allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

欲望のバージニア(2012)

LAWLESS

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2013/06/29
ジャンルドラマ/犯罪
映倫R15+
橋を渡れば、
そこに神はいない。
欲望のバージニア Blu-ray
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 8,074
USED価格:¥ 2,229
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 禁酒法時代の米バージニア州を舞台に、密造酒ビジネスで名を馳せた実在の伝説的アウトロー3兄弟と悪徳取締官の壮絶な抗争を描いた犯罪ドラマ。原作は3兄弟の末っ子の孫マット・ボンデュラントが書いた同名小説。出演は3兄弟役にジェイソン・クラーク、トム・ハーディ、シャイア・ラブーフ、対する取締官役にガイ・ピアース。共演にゲイリー・オールドマン、ジェシカ・チャステイン、ミア・ワシコウスカ。監督は「ザ・ロード」のジョン・ヒルコート。
 1931年、バージニア州フランクリン。そこは、禁酒法時代にあって、酒の密造がもっとも盛んな街のひとつ。そんな無法の街で密造酒ビジネスを手がけるのが、ハワードとフォレストのボンデュラント兄弟。2人の弟で末っ子のジャックは牧師の娘バーサにご執心で、自分も早く大きな商売をしたいと野心を燃やしていた。一方、都会から流れてきた謎めいた女マギーが街に現われ、兄弟が経営する酒場で働き始める。そんな中、新たな取締官レイクスがフランクリンに赴任。すると彼は着任早々、密造酒業者に対して高額な賄賂を要求、従わない者には容赦のない制裁を行っていく。同じようにボンデュラント兄弟にも賄賂を要求するフランクリンに対し、決然とこれ拒否をするフォレストだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2017-02-28 23:59:50
デイン・デハーン
投稿者:ローランド投稿日:2015-10-20 10:40:42
  アメリカという文明国で禁酒法などという愚かな法律が13年間も続いていたということに不思議な気がしていたが、その悪法のおかげで利益を得ていた人間が多くいたから続いたのかもしれないなと、そんな思いがするほどに映画に取り上げられる禁酒法は社会を活性化させるための仕掛けだったようにさえ見えるし、現在になっては映画つくりの素材となって大いに貢献しているし、もしかしたら悪法でなかったのかもしれない。 ・・・皮肉です。  

  その密造酒三兄弟の事実上のリーダーで、悪人なりの誇りを大事にし腕っ節は強く冷静になるべき時には感情を押さえて対処できるフォレストの人物造形が良いし、それに絵もサウンドも雰囲気作りも良いのに、マカロニ・ウェスタン並みに物語の粗っぽいところがいまひとつ全体の出来栄えを損なっているようで、悪の組織が手を結んでワルの公権力に立ち向かうというところなどもう少しうまくやればかなりカタルシスを与えてもらえたはずなのに惜しい気がします。  気弱な末弟が復讐心に燃えて・・・という劇的効果を狙ったのだろうけど、あの行動では無鉄砲というよりも頭が悪いのではないかとしか思えない。  

  ワルっぷりが際立っていたガイ・ピアースが突出して印象強いだけで、ギャングのボスのゲイリー・オールドマンなどは平凡で保安官らと同等の個性にしか見えなく、それもあってか最初は人間関係が分かりにくくて混乱したのだけど、洋画の低迷はこのあたりに原因があるのでしょうか。  

  チャールズ・ブロンソンのようにまずは見間違うことはない強い個性は当節流行らないのかなって気もするけど、ラグビーの稲垣啓太選手がいい姿でいい顔をしていて、戦国武将の衣装を着けたらさぞかし見栄えがするのではなかろうかなどと見てました。 日本映画界に旋風を ・・・って、演技力がなさそうだからだめかな。   勝手なことを言ってゴメン。      星の数は6個以上7個未満です。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-10-19 18:38:24
【ネタバレ注意】

無法者とはよく言ったものだ。
密造酒で荒稼ぎするのが無法なのか?それとも密造者からワイロを取り立てる国家権力が無法なのか?
ガイ・ピアースの気色の悪い特別捜査官が、そこら辺のギャングなんかより腹黒で極悪でムカついた!
だから、おのずと三兄弟を応援してしまう。何度も死にかけては生き返る次男坊を演じるトム・ハーディがカッコ良かったね!

投稿者:あーぼう投稿日:2014-08-27 23:33:10
【ネタバレ注意】

予備知識なしで観て、終わってから豪華な出演陣に驚き。
どこかでみたと思っていたのは『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。これまたどこかでみたと思っていたのは『永遠の僕たち』『イノセントガーデン』『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』のミア・ワシコウスカ。最近よく見るけど印象が全部違うのはすごい。男性陣も個性派ぞろい。ラストの銃撃戦以外は簡単に銃を撃たないのは、時代や土地柄のせいなのか分からないが面白い。

投稿者:bond投稿日:2014-07-11 08:35:50
屈しない、3兄弟の戦い。実話なので面白い。ガイ・ピアースが見事な悪役。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-06-23 21:50:17
【ネタバレ注意】

ミア・ワシコウスカ(以下略)。イーライ・ウォラックを連想させるオールドマンの出番が少な過ぎ。ガイ・ピアースも強烈。

投稿者:uptail投稿日:2014-02-18 10:09:19
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:kuro投稿日:2014-01-26 14:16:55
禁酒法時代に密造酒を作って闇で売って生計を立てていたギャングが正義で、それを取り締まる連邦警察の側が悪党として描かれ、立場が逆転しているのが面白いです。
自信家であるが慎重な兄と、無鉄砲な若い弟、対照的な性格で描かれているのも良かったです。
なかなか面白かったですが、他の投稿者も指摘しているように、ラストの後日談は不要でした。
サディスティックな悪人レイクスが死んだところで終わりにして良かったです。
ここが残念。
投稿者:mototencho投稿日:2013-07-05 18:21:55
ジェシカ・チャスティン、ミア・ワシコワスカ二刀流の華にデレデレ。実録B級禁酒法時代劇って感じがピッタリ。http://mototencho.web.fc2.com/2013/lawless.html
投稿者:ASH投稿日:2013-06-30 19:16:55
【ネタバレ注意】

 西部劇でありながらギャング映画。って逆か? まっ、どーでもいっか! それなりにうまくいっていた兄弟の関係が、あることをきっかけとして崩れてゆく。実話をベースにしているとはいえ、なんとも俺好みのプロットだが、ホンを書いたのがあのニック・ケイブと知ってびっくりくり!

投稿者:タオ投稿日:2013-06-21 06:04:02
試写会にて鑑賞。
禁酒法時代のアメリカでの実話だとか。途中まではなかなか良い展開だったのだが、最後の最後になって、爐犬Г犬Г犬А”となってしまう。館内失笑の嵐。最後までシリアスに決めてほしかった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールジョン・ヒルコート 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】欲望のバージニア2013/12/25\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】欲望のバージニア2013/12/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】欲望のバージニアレンタル有り
 【DVD】欲望のバージニアレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 欲望のバージニア オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,592
9新品:¥ 2,130より   2中古品¥ 542より 

【書籍】
■原作
【文庫】 欲望のバージニア (集英社文庫)
新品:
2新品:¥ 1,026より   8中古品¥ 139より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION