子
安部聡子小杉ゆき
小市慢太郎
澤田俊輔
古河潤一
金替康博
久野麻子
眞鍋歩珠
【解説】
 ふたりの男の間で揺れ動く女の愛の彷徨を描いた瀬戸内寂聴の自伝的ロングセラー小説を、「ノン子36歳 (家事手伝い)」「海炭市叙景」の熊切和嘉監督が実力派キャストの競演で映画化。主演は「愛のむきだし」「川の底からこんにちは」の満島ひかり、共演に「るろうに剣心」の綾野剛と「舟を編む」の小林薫。
 長年にわたって妻子ある年上の作家・小杉慎吾との愛人生活を送る相澤知子。慎吾は妻のいる家と知子の家を、きっちり週に半分ずつ行き来しており、不倫でありながらも知子にとっては穏やかで安定した日々だった。ところがある日、帰宅した知子は、慎吾から木下涼太という男の来訪があったことを告げられ、心のざわつきを覚える。涼太はかつて、結婚していた知子が恋に落ち、夫と子どもを捨てて駆け落ちした相手だった。年下で、知子に対して一途で情熱的な涼太。彼のことが忘れられず、慎吾との生活を続けながらも、いつしか涼太との関係も復活させてしまう知子だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spink投稿日:2017-05-23 00:48:19
4時間くらいの長尺をブツブツに切った感は何なんだろう
登場人物の感情の流れもブツブツと途切れて唐突な印象の芝居が散見されたり
投稿者:いまそのとき投稿日:2016-09-26 18:09:56
このドロドロ愛憎劇。憐憫か習慣か。さぁて成瀬のようにはいかないね。1950年代の空気も人も風俗も酸欠になりそうな位薄く単調だ。ただ、重苦しい虚しさだけが漂っている。残滓に一抹の迷い乱れる愛の儚さ。成瀬巳喜男晩年の作品を再見したくなった。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2016-02-01 22:42:44
「愛よりも習慣が強い」というヒロインの言葉が印象的。観る人の好みが分かれそうな作品だとは思うけど。www.seisakuiinkai.com
投稿者:あーぼう投稿日:2014-07-05 22:40:34
【ネタバレ注意】

過去と現在が並行して語られるのだが、冗長なしーんが多く、それが本作のテーマと思われる女性の成長と自立を分かりにくくしていた(ラストでははっきり描いていたが)。メインキャストの3人は存在感を発揮していたが、線の細い満島は若干ミスキャストか。正妻との電話シーンは迫力あり。

投稿者:ASH投稿日:2014-06-15 17:51:45
【ネタバレ注意】

 コレ観んと、ここ最近、綾野くんが引っ張りダコな理由がよぉ〜く分かる。しかし、公開から1年近く経つってのにコメントなしかよ。何やってんだよ、オルシネ・ユーザー。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】夏の終り2014/03/19\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】夏の終り2014/03/19\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】夏の終りレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION