allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛の渦(2014)

メディア映画
上映時間123分
製作国日本
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2014/03/01
ジャンルドラマ/ロマンス/エロティック
映倫R18+
愛の渦 特別限界版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,316
USED価格:¥ 4,650
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:三浦大輔
製作:間宮登良松
藤本款
企画:加藤和夫
プロデューサー:岡田真
木村俊樹
ラインプロデュー
サー:
坂井正徳
企画協力:太田雄子
原作:三浦大輔
脚本:三浦大輔
撮影:早坂伸
美術:露木恵美子
編集:堀善介
キャスティング:おおずさわこ
音楽:海田庄吾
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
照明:神谷信人
録音:永口靖
出演:池松壮亮ニート
門脇麦女子大生
新井浩文フリーター
滝藤賢一サラリーマン
三津谷葉子OL
中村映里子保育士
駒木根隆介童貞
赤澤セリ常連
柄本時生カップル
信江勇カップル
窪塚洋介店員
田中哲司店長
【解説】
 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で監督デビューを飾った人気劇作家・三浦大輔が、自身の率いる劇団ユニット“ポツドール”の代表作にして第50回岸田國士戯曲賞に輝いた同名舞台劇を、自らメガフォンを取り映画化したセックス・コメディ・ドラマ。都会の一室で開かれる乱交パーティに集った男女8人が、次第に身も心も裸となって欲望とエゴむき出しの本性を露わにしていく切なくも滑稽な人間模様を赤裸々に描き出す。主演は「ラスト・サムライ」「横道世之介」の池松壮亮と「スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜」の門脇麦、共演に新井浩文、滝藤賢一、田中哲司。
 閑静な住宅街にある豪華マンションの一室。そこは、男2万円、女千円、カップル5千円で参加できる秘密クラブ主催の乱交パーティ会場。集まってきたのは暗い顔のニートや真面目そうなサラリーマン、地味なメガネの女子大生など、ごく普通のセックスがしたくてたまらない男女8人。全員バスタオル1枚の姿で、いかにも気まずい空気が漂う。それでも所詮彼らの目的は一つだけ。ぎこちない会話を重ねながら徐々に相手を見つけていく一同だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-06-26 12:55:44
【ネタバレ注意】

細かい事はともかく、
見知らぬ男女が性交だけを目的に、
一堂に会するという設定は、
裸の合コンと取れなくもない。


集まった男女は、
言葉には出さなくても、
相手を値踏みする。
「この中で一番いいのは誰だ、
こやつだけは勘弁、と思われるのは誰だ」って。
自分だって選ばれる立場だけど、
まぁ、それは置いておいて(笑)。https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2014-03-27

投稿者:ASH投稿日:2015-06-07 09:45:18
【ネタバレ注意】

 R18+版との最大の違いは、削られた台詞の数々!!

投稿者:黒美君彦投稿日:2014-03-18 00:57:48
【ネタバレ注意】

知り合いが激賞していたので鑑賞。
原作の岸田國士賞を受賞した戯曲らしく、舞台然とした部屋でのやり取りが中心だ。
男性2万円、女性千円で参加できる乱交パーティークラブが舞台。
男はニート(池松壮亮)、フリーター(新井浩文)、会社員(滝藤賢一)、金型工の童貞(駒木根隆介)、女は週五の常連(赤澤セリ)、OL(三津谷葉
子)、保母(中村映里子)、女子大生(門脇麦)。

品定めするように恐る恐る会話を進めながら、やがてひと組、またひと組と、
本来の目的である性行為へとなだれこむのだが、そこここにコミカルなやりとりを散りばめているあたり、脚本になかなかの才気を感じた。
正直何回か声を上げて笑っちゃったし。


印象的だったのは、他のカップルの性行為を冷ややかに眺める赤澤セリの眼差し。ひと通り終わったあとの倦怠感と充足感の入り混じった男女の表情。スポーツを終えたあとのような爽やかさすらそこにはあって、でも何だろーなあ、どこか自己嫌悪にはまりこんでしまうというか。
女子大生に惚れたニートが、最後に女からしっぺ返しを食らうのが面白い。
一夜の夢を現実に引きずる男と、現実とは遮断出来てしまう女の違いが、あからさまになった瞬間だった。

そんなわけでそれなりに面白くは観たが、知り合いが激賞するほどの感慨は持てなかった…というのが正直なところ。
下ネタから人間を炙り出す…という「形式」があざとく感じられたせいかもしれない。
保母は本当に…という台詞に共感したりしたけど(笑)。
池松壮亮も大人になったんだなあ、という感慨。門脇麦は絶妙なキャスティング。激しいシーンによくぞ踏み切ったと思う。

ラストの窪塚洋介の、朝の光の中でのそこはかとない存在感はなかなか良かった。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演男優賞池松壮亮 「海を感じる時」「大人ドロップ」「紙の月」に対しても
 ■ ベスト10 第4位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】愛の渦 特別限界版2014/08/08\6,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】愛の渦2014/08/08\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】愛の渦 特別限界版2014/08/08\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】愛の渦2014/08/08\3,800amazon.co.jpへ
【書籍】
■原作
【単行本】 愛の渦
新品:
3新品:¥ 2,160より   17中古品¥ 319より 

【広告】