allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

祝宴!シェフ(2013)

總舖師:移動大廚
ZONE PRO SITE

総舗師 ― メインシェフへの道(第26回東京国際映画祭)

メディア映画
上映時間145分
製作国台湾
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2014/11/01
ジャンルコメディ/ドラマ
映倫G
しあわせで満腹!!
祝宴! シェフ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,873
USED価格:¥ 1,620
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 お祝いの席に出向いて料理をつくる台湾伝統の宴席料理人“総舗師(ツォポーサイ)”をテーマに描くエンタテインメント・グルメ・ムービー。伝説の料理人だった亡き父の料理を再現しようと奮闘する母娘の姿をコミカルに描く。監督は「熱帯魚」「ラブゴーゴー」のチェン・ユーシュン。
 シャオワンは、“神”と呼ばれた伝説の宴席料理人を父に持ちながらも、料理嫌いでオシャレに夢中の女の子。モデルを夢見て家を飛び出し台北に来たものの、あえなく夢破れて帰郷。しかし亡き父の後を継いだ継母パフィーは、料理の才能ゼロで食堂はガラガラ。そんな中、ひょんなことから料理を始めることになったシャオワンは、やがて全国宴席料理大会への出場を決意するが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-16 13:14:49
【ネタバレ注意】

台湾では結婚式や節目の誕生日といったお祝いの日に、親戚や友人を招待してもてなす数百人規模の宴会「辛力辛 卓の下が木(バンドゥ)」がつきもので、この宴会専門の業者、料理人がいるのだとか。そしてそれを仕切るのが「総舗師(ツォンポーサイ)」と呼ばれる人物。

台南出身のシャオワン(キミ・シア)はアイドルの夢破れ故郷の嘉義(チャーイー)へ。食堂の実家で、「神」「蝿師」と呼ばれた父親は既に亡くなっていたが、シャオワンには伝統料理の秘伝のレシピ帳が託されていた。ところが、そのレシピ帳がひったくりに奪われてしまう。それでも「料理ドクター」ルーハイ(トニー・ヤン)の協力で古早(伝統)料理が好評を博し、借金を返すために台北で行われる料理コンクールに出場することに…。
正直ドタバタのグルメコメディで、少々上映時間が長い(145分)のが難。
登場人物に感情移入できるわけではなく、徹頭徹尾少々サブいギャグの連続。
継母パフィー(リン・メイシウ)や借金取りたち。
さらに「総舗師(ツォンポーサイ)」として名を馳せてきた、シャオワンの父蝿師(クー・イーチェン)以外の2人、北部の“人”道化師(ウー・ニェンチェン)、中部の“鬼”鬼頭師(キン・ジェウェン)に加え、父の師「虎鼻師」や「召喚獣」と名乗るオタク三人組も加わってワケわからん。
物語としては破綻しているものの(笑)、台湾の食文化が垣間見えるところは面白い。
中国系や先住民系、あるいは長く植民地統治していた日本系の食もあって、きわめて多様。
そうしたことを踏まえて観ると、なかなか味わい深い?コメディといえるかも。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】祝宴!シェフ2015/04/24\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION