allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013)

THE WORLD'S END

メディア映画
上映時間109分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(シンカ=パルコ)
初公開年月2014/04/12
ジャンルSF/コメディ/パニック
映倫PG12
自由のために
飲んで戦え!!
ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,324
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのゴールデン・トリオが、前2作と合わせて3部作の完結編という位置づけで贈るSFアクション・コメディ。幼なじみの冴えないボンクラ中年男5人が、故郷の町でおバカなパブ巡りを敢行する中で、想像を絶する大騒動に巻き込まれていくさまを、往年のSF映画へのオマージュ満載に描く。
 イギリス郊外の町ニュートン・ヘイヴン。ここに、いまや冴えない中年オヤジに成り下がったゲイリーらかつての悪友5人組が集結する。目的はただ一つ。学生時代に果たせなかった“パブ・クロール(パブのハシゴ呑み)”を今度こそ完遂すること。こうして5人は、ゴールとなる“ワールズ・エンド”という店を目指し、一晩で12軒のパブを巡る過酷な挑戦を開始する。そんな中、町では思いもよらぬ事態が静かに進行していたのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-03 21:53:50
後半クドい。もっとスッキリした方が良い。
投稿者:bond投稿日:2015-04-25 23:17:36
終盤まではそこそこのノリで引っ張るが肝心のラストが無理にこじつけっぽい。あそこまでして呑み続けるのも無理がある。
投稿者:nedved投稿日:2015-04-24 23:41:35
サイモン・ペッグ
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-10-11 12:49:45
【ネタバレ注意】

第一作「ショーンオブザデッド」がゾンビ映画への愛、第二作「ホットファズ」が刑事映画。そして第三作「ワールズエンド」は地球侵略映画をトリビュートしてる!

元ネタは「ボディスナッチャー」とか「ゼイリブ」「光る眼」あたりの往年の名作SF。それと、呑んべえには堪らない“はしご酒”がミックスされた異色の組み合わせ。オッサンたちが若さとりもどして、バカやってんのが羨ましい!

“地球最後の攻防”が酔っぱらいの与太話ってのがイギリス的ユーモア。「銀河ヒッチハイクガイド」みたいに皮肉が効いてて面白い!

「ホットファズ」にはティモシーダルトン、「ワールズエンド」にはピアースブロスナンとボンド役者を配役するあたりも粋なはからい。
番外編?「宇宙人ポール」もオススメ!


投稿者:ASH投稿日:2014-05-02 23:13:51
【ネタバレ注意】

 サイモン&ニックとエドガー・ライト監督によるゴールデン・トリオの第3弾!! 相変わらずボンクラ指数が全開なもんだから、成熟した大人の映画通には「つまらない」ことこの上ないシロモノなのは間違いないが、いつまでも青春時代を引きずってるような青臭い感性が心のどこかに残ってたりすると、コレが愉しく観られちゃうんだから不思議だわな。精神年齢の低さ、ここに極まり、ってなもんだな。

 基本的に、この3人が組む映画ってのはジャンル映画への極端なまでの愛と、それを踏まえた上でのリミックス感覚とでも言えばいいのか、要は1からアイデアを捻り出すのではなく、悪い言い方をしちゃえば「人の褌で相撲を取る」タイプなんだと思う。その狙い加減がツボにハマると愉しいのだが、かえってそれが鼻につくという連中がいるのも分かる。今やオタク系映画作家が増えたお陰で、この手の映画がやたらと目につくもんな。

 で、俺は、幸か不幸かツボにハマる側のクチ。なもんだから、いい歳こいたボンクラどもがワイワイとやってるのを観るだけでも愉しいという、このサイトでは明らかな少数派。学生時代に成し遂げられなかったパブ巡りを、20年経って再びやり遂げようと無駄な行為に及ぶ中年男たち。そんなことやって何になる? 12軒のハシゴ酒なんて、百害あって一利なしだぜ。でも、やるんだよ。なぜって、そこにパブがあるから!!

 と、中年男たちが飲んだくれてるだけのお話だったのが、4軒目辺りから違うジャンルの映画へと転調してゆく。小さな田舎町、ニュートン・ヘイブンはどうやら謎の侵略者たちによって乗っ取られているようなのだ。何の前フリもなしにイキナリSF映画へとなる展開に、初めは強烈な「違和感」を覚えるが、ライト監督お得意の高速カッティング(と、勝手に命名)のお陰で、コチラもノセられてしまう。何が何だかわかんないけど、とりあえずついていこう、と。

 「光る眼」Meets「ボディ・スナッチャー」。一応、侵略者たちの目的はそれなりに明かされてはいるけれど、実のところあんま重要じゃないような気がする。五銃士のリーダー格で、ゴールデン・マイルの言いだしっぺであるゲイリーは、この社会に馴染めないでいるダメ人間。酒を飲み、仲間と騒いで自由を謳歌していたいだけ。それが叶うのならば、こんな生きづらい世界、滅んじまえばいい。そんな彼の秘められた願望が、侵略者によって実現する!! ひとりのボンクラのために、世界が終っちまうなんて!

 ゲイリーにとって生きづらい世界が終わったことで、本来の自分らしさを取り戻してゆく。他の4人の内の2人も、世界が終ったことで望み通りの人生を取り戻すことになる。現代社会ってのは、本来の人間性を失わせるもんなんかねぇ。確かに、俺も仕事詰めで自分の時間がなくなってくると、こんな世の中、ぶっ壊れちまえばいいと思うこと、あるもんな(って、危ねぇなぁ)。

 さて、今回はサイモン&ニックのコンビに英国映画界を代表する中堅どこ3人が加わってだいぶ賑やかになったが、基本はやはりこの2人。何が何でもゴールデン・マイルを貫徹しようとするゲイリーを制止するアンディ。でも、結局はゲイリーのバカにアンデイは引っ張られる。あんなに飲んで、あんなに走ったら、酔いが急速に回るような気もするが、ま、日本人よりはアルコール耐性があるんだろうから。

 英国が舞台だけに、90年代に青春時代を過ごした連中が聴いていた音楽ってのがブリット・ポップ勢。スープ・ドラゴンズやハッピー・マンデーズなんて、アメリカ映画で使われることはまずないわな。そんな中、ドアーズの「アラバマ・ソング」の歌詞が映画の内容とピッタリと一致するのには驚いたわ。エンド・クレジットにはハウスマーティンズの「ハッピー・アワー」ってのも、ナイスな選曲。

 ロザムンド・パイク、いなくてもお話が成立しちゃうが、華は必要なんよね。ロザムンドが英国映画に出るのはお久?

 ※「5人は多すぎ」→5人じゃなきゃいけない意味がちゃ〜んとあるんだっちゅ〜の!

投稿者:vegirama投稿日:2014-04-25 15:26:07
つまらない

投稿者:クリモフ投稿日:2014-04-17 11:48:16
「ホット・ファズ」同様、テンポの良い編集でサクサク見れるし、サイモン&ニックを見てるだけでも飽きませんが、ちょっと今回の5人は多すぎ。主演二人以外があまりにも印象に残らないのは少し残念です。
確かに、面白い作品なのですが、後半シリアスに振れるのが、伏線だとしてもあまり好みではなく、最後の展開はいくらなんでもやり過ぎ。英国の日常と異常事態の絶妙なバランスという持ち味が崩れてしまったような気がします。
愉快な掛け合いや映画へのリスペクトが伝わってくる反面、作品としてのバランスが悪い感じに。
ロザムンド・パイクはこういう作品にも出る所が好感を持てますね。鼻に付かない知的美人。ブロスナンも好演。この人ボンドじゃない方が良い。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2013-09-15 21:31:53
【ネタバレ注意】

カーペンター製作・監督絡みのとある2作品と、何度も映画化されている有名SFがバックボーン。
邦題通りに「酔っぱらいが世界を救う!」かどうかは別として、エドガー・ライト監督新作としての期待は裏切られない。 痛快。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ コメディ映画賞 
 □ コメディ映画男優賞サイモン・ペッグ 
【ニュース】
全米興行成績、人気アニメ第3弾「怪盗グルーのミニオン大脱走」が大ヒット・スタート2017/07/03
エドガー・ライト監督クライム・アクション「Baby Driver」、最新予告編2017/06/02
エドガー・ライト監督クライム・アクション「Baby Driver」、最新予告編2017/04/12
エドガー・ライト監督最新アクション「Baby Driver」、予告編2017/03/13
サイモン・ペッグ&レイク・ベル共演ラブコメディ「Man Up」、最新予告編2015/10/02
サイモン・ペッグ&レイク・ベル共演ラブコメディ「Man Up」、予告編2015/03/23
サイモン・ペッグ主演クライム・コメディ「Kill Me Three Times」、レッドバンド・トレーラー2015/02/20
サイモン・ペッグ主演クライム・コメディ「Kill Me Three Times」、予告編2014/12/12
エドガー・ライト監督、2014年の映画トップ10を発表2014/12/02
エンパイア映画賞、結果発表2014/03/31
エンパイア映画賞、ノミネーション2014/02/25
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
全米興行成績、モーガン・スパーロック監督「ワン・ダイレクション THIS IS US」が初登場首位2013/09/02
全米興行成績、リー・ダニエルズ監督×フォレスト・ウィテカー主演ドラマ「The Butler」がV22013/08/26
全米興行成績、「プレシャス」監督実録人間ドラマ「Lee Daniels' The Butler」が初登場首位2013/08/19
「ホットファズ」監督・主演トリオ最新コメディ「The World's End」、最新予告編2013/06/20
「ホットファズ」監督・主演トリオ最新コメディ「The World's End」、予告編2013/05/23
「ホットファズ」監督・主演トリオ最新コメディ「The World's End」、特報2013/05/09
エドガー・ライト&サイモン・ペッグ、コンビ第3作がいよいよ始動か2009/03/31
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION