allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒステリア(2011)

HYSTERIA

メディア映画
上映時間100分
製作国イギリス/フランス/ドイツ/ルクセンブルク
公開情報劇場公開(彩プロ)
初公開年月2013/04/20
ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス
映倫PG12
英国ヴィクトリア朝の仰天実話に基づく、
世界初!女性のための“大人のおもちゃ”誕生秘話!!
ヒステリア [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,139
USED価格:¥ 2,100
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 “大人のおもちゃ”として知られる電動バイブレーターが、19世紀末に女性のヒステリーを治療するために発明された医療器具だった、という驚きの実話を背景に描く歴史ヒューマン・コメディ。電動バイブレーターの誕生秘話を、開発者である真面目な医師と進歩的な女性活動家の心の交流を軸にユーモラスなタッチで描き出す。出演は「ルワンダの涙」のヒュー・ダンシーと「クレイジー・ハート」のマギー・ギレンホール。監督はこれが長編3作目の女流監督ターニャ・ウェクスラー。
 19世紀、ヴィクトリア朝最盛期のロンドン。未だ古い迷信がまかり通る医学界では、科学的な先進医療に前向きな若い医師モーティマーはどの病院でも煙たがられてしまい、職場を転々とする日々。そんな中、女性医療の第一人者ダリンプル医師の助手として雇われることに。そこでは、ロンドン中の女性を悩ませている病“ヒステリー”に効果のある特別な“マッサージ治療”が行われ、評判を呼んでいた。そこへきて美男のモーティマーが治療に当たることで、クリニックはますます繁盛していく。そんなモーティマーは、ダリンプルの貞淑な末娘エミリーと惹かれ合う一方、エミリーとは対照的に、女性の自立と解放を目指す進歩的な思想を持つ長女シャーロットからは、マッサージを小手先の治療と非難されてしまう。やがて治療のしすぎで腱鞘炎となり、再び職を失ってしまうモーティマーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2015-12-24 23:28:42
なんだかいまいち面白くなかったなぁ...

物語に深みも奥行きも足りなかった気がする。
マギー・ギレンホール目当てで見ちゃうとガッカリくる映画だよ、これは。

エンドタイトル途中にカタログ的に登場してくる歴代の“器具”が一番興味深かった。
投稿者:サメ石沢投稿日:2015-01-20 00:21:59
アダルトグッズのルーツは、『女性のヒステリーを直す為に発明された
医学用品だった。』と、いう事実を面白おかしいエッチなシーンとおり
まぜて作成された作品かな?と、思いつつ軽い気持ちでDVD「ヒステ
リア」を観た。
映画のキャッチコピーも「100万ボルトのエクスタシー」

確かに、最初に抱いた印象通りに作成されたシーンもいくつかあるのだが、
この 「ヒステリア」は映画としてかなり完成度の高い作品だという事に
すぐに気がついた。 ぼくは映画のラストシーンで感動で涙ぐんでしまった。

この映画の魅力は、マーサージ療法を受ける女性と、それを行う医師との、
ユーモラスなエッチなシーンだけではない。実はお金もうけに走りがちな
医師の父親に何かと批判的で、独自の人生を歩む医師の娘シャーロットの
魅力的なキャラクターにあるとぼくは思う。

シャーロットは、女優マギー・ギレンホールが演じている。
 
マギーはこの映画に出演したおかげで、思わぬ「贈り物」を受け取ることに
なった。「映画を撮影し終えるまでに、ロンドン中のバイブレーターストア
から私のところに、恐らく15本ものバイブレーターが贈られて来たの。
嬉しい喜びだったわ。」と彼女。
映画も面白かったけど、女優マギーのエピソードも面白い

http://samech.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2013-11-27 10:07:36
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:ASH投稿日:2013-05-11 19:03:50
【ネタバレ注意】

 電マ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ヒステリア2013/11/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ヒステリアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION