allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜(2012)

BEASTS OF THE SOUTHERN WILD

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2013/04/20
ジャンルドラマ/ファンタジー
映倫G
あたしは強くなる
ハッシュパピー バスタブ島の少女 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 5,052
USED価格:¥ 1,800
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 無名の新人監督によるインディ作品ながら、数々の映画賞に輝き、ついにはアカデミー賞でも作品賞を含む4部門にノミネートされた話題のファンタジー・ドラマ。そのアカデミー賞では主役の6歳の少女を演じたクヮヴェンジャネ・ウォレスが史上最年少の主演女優賞候補となり、こちらも大きな注目を集めた。現代社会から取り残されたかのような南部デルタ地帯の“バスタブ島”を舞台に、父とともに極貧生活を送る一人の少女が、自然の猛威に翻弄されながらも過酷な現実を逞しく生き抜く姿を、美しくファンタジックな映像を織り交ぜたマジック・リアリズム的筆致で力強く描き出していく。
 長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ、通称“バスタブ”。自分には動物と会話できる特殊な能力が備わっていると信じる6歳の少女ハッシュパピーは、飲んだくれの父親ウィンクと暮らしながら、バスタブの仲間たちと活気にあふれた毎日を送っていた。その一方で、自然界は繊細な秩序で守られていると考える彼女は、秩序の崩壊によって獰猛な伝説の巨獣オ―ロックスが復活するとの言い伝えに怯えていたのだった。そんな中、100年に一度の大嵐が平和なバスタブに襲いかかろうとしていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-01-10 23:06:53
主人公ハッシュパピーがつつましく父親と暮らす姿が描かれる。
ドキュメンタリータッチのザラザラした映画かと勝手に思っていたが、ファンタジックで美しい映画だった。
正直退屈な場面も多かったのだが、映像が良くてなんとか最後まで観れた。
投稿者:uptail投稿日:2014-11-10 13:02:07
演出:6
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:ghost-fox投稿日:2013-06-19 22:47:32
coexistence
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2013-05-17 21:44:02
【ネタバレ注意】

 これもメチャクチャな手ぶれ画面でドキュメンタリー・タッチを装うが、実は相当にファンタジックな内容だ。巨大なオーロックス(というかイノブタ?)や、唐突な南極の氷山のイメージなど幼いフラッシュバックで可愛らしいのだが、そんな中で回想の中の母親の見せ方や、これも母親のイメージにまつわるが、幻想的な海上の娼館のシーンといった部分は成熟した映画的な呼吸がある。簡単に云えば、すこぶるカッコいい!それにオスカーノミニーのハッシュパピーも、その父親ウィンクも共に映画的な侠気を大いに発散させカッコいい!

 ただ、本作はいかにもミニマルな寓話としてまとまっており、今ひとつ厚みというか深みに欠けるように思う。その要因は時空の限定や尺の問題以上に、焦点の当たっているキャラクターとそうでないキャクターとの差異が著しい部分にあると感じる。例えば、ハッシュパピーと彼女以外の子供たちとの間に会話がない、そもそも他の子供たちのキャラクターが全くと云っていい程描かれていない、といった部分を指している。(だからこそ、より寓話的であるとも云えるのだが。)http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

投稿者:mototencho投稿日:2013-05-06 20:22:49
若者の“今を分かる”感性によって、現在の世界を見せてくれる。地球の変化には人類も加担しているし、“自分のことしか考えられなくなった”大人たちへ苦い良薬となる。批判しても壁に囲まれて暮らしている人々は、態度を硬化させるだけだもんね。絶望的な場面を生き抜く力を備えている、ハッシュパピーのタフで生き生きした姿に元気づけられる。http://mototencho.web.fc2.com/2013/beastoft.html
投稿者:ASH投稿日:2013-04-20 14:04:46
【ネタバレ注意】

 さて、2012年度のオスカー候補で最大のサプライズと言えば、靴メーカーを思い出さずにはいられない邦題の付けられたこの謎の映画。「アルゴ」のベン・アフレックや「ZDT」のキャサリン・ビグローを差し置いて、聞いたこともない名前の監督が候補に挙がり、さらに作品賞、主演女優賞といった主要部門にも挙がったことで俄然、興味が湧いたってわけ。で、実際に観てみると、小粒ながらも胸に染み入る、コレがいい映画なのよ。

 文明社会から切り離されたようなバスタブと呼ばれる小さな島に住む人々。島民たちは決して便利とは言えないその島の中で楽しく暮らしている。そんなある日、島が嵐に襲われたことで殆どが水没してしまい、壊滅的な打撃を受けてしまう。だが、それでも生き残った島民たちはこの島から出て行こうとしない。自分たちが生まれ育った島はだたひとつの故郷であり、何よりもバスタブの外では自由が謳歌できない、ってのがあるのかもしれんが。

 地球温暖化による海面の上昇といった、何やら環境問題に触れているような作りなもんだから、そういったことに警鐘を促す映画とも取れるが、過酷の状況下でも逞しく生きてゆくハッシュパピーの生き様に、この映画のテーマが集約されているような気がする。どんな辛いときでも希望を失わず、守るべきもののために生きなくてはならない。例え、自分たちの生活環境を脅かすオーロックス(牙のある巨大なイノシシ)が迫って来ても。

 観ていてフト思ったのは、な〜んか「風の谷のナウシカ」辺りに似ているような気がすんだよね。ドドドッと迫ってくるオーロックスの群れなんか、モロに王蟲じゃん! インディペンデント系の映画なので世界観に広がりがないのは仕方ないが、小さな女の子にとって、バスタブが世界のすべてなんだと捉えると、自分の周りの環境がガラリと変わるってことは、天と地がひっくり返ることに等しい。ファンタジー的な味付けも、ミニマルな世界を描く上では効果的だったりなんかしてね。

 しかし、ハッシュとその父親が暮らす環境ってのが、ビンボーというよりはホームレスに近いんだが2人はそれでも底抜けに明るい。ハッシュの父親のウィンクは、正直、ロクでなしだと思う。だが、娘のハッシュが逞しく生きてゆくための術を教え込んでいて、ハッシュもまたそれを素直に受け止めている。決していい父娘関係とは言えないが、時に微笑ましいもんだから、悲惨さはあまり感じられない。お上品にナイフでカニをさばくよりも「むさぼれ!!」だもんな。

 あ、な〜るへそ、水没した世界ってのは「ポニョ」ってるわな!

 これにて2012年度オスカー作品賞候補9作品制覇!! 今年度はいつになく豊作で、俺の個人的なオキニは「アルゴ」「パイ」「ZDT」「プレイブック」「ジャンゴ」の5作品。「リンカーン」「ハッシュ」の2作品は、もう一度観ると変わるかもしんない。完成度? だからぁ、んなもん知るかっつーの!!

【ニュース】
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 決戦のゆくえ」が圧勝デビュー2014/12/22
「ハッシュパピー」ヒロイン主演リメイク版ミュージカル「アニー」、最新予告編2014/08/21
「ハッシュパピー」ヒロイン主演リメイク版ミュージカル「アニー」、最新予告編2014/05/28
「ハッシュパピー」ヒロイン主演リメイク版ミュージカル「アニー」、予告編2014/03/06
第39回サターン賞、結果発表2013/07/01
MTV映画賞、結果発表2013/04/15
MTV映画賞、ノミネーション発表2013/03/06
第28回インディペンデント・スピリット賞、結果発表2013/02/25
ミュージカル「アニー」リメイク企画、「ハッシュパピー」のオスカー最年少ノミネート女優を抜擢へ2013/02/25
アカデミー賞、結果発表2013/02/25
第39回サターン賞、ノミネーション発表2013/02/21
英国アカデミー賞、結果発表2013/02/11
アメリカ製作者組合(PGA)賞、結果発表2013/01/28
放送映画批評家協会賞、結果発表2013/01/11
アカデミー賞、ノミネーション発表2013/01/10
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2013/01/10
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション2013/01/07
ロジャー・エバート氏選出、2012年ベスト102012/12/28
ロンドン映画批評家協会賞、ノミネーション2012/12/19
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2012/12/12
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION