allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012)

THE PLACE BEYOND THE PINES

メディア映画
上映時間141分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2013/05/25
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
映倫PG12
それは、愛か罪か――

2013年5月25日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.


 Photos

【解説】
 「ブルーバレンタイン」でコンビを組んだデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングの主演で贈るクライム・ドラマ。ある罪を巡る父親同士の因果が、その息子たちへと引き継がれて展開していくさまを、それぞれに視点を変えた3つの物語で描き出していく。共演はブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ。
 移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各地を巡り、その日暮らしの気ままな生活を送る孤独な天才ライダー、ルーク。ある日、かつての恋人ロミーナと再会した彼は、彼女が自分との子どもを密かに生んでいたことを知り、根無し草生活から足を洗うことを決意する。しかし職探しは上手くいかず、母子を養うために銀行強盗に手を染める。そんなルークを、正義感にあふれる新米警官エイヴリーが追い詰めていく。15年後、何も知らないルークの息子ジェイソンとエイヴリーの息子AJは高校で出会い、すぐに仲良くなるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2018-03-03 21:53:41
ライアン・ゴズリング/デイン・デハーン
投稿者:bond投稿日:2014-08-03 12:35:48
【ネタバレ注意】

2世代に渡る数奇な運命。親が成功しても放蕩息子、普通にいい親でもグレる。子育てて難しい。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-07-28 17:53:00
男たちの哀しい邂逅
投稿者:ASH投稿日:2014-07-19 01:45:24
【ネタバレ注意】

 もう少しマシな邦題、つけりゃいいのに。が、内容は掛け値なしの傑作!!

投稿者:hitomi投稿日:2014-04-22 10:48:32
他の物を借りようとゲオに行ったんだけど、お目当ての作品がなかったので“何か面白そうなのあるかな〜?”って感じで見回してて「レイ・リオッタ」って名前だけで借りた作品。
で、レイ・リオッタがメインな感じかと思ってたら全然見当違いだった( ̄▽ ̄;)
しかも、レイ・リオッタは例の如くスゲー嫌な奴だった( ´;゚;ё;゚;)

けど、これが中々どーして面白かった!
っても、前半のルークが銀行強盗するまでのとこは暗〜〜〜〜い進み具合に“え?コレってずっとこのままこの感じで終わるのか?!”ってちょっと飽きかけてきたところでやっと本題に入って一安心(^ω^)

それからルークがエイヴリーに撃たれて死んだ後のエイヴリーの警官としての生き様や警察内部の悪い風習も結構きわどく描かれてたところも面白かった。

それから15年後、ジェイソンとAJの運命的な出会いも“こういう宿命だったのね”って観てて素直に思える作品だった。
終わり方も二人の息子達の今後を暗示してる様な気配を残してて良かったと思う。

ジェイソン役のデイン・デハーンって多分この作品で初めて見たけど、役者としてイイナ♪って思った。
ちょっと「バスケットボール・ダイアリーズ」の頃のディカプリオを思い出したわ。。。http://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:shinyuijp投稿日:2014-04-06 15:59:47
2時間強で盛りだくさん。
ブラッドリー・クーパーとディーン・デハーンが特に良い、小粒の作品と思って見たがストーリーが骨太で最後まで見せてしまう。一人の男の正義感と野心、若者の父への思いを短い時間でよく描いている。見て損はない!!!
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-03-31 18:37:21
【ネタバレ注意】

三部構成の物語。
第一部は銀行強盗の物語。“ハンサムルーク”演じるライアン・ゴスリングが「ドライブ」のキャラに近い男を演じる。クールで無口なワル、なんか高倉健さん的な寡黙さが魅力なんだよなぁ。
第二部は、“ルーク”を射殺した警官の物語。悪徳警官たちのなかで、政治・野心に目覚めてゆく新米警官をブラッドリー・クーパーが“真面目”に演じる。
第三部は、何の因果か彼らの子供たちの物語。「クロニクル」のデイン・デハーンがやっぱりナイーブな少年を演じて、存在感を放つ。
ラストシーン、バイクで走り去る彼の後ろ姿に熱くなるものがある。

投稿者:uptail投稿日:2014-03-26 09:14:24
演出:8
演技:8
脚本:8
音響:9
投稿者:mototencho投稿日:2014-01-24 06:45:03
バイクの曲芸乗りに扮したライアン・コズリングは久しぶりに男を感じさせる。http://mototencho.web.fc2.com/2013/placebp.html
投稿者:ghost-fox投稿日:2014-01-15 22:45:12
そういう見方もあるのかと感心する
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2014-01-05 01:52:33
あいかわらずライアン・ゴズリングがかっこいい!
無軌道なクライムアクションのようでいて、大河ドラマの風格を備えるところが面白い。
物語の構造がよく練られていて飽きさせない。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-458.html
投稿者:あーぼう投稿日:2013-05-28 11:03:32
ブルーバレンタインの監督という以外、予備知識なく映画館にて鑑賞。

血の繋がった家族、繋がらない家族、そして人の一生。
もっと重く盛り上げることもできたと思うテーマを、さらりと後味よく描いている。逆に物足りない点もそこかも。脇役がみな存在感を発揮し、若手2人も好演。一気にだれることなく観せる。
【レンタル】
 【Blu-ray】プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命レンタル有り
 【DVD】プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION