allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミケランジェロ・プロジェクト(2013)

THE MONUMENTS MEN

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2015/11/06
ジャンルサスペンス/ドラマ/コメディ
映倫G
芸術はプロ 戦争はド素人
美術品奪還
プロジェクト
ミケランジェロ・プロジェクト プレミアムエディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,379
USED価格:¥ 3,542
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ジョージ・クルーニー
製作:グラント・ヘスロヴ
ジョージ・クルーニー
製作総指揮:バーバラ・A・ホール
原作:ロバート・M・エドゼル
『ナチ略奪美術品を救え』(白水社刊)
ブレット・ウィッター
脚本:ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
撮影:フェドン・パパマイケル
プロダクションデ
ザイン:
ジム・ビゼル
衣装デザイン:ルイーズ・フログリー
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジョージ・クルーニーフランク・ストークス
マット・デイモンジェームズ・グレンジャー
ビル・マーレイリチャード・キャンベル
ジョン・グッドマンウォルター・ガーフィールド
ジャン・デュジャルダンジャン=クロード・クレルモン
ボブ・バラバンプレストン・サヴィッツ
ヒュー・ボネヴィルドナルド・ジェフリーズ
ケイト・ブランシェットクレール・シモーヌ
ディミトリー・レオニダス
ユストゥス・フォン・ドナーニー
ウド・クロシュヴァルト
ミヒャエル・ブランドナー
サム・ヘイゼルダイン
マイルス・ジャップ
アレクサンドル・デスプラ
ディアミッド・マルタ
セルジュ・アザナヴィシウス
アウレリア・ポワリエ
グラント・ヘスロヴ
クリスチャン・ロドスカ
マイケル・ダルトン
ジェームズ・ペイトン
【解説】
 ロバート・M・エドゼルのベストセラー・ノンフィクション『ナチ略奪美術品を救え』をジョージ・クルーニーの監督・脚本・主演で映画化した歴史エンタテインメント・サスペンス。第二次大戦下のヨーロッパを舞台に、ナチスによって略奪された世界的美術品の数々を救出するために結成された実在の特殊部隊“モニュメンツ・メン”の決死の戦いをスリリングに描き出す。共演はマット・デイモン、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェット、ジョン・グッドマンほか。
 第二次世界大戦末期のヨーロッパ。ヒトラーの命を受けたナチスドイツは、侵攻した各国で歴史的名画や彫刻をはじめとする数々の美術品の略奪を繰り返していた。これに危機感を募らせたアメリカのハーバード大学付属美術館の館長ストークスは、時の大統領ルーズベルトに直談判し、ナチスに奪われた美術品の奪還作戦を認めさせる。こうして結成されたのが特殊部隊“モニュメンツ・メン”。集められたのはメトロポリタン美術館主任学芸員ジェームズ・グレンジャーをはじめとする芸術のエキスパート7人。ただし戦場ではズブの素人ばかり。それでも貴重な美術品の行方を追ってヨーロッパ各地の前線へと乗り込んでいくモニュメンツ・メンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-01-29 00:22:25
【ネタバレ注意】

これ本当に実話なのかひ?と疑ってしまう辺りは『アルゴ』とも同じ。ジョージ・クルーニー、愛国心を鼓舞できるようなびっくり話を片っ端から拾い集めてるんだろうな。にしてもヒトラー(ナチスドイツ)の横暴を表現した作品、次から次へと尽きない。キャストは云うまでもなく絢爛豪華だが、そこからくる期待値ほどのダイナミズムは正直言って感じなかった。ちょっと上品にまとまりすぎてる感じ。

投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-09-10 18:39:19
吹替で観賞。ジョージ・クルーニーといえば「ER」の頃から小山力也。
でも今回は珍しく郷田ほづみ氏。
「メンタリスト」のパトリック・ジェーンが気になってしまった。
ちなみに、ケイト・ブランシェットは工藤静香。こちらは“絵画”つながりのキャスティングなんだとか。
投稿者:bond投稿日:2016-08-29 22:10:03
クルーニーが仲間と楽しんで作った感じ。言う程、サスペンスしておらず、イマイチ。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2016-05-04 19:56:30
これから美術館に行く度に、この出来事を思い出しそう。
投稿者:みつあき投稿日:2016-04-15 20:12:34
【ネタバレ注意】

なんというか「判り難い」作品。

結局のところ「文化や芸術は命を懸けるだけの価値がある」という事が、言いたいこと/伝えたいことなのかな?

要は「生きるだけじゃあ獣と変わらない。後世に伝えるべき経験や価値…その他もろもろは時として命より重い」
キリスト教圏的な言い方では「人はパンのみにて生きるにあらず」って感じかな?

ここら辺は、西洋には過去に重大な瑕疵があるんで…ローマが滅んだ後の西洋の文明の後退っぷりは相当なもんで
獣のように生き、虫けらのように死んでゆく暗黒の数世紀…。
まぁ、われわれはそういう過ちと体験をしなくて良かったのか?悪かったのか?

【以下、ややネタばれ】

判り難い理由は恐らく、直接的に演ってない/描けないせいだと思うんだよ。

この作品の根っこって、要は現在進行形で美術品をブッ壊している「癇癪起こしたガキから成長できないアホ集団」
から発しているんじゃないかな?
(偶像崇拝を認めないのと、文化/芸術/美術に対する敬意を払えない事を混同してる時点であまりにも幼稚)

でも、それを直接的に演ってしまうと、イロイロと支障が出てくるわけで…ほんとイロイロとね。
だから、もはや(死人に口なしとばかりに)充分にロンダリングが完了していて自分たちが堂々と正義を主張できる
対ナチスドイツ戦にアレしてるんじゃないの?と勘ぐってしまったり:笑

ま、アメリカ「だけ」が正義って描き方が鼻につく御方は、アメリカ本国にだって沢山いると思う。
ただ、どうしてそういう映画になったか?/そうせざるを得なかったか?って考えると…結局、自信がないんだよね。
つまりは「アレなヤンキー必死だな」ということで、生暖かい目で見ておけと:苦笑

そもそも、誰のものでもない土地を勝手に区画整理し所有権を主張してる時点で、国とか正義って何?って訳ですが。

安っぽい善とか悪じゃなくて、文化は大切。先人の意思や想いの結晶は尊重しよう。
それは時として命を懸ける価値がある事だし、少なくとも自分がどう考えようが、それを否定する権利はないんじゃ
ないかな?…というお話。

投稿者:イドの怪物投稿日:2015-11-27 20:52:20
残念ながらジュージ・クルーニーが楽しく映画を作ったらこうなった、みたいな感じでやや散漫。
久々の戦争物なのでこれで良しとしよう。
投稿者:ビリジョ投稿日:2015-11-19 17:39:41
【ネタバレ注意】

 冷静に振り返ってみれば、ドイツは悪者で(仕方がないけど)、ソ連も割と悪者で、アメリカ中心のチーム側はみんな良い人という設定。アメリカ人が見れば気分がいいんだろうな。ということは不問にするべきか。俺が野暮か。フランスのテロのせいもあるけれど、ここんとこちょっと欧米的価値観にバランスを感じない日々なんですよ。すみません。誰に謝っているんだ俺は。

 雰囲気ネアカでさほど重くなく、安心して見ていられるって感じ? そうでもないか、何人か死ぬし地雷踏むし。でも戦争映画って感じがあんまししない。

 要するにかなり単純な勧善懲悪映画なのではないか。好きな俳優さんが沢山出てる映画なんだけど、なんかずっとそんな感じのことを悶々と考えながらの鑑賞だった。テロが悪いんだこれも。

投稿者:mototencho投稿日:2015-11-14 15:38:30
たとえ戦時下であっても、残すべきものがあることを刻んだ貴重な1本。万年映画青年ジョージ・クルーニー、ついに戦争映画を撮ってしまいました。http://mototencho.web.fc2.com/2015/monument.html
投稿者:ASH投稿日:2015-11-07 12:20:08
【ネタバレ注意】

 同日公開された「エベレスト」とどっちを先に観ようか大いに悩んだけど、ここは本国での公開の順に従って「ミケプロ」を鑑賞!! これまた代理店によって1年間も公開が温っためられちまったが、DVDスルーにならずにこうしてスクリーンで観ることができたんでヨシとするか。

 まあ、ジョージ・クルーニーってことで、さながら美術品版「オーシャンズ」といった趣のシロモノだが、奪われた美術品を奪い返すわけだから、モニュメンツ・メンは犯罪者集団とはチト違う。戦場では素人のエキスパート集団が戦場へ出向くという魅力的なプロットが、あんま活かされてないのは残念なとこだわな。もっとも、「実話に基づく」ということでこれが史実通りなのかもしれんが。

 ちなみに、モニュメンツ・メンは何も「ミケランジェロ」作品のみを専門に奪還しようとしているわけじゃないので、この邦題はヘン!

 長文自粛中。完成版は某サイトへ寄稿。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-11-03 12:12:15
【ネタバレ注意】

実録ものですが「アルゴ」みたいな緊張感のあるスリラーではなくじんわり来る感じ。
7人ものにハズレなし。

【レンタル】
 【Blu-ray】ミケランジェロ・プロジェクトレンタル有り
 【DVD】ミケランジェロ・プロジェクトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION