allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スノーピアサー(2013)

SNOWPIERCER

メディア映画
上映時間125分
製作国韓国/アメリカ/フランス
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド=KADOKAWA)
初公開年月2014/02/07
ジャンルSF/サスペンス/ドラマ
映倫PG12
前を進め。
世界を変えろ。
スノーピアサーBlu-ray
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,080
USED価格:¥ 1,058
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 フランスの大ヒット・コミックを基に、「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督が、「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスを始め、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・ハート、エド・ハリスなどワールドワイドな豪華俳優陣をキャストに迎えて贈るSF大作。寒冷化によって人類の大半が死滅した終末的未来世界を舞台に、全生存者を乗せて走り続ける列車の中で形成された激烈な階級社会のありさまと、やがて勃発する凄絶な反乱の行方を描き出す。
 2014年、人類は急速に進行する温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施。しかしそれは予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。やがて人類を含めほとんどの生物は死に絶え、17年後の2031年、“スノーピアサー”と呼ばれる列車の中で生活する乗客たちだけが人類のすべてとなっていた。その列車は永久機関のエンジンを積み、1度も止まることなく1年をかけて地球を1周する“走る箱舟”。その前方車両では富裕層が優雅に暮らす一方、後方車両に押し込められた貧困層は劣悪な環境で虐げられ、忍従の日々を送っていた。そんな中、最後尾に乗るカーティスが革命に立ち上がり、反乱軍を率いて前方車両へと侵攻していくが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2016-01-15 23:37:52
元々実写化は無理な内容、アニメにすべきだった。プロデューサーがアホだったんだろう。ポン・ジュノをもってしても無理なものは無理。
投稿者:nedved投稿日:2015-07-16 23:49:14
クリス・エヴァンス
投稿者:きらきら投稿日:2015-02-22 17:47:07
地球温暖化を防止するためにばらまいた物質のために、
人類のほとんどが滅び、残った人間が列車に乗り込み、延々と走り続ける、
それが舞台、と同時に、作品の設定になっています。

つまり列車内=世界ということになるのですが、
この世界観が最後尾は最低層、先頭部は支配者層、という紋切り型。
権力を転覆させるために最後尾が謎の支配者を倒すために先頭部に向かって……というのが物語のベースです。
が、う〜ん、なんだろう……また「謎=X」を求めてのお話で、ちょっと古臭すぎるような感じがします。
致命的なのは、この映画を製作している側が古臭いことに無自覚なことです。

わざわざ世界そのものを列車内にする必要があったのかどうかわかりませんが、むりに「世界を救いたがっている」ようにしか見えないのです。
「権力者=神」めいた表現も、う〜ん、なんだかおとぎ話みたいですね。
投稿者:nununu投稿日:2015-01-02 12:19:42
筋書きは典型的なよくある話。
CGで表現した雪の世界と疾走感が意外とよかった。
内容は無いに等しいので、役者も全部CGで間に合わせることができそう。
それでもやはり観たことを後悔した。
投稿者:bond投稿日:2014-12-16 08:36:34
原作は知らないが、よくある凍った終末世界観。えたひにん の一揆。まあまあ楽しめるがコリア人必要なの?
投稿者:namurisu投稿日:2014-12-12 14:36:48
全世界の無秩序を堆積して、雪国マンガは荒唐無稽のレールの上を駆けて、オチでスベる。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-07-31 23:25:26
「殺人の追憶」「グエムル」のポン・ジュノ監督。韓国映画の世界でインパクトの強い映画を連発!そんなポン・ジュノが英語劇で国際デビュー。
この映画、「マトリックス」や「トゥモローワールド」に似た衝動にかられた。
絶望の中にある一筋の希望というか・・・
ちょっと“哲学”入ってますみたいなところとか。
監督の盟友ソン・ガンホもちゃんと出てるのが、うれしい!
まるで、ジャンピエールジュネ作品の“ロン・パールマン”か、ギジェルモデルトロ作品の“ロン・パールマン”だ!
投稿者:DEVILWING投稿日:2014-06-18 23:27:39
【ネタバレ注意】

(英語音声・字幕なしの)飛行機の中で見たので、大体の内容しかわかっておらず、帰国後に即レンタルした。

「首相」のクソババア(凄く演技達者な女優さんなので、イヤな役を演じていますがトンネルのシーンで垣間見られるように実は美人です)の「もう一役」がまだ判らん。

先頭車両→後部車両との設定に於いて、階級社会を今までの映画のように階層的に捉えるのではない点に、面白みがあるように受け止めた。

突き詰めて考えると、17年間持つハズのない物資が多く、突っ込みどころは多い。展開の速さでそれを考える隙を与えないのだと受け止めた。

半島の人が映画を作る際に日本を馬鹿にするのは判っているが、この程度の表現なら監督の底が知れる。警備スタッフ等に日本を反映したつもりだろうが、白人には分かるまいw
寿司のシーンは言うに及ばず。

投稿者:なちら投稿日:2014-03-25 01:10:59
P・ジュノの映画は初めてだけど、面白そうなネタなので好意的に思ってたよ。

けどさ、韓国人が差別的な目で見ていると聞く黒人に、
日本の食文化を代表する寿司を握らせている場面で嫌な気分になった。
あー、これ見て韓国人同士でウケてんだろなー、って。
「人はそれぞれ持ち場がある」ああ、そうですか。

P・ジュノ初体験は、ちょっと嫌な気持ちで終わったな…。
投稿者:クリモフ投稿日:2014-02-17 22:57:56
もう、ホント何でも撮れるんだな、この人は。というポン・ジュノの印象。
奇想天外なSFマインドくすぐられる設定に、ハマった役者、予想外の真実に現代社会への毒、と非常に良く出来た作品でした。シリアスで絶望的なのに緩急をつけるコミカルなシーンも上手く、「たいまつ」など単純にアガるところもわきまえています。
また、マトリックスシリーズが描けなかった事をさらっとやっちゃってるのは流石。煙に巻く展開に出来たのに、しっかり落ちをつける度胸も凄い。
と、ここまでべた褒めしておいてなんですが、ちょっと巧過ぎてひっかかるとうか、なんか上手いことやった感がすこしあるのが個人的には少し気になりました。
多少イビツでもガツンと訴えかける一振りみたいな方が題材には合っている印象、クールすぎるのか。まぁこりゃ単に好みの問題かもしれません。
こんなBOMBになりそうな企画を纏め上げた手腕は流石の一言。
投稿者:uptail投稿日:2014-02-08 10:40:42
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:ASH投稿日:2014-02-07 22:11:54
【ネタバレ注意】

 明日は関東甲信越でも大雪になる可能性があるってことで、雪でどこへも出かけられなくなる前にサッサと観ておこうと思い立ちイソイソと出向いたわけだが、格差社会の暗喩を列車の車輌に見立てたアイデアがイカしてやがる。最後尾には貧困層がひしめき合い、前方車両には富裕層が優雅に暮らす。しかもそうすることで、バランスが保たれている世界。こんなアイデアを思い付くコリアン、スゲェよ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞ティルダ・スウィントン 
 □ 美術賞Beatrice Brentnerova 
  オンドレイ・ネクヴァシール 
 □ SF/ホラー映画賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】スノーピアサー2015/07/17\2,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スノーピアサー2014/06/27\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】スノーピアサー2015/07/17\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】スノーピアサー2014/06/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】スノーピアサーレンタル有り
 【DVD】スノーピアサーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION