allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

図書館戦争(2013)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2013/04/27
ジャンルアクション/ロマンス/コメディ
映倫G
本のために、あの人のために。
図書館戦争 プレミアムBOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 9,504
価格:¥ 5,270
USED価格:¥ 2,977
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:佐藤信介
アクション監督:下村勇二
エグゼクティブプ
ロデューサー:
濱名一哉
プロデューサー:辻本珠子
ラインプロデュー
サー:
田口生己
共同プロデューサ
ー:
厨子健介
吉田浩二
原作:有川浩
『図書館戦争』シリーズ(角川書店刊)
脚本:野木亜紀子
撮影:河津太郎
美術:斎藤岩男
衣装:宮本まさ江
編集:今井剛
キャスティング:北田由利子
音楽:高見優
音楽プロデューサ
ー:
志田博英
VFXスーパーバ
イザー:
神谷誠
ガンエフェクト:納富貴久男
スクリプター:田口良子
ヘアメイク:本田真理子
操演:関山和昭
装飾:松田光畝
録音:横野一氏工
助監督:李相國
ガファー:中野創平
スーパーバイジン
グプロデューサー:
那須田淳
出演:岡田准一堂上篤
榮倉奈々笠原郁
田中圭小牧幹久
福士蒼汰手塚光
西田尚美折口マキ
橋本じゅん玄田竜助
鈴木一真武山健次
相島一之尾井谷隊長
嶋田久作平賀警部補
児玉清稲嶺和市(写真)
栗山千明柴崎麻子
(特別出演)
石坂浩二仁科巌
テイ龍進
波岡一喜
落合モトキ
井坂俊哉
工藤俊作
阿部丈二
草薙良一
増田修一朗
俊藤光利
大迫一平
植木祥平
松崎裕
朝香賢徹
荒木貴裕
生島勇輝
大塚幸汰
中村織央
和田亮太
井出卓也
大塚ヒロタ
前野朋哉
岸本尚子
吉岡奈都美
五十嵐麻朝
上野直人
廣瀬裕一郎
千野裕子
山森大輔
春日井静奈
寺田伽藍
西田奈津美
桝木亜子
満田伸明
西守正樹
加藤貴宏
河野マサユキ
瀧口亮二
亜佑多
夛留見啓助
新田匡章
渋谷謙人
内ヶ崎ツトム
根本太樹
黒石高大
沖原一生
北代高士
熊川雄大
斉藤悠
塩見大貴
山口航太
三元雅芸
佐藤誓
樋渡真司
国枝量平
岩手太郎
清水一彰
大久保運
平野靖幸
剣持直明
須田琉雅
吉澤実里
平澤宏々路
碓井由美
石田由紀子
岸田タツヤ
増田俊樹
大塚和彦
青木一平
田野良樹
内藤トモヤ
黄田明子
【解説】
 表現の自由を巡って政府と図書館が互いに武装して対立する架空の近未来を舞台に、愛する本を守るべく図書館防衛組織に入隊した熱血ヒロインの過酷な訓練と戦闘の日々、そして淡い初恋の行方を、リアルかつ迫力のミリタリー描写と甘酸っぱいラブコメ要素を織り交ぜ描いた有川浩の大人気ベストセラー『図書館戦争』シリーズが、満を持して初の実写映画化。主演は、原作ファンの間でかねてから実写化の際の理想のキャスティングとして圧倒的支持を集めてきた榮倉奈々と岡田准一。監督は「修羅雪姫」「GANTZ」の佐藤信介。
 2019年(正化31年)に制定された“メディア良化法”による検閲とそれを実行するための武装組織“メディア良化隊”に対抗すべく、図書館が創設した防衛組織“図書隊”。高校時代に大切な本を目の前で守ってくれた図書隊員を“王子様”と慕い、図書隊に入隊した笠原郁。ところがそんな彼女を待っていたのは、鬼教官・堂上による地獄の特訓の日々だった。それでも男子顔負けの身体能力だけが取り柄の笠原は、堂上の過酷な訓練にも音を上げず、ついには女性初の図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に大抜擢される。そして堂上や包容力あふれる先輩・小牧の指導の下、同期の柴崎や手塚と切磋琢磨しながら少しずつ図書隊員として成長していく笠原。いまだ憧れの“王子様”は見つけられず、その一方で王子様とは真逆のはずの堂上のことがなぜか気になり始めてしまい…。
<allcinema>
【関連作品】
図書館戦争(2008)TVアニメシリーズ
図書館戦争 革命のつばさ(2012)劇場版アニメ
図書館戦争(2013)実写劇場版
図書館戦争 BOOK OF MEMORIES(2015)実写ドラマスペシャル
図書館戦争 THE LAST MISSION(2015)実写劇場版第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-09 20:02:29
【ネタバレ注意】

焚書関連の最高峰と思っているトリュフォーの『華氏451』には残念ながら遠く及ばず。でもテーマ自体は好き。表現者としてもこの類(表現の自由の抑制という危機)は常に頭の中に入れとかないといけないわよね。

焚書だけでも重い題材なのに、そこにミリタリーアクション要素と恋愛要素を中途半端に詰め込んだのがバランスを崩してしまった原因だと思う。邦画らしいっちゃらしい現実感の希薄なドンパチ感と、危機の最中にいるとは思えない榮倉の前のめりな言動。硬派と軟派の不揃いな同居っつうか。

本作公開当時ちょうど児童ポルノ法改正案が俎上に載せられていて、表現の自由を重視するアニメ愛好家等と子供を性の対象と見る(見られる)ことを忌避しがちな育児世代等とがツイッターでも侃侃諤諤やりあってた。本作には(自民党嫌いな)TBSがタッチしており、規制を強めつつある時の政権の振る舞いを表現の自由に欠けていたあの忌まわしき戦前の空気感と印象をかぶせることでディスる意味合いも込められてたのかな、なんて。

栗山千明は期待通りのヴィジュアル的存在感。岡田准一も及第点の振る舞い。上述した榮倉奈々は初々しい愛らしいと見るか、滑っていると見るかちょっと評価が割れそう。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2015-10-04 23:07:33
有川浩はジュブナイル小説として本作を書いたと思うんだけど、映画は女性自衛官の話になっちゃってるね。興業収入は良かったみたいだし、面白いという評価でいいんでしょう。でも、安倍のバカのせいでこの映画の意味合いが2013年と変わってしまった。まるで自衛隊の苦悩と葛藤を描いた作品みたいに見えちゃう。これ見ちゃうと自衛隊の海外派兵はとてもじゃないけど無理だと思うなぁ。現実の戦争に対応できる日本人がいるとは思えない。劇中で主人公人殺してますけど良心の呵責を全く受けていない。(←こういうところがラノベだっつうんだよ。『ラノベばかり読んで純文学を読まない子はバカになる!』)実際は、PKO帰国後自衛官みんな自殺してますからね。安保法案通っちゃったし、どうすんだろうね?
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2015-07-26 18:37:02
【ネタバレ注意】

いや1巻しか出てないヤツは知ってる…僕は結構好きだが、原作は角川から出てるシリーズ小説(といってもラノベの如きもの)で、これも相当面白い(かつ百田より文章も上手く思想も好み)。
フジがアニメ化してて、Youtubeで全話配信って大盤振る舞いで僕も観ましたが所謂コメディを世の中の不条理で味付けしたもので、まぁシリアスな話ではない。

…ってことで友達の母親がロードショーで見て「つまらん」と言ってたっつー話を聞いて「あの話はリースウィザースプーンのコメディの如きものやから」って言ってたのだが、観てみて「うわーシリアスに作ってきたなぁ〜」ってなった。話は全く同じで全て知っている話なのに。

でもコメディを楽しんだ記憶が助けてくれるのか、もう(図書館の法律がどうたらは飛ばして)冒頭のJKな榮倉奈々が隊員に助けて貰うシーンから泣けてきました。

ドタバタコメディの要素で残ってるのが柔道でドロップキック(ある意味浮いてるかも?)、明らかに意図的に外されたのが爆笑エピソード「熊殺しの二人」…である。あと両親に戦闘員であることを隠してるエピソードとか。

竜の首を切るからとか登場人物に個性があるからなどと言う話は元々ない。意味的には権力者が正しいと言えばそれが正義で図書隊は悪というのは立場を変えれば同じことなのかもだが、原作では差別用語が使われているから禁書ってことでした。誰がそれを悪と決めるか?政治家か?メディアか?PTAか?〜「ぼくらの七日間戦争」ではないけれども。

既にアニメ化されているこの物語を語るに文句の付けようがないキャスティング。特に栗山千明の演技は素晴らしいです。ルックス的にいえば微笑み王子?な小牧はもっとシュッとしてるイメージですけども堂上、手塚は完璧でしょう。榮倉は笑うと可愛い過ぎかもですが、身長は貫禄十分です。

本を護るに戦闘は図書館しか許されず、相手の弾丸をあえて受けてから攻撃に移る。それは相手を苦しめるのが目的でなく自分の存在を否定する相手と戦うため。あえて殺戮を目的にしない図書隊員は戦いに不利。結局、勝つのは相手が死のうがかたわになろうが(しまった!差別用語だ…)気にしない者が強い。しかしカミツレのハタの下、己の信ずる愛の為に戦う…こんな馬鹿馬鹿しい(とは現在的に言えないのかも?)設定でここまで読者の感情を煽る著者の才能は素晴らしい。ちなみに名前が「浩」なので男と思ってましたが、ヒロと読んで女性だそうです。

投稿者:nabeさん投稿日:2015-07-25 23:12:52
人気コミックの実写版である。
架空の近未来に起きた、本を巡る攻防戦が舞台となっている。国家を挙げての書籍検閲の強化により、書店はほとんど姿を消し、唯一法律で保護されている図書館が砦さながらに生きながらえている。その図書館を守るために自衛隊が組織され、そしてついに図書館に敵軍が攻めてくる・・・という荒唐無稽な設定なのだが、結構ドラマの見せ方が上手いので意外とすんなり入って行ける。ヒロインの成長物語、戦闘シーンといった見せ場が交互に現われて、ダレることなくテンポ良く進むのもイイ感じだ。
戦争映画だと思うとはなはだ緩いが、いわゆるコミック本の実写化だと思えば結構楽しめる。榮倉奈々と岡田准一のペアも適役で、今後のシリーズ化が楽しみだ!
投稿者:dadada投稿日:2014-04-21 19:10:45
弛緩した世界観にウンザリ。ナメるなよ!
投稿者:bond投稿日:2014-03-20 08:30:16
なんで図書館に軍隊必要なのか、そこから無理があるので、全体を通して笑える。子供向けか。
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-11-20 23:20:05
【ネタバレ注意】

これって「内戦状態」だろう。何だこのヌルさは。
武装集団で上官にタメ口の女性隊員(榮倉奈々)。彼女の下手さは、演技以前の問題。
銃で撃つ、撃たれるというリアルな感覚が皆無なのは、「ゲーム」だからいいのか。そんな連中が「表現の自由」を標榜するのか。
原作はコミックみたいなもんだから何てことなくさらっと読めたが、映像化するなら覚悟が必要だ。
こんなヌルい作品とは…。ガクッ。

投稿者:uptail投稿日:2013-10-24 22:44:08
演出:7
演技:6
脚本:6
音響:6
投稿者:ghost-fox投稿日:2013-10-14 22:11:25
【ネタバレ注意】

国家の弾圧に対し国の一機関がクーデターではなく
正規に武装し司法を盾に正当性を主張し公然と交戦するばかりか 
良化隊「悪」図書隊「善」という超単細胞な図式のみで
そこに同じ民族で殺し合う悲劇は微塵も感じられない 
「戦争ごっこ」と少女趣味な恋愛模様を描きたいが為の
デタラメな設定であり原作は未読でも程度の低さは伺える 

投稿者:青セイバー投稿日:2013-05-18 10:32:07
原作未見、事前情報を何も得ずに観てきました。

いやぁ、面白かった。アクション、お笑い、シリアスが絶妙な配合!
特に主演のV6岡田くんの格闘シーンは必見といったところ。
ハリウッドでもイケるんじゃないかと思ってしまった。

それにしても岡田くんと奈々ちゃんのコンビも楽しませてくれたなぁ。
特に序盤の柔道のシーンは思わず噴き出したw
2人を取り巻く登場人物もしっかりキャラが立ってるし、是非続編をお願いしたい。

久しぶりにまた映画館で観たいと思う作品でした。
【レンタル】
 【Blu-ray】図書館戦争レンタル有り
 【DVD】図書館戦争レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 映画 図書館戦争 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,571
10新品:¥ 2,312より   14中古品¥ 122より 

【書籍】
■コミカライズ
【コミック】 図書館戦争 第9巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   35中古品¥ 1より 

【コミック】 図書館戦争 LOVE&WAR 14 (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   18中古品¥ 1より 

【コミック】 図書館戦争 第7巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   37中古品¥ 1より 

【コミック】 図書館戦争 第6巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   50中古品¥ 1より 

【コミック】 図書館戦争 第5巻―LOVE & WAR (花とゆめコミックス)
新品:
2新品:¥ 463より   51中古品¥ 1より 

【ペーパーバック】 図書館戦争 第4巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
3新品:¥ 463より   63中古品¥ 1より 

【ペーパーバック】 図書館戦争 第3巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   50中古品¥ 1より 

【ペーパーバック】 図書館戦争 第2巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
3新品:¥ 463より   75中古品¥ 1より 

【ペーパーバック】 図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)
新品:
3新品:¥ 463より   79中古品¥ 1より 

【コミック】 図書館戦争 第10巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)
新品:
2新品:¥ 463より   32中古品¥ 1より 

■原作
【単行本】 別冊 図書館戦争〈2〉
新品:
2新品:¥ 980より   102中古品¥ 1より 

■コミカライズ
【コミック】 図書館戦争SPITFIRE! (1)
新品:
43中古品¥ 1より 

Amazonで「図書館戦争」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION