allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

もうひとりの息子(2012)

LE FILS DE L'AUTRE
THE OTHER SON

メディア映画
上映時間101分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ムヴィオラ)
初公開年月2013/10/19
ジャンルドラマ
母さん、
僕は「敵」ですか?
「息子」ですか?
もうひとりの息子 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,100
USED価格:¥ 711
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 いまなお根深い対立が続くイスラエルとパレスチナの問題を背景に、それぞれの家族の間で子どもの取り違え事件が発生したら、という衝撃的な題材で描き出す感動の家族ドラマ。子どもの誕生から18年目にあまりにも残酷な事実を突きつけられた憎しみ合う2つの家族の動揺と、幾多の葛藤を重ねながら辿る選択への道のりをリアルな筆致で描き出す。監督は本作が長編3作目となるフランス人女性、ロレーヌ・レヴィ。2012年の東京国際映画祭では、みごとグランプリと最優秀監督賞の2冠に輝いた。
 テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人家族の18歳になる息子ヨセフ。ある日、兵役検査で両親の実の子ではないことが判明する。18年前、湾岸戦争の混乱の中、病院で別の赤ん坊と取り違えられていたのだ。しかも相手は高い壁の向こうに暮らすパレスチナ人夫婦の息子ヤシンだった。最初は事実を受け止めきれず激しく動揺するヨセフとヤシン、そしてそれぞれの家族たちだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2014-08-04 13:07:24
実際にこういった事例が多々あるわけだけど、その悲劇はどのケースの場合も深刻だ。この作品の場合は、父と母、母と息子、父と息子、イスラエルとパレスチナといった対立する境遇と構成の中に置かれた人間関係、その葛藤を軸に展開するストーリーだ。見どころは母と父、息子たちが血と愛、憎しみといった狭間の中で苦悩する場面だ。認めがたい怖れをそれぞれの父が見せ、いち早く認め赦したのは母だった。この脚本は次第に家族たちそれぞれの心の中に踏み入っていく。そう、もうひとりの息子も替えがたい家族の一員なのだと悟る、後半の視点こそヒューマンで胸打たれた。ある家族の軌跡を丁寧に描いた秀作だ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-06-12 00:41:21
【ネタバレ注意】

たまたま同じ時期に公開された『そして父になる』(是枝裕和監督、13年)と同じ、乳児の取り違えの発覚に翻弄される家族を描いた作品。だが、この作品では、現代も解決できない国際問題にまで踏み込んでいるのが決定的に異なるところ。

パレスチナ人とイスラエルのユダヤ人との赤ちゃんの取り違え。
20歳までそれぞれ何も疑問を抱かずに生きてきた青年が、いわば先天的には「敵」だったことを知った衝撃。それは本人にとってはアイデンティティの危機であり、家族にとっても能力を超えた問題だ。
しかし互いの家族を知るに従い、どちらも愛情豊かに息子を育んできたことを知り、気持ちが変わっていく。
単なる「敵」ではなくなっていく。

もちろん事はそう簡単ではないだろう。
しかし「個」のレベルでは尊重し合い、愛し合える関係が、どうして国や宗教を挟むと対立し、憎しみあってしまうのか。
重い命題を二つの家族が巧演。
憎しみを煽る言説が普通にまかり通る現代にこそ、この作品は意味がある。
佳作だ。

投稿者:kuro投稿日:2014-01-30 21:19:19
母親の子に対する愛情は、やはり父親とは違う、男は理屈で納得できないと愛せないが、女は理屈なしで愛せます。
周囲の様々な偏見と警戒を乗り越えて、家族愛は民族愛を超えるものであることを描いています。
この二家族の在りかたを通して、イスラエルとパレスチナの対立だけでない、世界中で起きている民族や国家の対立も、各人が広い心を持てば解決できない対立は無いことを教えてくれます。
すばらしい映画でした。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2013-11-17 08:19:42
注目すべきは、これがフランス人監督の手によるフランス映画だということだ。
フランス、イスラエル、パレスチナのスタッフをまとめ上げ、現実には難しいユダヤ人とパレスチナ人の交流を描くことができたのも、ロレーヌ・レヴィ監督がユダヤ系フランス人だからだろう。
作品の題材に国境はない。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-449.html
投稿者:mototencho投稿日:2013-11-08 19:40:19
こんなに優れた感動作に賞をあげられる映画祭ってエライ、と思ったら東京国際映画祭だそう。行ったことないけれど、イスラエルやパレスチナに遠慮しないで選出できるのは我が国ならでは。映画のお祭りでも世界平和に貢献できる。http://mototencho.web.fc2.com/2013/otherson.html
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 東京サクラグランプリロレーヌレヴィ 
 ■ 最優秀監督賞ロレーヌレヴィ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】もうひとりの息子2014/09/03\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION