allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アナと雪の女王(2013)

FROZEN

メディア映画 Anime
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2014/03/14
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル
映倫G
凍った世界を救うのは――真実の愛。
アナと雪の女王 MovieNEX プラス 3D [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,480
価格:¥ 8,400
USED価格:¥ 8,399
amazon.co.jpへ

 Photos
アナと雪の女王アナと雪の女王アナと雪の女王

【クレジット】
監督:クリス・バック
ジェニファー・リー
製作:ピーター・デル・ヴェッチョ
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:アンデルセン
『雪の女王』
脚本:ジェニファー・リー
音楽:クリストフ・ベック
主題歌:イディナ・メンゼル
『Let It Go』
主題歌作曲:ロバート・ロペス
『Let It Go』
主題歌作詞:クリステン・アンダーソン=ロペス
『Let It Go』
主題歌(日本語吹
替版):
May J.
『Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)』
声の出演:クリステン・ベルアナ
イディナ・メンゼル雪の女王/エルサ
ジョナサン・グロフクリストフ
ジョシュ・ギャッドオラフ
サンティノ・フォンタナハンス
アラン・テュディックウェーゼルトン公爵
キアラン・ハインズパビー
クリス・ウィリアムズオーケン
声の出演(日本語
吹替版):
神田沙也加アナ
松たか子雪の女王/エルサ
原慎一郎クリストフ
ピエール瀧オラフ
津田英佑ハンス
多田野曜平ウェーゼルトン公爵
安崎求パビー
【解説】
 アンデルセンの『雪の女王』をモチーフに描くディズニー製作3Dファンタジー・アニメ。本国アメリカではディズニー・アニメ史上最高となる空前の大ヒットを記録、アカデミー賞でもみごと長編アニメーション賞と主題歌賞の2冠に輝いた。王家の美しい姉妹を主人公に、雪の女王となってしまった姉エルサとそんな姉と王国を救うために冒険の旅に出た妹アナの運命を描く。監督は「サーフズ・アップ」のクリス・バックと「シュガー・ラッシュ」の脚本家で本作の脚本も手がけたジェニファー・リー。また、初期ミッキーマウス作品と最新CG映像を融合させた遊び心満載の3D短編「ミッキーのミニー救出大作戦」を同時上映。
 アレンデール王国の王女姉妹エルサとアナ。幼い頃は大の仲良しだった2人だが、姉エルサには触れたものを凍らせてしまう魔法の力があった。ある時、その禁断の力がアナを危険にさらしてしまい、責任を感じたエルサは魔法を封印し部屋に閉じこもってしまう。しかし月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、エルサは王位を継がなければならなくなる。美しく成長した彼女は、新女王として戴冠式に臨むが、力を制御できずに、真夏の王国を冬に変えてしまう。エルサは城から逃亡し、雪山に氷の城を築いて“雪の女王”となり、氷の世界でそれまで抑え込んでいた本来の自分を解放していく。エルサが心を閉ざしてしまった理由を知ったアナは、大好きな姉と王国の危機を救うため、危険をかえりみず雪山の奥深くへと旅立つ。
<allcinema>
【関連作品】
ミッキーのミニー救出大作戦(2013)併映短編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2014-07-23 22:58:18
  館内で合唱が起こるのだそうだけど、これまでのこういうものの中では比較的に質の高い音楽を、家庭でも親子で合唱するなんてとても微笑ましいことですね。 観てもいないでものを言ってすまんけど、いいことだなって思ったもので。   

  それにしてもサイバラマフィアは相変わらず面白いね。アナ ・・・って、ここに書いてはいけないか。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2014-07-19 16:02:06
【ネタバレ注意】

まず映像の素晴らしさは抜群で、息をのむほど。音楽も「Let it go」はじめ聴きやすい曲が多い。内容は、非常にシンプルで親子共々楽しめるのがいい。(尤もハンスが悪役だったのには、ちょっと騙されたが・・・。^^;) そのあたりが大ヒットの要因と思われる。

ラストでアナを救うのが、クリストフではなくエルサの姉妹愛というのが、これまでにはない新機軸とのこと。この点とエルサがありのままに生きると歌っている点について、この作品には同性愛というテーマが隠されていると穿った見方をしている人たちがいるようだが、そこまで深読みせずともいいと思う。(笑)

邦題が「アナと雪の女王」となっているが、これはアンデルセンのカイとゲルダが主人公の「雪の女王」の内容を知っている人からすると、少し違和感があるかもしれない。なぜなら、本作はアンデルセンの「雪の女王」にヒントは得ているものの、ストーリーは全く違うオリジナルなものだからだ。ただ、原題の「FROZEN」だと、子供向きではないのも確か。

いずれにしても、大人から子供まで楽しめるアニメであり、アカデミー賞受賞も肯ける作品である。

投稿者:黒美君彦投稿日:2014-06-17 01:21:49
【ネタバレ注意】

ディズニーアニメもここまで完成度が高いとただただ感服。
キャラクターはライヴアクションによるというのはよく知られているが、雪や氷のイメージはどのように作り上げたのだろう。しかも音楽に合わせて…。手塚治虫が生きていたらどう評価しただろう。
私が観たのは吹き替え3D版だったが、完成度は本当に高いと思う。

雪の女王といえば悪役と相場が決まっていたが、この作品ではその先入観を見事にひっくり返してみせる。
自らの人生を切り拓く姉妹の「強さ」が描かれる。
オラフがユニークで、人気が出るのもわかる。
ディズニーここにあり、を強く感じさせた作品だった。

吹き替えの歌が高い評価を得ているが、エンディングのMay J.の歌はいちいちブレスが漏れるのが気になったなあ。

投稿者:ピースケ投稿日:2014-04-29 20:50:53
エルサが主人公で彼女の能力や悩みをメインにしたらもっと面白くなりそうなのに。
真実の愛のオチのためには姉妹設定が必要なのか。うーん。
投稿者:nabeさん投稿日:2014-04-13 02:40:33
ディズニーのオスカー受賞作である。
アナとエルサの王女姉妹を中心に話は進む。二人の表情が本当に豊かで魅力的だ。特にアナは、こんな女優が本当にいたら凄い!と思わせるくらいキュートで可愛い。
全体を通して古典的なお姫様ストーリーを忠実にたどっているので、観ていて違和感なく素直に楽しめる。ミュージカル仕立てなので、まさにディズニーワールド全開だ。
アナの魔法を解くのが王子様のキスだと思わせておいて、ラストで意外な展開になるのも今風な点だろう。ディズニーは本当に新しいキャラクター作りが上手だと思う。
日本の至宝であるジブリアニメがいまだ従来のセル画方式なのに対し、すでにディズニーはCGをアニメと認知させてしまった。この点で、本作は歴史的な作品になるのかもしれない。
投稿者:マーサ19投稿日:2014-03-30 12:57:07
ディズニーランドは興味ないのですが(すいません)、
アニメや映画は好きです!

これはとても良かった。
だから皆に勧めています。

ミュージカルなども好きな私は、
とにかくイディナメンデスの歌に感動〜!

調べてみたら、海外ドラマ、グリーに何回か出てた人。
グリーも3まで見ましたが、この作品の中の出演者で一番うまいな〜と思ってた人でした。
外国の舞台女優は誰も知らないから忘れていたけど〜。

このディズニーの美しい映像で、大きな音響の中で聴くと
とてもいいです!

是非洋楽好きの大人の方は、字幕で見てくださいね。
私は日本の歌も聴きましたが、イディナメンデスが好みです。
申し訳ないが、違います。

話しもいい話なので、見る価値あります。
もっとも女性が好きでしょうね。
投稿者:ノブ投稿日:2014-03-23 17:49:16
【ネタバレ注意】

「アナと雪の女王」(監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 102分)
前座のミッキーマウスのアニメがかなり面白かった(スクリーンから飛び出してくると白黒からカラーの3D映像になり、飛び出してくる効果を強めたり、シーンを回転させたり逆戻ししたりというアニメならではのギャグを入れたり。動きやギャグがアニメでしか出来ないものが多く、単純に観ていて楽しかった)。
本編
話の内容は、何でも凍らせてしまう姉の雪の女王エルサと妹アナの姉妹の絆。
子供の頃エルサとアナがエルサの魔法で雪で遊んだり、尖った氷柱が迫ってきたり、噴水の水が凍ったり、海の水がエルサが足をつけた所だけ凍ってエルサが海の上を走って逃げたり、海がフィヨルドになったり、エルサが魔法の力を開放して歌いながら氷の城を築いたり、酷く吹雪いたりする雪のシーンはバリエーションも多様で、観ていて綺麗だったり、迫力があったり、面白かった。
ソリに乗ったアナとクリストフが狼に追われるシーンとアナとクリストフとオラフが雪の巨人に追われるシーンは、追われて最後は崖に落ちそうになる(実際落ちる)と演出が被っていたし、スピード感はあるものの短く淡白で、アニメならではの動きやギャグを入れるという「遊び心」がほとんどなかったので、観ていてあまり面白さが無かった。
クリストフがアナを助ける為トナカイに乗って戻るシーンは、スピード感や、吹雪いている中巨大な木造の廃船が崩れかかってきたり、海の氷が割れて海に落ちそうになったりと迫力もあったが、結局アナは凍ってしまいクリストフは間に合わず、オチが肩透かしだったのがボク的には残念だった。
最後の「真実の愛」も、アナとクリストフの男女の愛ではなく、急に横から出てきたエルサとアナの姉妹愛だったのもボク的には肩透かしで、後味が悪かった。
全般的に
全編溢れる音楽や歌、雪のシーンの綺麗さや迫力や面白さは楽しめたが、雪の上を滑ったり走ったりするスピード感のあるシーンにアニメならではの動きやギャグがなく淡白だったのがとても残念だった。雪を活かしたアニメならではの動きの面白さがもっとあれば、もっと面白い作品になっただろうとボク的には思えた。しかし人の為を思う「真実の愛」は氷をも溶かすというメッセージも良かったし、ソコソコは楽しめた作品(でもボク的にはアニメならではの動きやギャグを多用していた前座のミッキーマウスのアニメの方が、本編より断然面白く感じたけれど)。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:常さん投稿日:2014-03-22 07:57:29
 上映時間の関係で吹替版になりましたが、松さんのエルサの歌が素晴らしい。ストレートな全力投球という感じですが、映像ともマッチしてとても引き込まれました。予告編で英語版の歌声もすこし聞いていますが、それに迫るほどの迫力がありました。日本人は英語がよほど堪能な方以外はどうしても字幕に目がいってしまいます。吹替版はその煩わしさが無い代わりに英語版の台詞や迫力のニュアンスが無くなってしまう場合もよくあります。この作品ではアニメであるため違和感が少なく、ミュージカルであるので歌声のすばらしさでとてもすてきな作品になっているように思いました。ディズニーの王子様の常識を裏切るストーリーも面白いですね。
投稿者:ASH投稿日:2014-03-15 23:26:40
【ネタバレ注意】

 全米興収$4億突破間近!! 何がそんなに受けたのか分からんが、ここ最近のディズニーが絶好調なことを証明する、実にディズニー映画らしさに溢れたトンデモない傑作!! とはいえ、ディズニー・プリンセスものを好んで観ることがないような連中には無用の長物なので、「話題になってるから」という消極的な理由で観ると痛い目に遭うぜ。余計なお世話だけどミュージカル・アレルギーも要注意な。

 ここんとこ毎年(2012年は除く)3月になると日本ではディズニー・プリンセスものが封切られるのが定番になったわな。まあ、去年の「シュガー」は厳密にはプリンセスものとは言えないかもしれんが、変種ということで仲間入り。で、今回の「アナ雪」はアンデルセン童話をモチーフに、プリンセスを2人も据えた大盤振る舞い(?)。禁断のパワーをもつ姉のエルザを、妹のアナが救う。氷に閉ざされた世界を溶かすのが「愛の力」ってのも実に「らしい」。

投稿者:ringoringo投稿日:2014-03-14 17:09:56
【ネタバレ注意】

圧巻の映像美。雪の描写は感動します。*´∀`(人´∀`*))

イディナ・メンゼルが歌う主題歌は素晴らしすぎます!!.φ(。・ω・。 )

物語も分かり易い展開でテンポもよくて、引き込まれます!!♪(´ε`*)

吹き替え版も観たくなりました!(*´ノ∀`)<<

投稿者:カール犬投稿日:2014-03-06 13:35:04
【ネタバレ注意】

雪や氷や吹雪の映像は美しくその質感や表現力は素晴らしかった。

ストーリーはいつものディズニー節で如何ともしがたい。
『雪の女王』をこうも変形させるとか相変わらずディズニーらしい仕事だね。

基本的にディズニ〜HAPPINESS♪への耐性があまりないので、
また明るくてポジティブで歌うお姫様だようぎゃ〜って感じだったけれど、
この作品は楽曲の完成度が非常に優れていたので楽しめた。

でも引きこもりでネガティブで特殊能力を持て余す姉姫をメインにした方が、
作品としてはるかに面白いものが仕上がったんじゃないの?とは思ったよ。
ディズニーに、路線外の、ないモノねだりをしてもしょうがないんだけどね。

それにしても、真実の愛だ愛だと山場ですよ的に山男を走らせておいて、
あの瞬間そっち行く?行けるの?どんだけ近いトコにいたんだよ(驚)

わかるよダブルヒロインにしている以上、オチは姉妹愛しかないってことは。
でもこのあまりにもあまりな純然たる自己犠牲というウルトラCに、
ああディズニー映画見ちまったなぁ〜。って感想。

あとこの作品の日本公開時期が3月も中盤じゃなくて、
アメリカと同じウィンターシーズンの方が絶対に良かったのに。
それが惜しいというか、春先なんてどう考えても間が抜けてる。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-03-04 16:22:07
【ネタバレ注意】

オスカーにクリステン・ベルが来ていて、それで声優やってるの知り鑑賞。
「ヴェロニカ・マーズ」のカラオケ場面で歌はヤバいのかと思っていた。

投稿者:hide投稿日:2014-03-01 02:55:35
もともとディズニーもCGアニメもノーサンキューだったんだけど、たまたま観た『塔の上のラプンツェル』が素晴らしい出来で、これならありか、と思って今回も鑑賞に臨んだんだけど……
段違いの出来にガックリ。
まず脚本が弱い、というより致命傷。
無駄なシーンが多くテンポが悪いし、人物造型がお粗末すぎる。
内容スカスカだから、あとは他がいくら頑張っても空回りするだけ。
タイトルどおり“frozen”シーンが見所だけのC級映画。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 歌曲賞ロバート・ロペス “Let It Go”(曲/詞)
  クリステン・アンダーソン=ロペス 
 ■ 長編アニメ賞 
□ 歌曲賞クリステン・アンダーソン=ロペス “Let It Go”(詞/曲)
  ロバート・ロペス 
 ■ アニメーション作品賞 
■ 長編アニメ賞 
■ 歌曲賞クリステン・アンダーソン=ロペス “Let It Go”
  ロバート・ロペス 
 ■ 長編アニメ賞 
【ニュース】
全米興行成績、ウェス・アンダーソン監督コメディが歴代最高アベレージでトップテン入り2014/03/17
全米興行成績、歴史スペクタクル「300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜」が初登場1位2014/03/10
アカデミー賞、結果発表2014/03/03
全米興行成績、リーアム・ニーソン主演アクションが初登場首位2014/03/03
全米興行成績、「LEGO(R)ムービー」が怒濤の快進撃でV32014/02/24
英国アカデミー(BAFTA)賞、結果発表2014/02/17
全米興行成績、絶好調「LEGO(R)ムービー」が新作陣を寄せ付けず圧勝V22014/02/17
全米興行成績、3Dアニメ「LEGO(R)ムービー」がメガヒット・デビュー2014/02/10
全米興行成績、アイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演コメディがV32014/02/03
全米興行成績、アイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演コメディがV22014/01/27
アメリカ製作者組合(PGA)賞、結果発表2014/01/20
全米興行成績、アイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演コメディが大ヒット・スタート2014/01/20
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
アカデミー賞、ノミネーション発表2014/01/16
全米興行成績、マーク・ウォールバーグ主演ドラマ「ローン・サバイバー」が首位2014/01/13
ゴールデン・グローブ賞、結果発表2014/01/13
英国アカデミー(BAFTA)賞、ノミネーション発表2014/01/09
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション2014/01/06
全米興行成績、ディズニー・アニメ「アナと雪の女王」が首位返り咲き2014/01/06
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 竜に奪われた王国」がV32013/12/30
全米興行成績、ピーター・ジャクソン監督「ホビット 竜に奪われた王国」が首位を死守2013/12/23
オンライン映画批評家協会賞、結果発表2013/12/17
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
全米興行成績、「ホビット」シリーズ第2弾「竜に奪われた王国」が圧勝デビュー2013/12/16
第71回ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2013/12/13
オンライン映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/10
全米興行成績、ディズニー・アニメ「アナと雪の女王」が首位浮上2013/12/09
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム2」V2&「アナと雪の女王」も大ヒット・スタート2013/12/02
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム2」が歴代4位の好成績でメガヒット・スタート2013/11/25
第86回アカデミー賞長編アニメーション部門の1次候補が明らかに2013/11/06
ディズニー最新アニメ「アナと雪の女王」、最新予告編2013/10/21
ディズニー最新アニメ「アナと雪の女王」、フル・トレーラー2013/09/27
ディズニー最新アニメ「Frozen」、ティーザー・トレーラー2013/06/19
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】アナと雪の女王レンタル有り
 【DVD】アナと雪の女王レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Heartful Song Covers (ALBUM+DVD)
新品:¥ 3,780
18新品:¥ 3,100より   27中古品¥ 2,281より 

【CD】 Heartful Song Covers
新品:¥ 3,024
19新品:¥ 2,600より   20中古品¥ 1,701より 

【CD】 アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック「英語版」
新品:¥ 2,700
30新品:¥ 2,240より   65中古品¥ 870より 

【CD】 アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)
新品:¥ 3,780
59新品:¥ 3,285より   41中古品¥ 2,699より 

【書籍】
■原作
【大型本】 雪の女王―七つの話からできている物語 (世界傑作童話シリーズ)
新品:¥ 1,728
11中古品¥ 2,238より 

【単行本】 雪の女王―アンデルセン童話集 (文研児童読書館)
新品:¥ 933
0中古品より 

【文庫】 雪の女王―アンデルセンの童話〈3〉 (福音館文庫 物語)
新品:¥ 918
1新品:¥ 918より   9中古品¥ 350より 

【単行本】 雪の女王 アンデルセン童話集(1)
新品:¥ 1,993
1新品:¥ 1,993より   4中古品¥ 1,448より 

【大型本】 雪の女王 (アンデルセンの童話 3)
新品:¥ 4,320
1新品:¥ 4,320より   15中古品¥ 1,055より 

【大型本】 雪の女王 (いわさきちひろ画紙芝居選)
新品:¥ 2,160
1新品:¥ 2,160より   3中古品¥ 1,512より 

【単行本】 雪の女王
新品:¥ 1,080
1新品:¥ 1,080より   3中古品¥ 714より 

【大型本】 雪の女王
新品:¥ 1,620
1新品:¥ 1,620より   5中古品¥ 943より 

【大型本】 雪の女王
新品:¥ 1,620
4中古品¥ 343より 

【新書】 アンデルセン童話集〈2〉雪の女王 (講談社 青い鳥文庫)
新品:¥ 619
3中古品¥ 100より 

■ノベライズ
【単行本(ソフトカバー)】 ディズニームービーブック アナと雪の女王 (ディズニーストーリーブック)
新品:¥ 950
1新品:¥ 950より   27中古品¥ 297より 

■映像関連書籍
【ハードカバー】 アナと雪の女王 角川アニメ絵本
新品:¥ 1,728
2新品:¥ 1,728より   18中古品¥ 1,192より 

【単行本】 ディズニー アナと雪の女王 ビジュアルガイド
新品:¥ 1,296
2新品:¥ 1,296より   28中古品¥ 759より 

【単行本】 ディズニー アナと雪の女王 エルサの氷のおはなし アナの愛のおはなし (ディズニー物語絵本)
新品:¥ 1,296
1新品:¥ 1,296より   13中古品¥ 979より 

【単行本】 アナと雪の女王 (ディズニー物語絵本)
新品:¥ 864
2新品:¥ 864より   32中古品¥ 522より 

【ムック】 アナと雪の女王 (ディズニーゴールド絵本)
新品:¥ 486
1新品:¥ 486より   19中古品¥ 440より 

【ムック】 アナと雪の女王 (ディズニーブックス) (新ディズニー名作コレクション(雑誌))
新品:¥ 540
1新品:¥ 540より   14中古品¥ 280より 

【単行本】 アナと雪の女王 (ディズニー・ゴールデン・コレクション)
新品:¥ 432
1新品:¥ 432より   21中古品¥ 170より 

Amazonで「アナと雪の女王」を更に検索する
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION