allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポゼッション(2012)

THE POSSESSION

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ/カナダ
公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月2013/05/25
ジャンルホラー/サスペンス/ミステリー
映倫G
ポゼッション [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 4,568
USED価格:¥ 2,269
amazon.co.jpへ

 Photos
ポゼッションポゼッションポゼッション

【解説】
 「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作で贈る低予算オカルト・ホラー。所有者に災いをもたらす木箱としてアメリカのオークション・サイトで大きな話題となった“ディビュークの箱”をモチーフに、ガレージセールで古い木箱を手に入れた少女とその家族に訪れる戦慄の恐怖を描く。出演はジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、ナターシャ・カリス。監督は「モルグ」のオーレ・ボールネダル。
 妻と離婚したばかりのクライドは、2人の娘たちと週末だけしか一緒に過ごすことができなかった。そんなある日、次女エミリーがガレージセールでアンティークの木箱を気に入り購入する。以来、エミリーはその箱にすっかり夢中になってしまい、時を同じくして人が変わったように暴力的になっていく。原因を調べ始めたクライドは、やがてその箱に秘められた衝撃の事実を知るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:MAKO投稿日:2017-03-14 19:24:04
【ネタバレ注意】

監督のボールネダルって誰よと思ったがあのモルグの監督か!
公開当時、「ものすごく怖いホラー」と宣伝されてましたね。呪われた箱は実在するんだとか。この手のハッタリは乗ったもん勝ちかな。よく出来ているのだが欲を言えば「この映画にしかないウリ」があった方が良かった。ユダヤ教のエクソシズムをもっと掘り下げてみたかったなー。ユダヤ文化ってのはほんと馴染みないものなので。

投稿者:さとせ投稿日:2016-03-17 16:24:03
クライドは2人の娘と一緒に週末だけ過ごしている。
ガレージセールで木箱を買って貰ったエミリーは、その日から何かに憑かれたように人が変わってしまう。
クライドが箱の秘密を調べるとそこにはある秘密が・・・。

実話の映画化らしい。
展開はオカルトにありがちながら演出が良い為、退屈しない。
終盤、名作「エクソシスト」を模範したシーンが出て来るが、現代悪魔はそんなのに構ってくれないのが面白い。
解決したと思いきやあっと驚くラストも見もの。
DVDでの鑑賞だが横長のシネスコと5.1chが更に迫力を増している。
投稿者:namurisu投稿日:2014-07-19 10:25:53
悪魔もん下の上。MRIもビビる体内異変。決着は医療室。娘から父へ憑依パターン。アビズー!(魔封波ー!)
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-06-21 17:47:12
【ネタバレ注意】

美少女に悪魔が憑依するオカルトホラー。「エクソシスト」発祥のこのシリーズ(!?)、法廷サスペンスを取り入れた「エミリーローズ」、フェイクドキュの「ラストエクソシズム」など新味を取り入れ、あの手この手でやってくる。
そして今回はユダヤ教のラビがエクソシストする!家族ぐるみで悪魔と対峙する姿は「ポルターガイスト」に似た感動が。
MRIに写った人影がめちゃくちゃ恐い!

投稿者:bond投稿日:2014-06-13 08:48:00
どこまで本当なのか?ヤバイ箱は現実では行方不明とか。基本、「エクソシスト」のプロット。まあまあ怖い。
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2014-02-28 02:39:59
昨年、2013年に見たホラーの中では『フッテージ』が一番怖かったが、これもなかなかどうして..!!

医学やコンピュータがいくら発達しても、この手の内容はやっぱり怖い。

女の子の名前がエミリーということで、あの『エミリー・ローズ』を思い出させるし、なによりポスターのイメージビジュアルが秀逸だ。

長女役の子、可愛かったなぁ..。今後、注目していこう。


投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2014-02-11 18:03:15
【ネタバレ注意】

実話に基づく。家族の崩壊。娘への憑依。現代医学の無力。俺に乗り移れ!などなど・・・「エクソシスト」をトレースしただけのストーリーって「グリズリー」(森の熊さん版ジョーズ)みたいな映画やね。なんで今更こんなん映画化したんやろ???

投稿者:ASH投稿日:2013-05-25 14:07:17
【ネタバレ注意】

 サム・ライミ率いるゴーストハウス・ピクチャーズは良質なホラー映画を提供してくれるんで侮れない存在だが、つい先日、自身の出世作である「はらわた」のリメイク版が公開されたかと思ったら、またもやあのおっかないロゴ(鍵穴から骸骨が覗く)をスクリーンで観ることになろうとは!! で、本編はと言えば、70年代オカルト映画のエッセンスが炸裂したこれがトンデモない大怪作!! 最も捧げられている映画は「エクソシスト」しょっ!!(またかよ)。

 冒頭、「実話に基づく」というテロップが出る。LAタイムズ紙に掲載された怪記事の映画化とのこと。ガレージセールで見つけた木箱を手にしたばかりに、あどけない少女に悪魔が取り憑き、家族は恐怖の体験をするハメになる!! それにしても、あんな小汚い箱のどこにエミリーは魅了されたかは理解しかねるが、それこそ悪魔の仕業みたいなもんで、純粋な心を持った女の子が手に取る機会を窺っていんたんじゃなないかと。

 箱をめぐる怪現象と言う、半ば都市伝説のような話をお見事にオカルト映画へと転化させている。封印された悪魔が解き放たれ、いたいけな少女に乗り移るというのはこの手の映画ではもはや定番で、新味を求める連中にはなんの目新しさもないが、ひとつだけ新機軸がある。それが何かと言えば、通常、悪魔祓いを執り行うのはキリスト教の神父なのだが、この映画では珍しいことにユダヤ教のラビ(司祭)になってる。てなわけで、言うなればユダヤ教版「エクソシスト」なんよね。

 ただ、そこはそれ、ゴーストハウス作品だけに宗教色が強く格調高いホラー映画になってるわきゃない。見世物精神に溢れた怒涛のクライマックスが用意されているわけだが、この映画、導入部がやたらと長く、テンポが決していいとは言えないので、若干の退屈を催すのは事実。エミリーの体に異変が起き始じめるまでが少し長い。しかし、これは70年代のオカルト映画を意識した作りなのだと好意的に解釈すれば、この展開にも納得したりなんかして。

 両親が離婚して間もないため、精神的に不安定な状況にあることで悪魔につけこまれやすいってのがあったのかもしれない。その辺の説明はされていないが、こういう映画の場合、クドクドと説明しちゃうとかえって台無しになっちゃうことがあるもんね。説明のつかいない方が恐怖感も倍増するってもんだ。

 悪魔に乗り移られたエミリーの豹変ぶりがとにかく怖ぇ! この悪魔、名はアビズーという。文字通り、体内に宿るという恐ろしいヤツなのだ。喉の奥から指先をチロッと出したりと、気色悪ぃ〜ッ!! で、彼女はMRIで検査を受けることなるのだが、その画像に顔が写る!! このドッキリには思わず「こ、怖ぇ〜ッ!!」ってなもんだ。呪いをかけられてしまったママのBFの歯がボロボロと抜け落ちてゆくくだりも、夢に出てきそうな恐ろしさ!!

 ラビによって悪魔祓いが執り行われるのだが、このラビが経験のない若いあんちゃんで、「エクソシスト」のメリン神父のような実績のあるベテランではないってのがまた不安。その不安感を、観客も共有しちゃうってわけよ。クライマックスは「エクソシスト」とほぼ同じで、エミリーの父親のロイドは娘に憑依した悪魔を自分に乗り移らせようと挑発する。ロイドの口からアビズーの手がニュッと出てくるシーンは、やっぱエミリーからじゃないと「看板に偽りあり」じゃん! こういう妥協は、チト興ざめよね。

 監督がデンマーク出身だけに、欧州映画のような冷たい映像がいい感じ。箱を捨てられたエミリーが半狂乱になって街路灯に照らされた夜の町を駆け回るシーンでは、70年代のゴシック系プログレみたいなスコアが流れ、静寂の中にも異様な焦燥感が出ていて観ているコチラも不安になってくる。空撮の俯瞰ショットではカメラをゆ〜っくりと回しているもんだから、前の方の席で見ちゃうと酩酊感に近いヘンな感覚が味わえる。この映像センスは買い!!

 リメイク版「はらわた」では白眼をひん剥くシーンはなかったけど、この映画では出てくる、出てくる! 箱の蓋に付いている鏡に映ったエミリーの顔がドロ〜ッと溶けたように変わってくくだりのおぞましさなんか、もうね…!! 蛾の大群ってのも、なんか粉っぽいから怖いよぉ〜ッ!!

 この映画もスマッシュ・ヒットになったお陰でオカルト映画復興がいよいよ本格的になってきたみたい。この後も「Mama」とか、「The Conjuring」とか、おっかなそうな映画が控えているみたいだし。ちなみに、俺は人体損壊よりも、ドッキリびっくり系の映画が好きなんよ。ビビり屋さんのくせに。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ポゼッション2013/10/02\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ポゼッション2013/10/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ポゼッションレンタル有り
 【DVD】ポゼッションレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION