allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アンコール!!(2012)

SONG FOR MARION
UNFINISHED SONG[米]

メディア映画
上映時間94分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2013/06/28
ジャンルドラマ/音楽/コメディ
映倫G
歌わにゃイカん
理由がれきた。

72歳の大決心。妻のため。
ロックでポップな合唱団で歌うのは、人生初のラブソング!
アンコール!! スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,662
USED価格:¥ 3,290
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「イギリスから来た男」のテレンス・スタンプと「ジュリア」のヴァネッサ・レッドグレーヴという英国を代表する名優2人の共演で、一組の老夫婦の愛と絆を描いた感動ドラマ。気難しい頑固じいさんがある出来事をきっかけに自分の殻を破って新たな人生への一歩を踏み出そうと奮闘する姿と、そんな彼が長年連れ添った妻に贈る不器用にして心震わす愛の形を、ロックやポップスを歌う型破りなシニア合唱団の活動を軸にユーモラスかつ心温まるタッチで綴る。共演は「007/慰めの報酬」のジェマ・アータートン。監督は自分の家族の体験を基に本作を書き上げたという英国の新鋭、ポール・アンドリュー・ウィリアムズ。
 ロンドンに暮らす無口で気難しい頑固老人、アーサー。一緒に暮らす妻のマリオンを心から愛していたが、その気持ちを素直に表現することができず、いつも不機嫌そうにしていた。一方のマリオンは病弱ながら、陽気で社交的。地元のシニア合唱団“年金ズ”にも参加し、人生を謳歌していた。その年金ズの練習に通うマリオンを律儀に送り迎えするアーサーだったが、年甲斐もなくロックやポップスを歌う奇妙な合唱団には面食らうばかりで、決してその楽しげな輪に加わろうとはしなかった。そんなある日、マリオンのガンが再発してしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2014-05-27 08:57:56
「愛アムール」の亜流。夫婦愛が沁みるが、テレンススタンプ 歌はいまいち。
投稿者:hitomi投稿日:2014-05-22 08:46:05
ただコーラス満載の映画なのかなぁ??って思いながらコーラスだらけだったら途中で観るのやめようという気分で観出したんだけど、これが予想に反してかなり良かったので最後まで一気に観てしまった!
つーか、コーラスやミュージカル苦手な人でも充分楽しめる作品だと思うな〜。
ま、若い人にはちょっとこの良さは解らないんじゃないかとも思うけど。。。

話としては頑固オヤジとその周りの人々の絡みで淡々と進んでいくので、これといった盛り上がりには欠けると思うけどシンシンと心に沁みる感じでちょいちょいウルウル(´;ω;`)来ちゃいました。
イギリス制作ってのも良かった感じ。http://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:新生投稿日:2013-12-19 15:42:24
【ネタバレ注意】

イギリス映画は、「ブラス!」「リトルボイス」など歌・音楽による人生の再生劇がとてもうまいです。
それだけ音楽が日常生活に浸透しているのでしょう。

主演は「裸足のイサドラ」「ジュリア」のバネッサ・レッドグレープ、「コレクター」「テオレマ」のテレンス・スタンプと私が若い時から好きな俳優で、この映画でもよく活かされています。
特にレッドグレープは、私生活でもよく自己主張をし、私の関心を引きます。
また、今年76歳になるのに全く整形などしない、皺のある自然のままの容姿がとてもよい。
彼女はこの作品で死期の近づいた病人の役なのだが、身長も体格も立派なので、痩せているテレンス・スタンプに支えられてもどちらが支えられているのか分からないほどです。

レッドグレープ演じるマリオンは、明るく社交的な性格で、近所の老人たちとコーラスを歌うことを生きがいにしています。
それに対し、スタンプ演じる亭主のアーサーは偏屈で頑固。その性格はコーラスの老人たちも受け付けず、息子との親子関係も最悪にしている。

この老人たちのコーラスが実に面白い!
なんとハードロックで歌の題名も「Let\'s talk about sex」と破格の歌とスタイルでコンクールの優勝を目指します。
マリオンが途中で「True Colors」(最近、シンディーローパーが歌っていたのを聞いた)を歌うシーンがありますがこれは心に沁み、泣けます。

「アンコール!!」は、実にイギリス映画らしく日常生活をリアルに細かく描いています。
例えば、マリオンが倒れて病院に入院しているシーンがありますが、病室が10人位の大部屋で両隣、向かいが一枚のカーテンだけで仕切られており、とても狭い。
普通の映画は、病室のシーンはいつも個室で現実感がない。
この映画を観て、ロンドンでも庶民の生活は日本と同じなんだと変に感心させられました。

この作品は、偏狭な性格のアーサーが歌を通して変化していく様を描いているので、アーサーの方が出番は多いのですが、主演はマリオンだと思います。

それはマリオンの歌への思い、人生への思い、そして愛する夫への思いが全編にわたって描かれているから・・・

投稿者:ビリジョ投稿日:2013-07-11 10:06:07
【ネタバレ注意】

 テンポよく且つオーソドックスに進む展開は悪くないが。

 2大名優が少しもったいないと感じた。もう少し意地悪く、もう少し仲が悪く、もう少し感動的に、もう少しモーターヘッドに出来なかったかどうか。

 前半のヘビメタやヒップホップの雰囲気は徐々に薄らいでいき、はまるべき所にはまっていったという印象。

 弾け方が足りないという感想だった。

投稿者:ASH投稿日:2013-07-02 22:10:07
【ネタバレ注意】

 ついこの間、ジジババたちがが四重唱で再起を図る「カルテット!」とかいう「話は凡庸」な映画があったけど、まぁ〜た似たようなお話なのかなぁ〜、と思ったら、まあ、当たらずしも遠からずって感じだわな。「カルテット!」と同様、「話は凡庸」。しかし、俺は「凡庸」が悪いことだとはこれっぽっちも思ったことはねぇんだけどな。

 ただ、コチラはジジィがひとりで、しかも底意地の悪いギャグがあったりで、比べることはお門違いなのは承知の上だが、俺はコッチの方がオモロかったわ。歌うのがクラシックではなく、ロックやポップスってのもその一因だがな。それに、コーチがあのジェマ・アータトンだもん。そりゃ、通いたくもなるわさ。

 俺の中では、マギー・スミスとバネッサ・レッドグレーブって、結構、カブるんだよな(問題発言!!)。

【レンタル】
 【Blu-ray】アンコール!!レンタル有り
 【DVD】アンコール!!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION