allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

野のなななのか(2013)

メディア映画
上映時間171分
製作国日本
初公開年月2014/05/17
ジャンルドラマ/ファンタジー
映倫G
人の生き死には、
常に誰か別の人の、
生き死にに繋がっている。

野のなななのか

(C)2014 芦別映画製作委員会/PSC


 Photos
野のなななのか

【クレジット】
監督:大林宣彦
エグゼクティブプ
ロデューサー:
大林恭子
原作:長谷川孝治
『なななのか』
脚本:大林宣彦
撮影:三本木久城
音楽:山下康介
主題曲:パスカルズ
『野のなななのか』
出演:品川徹鈴木光男
常盤貴子清水信子
村田雄浩鈴木冬樹
松重豊鈴木春彦
柴山智加鈴木節子
山崎紘菜鈴木かさね
窪塚俊介鈴木秋人
寺島咲鈴木カンナ
内田周作光男(青春時代)
細山田隆人大野(青春時代)
小笠原真理子小佐田留美/林崎敏江
大久保運井上弘樹
小磯勝弥中西安志
斉藤とも子井上百合子
原田夏希高橋良子
猪股南英子(少女時代)
相澤一成若杉稔
根岸季衣キオスクのおばさん
パスカルズ野の音楽隊
安達祐実山中綾野
左時枝田中英子
伊藤孝雄大野國朗
【解説】
 前作「この空の花 長岡花火物語」で新潟県長岡市の歴史に根ざした物語を地元住民とともに紡ぎ出した大林宣彦監督が、今度は北海道のかつての炭坑の町・芦別市を舞台に、再び市民とともに自主製作で作り上げた大林流“古里映画”。主演は品川徹と常盤貴子、共演に村田雄浩、松重豊、安達祐実、左時枝、伊藤孝雄。冬の北海道、芦別市。風変わりな古物商“星降る文化堂”の老主人、鈴木光男が他界する。散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬儀のために集まってくる。そこに現われた謎の女性、清水信子。この生と死の境界が曖昧な“なななのか(四十九日)”の期間に姿を見せた不思議な信子の存在が、次第に医大生だった光男の青春と戦争体験の秘密をあぶり出していく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2016-08-15 09:23:00
大林映画はとうの昔に卒業した気分になっていたが、何気にレンタルDVDで鑑賞。
ちょっとばかし、ビックリした。何コレ?スンゴク若々しいというか、攻め込んでるというか。
独りよがりと取られかねない語り口は、昔よりもパワーアップしてんじゃねぇ?
長い映画だし、この語り口だからよくわからんとこもあるんだけど、活きの良いのを観た感は半端ねェ。
もう一回観直す気にはならんのだけど、巷の噂ではこの前作も凄いらしいじゃん。気が向いたら、そっちを観てみます。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 特別賞品川徹 
 ■ ベスト10 第5位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】野のなななのか2016/04/30\5,278amazon.co.jpへ
 【DVD】野のなななのか2016/04/30\4,352amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION