allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マチェーテ・キルズ(2013)

MACHETE KILLS

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2014/03/01
ジャンルアクション
映倫R15+
マチェーテ・キルズ スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1
USED価格:¥ 665
amazon.co.jpへ

 Photos
マチェーテ・キルズ

【クレジット】
監督:ロバート・ロドリゲス
製作:ロバート・ロドリゲス
リック・シュウォーツ
セルゲイ・ベスパロフ
アレクサンドル・ロドニャンスキー
アーロン・カウフマン
イリアナ・ニコリック
製作総指揮:ボリス・テテレフ
ジェリー・ハウスファター
マーク・C・マニュエル
パリス・カシドコスタス・ラトシス
テリー・ダガス
アンソニー・グダス
サム・イングルバート
ウィリアム・D・ジョンソン
アルフォンソ・バラガン・Jr
ジョン・ポール・デジョリア
原案:ロバート・ロドリゲス
マルセル・ロドリゲス
脚本:カイル・ウォード
撮影:ロバート・ロドリゲス
衣装デザイン:ニナ・プロクター
編集:ロバート・ロドリゲス
レベッカ・ロドリゲス
音楽:カール・シール
ロバート・ロドリゲス
出演:ダニー・トレホマチェーテ
ミシェル・ロドリゲスルース
ソフィア・ベルガラアダム・デズデモーナ
アンバー・ハードミス・サンアントニオ
カルロス・エステベスアメリカ大統領
レディー・ガガカメレオン
アントニオ・バンデラスカメレオン
ジェシカ・アルバサルタナ捜査官
デミアン・ビチルメンデス“マッドマン”
アレクサ・ヴェガキル・ジョイ
ヴァネッサ・ハジェンズセレーサ
キューバ・グッディング・Jrカメレオン
ウィリアム・サドラードークス保安官
マルコ・サロールサロール
ウォルトン・ゴギンズカメレオン
メル・ギブソンルター・ヴォズ
【解説】
 「グラインドハウス」内のフェイク予告編がきっかけで製作されたロバート・ロドリゲス監督による痛快B級バイオレンス・アクションの続編。ダニー・トレホ扮する不死身のタフガイ“マチェーテ”が、アメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に立ち向かうさまを、これが映画初出演となるレディー・ガガをはじめ、ミシェル・ロドリゲス、アントニオ・バンデラス、ジェシカ・アルバ、メル・ギブソン、カルロス・エステベス(チャーリー・シーン)といった錚々たる顔ぶれの豪華共演で描き出す。
 ある日、マチェーテのもとにアメリカ大統領から直々の依頼が来る。内容はメキシコのイカれた男“マッドマン”を抹殺してほしいというもの。しかし、マッドマンの心臓はワシントンに狙いを定めたミサイルと連動しており、心臓が止まると発射される仕組みになっていた。それを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけ。そのため、マッドマンを生きたままアメリカに連れて行くことに。しかし、そんなマチェーテとマッドマンを、懸賞金目当ての連中が次々と襲いかかってくる。
<allcinema>
【関連作品】
グラインドハウス(2007)
プラネット・テラー in グラインドハウス(2007)
マチェーテ(2010)第1作
マチェーテ・キルズ(2013)第2作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:tonerico投稿日:2019-01-14 02:46:17
冗談かと思ったら本当にメル・ギブソンやレディー・ガガが出てたとは。
弾は当たらないし撃たれても死なないし、その他いろいろツっこむのに、ほとほと疲れてしまう。
好きな人には悪いが、雑でいいかげんで、ちょっとヒドすぎる。楽しめねーよ、こんなん。
エンドロールの後にもちょこっとオマケ映像あり。
投稿者:田舎のオジサン2投稿日:2015-05-30 19:57:28
ロドリゲス監督とダニー・トレホのコンビ作品は大好きだが、これはため。
ストーリーがメチャメチャなのは、いつものことなので驚きはしないが、この作品では、大統領とミサイルが出て来るのは、いただけません。大統領とミサイルが出て来る映画で面白いのは見たことがない。007もミサイルが好きだが、子供だましでつまらない。ダニー・トレホは、老けて来たし、デブになって普通の人相の悪いオジサンとなってしまった。あの悪人面は滅多にない貴重なツラなのでダイエットし、シャープさを保ってほしい。トレホの主人公が最近、善人になってきたのが、気になる。あのツラで善人を演じても困るのだ。
次回作では、スペースに行くらしいが、やめてほしい。トレホの顔は、西部劇、監獄もの、ギュングもの、古代史劇のようなものしか、似合わないから。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-01-14 14:46:01
【ネタバレ注意】

前作の悪役はセガール、今回はメルギブかい!
“マチェーテガール”としてアンバーちゃんが大活躍!プッシーパンチは笑った!
バンデラスやガガ様も出てきてなかなか豪華なキャスティング。ハジェンズ嬢はもちっと見たかったかな。
チャーリーシーンの大統領、ないない!!
スターウォーズのパロディはいいねぇ!
パート3も実現してほしいな。

投稿者:bond投稿日:2014-12-24 09:12:10
贅沢キャストで悪ノリ作成。「フロムダスクティルドーン」のピストルやらハンソロ ネタやらお遊びいっぱい。ほんで次は宇宙かい。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-12-22 01:50:06
「スター・ウォーズ」ネタに膝を打てなかった。
投稿者:ちょいQK投稿日:2014-03-13 19:18:16
傑作B級映画の前作を大いに評価したので、期待して観たがダメであった。前作も意表をつくハチャメチャぶりで楽しませたのだが、そこにはリアリティを無視しない計算が隅々まで働いていたように思える。背景の不法移民問題も現実の複雑な一面であり、貧しい移民たちに肩入れする姿勢も爽快である。それが今回は地球を滅ぼして宇宙へ集団脱出しようと企む悪役との対決というアホらしさ。
冒頭から、武装した集団の前にマチェーテ(ダニー・トレホ)と捜査官の2人が拳銃だけで立ちはだかって制圧しようとし、武装集団も一旦、それに従わざるを得ないかのようなそぶりを見せる。前作と違ってなんか変だぞ、と思い始めると、案の定、その後の銃撃戦ではダメ映画アクションの定石である「何の工夫も無く隠れるタイミングも遅れているのになぜか主人公には銃弾が当たらない」場面が続く。
 前作ではどう見ても悪役顔の主人公が実はセイギの味方と判ってからも、ダニー・トレホの強烈なイメージから、単なるヒーローとは違う胡散臭さが付きまとって深みがあったのだが、本作では、のっけからアメリカ大統領から依頼を受ける正真正銘のヒーローになっている。そうなると一見顔は悪いが単なる人の好いおっさん、と見えてしまい、この映画の大きな魅力の一つであった主人公の見かけとのギャップは消えてしまう。
 大統領からの依頼は、アメリカ攻撃を企んでいるメキシコのマッドマン殺害であるのだが、やがて彼の心臓が止まると核ミサイルが自動的にアメリカへ発射されるという仕掛けになっていることが判り、馬鹿馬鹿しい攻防が続くことになる。したがってストーリーはもはや全く意味の無いものなのだが、アップテンポで繰り返されるアクションもところどころ楽しませる以外は、スケールアップを狙ったため荒唐無稽感が強まり、だんだん白けてくる。脇役にはミシェル・ロドリゲス、レディー・ガガ、アントニオ・バンデラス、カルロス・エステベス(チャーリー・シーン)、メル・ギブソンなどを配し、それなりに楽しめる。余談ながら、チャーリー・シーンは、いつからカルロス・エステベスを名乗っているのだろうか。知らなかった。また残念ながら前作に比べるとセクシーガールの露出度は減少している。
 馬鹿馬鹿しさを楽しむという見方もあるかもしれないが、チャーリー・シーンの「ホット・ショット」などのギャグ映画になっているわけではなく、結局、荒唐無稽なアクション映画の失敗作、と言うほか無い。恐らく次作も出来るのだろうが、ちょっと食指が動かない。
http://allegro.blogzine.jp/
投稿者:クリモフ投稿日:2014-03-13 15:37:57
思いつきで作った映画に続編までやっちゃたら、まぁこうなるわなぁ。ロドリゲスのノリについていけるかどうかというだけの映画。個人的にはここまで行かれると苦手です。
別にフザケるのが嫌なんじゃないけど、矢継ぎ早に繰り出されるギャグがスベッてるという風に感じられたので割とキツイ。しかもメキシコ感が薄れてスパイキッズ的な雰囲気もあまり関心はしませんでいた。
ただキャスティングに関してはハマっており。ミシェル・ロドリゲスは相変わらず良いし、チャーリー・シーン、メルギブは存在自体が可笑しい。この辺に大分救われました。
流石にイン・スペースはやり過ぎ。
投稿者:FFF投稿日:2014-03-13 09:24:26
また1800円もはらって観に行ってしまった。オモロかったけど。
ワザとでしょうけど後半の展開がなんでもありでメキシコローカルのビザール感は薄れました。
これだと次回エイリアンや隕石がでてきても不思議ではないがそれはオモロない。
マルコザロールはスゴい。
投稿者:ノブ投稿日:2014-03-01 19:27:14
【ネタバレ注意】

「マチェーテ・キルズ」(監督:ロバート・ロドリゲス 108分)
話の内容は、ズングリムックリの顔の肌の汚いおっさんが大暴れする話。
冒頭の宇宙を舞台にした続編の予告では、ライトセーバーのなたという小ネタがバカバカしかった。
軍隊が車でやって来た麻薬カルテルに撃たれ、麻薬カルテルがヘリコプターから降りてきた謎の部隊に撃たれるという銃撃戦の連続がバカバカしかった(演出で女が銃で相手の膝を撃ち抜いて膝まづかせるのがボク的には良かった)。
汚い電話機に米大統領から電話が入り、マチェーテの絞首刑がとりやめになるのがバカバカしかった。
メキシコの古く汚い胡散臭い娼館でマチェーテが娼婦達に襲われるのがバカバカしかった。
話のキーマン(マッドマン)が多重人格というのがバカバカしかった。
マッドマンの基地から逃げる時のヘリコプター爆破・ジェットボート横転がバカバカしかった。
賞金稼ぎの殺し屋が顔の覆面を引っ剥がして、レディ・ガガやアントニオ・バンデラスに化けるのがバカバカしかった
病院での銃撃戦で、娼館の女主人がマシンガンブラジャーで襲ってきたのを、マチェーテが心臓マッサージの電気ショック器具をおんな主人のマシンガンブラジャーの胸にあてて吹っ飛ばして倒すというのがバカバカしかった。
レストランで、お客や店員が皆賞金のかかっているマッドマンの存在に気づいて、皆手元にあるナイフや刃物を持って殺気立つというのが良かった。
車椅子に乗った改造車屋のオヤジが、マチェーテによって店の外に出されたら、銃で蜂の巣になって撃たれ、最後は横から飛んできたミサイルで吹っ飛んで死ぬのがバカバカしかった。
敵のボスが未来を予知できるので強いというのがバカバカしかった。
大統領の寝室の電話が鳴り、3人の女がベッドの上で受話器をリレーで渡した後に大統領が電話に出るという小ネタがバカバカしかった。
ヘリコプターのプロペラにぶらさがったマチェーテが、なたを持ってプロペラの高速回転で追ってくる敵を切ってなぎ倒すのがバカバカしかった。
最後のパーティ会場でのアクションがハチャメチャでバカバカしかった(正装して食事を運ぶマチェーテやメキシコ人ゲリラ達のコミカルさ、マチェーテと敵ボスの一騎打ち、女同士の闘い、宇宙船なのに吊り革につかまるという小ネタなどが良かった)。
最後発射されたミサイルにマチェーテが跨りながら、空中でミサイルの回線を切ってミサイルを止めるのもバカバカしかった。
全般的に
ついていけない程無茶苦茶展開が速く、無茶苦茶幼稚。アクションアクションの連続だがアクションに迫力や緊迫感はなく、かえってチャチかったり、コミカルだった。しかし演出もアクションもここまでバカバカしいとかえってスガスガしくボクには思えた。
キャラでは、主役のダニー・トレホは相変わらずいい味出していたし、ミス・サンアントニオ役のアンバー・ハードはデラべっぴんで特に良かった。
今度は宇宙を舞台にした続編をやるらしいけれど、どこまでバカバカしいか上映されたら又映画館で観たいと思った「いつまでもバカやってろ」な作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2013-11-08 17:37:15
【ネタバレ注意】

正直、一作目にあまり乗れなかったですが、今回はアンバー・ハード目当てで鑑賞。

結果的にはこの続編の方が楽しめました。
大コケしたみたいですが、3作目の宇宙編は実現させて欲しいものです。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト助演女優賞レディー・ガガ 
【レンタル】
 【Blu-ray】マチェーテ・キルズレンタル有り
 【DVD】マチェーテ・キルズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION