allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

死霊館(2013)

THE CONJURING

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2013/10/11
ジャンルホラー
映倫PG12
“心霊現象の大半は科学的に解明できる”
と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一
100%本物と認めた事件。
死霊館 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,349
USED価格:¥ 972
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。エドとロレーヌのウォーレン夫妻は、数々の心霊現象を解決してきたゴーストハンター。そんな夫妻のもとに、ある日ひとつの相談が持ち込まれる。それは、ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が不気味な怪現象に悩まされているというもの。さっそく現地へと向い、調査を開始する夫妻だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
死霊館(2013)第1作
アナベル 死霊館の人形(2014)スピンオフ
死霊館 エンフィールド事件(2016)第2作
死霊館のシスター(2018)スピンオフ第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2019-01-14 04:33:21
「ポルターガイスト」は割と子供でも見れる映画だったが、こちらは本気で作っていて割と怖い。
終盤は少しやりすぎ感もあるが、中盤までは抑えた演出で恐怖の煽り方が上手い。
なかなかよくできていた。
投稿者:あーぼう投稿日:2016-01-25 16:12:17
雰囲気のある1970年代という設定がよい。霊・悪魔の姿をはっきりみせないのもよい(徐々に姿をあらわすが)。家族を守る戦いの物語にしたのもアメリカっぽくて好きな人は好きだろう。前半ややスローな展開ながら後半は怒涛のアクション映画化。ソウの監督作ということで派手な映画になるかと危惧したが、少なくとも中盤までは抑えた演出で楽しめた。ウォーレン夫妻の家まで魔の手がのびるのはやりすぎ。
投稿者:タミー投稿日:2015-06-29 13:13:44
最近マイブームなホラー映画の入り口となってくれた作品。

縦の構造を活かすのが上手いワン監督の手腕発揮で古屋敷が地獄の舞台となるぞ。

心霊現象ハンターが主役ってことで、悪役の死霊が主人公が過去に扱った(捕らえた)霊とコラボする展開は夢の共演的な魅力があってよかった。

ラストの包丁持った女が子供のいる場所に向かって全力疾走という心霊感は弱いが、ホラーとしてはめっちゃ怖い展開も冷や汗モン。
その後の伏線回収は感涙。

撃ち尽くした感のあるホラー映画の中ではずば抜けた一品。

投稿者:MAKO投稿日:2014-12-23 23:35:15
【ネタバレ注意】

これはなかなか面白かった。

緊張感とテンポと恐怖がまさに「いい塩梅」で
最後まで見させてくれる。

オールド・アメリカンな登場人物たちの服装や
家の内装、雰囲気もよい。

おどろおどろしいホラーながら、ストーリーの
芯となっている家族愛と、かわいい子役たちも
本作の良さだと思う。

ぜひお勧めしたい一本。

投稿者:nedved投稿日:2014-09-09 23:36:44
ヴェラ・ファーミガ
投稿者:nightwing投稿日:2014-08-29 23:12:14
【ネタバレ注意】

個人的には「インシディアス」が全然ダメだったが、これは結構いい。
純然たるオカルトなテーマに正統派の演出を施した本格恐怖映画だ。
70年代を意識した仕上がりも好感が持てる。

暗闇にマッチ一本の明かり・・・・
地下室に裸電球一個の明かり・・・・・・で魅せる恐怖演出は
有りがちながらドキドキする。
子供たちの可愛さが炸裂するラストと不気味なエンドロールの対比も味がある。

タンス(?)から飛び降りてくる悪魔の描写は必要なかったと思う・・。

投稿者:bond投稿日:2014-08-24 12:36:23
重厚感があって、ワッと脅かせる稚拙な手段もなく、しっかりとしたプロットで淡々と進行すると共に、恐怖感も増していく。実話という事で最後に本当の写真もあり、観終わった後も重い余韻が残る。なかなかの良作ホラー。怖かった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-08-23 01:28:26
今思うと「エクソシスト」は偉大な作品だったのかな。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-08-22 23:12:00
【ネタバレ注意】

70年代のオカルトブームが再燃したかのような勢いで、次々と新作が作られている“エクソシスト”系統ホラー。
「ポゼッション」「ラストエクソシズム」などの記憶もメチャクチャ新しい。
ホラー好きとしては、片っ端から観ちゃうので差別化がヒジョーに難しいのだ。

「死霊館」が特にスゲーなと感心したのは、70年代の雰囲気を最大限に生かしたところ。「エクソシスト」だ「オーメン」だ!忘れちゃいけない「エンティティー」だ!あの頃の雰囲気が息づいている。
しかも、「悪魔の棲む家」で有名な“アミティビル事件”の前フリまで!

ジェームズ・ワン監督は「インシディアス」といい、ホラーを極めてらっしゃる。

投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2014-08-18 23:20:46
【ネタバレ注意】

久々の本格ホラーって感じでなかなか見応えあり。悪魔祓いときたら70年代臭プンプンだもんね。こーゆーの待ってたのよ。続編に期待大!

投稿者:McQueeeeeN投稿日:2014-05-11 02:25:44
『フッテージ』も怖かったけど、これもかなり怖いなぁ..。
家族を想うリリ・テイラーの母親ぶりに最後は泣けてしまった...。
ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソンもハマリ役だったと思う...。
女の子たちもみんな可愛く好印象。
投稿者:投稿日:2014-03-22 10:37:43
どうも自分には悪魔系の話は怖く感じられないらしい。結局冒頭のエピソードが一番面白かったし、音で脅かされる以上の恐怖は全くなかった

ウォーレン夫妻も専門家にしては色々不手際が目立つし(既に取り憑いてるって分かったら普通隔離するし、あんな部屋に鍵をかけずに娘が普通に入れるとか意味が分からない)、最後も「え、こんなんで終わりでいいの?」って感じだし

遠く離れた家のロッキングチェアを吹っ飛ばす力まであったのに、憑り代から離れたらもう何もできないってそういうもんなの?実話って言ったって別に一から十まで本当に起こった事の訳はないんで、だったら実際と違っても魔法陣か護符なんかでばっちり封じてもらわないと
投稿者:uptail投稿日:2014-03-19 09:08:56
演出:8
演技:8
脚本:8
音響:8
投稿者:namurisu投稿日:2014-02-06 15:53:54
恐怖のアベンジャーズ。久々のリアルな悪魔祓い映画。照明馬鹿ホラーがはびこる中、良質な実話。ドキッは2回。
投稿者:U★mUzo投稿日:2013-10-12 00:38:08
実話の映画化。

これは怖かった。

しかし、見せ方はオーソドックス。
「来るぞ、来るぞ」っていうところで来るし、
意外なところで驚いて「あーーーーーーーーーっ!」って
叫ぶような箇所もない。

ではなぜ怖かったのか?と言えば
ヴェラとリリの演技に信憑性と厚みがあったから。
「実話の映画化」ということに真実味を持たせる仕事だった。

こんなことあったらたまんないなぁ・・・
でも、あるかも・・・と思わせた表現力に拍手。

冷静に考えて、一生懸命貯めたお金でやっと買ったマイホームに
霊が取り憑いていたら・・・と思うとゾッとする。

ワンはそのうちアカデミー賞を取るような作品を作れるかも知れない。
人間ドラマを撮る才能がありそう。
http://ameblo.jp/t1r2m3/
投稿者:ASH投稿日:2013-10-11 19:10:37
【ネタバレ注意】

 こ、怖ぇ〜ッ!! その怖さは「ディアス」の1.5倍!! ビビり屋さんは上映終了後、グッタリすること請け合い。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2013-09-09 22:28:00
【ネタバレ注意】

本当に人形好きですね。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ SF/ホラー映画賞 
□ 恐怖演技賞ヴェラ・ファーミガ 
【ニュース】
全米興行成績、ジェームズ・ワン製作ホラー「ラ・ヨローナ 〜泣く女〜」が好スタート2019/04/23
全米興行成績、DC原作ヒーロー・アクション「シャザム!」がV22019/04/15
全米興行成績、「クレイジー・リッチ!」がV3の快挙2018/09/03
「死霊館」シリーズ・スピンオフ・ホラー「The Nun」、ティーザー・トレーラー2018/06/14
全米興行成績、スティーヴン・キング原作「The Dark Tower」がほろ苦首位デビュー2017/08/07
「アナベル 死霊館の人形」続編ホラー「Annabelle: Creation」、最新予告編2017/06/21
「アナベル 死霊館の人形」続編ホラー「Annabelle: Creation」、予告編2017/04/03
全米興行成績、シリーズ第3弾「スター・トレック BEYOND」が初登場1位2016/07/25
ジェームズ・ワン製作最新ホラー「ライト/オフ」、最新予告編2016/06/27
ジェームズ・ワン監督ホラー「死霊館」続編、予告編2016/03/28
ジェームズ・ワン製作最新ホラー「Lights Out」、予告編2016/03/28
ジェームズ・ワン監督最新ホラー「死霊館2」、ティーザー・トレーラー2016/01/08
「ワイルド・スピード7」のジェームズ・ワン、DCコミック原作「アクアマン」を監督へ2015/06/04
「ワイルド・スピード」シリーズ第7弾「ワイルド・スピード SKY MISSION」、最新予告編2015/02/06
ジェームズ・ワン製作ホラー「Demonic」、予告編2015/01/06
「ワイルド・スピード」シリーズ第7弾「Furious 7」、予告編2014/11/04
全米興行成績、D・フィンチャー監督「ゴーン・ガール」が「Annabelle」との激戦を制し首位2014/10/06
全米興行成績、デンゼル・ワシントン主演アクション「イコライザー」が大ヒット・スタート2014/09/29
大ヒット・ホラー「死霊館」スピンオフ作品「Annabelle」、予告編2014/08/22
大ヒット・ホラー「死霊館」スピンオフ作品「Annabelle」、ティーザー・トレーラー2014/07/18
エンパイア映画賞、結果発表2014/03/31
エンパイア映画賞、ノミネーション2014/02/25
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 竜に奪われた王国」がV32013/12/30
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
クエンティン・タランティーノ監督がお気に入り映画2013暫定トップ10を発表2013/10/07
全米興行成績、ジェームズ・ワン監督ホラー「インシディアス2」が圧勝デビュー2013/09/17
「マッハ!」のトニー・ジャー、「ワイルド・スピード7」でついにハリウッド・デビューへ2013/08/26
全米興行成績、「第9地区」監督最新SF「エリジウム」が初登場首位2013/08/12
全米興行成績、D・ワシントン&M・ウォールバーグ共演アクション「2 Guns」が首位2013/08/05
ジェームズ・ワン監督最新ホラー「インシディアス2」、最新予告編2013/07/30
全米興行成績、「ウルヴァリン:SAMURAI」楽々首位デビューも前作超えはならず2013/07/29
全米興行成績、話題騒然のジェームズ・ワン監督最新低予算ホラーが圧勝デビュー2013/07/22
全米興行成績、「怪盗グルーのミニオン危機一発」が強力新作陣を抑えV22013/07/16
「ソウ」監督ホラー「The Conjuring」、最新予告編2013/06/28
「ソウ」監督ホラー「The Conjuring」、最新予告編2013/04/03
「ソウ」監督最新ホラー「The Conjuring」、予告編2013/02/28
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】死霊館2014/09/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】死霊館 ブルーレイ&DVDセット2014/02/05\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】死霊館2014/11/05\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】死霊館レンタル有り
 【DVD】死霊館レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION