allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウルヴァリン:SAMURAI(2013)

THE WOLVERINE

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2013/09/13
ジャンルSF/アクション
映倫G
散ることのないサムライ。
X-MEN 3D2DブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,161
価格:¥ 2,780
USED価格:¥ 2,280
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「X-MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。共演は「007/ダイ・アナザー・デイ」のウィル・ユン・リー。監督は「ニューヨークの恋人」「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。
 カナダの山奥で隠遁生活を送るウルヴァリンことローガンのもとに、彼の旧友でもある日本の大物実業家・矢志田の使者が現われる。余命わずかの矢志田は、命の恩人であるローガンに最後に一目会いたいと願っていた。日本を訪れ、病床の矢志田と再会したローガンだったが、矢志田はまもなく“君の永遠の命を終わらせてあげる”との謎の言葉を残して息を引き取る。その後、葬儀に参列したローガンは、謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出す。執拗な追っ手をかわし、一緒に逃避行を続ける2人はいつしか恋に落ちる。またやがて、戦いの中で、自らの不老不死の肉体を支えていた驚異的な治癒能力が失われていることに気づくローガンだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009)第1作
ウルヴァリン:SAMURAI(2013)第2作
LOGAN/ローガン(2017)第3作
X-メン(2000)オリジナル・シリーズ第1作
X-MEN2(2003)オリジナル・シリーズ第2作
X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006)オリジナル・シリーズ第3作
X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011)シリーズ第1弾
X-MEN:フューチャー&パスト(2014)シリーズ第2弾
X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014)シリーズ第2弾・別バージョン
X-MEN:アポカリプス(2016)シリーズ第3弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:BLADE投稿日:2018-04-23 13:10:06
色々描いたぞ、さて今度は日本かなとばかりになってる感はありますが、日本描写はなかなかシュールでした。
対決物がやや盛り上がりに欠けていたり、戦いに戦いが続く感が飽きを少々感じましたが、まあまあかなという印象です。
https://ameblo.jp/blade-and-nippon-ham
投稿者:ダイス船長投稿日:2017-07-23 16:15:55
新幹線に架線がないのはなぜ?w
一瞬で感電死ですがな

福島リラって何?
そのままで宇宙人ですがな
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-11-14 16:45:03
【ネタバレ注意】

何せ原作がアメコミだし、日本が舞台といってもトンデモ映画なんだろうなと思って観たけれど、意外や意外トンデモ映画であることは確かで突っ込みどころ満載なれど、思ったより楽しめたのだから仕方ない。
それって多分日本側の出演者が「ハラダ」以外は日本人が多かったからかな。真田広之、ハル・ヤマノウチ、TAO、福島リラの日本語が、一応ちゃんと日本語になっていたしね。
矢志田家を守るためにじいちゃんも息子も孫も殺し合うってのはどないやねん、と突っ込んでしまうけど、ま、ストーリーはあってないようなもの。日本といえばヤクザと新幹線とハイテクとガンダムのようなシルバー・サムライと(笑)。
長崎でローガンに助けられた矢志田市朗(山村憲之介/ハル・ヤマノウチ)が、ローガンの不老不死の治癒力を欲しがりながら死んじゃって、すべてが孫娘のマリコ(TAO)に託されることになったから、息子のシンゲン(真田広之)はミュータントの蛇女Dr.グリーン(スヴェトラーナ・コドチェンコワ)と忍者部隊を使ってマリコを誘拐、殺害しようとする…、って実の娘にそこまでするか、って話。ま、いいけど。
葬儀が行われる増上寺では、警護がみな小銃を持っているし(笑)、ヤクザはみなマジ強いし(笑)。
でも田舎の風景はほのぼのして悪くなかったですよ。どうみても路線バスなのに長崎行きの高速バスだったりワケわからんけど。
いずれにせよ派手派手しいアクションがいいからいいんです(いいのか)。

個人的にはユキオ(雪緒)を演じた福島リラが良かったなあ。岸田劉生の『麗子像』のような赤髪なのに「伝統にはうるさい家なの」とか言ってるし(笑)。ちっちゃく見えるけど、実は168cmあるのだとか。真田広之のほうが小さいんちゃうか。ヒュー・ジャクソンが188cmあるから小さく見えるのか。で、TAOも177cmあるんだって。でかい。
日本刀もオリハルコンの短剣みたいでスゴいね。
しかし真田広之もハリウッド進出してこんな作品に出てキャリアアップになるのかなあ。も少し作品選んでもいいのではなかろうか。
あ、でも突っ込みながらも楽しめたのです。バカバカしいといえば、X-メンシリーズはなべてそうなのですから、リアリティを求めたって仕方ない、ってことでしょうね。いいと思いますよ、個人的には。

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2015-11-19 00:37:51
日本が舞台のアクション映画は大体ひどいことになる。
それは大体日本が誤解されていることが原因だが…
本作も例に漏れず、忍者、サムライ、新幹線上でのバトル等々、かなりのトンデモぶりを発揮する。
しかしこれが意外に面白いのだ。

本作は巻き込まれ的に事件に関与することになるウルヴァリンと日本人女性の逃避行がメイン。
驚くことにミュータントがほとんど登場しない。
これまでのX-MENシリーズはミュータントをわんさか出して楽しませるパターンが多かったが、
本作はそれを封印して生身と剣のアクションに徹しているところが素晴らしい。
また、監督の日本オタクぶりが炸裂。
日本の都会から田舎までいろいろな景色を楽しませてくれるし、ラブホテルやパチンコ店も登場するし、
さらには浴衣の着方や箸のウンチクまで飛び出す。これはなかなか面白いぞ。
極め付けは新幹線上でのバトル。最高だ。

クライマックスがやや失速気味で、バトルシーンも単なるぶつかり合いでちょっぴり残念だった。
個人的には最後は剣と剣のカキンカキン!みたいなバトルがあっても良かったと思ってる。
とはいえ、全体的にかなり楽しめた。
監督の日本愛に+1点。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-07-31 16:23:40
【ネタバレ注意】

日本が舞台なので、ついついショーン・コネリーの「007は二度死ぬ」を思い出した。TAOとリラはまるでボンドガールみたいな活躍ぶり。ミュータントでもないのにね!そんで元ボンドガールのファムケ・ヤンセンまで登場して、実は“ボンド映画LOVE”作品だったりして。

投稿者:bond投稿日:2014-07-28 08:27:20
アイディアつきると、日本もの。今さら忍者、サムライっていっても、なんだかなー。やりつくされたネタだなー。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2014-05-06 23:58:14
【ネタバレ注意】

X-MEN:ファイナルディシジョンにおいて「俺にしか出来ない」ウルヴァリンが、問答無用の破壊神、世界唯一のレベル5なジーングレイの暴走を、愛する彼女の命を奪う事で止めた…のだが、どうやら彼は心を病んで放浪生活をしているらしい〜ジーングレイを夢の中で無意識に刺し、必死に血を止めようと焦ります。
そこにかつて一瞬にして都市を消滅させる太陽の如き爆弾が落ちてきた長崎で命を救った日本人が死の淵で会いたがっているという迎えがくる…

野心家な息子(権力者の貫禄は感じれない真田広之)の存在、お家騒動?勃発の予感〜夜中に忍んできた女医(実はミュータント)をローガンが受け入れようとしたことで彼の治癒能力がほぼ消滅するハメになっちまう…そんな彼がヤーサンに撃たれ、ジャッキーチェンですか?って新幹線の上で格闘します。

美人な孫娘との逃避行(青春映画?)も良いが、ゴミ箱?で拾ったユキオの華麗な格闘アクションが秀逸〜いや大河ドラマで知った彼女ですが、茶目っ気たっぷりで現代っ娘?な本作の方が魅力的であるような。

大騒ぎ?の末、能力も戻ってケリを付けた本作のラストで、ファイナルディシジョンにおいて能力を失った筈のマグニトー(チェスは動いた?一時的な効果だったとか)と粉々に砕け散ったチャールズ(病室で復活した?患者の脳を乗っ取ったとか〜しかし…)が全く同じ姿・能力を持つかの如く彼を迎えにくる〜しかも2人は仲間であるかのよう???〜シリーズの続きが観たくなる演出ではあります。

投稿者:TH投稿日:2014-04-18 23:12:31
イイ線行ってるんでないかな。ま、あちらの人は東京(京都だったっけ?)と長崎がどんだけ離れてるか知らないだろうしなー。パチンコ屋は日本文化の特色なんでしょうか。たしか、ブラックレインでも出てたような・・・。ラブホがあちらに紹介されたのは、ギブスンの”あいどる”以来ではないのかな。あ、TAOと福島リラがいーわー。
投稿者:デジゴン投稿日:2014-01-20 05:20:56
あっちの世界は知り得ませんが、
日本の不自然さは無くなりつつあるね。
ミュージシャン含めて映像界がテレビのコメディーに集約する中、世界を股にかけた一流どころがいたんですね。

福島リラに岸田劉生の絵(麗子)が浮かびました。
感涙!感動!TAOと共に新しいジェネレイションに乾杯。

真田君…失礼、真田氏の演出の影に千葉ちゃんも想像できます。サニーとか言ってますけどカリーナなんだよね。
わかるかな?ニュージェネ衆。
投稿者:nabeさん投稿日:2013-11-04 08:06:25
日本で大暴れ!のウルヴァリン第二作である。
東京、長崎と場所が特定できるのはそれぐらいで、大半は怪しげな武家屋敷もどきのアジトと、これまた無国籍な秘密基地が舞台であり、日本といえば定番のヤクザや忍者たちとの戦いにロボットメカやミュータントまで登場して、ウルヴァリンが大暴れする。
それにしても、TAOや福島リラといった無名の個性豊かな美女を発掘して主役に起用するとは本当に脱帽モノである。悪役ミュータントのロシア美女といい、まさにハリウッドの映画づくりのイロハを見せてもらっているようだ。
高速で走る新幹線の屋根で繰り広げられるアクションは、最高にスリリングで手に汗握るが、何故本家本元の日本映画が今までにやらなかったのか不思議でならない。やはりアクション映画はまだまだハリウッドとのレベル差が大きいことにため息が出てしまう。
投稿者:リEガン投稿日:2013-10-07 09:37:15
日本描写の微妙さが随所にあって「007は二度死ぬ」の懐かしさまで伴う珍品アクション。一気呵成に楽しめた。新幹線対決はじめ、ヤクザが皆凄すぎて笑える。福島リラは日本人のようでエキゾチックぷんぷんの存在感。それこそミュータントみたいだった。ユキオ主人公で1本…無理かな。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2013-10-05 15:00:31
監督の日本語へのこだわりから、本作には日本語の会話が続出する。
ラッシュを映画会社に送るときは英語で演じた映像を送っておき、完成版の時点で日本語の映像に差し替えるという策を弄してまで、日本語のシーンを実現したマンゴールド監督に敬服だ。
これぞマーベル・ユニバースのニッポン!

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-444.html
投稿者:なちら投稿日:2013-09-28 19:50:20
ちょっとした楽しみであるS・リー爺ちゃんの出没。
今回は見逃した!ショック!…と思ってたが、そっか、Xメンには今までも出てなかったっけ…。
あせったぜ。

今回のウルヴァリンはさ、目的が無く喪失感に囚われているだけあって、ちょっと引きが弱いね。
オモシロミュータントも出ないし物足りん。
一番凄かったのが、走る新幹線上でウルヴァリンと戦った普通の人間だよ。
しかもただの雑魚だ!
あんだけ頑張られたらミュータントと人間っていう括りが意味なさないね!
投稿者:uptail投稿日:2013-09-18 12:51:34
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:敦煌投稿日:2013-09-17 10:59:44
 スピンオフ第1作にはタイトル(原題・邦題とも)に“X-MEN”が入っていたのに、本作からは消えている。
『ダークナイト』の作り手がタイトルから“バットマン”を消したのと、同種の決意を感じ取るべきだろうか。
投稿者:ASH投稿日:2013-09-14 20:25:48
【ネタバレ注意】

 3D版を鑑賞!! 「ウルヴァリン」スピンオフ第2弾であるこの映画。前作はウルヴァリン誕生篇といったとこだったが、今回は「X-MEN」での活躍のその後を描いている。ってことで、今は亡きジーンがローガンの夢の中に現れては意味深なことを言うのだが、日本人として最大のトピックは、日本で大々的にロケを敢行したってことしょっ!! そのお陰か、前作よりも数段、オモロくなってんだわ。

 ラスト、マグニートとプロフェッサーXの登場には鳥肌が立ったよ! 場内でも席を立たなかった連中からはどよめきが起こったほど。来年公開の「X-MEN」最新作は新旧のメンバーが揃う凄まじいストーリーらしいから、こりゃ、今から愉しみだわな。そういう商魂が「あざとい」ってか? ああ、そうかよ、映画通!

【ニュース】
ヒュー・ジャックマン主演“ウルヴァリン”シリーズ完結編「Logan」、最新予告編2017/01/20
ヒュー・ジャックマン主演“ウルヴァリン”シリーズ完結編「Logan」、予告編2016/10/21
全米興行成績、「プレシャス」監督実録人間ドラマ「Lee Daniels' The Butler」が初登場首位2013/08/19
全米興行成績、「第9地区」監督最新SF「エリジウム」が初登場首位2013/08/12
全米興行成績、D・ワシントン&M・ウォールバーグ共演アクション「2 Guns」が首位2013/08/05
全米興行成績、「ウルヴァリン:SAMURAI」楽々首位デビューも前作超えはならず2013/07/29
全米興行成績、話題騒然のジェームズ・ワン監督最新低予算ホラーが圧勝デビュー2013/07/22
ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」、最新予告編2013/06/13
ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」、最新予告編2013/05/22
ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」、CinemaCon版予告編2013/05/02
ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」、予告編2013/03/28
監督自ら発表した「ウルヴァリン:SAMURAI」に影響を与えた10本2013/03/05
ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン」、ロシア出身女優が参加へ2012/07/20
日本が舞台のヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン2」に真田広之が参加へ2012/07/10
「ウルヴァリン:X−MEN ZERO」続編、最有力監督候補にジェームズ・マンゴールド2011/06/16
全米興行成績、「ウルヴァリン:X−MEN ZERO」が逆風をはねのけ大ヒットデビュー2009/05/04
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】X-MEN 3D・2DブルーレイBOX2018/03/16\5,705amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI <スチールブック仕様/800セット完全数量限定生産>2015/07/15\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI 3D・2Dブルーレイセット2015/07/03\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】X-MEN セレブロ・コレクション <CEREBROヘルメット付/700セット数量限定生産>2014/12/10\24,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】FOX SF 3D・2DブルーレイBOX <初回生産限定>2014/11/05\5,705amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI2014/11/05\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイセット <初回生産限定>2014/05/16\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイ版スチール・ブック仕様 <4000セット数量限定生産>2014/01/08\6,490amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI 4枚組コレクターズ・エディション <初回生産限定>2014/01/08\5,705amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイ&DVD <初回生産限定>2014/01/08\3,990amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルヴァリン:SAMURAI2014/11/05\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI DVDセット <初回生産限定>2014/05/16\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルヴァリン:SAMURAI2014/01/08\3,324amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAIレンタル有り
 【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI 3Dレンタル有り
 【DVD】ウルヴァリン:SAMURAIレンタル有り
【書籍】
■原案
【単行本(ソフトカバー)】 ウルヴァリン (MARVEL)
新品:
1新品:¥ 73,778より   10中古品¥ 1,307より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION