allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

あなたを抱きしめる日まで(2013)

PHILOMENA

メディア映画
上映時間98分
製作国フランス/イギリス
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2014/03/15
ジャンルドラマ
映倫G
それは、人生を取り戻す旅

あなたを抱きしめる日まで

(C)2012 PHILOMENA LIMED, PATHE PRODUTIONS, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RESERVED.


 Photos

【解説】
 「危険な関係」「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督が「ヘンダーソン夫人の贈り物」のジュディ・デンチを再び主演に迎え、18歳で未婚の母となり、幼い息子と強制的に引き離されてしまった女性フィロミナ・リーの奇跡の実話を基に描くヒューマン・ドラマ。50年近くも前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナが辿る衝撃の旅路を、ユーモアを織り交ぜつつ感動的に描き出す。フィロミナの息子捜しを手伝うことになったジャーナリストで本作の原作者でもあるマーティン・シックススミス役は「80デイズ」「ナイト ミュージアム」のスティーヴ・クーガン。彼はジェフ・ポープとともに脚本も手がけ、英国アカデミー賞やヴェネチア国際映画祭で脚本賞を獲得するとともに、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の映画賞や映画祭で脚本賞にノミネートされた。
 イギリスに暮らす敬虔な主婦フィロミナ。ある日、彼女は娘のジェーンにある秘密を打ち明ける。50年前のアイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは、家を追い出され修道院に入れられる。そして男の子アンソニーを出産したフィロミナだったが、彼が3歳になると無理やり養子に出されてしまう。以来、片時もアンソニーのことを忘れたことはない。年老いた彼女は、どうしてもひと目我が子に会いたいとの思いが高まっていた。それを聞いたジェーンは落ち目の元エリート記者マーティンに話を持ちかける。マーティンはジャーナリストとしての再起を期してこの話を受けることに。こうして、信心深くて平凡な田舎の主婦フィロミナと無神論者でインテリ紳士のマーティン、という対照的な2人によるアンソニー捜しの旅が始まるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
マグダレンの祈り(2002)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-07-25 16:44:54
私はデンチのようには、きっとなれない。
それは宗教の違いなのか、
年齢なのか。
私はまだまだ修行が足りないようです。https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2014-04-20
投稿者:ローランド投稿日:2015-11-29 08:56:03
  他の宗教でこれほどやったら穏やかには済まないだろうなって思うくらいにキリスト教の暗黒面を告発するような映画が多くあるのは、寛容というか叩かれても仕方ない暗い歴史があったことを認めているってことなのか、この作品も、妊娠中絶を否定するのは狆ι吻瓩魍諒櫃垢襪燭瓩任蓮とか、シスターの犲分らは純潔を守って神に仕えている、ふしだらな人間には罰を与えて当然瓩箸慮世い屬鵑法己に出来ない楽しそうなことをしている奴には我慢ならんということを、大義名分をつけて悪しざまに言い募る俗界にありふれたヒステリーを臭わしたりで、宗教に付きまとう偽善という言葉を強く意識させる作風になっている。  

  でも、手際よく無駄を省いてテンポ良く物語が進んで行き主役の二人も含めて良い意味で軽さがあり、沈鬱で深い訴えかけのある物語を短時間作品に仕上げて重圧感なく気軽に観賞させてくれまして、エンドクレジットに流れる厳かながら安らぎを感じさせるサウンドに身をゆだねながら、エンドロールが終了するまで観ているのは久しぶりだ、二時間以上という決まりでもあるかのように無駄に長くしている作品ばかりが多いせいかな?だなんて考えてました。   

  日本語のタイトルが批判されているけど、売れるようにと考えた下手な小細工が逆に足を引っ張ってますね。
投稿者:bond投稿日:2015-04-15 20:59:54
実話だったのか。宗教の名のもとに弱きを挫く悪質。クーガン いい味出してた。ジーンと心に沁みる。
投稿者:いまそのとき投稿日:2015-02-13 13:26:59
歴史の闇をミステリー仕立で開封する。実話ドラマだが優れた脚色で見応えある。存在感で魅せるジュディ・デンチ。対するスティーヴ・クーガン。渋いキャラクター二人。絶品のコンスラストが深いティストになった。
投稿者:uptail投稿日:2014-05-19 10:03:06
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:Normandie投稿日:2014-05-05 00:28:12
優れた物語にケチをつける気は毛頭ないが、しかし気持ちわるい邦題だこと〜客寄せにはもってこいの、耳障りのいいタイトルを一生懸命考えたのでしょう。
これ考えた配給会社の青二才さんの単細胞ぶりが浮かんできたですよ。
映画コピーの『それは、人生を取り戻す旅』…ってこれまた能天気過ぎて
馬鹿じゃないの、と業界人自体が心配です。

時間の経過は修復できないの、つまり新しく構築するしかないってこと。
そしてそこに至るまでにはそりゃ大変な労力が必要なんざますよ。
もうホントに色々な意味でやり場のない徒労感と怒りだけが残った
珍しい映画だったワ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-04-04 10:32:22
【ネタバレ注意】

先日たまたま『マグダレンの祈り』(02年英愛・ピーター・ミュラー監督)を観ていたこともあり(まさに“シンクロニシティ”!)、マグダレンの後日潭として興味深く観た。
いわゆる“マグダレン避難所(the Magdalen Asylum)”(「マグダレン修道院」とも「マグダレン・ランドリー」とも呼ばれる)は、カトリック教国アイルランドにかつてあった“性的に堕落した”女性たちの収容所。迫害ともいえる過酷な環境に大勢の女性たちがいたことが、近年になって次々明らかになっている。

主人公のフィロミナ(ジュディ・デンチ)もそのひとりだ。彼女は1952年未婚のまま息子を出産し、やがてその息子は何者かに引き取られていく。
50年経って彼女はその事実を明らかにして、息子を探す決心をする…。
彼女は敬虔なカトリック教徒であり、若い頃の過ちを「罪」だと感じている。しかし一方で、他人にその事実を隠してきたこともまた「欺き」であり、その葛藤の末、息子を探そうと決心するのだ。
かつてBBCにいたジャーナリスト、マーティン・シックススミス(スティーヴ・クーガン)は不本意ながら“human-interest”(三面記事)の題材として彼女の取材を始めるが、いつしか彼女が体験した理不尽な事実に深く共鳴していく。

息子を探し出してめでたしめでたしとはならない。
現実は厳しい。実母を残して、息子はすでにこの世を去っていた。彼は共和党の法律顧問まで務めたエリートだったが、ゲイであったことを隠し、エイズで若くして亡くなっていた。
しかも最期の日々、彼は実母を探して修道院を訪れてさえいた。墓所までそこにあったのだ…。
それらの事実はみな彼女がいた修道院のシスターたちによって隠蔽されていた。マーティンの怒りが爆発するが、フィロミナは意外な言葉を口にする。
赦すためには大いなる苦しみを経なくてはならない。
だがそうであっても、赦しを選んだフィロミナの決然とした表情が忘れがたい。

企画をジュディ・デンチに持ち込み、共同脚本までしたというスティーヴ・クーガンの立ち位置がいい。つかず離れず、新たな事実が明らかになる度に記事を書くべきかどうか悩む真摯な姿が好ましい。
そしてジュディ・デンチ。彼女が演じたフィロミナは、気のいいおばちゃんといった風情。ファミレスでサラダバーに喜び、車に乗れば「チューン」(菓子)をしつこくマーティンに勧め、ハーレクイン・ロマンス風純愛物語が大好き。
親切な人には感謝を忘れず、陽気に会話を楽しむ普通のおばちゃんなのが、何とも魅力的なのだ。
だからこそ、そんな彼女がずっと心に秘めてきた過去が痛ましい。

アイルランドにおけるカトリック教会の理不尽さが主題のひとつではあるが、決してそこに留まらない物語が印象を深くしている。

投稿者:ASH投稿日:2014-03-15 14:55:31
【ネタバレ注意】

 邦題から想像すると、生き別れになった息子を捜す母親のお話だよな。で、最後には2人が再会を果たすことになり、「あなたを抱きしめる日」が訪れるといったよくある母子モノかと思うじゃねぇか。実際、主人公のフィロミナは生き別れた息子を捜そうとするのだが、「それは秘密です!!」の小金治号泣!! みたいなお涙頂戴とはわけ違うんだよ。息子を捜す旅の過程で、重要なテーマが浮き彫りになる仕組み。

 50年前に修道院から引き取られた息子のアンソニー。彼が今、どこで、何をしているのか。フィロミナの依頼を受けたジャーナリストのマーティンと共にアンソニー探索の旅に出るのだが、彼の消息を捜すうちに見えてくる、カソリックが行ってきた「非道」とも言える行為の数々。しかし、この映画、それらの行為を告発し、カソリックを批判するというわけでもないのだ。大事なのは、ひどいことをされてたとしてもそれを赦す心。

 2人が捜すアンソニーの消息は、映画の早い段階で明かされる。しかも、意外なくらいにアッサリと。母が生き別れた息子を再び「抱きしめる日」を期待していた観客には肩透かし以外の何ものでもないが、母の面影を知らないアンソニーも、実はフィロミナのことを捜していたのだった。そんな母子の思いを邪魔してくるのがまたもやカソリック。しかも、その理由ってのが厳格な連中の考えそうなこってすたい!

 純潔を守ることで神に近づこうとする。性の快楽は罪である。って、人間の根源的な営みを禁じようとするカソリックって一体? さらに、この映画、もうひとつ矛盾が見えてくる。米国に渡ったアンソニーは共和党の顧問弁護士にまで出世したのだが、彼はゲイだったのでAIDSに感染してしまう。キリスト教右派が強い共和党政権では、同性愛者の病気ということでAIDS研究に予算を割いてもらえなかったという。母子を遠ざけてたものの根本的な原因が神様だったなんて! そりゃ、おかしい!!

 しかし、この映画が素敵なのは、批判性を前面に押し出したガチガチの硬派な映画なんかではなく、ほのぼのとした味わいがあって、暖かみに包まれているから。その理由は、フィロミナというどこか世間ズレしているようなお婆ちゃんがすこぶる魅力的に見えるからなんだと思う。仕事として同行していたハズのマーティンと持ちつ持たれつの関係になってゆくのも微笑ましい。次第に2人が親子みたいに見えてくるんだもん。

 さて、オスカー候補に挙がったジュディ・デンチ。正直、俺はこのオバちゃん、苦手だった。「007」のMに就任したときも「勘弁してよ〜」と思ったクチ。ところが、この映画で考えが少し変わった。キッツいオバちゃんよりも、こうい世間知らずで馴れ馴れしいオバちゃんの方がハマる。フィロミナとマーティンのちぐはぐなやり取りとか、もう可笑しくってさぁ。バッグからアメちゃんをゴソゴソと取り出しマーティンにあげたり、知らない人にも話しかけたりと、こういうオバちゃん、実際にいるもんね、

 俺はシナリオ教室に通ったことがないので詳しくは知らんが、優れた脚本ってのはこういうもんじゃなかろかね。作劇上の構成ってのも大事だとは思うが、オスカーなんかはむしろダイアローグの面白さを評価したりするんだよね。要するに、気の利いた台詞。しかし、残念なのはそういう映画とは日本語字幕だけでは伝わりにくい。台詞を耳で聞いただけで理解できないとムツカしいわな。って、俺も字幕に頼りっきりなんでエラそーなことは言えねぇけどな。まあ、実話ベースってのは、ある意味、卑怯な脚本なんだけどよ。

 無神論者で皮肉屋のマーティン。アンソニーの消息を隠し通していたシスター・ヒルデガードに喰ってかかるが、最後の最後で彼は気の利いたことをしてくれる。アンソニーのお墓に売店で買った安物(?)のキリスト像を供えてあげるのだ。脚本兼任のスティーブ・クーガン、上手い! ただ、実話ベースとはいえ、アンソニーとマーティンがワシントンで会っていたなんてチョイと出木杉くん! それこそ、神の思し召し? フィロミナが50年間もアンソニーの存在を娘に隠していた理由、俺は最後になってようやく分かった!!

 若きフィロミナがアンソニーを連れていかれるくだり。ここ、涙腺決壊ポイントなのでハンカチのご用意を。まあ、決して泣ける映画ってわけでもないがね。

 このコメント分の中に「アンソニー」が何回出てきたでしょうか?(って、数えたヤツ、バカな)。

【ニュース】
全米興行成績、「ブレードランナー 2049」が初登場1位2017/10/09
スティーヴン・フリアーズ監督×ジュディ・デンチ主演最新作「Victoria & Abdul」、予告編2017/05/31
全米興行成績、「スーサイド・スクワッド」がV22016/08/15
メリル・ストリープ主演実話コメディ「Florence Foster Jenkins」、最新予告篇2016/04/28
メリル・ストリープ主演最新作「Florence Foster Jenkins」、予告篇2016/03/11
メリル・ストリープ最新作「Florence Foster Jenkins」、ティーザー・トレーラー2016/02/18
アカデミー賞、結果発表2014/03/03
英国アカデミー(BAFTA)賞、結果発表2014/02/17
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、結果発表2014/01/20
第19回放送映画批評家協会賞、結果発表2014/01/17
アカデミー賞、ノミネーション発表2014/01/16
ゴールデン・グローブ賞、結果発表2014/01/13
英国アカデミー(BAFTA)賞、ノミネーション発表2014/01/09
第19回放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2013/12/17
全米興行成績、「ホビット」シリーズ第2弾「竜に奪われた王国」が圧勝デビュー2013/12/16
第71回ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2013/12/13
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション発表2013/12/12
全米興行成績、ディズニー・アニメ「アナと雪の女王」が首位浮上2013/12/09
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム2」V2&「アナと雪の女王」も大ヒット・スタート2013/12/02
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム2」が歴代4位の好成績でメガヒット・スタート2013/11/25
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】あなたを抱きしめる日まで2014/10/02\3,900amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】あなたを抱きしめる日までレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION