allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

寄生獣 完結編(2014)

メディア映画
上映時間118分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2015/04/25
ジャンルホラー/SF/ドラマ
映倫PG12

2015年4月25日 全国東宝系にてロードショー

寄生獣 完結編

(C)2015映画「寄生獣」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:山崎貴
製作:市川南
中山良夫
エグゼクティブプ
ロデューサー:
奥田誠治
阿部秀司
山内章弘
プロデューサー:川村元気
佐藤貴博
守屋圭一郎
共同製作:古川公平
中村理一郎
薮下維也
柏木登
加太孝明
島村達雄
阿部秀司
吉川英作
高橋誠
宮本直人
原作:岩明均
脚本:古沢良太
山崎貴
撮影:阿藤正一
美術:林田裕至
佐久嶋依里
編集:穗垣順之助
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN
『コロニー』
VFX:山崎貴
VFXディレクタ
ー:
渋谷紀世子
照明:高倉進
装飾:茂木豊
録音:白取貢
助監督:安達耕平
キャラクタービジ
ュアルディレクタ
ー:
柘植伊佐夫
プロダクション統
括:
佐藤毅
出演:染谷将太泉新一
深津絵里田宮良子
阿部サダヲミギー
橋本愛村野里美
新井浩文浦上
ピエール瀧三木
山中崇辻刑事
岩井秀人草野
飯田基祐
関めぐみ
余貴美子泉信子
東出昌大島田秀雄
池内万作
佐伯新
春木みさよ
オクイシュージ中華料理店の主人
山谷花純
大森南朋倉森
豊原功補山岸
北村一輝広川剛志
國村隼平間警部補
浅野忠信後藤
【解説】
 人間を捕食する謎の寄生生物“パラサイト”が出現した地球を舞台に、平凡な高校生・泉新一と、彼の右手に寄生した“ミギー”が生き残るために奇妙な共闘関係を築き、他のパラサイトとの過酷な戦いに身を投じるさまを描いた岩明均の世界的ヒット・マンガを「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督が前後編の2部作で実写映画化したSFサスペンス。その後編。主演は染谷将太、共演に深津絵里、橋本愛、北村一輝、浅野忠信ほか。また、主人公の右手に寄生するミギー役を阿部サダヲが演じる。
 右手に寄生生物の“ミギー”を宿す高校生・泉新一は、いまや人間からもパラサイトからもマークされる存在に。そんな中、新一の住む東福山市にパラサイトが結集、市庁舎をアジトに組織化を図り、更なる勢力拡大へ向けて水面下で周到な準備を進めていた。対する人間側も、徐々にパラサイトの正体と脅威を把握していき、対パラサイト特殊部隊を結成してその殲滅に乗り出す。一方、人間の子供を産んだことで意識に変化が生じたパラサイトの田宮良子は、新一とミギーの存在に人間との共存の可能性を見出し始めるが…。
<allcinema>
【関連作品】
寄生獣 セイの格率(2014)TVアニメシリーズ
寄生獣(2014)実写劇場版前編
寄生獣 完結編(2014)実写劇場版後編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ここちち投稿日:2018-08-14 17:44:03
【ネタバレ注意】

基本、第一部と同じ感想なので
キャストについて語ります。

主人公:原作と少しイメージ違うけどいいかんじ。
ミギーと一体化したあとは、もう少しマッチョ
になってほしかった

ミギー:声が阿部サダヲって知ってるとその知識が
邪魔になる。こういった声が誰かは公開しないでほしい。

深津絵里:演技はいいけど、もう少し容姿が
原作に近いキツイ女性のほうがよかった。
授乳シーンがありますがTKBが見えないので
マイナス5点です。

ヒロイン:ミスキャストだし、演技もだめ。
もっと可愛らしいタイプのほうがよかった。

ピエール瀧:適役w

ほかは良し。


あと、第一部で書き忘れましたが、
主人公の母親が息子をかばって火傷を負うこと、
これは重要なのに、主人公の語りで済ませていて残念。
ここはしっかり回想の映像で表現してほしかった。

タムラりょうこの赤ん坊をさらったオッサンが
落下するところはワンショットで落ちるところを
観たかった。

原作に忠実なのは嬉しいのですが、
やや冗長でした。とくに語り部分。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-08-18 03:13:16
アメコミ映画なら町一つがクライマックスの舞台に出来るのにな。
ラストが蛇足に感じた位、サイコパス男は要らなかった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-12-20 17:42:44
【ネタバレ注意】

前編が相当グロかったのに比べると、その意味では完結編はややグロテスクさは影を潜め、寄生獣の本質に迫るストーリーとなっている。人間の内面に巣食う残忍な部分やエゴイスティックな部分が形としての寄生獣につながっているのだということ。
それは深津絵里演じる「田村良子」における母性の誕生に象徴される。
寄生しなくては生きられない生き物はか弱い、だからいじめるな、となるが、寄生され、脳を乗っ取られる立場からしたらたまんないぞ。
とはいえ、文明批評のステージに進むと思っていなかったので、個人的にはそうした台詞は許容範囲。古沢良太らしい台詞回しだともいえる。
深津絵里が赤ん坊を前に笑顔を作り、その後哄笑する場面も効果的だ。

グロいのは苦手だが、観終わって前後編通じて高いクオリティを感じた。
前編同様、染谷将太が抜群にいい。橋本愛と濡れ場があるとは思わなかったけど。
5体が寄生した浅野忠信も殺し屋チックでいいし、ピエール滝の首が走るのも愛嬌がある(苦笑)。
最後にミギー(声:阿部サダヲ)がど根性ガエルのピョン吉みたいな存在になってるじゃん!と突っ込みたくなったけど、このミギーが相当できるヤツだったのが幸いした、という感じか。

現実にある理不尽な殺戮を目にすると、人類こそが地球を蝕む寄生獣である、というありがちな説にそれなりの説得力を感じてしまう。
個人的にはとても面白く観た。

投稿者:bond投稿日:2016-08-20 23:58:01
終盤はT2とか遊星からの〜っぽいけど、昨今の若手映画では観れる作。
投稿者:dadada投稿日:2016-08-15 09:26:57
おい、おい...気持ちはわからんではないが、いくらなんでも喋り過ぎ、語り過ぎでしょ。
とうとうと喋ってる奴の周りの人物が、ただの棒立ちという映像が間抜けすぎて(映ってなくても気になる)、緊張感も何もあったもんじゃない。
投稿者:HABBY投稿日:2016-08-14 23:05:06
【ネタバレ注意】

ちゃんと『完結編』になってて良かった。第一作に見劣りしない、いやそれ以上のスケールを伴ってて安心した。小さな命の尊さを強調したと思われるエンドロール背景の映像や、バンプオブチキンのテーマ曲『コロニー』の歌詞世界、ミギーの立ち居振る舞い(最後のどんでん返しを含む)も含めて完璧な出来。染谷将太と橋本愛の営み(結構過激な描写になってて驚き)の末に誕生してくるであろう(?)新たなる生命の行く末に想いを馳せつつ、人間は驕り高ぶらず、謙虚に他の生物種と共存・共生していかねばならないねえ、との警鐘を鳴らされた、非常に示唆的な生物倫理学の逸品でありました。

過激描写のところさえクリアできれば、小学校低学年から見せても良い教材だと思うなあ。こういう深い世界観に子供の頃から接するのは大事。『ブラックジャック』や『メルモちゃん』とか当時は気づかなかったが、今振り返ってみるととんでもない"教科書"だったからねえ。

第1作目でも書いたが、この世界観は海外にも堂々と胸を張ってアピールできると思う。山崎貴あっぱれ。岩明均あっぱれ。日本映画あっぱれ。

投稿者:タミー投稿日:2015-11-08 09:38:10
人類の敵、寄生獣がいわゆるガオー食っちまうぞーな連中ではない。人類社会に溶け込んでうまくやろう、観察しようという奴らがいるから、そこで起こる人類観察は面白い。ここは原作からの設定の勝利かな。

映画としては特撮はいいし、ハードな展開の目白押しな点もいい。
ただテーマに関わる部分を語りすぎ。そこで展開が著しくスローになる。
他の邦画でも言えることだけど、言いたいことは絵で語って理解できない観客は突き放すくらいの作り方のほうがいい。

そしたらあのシーンってどういうこと?という観客とこういうことじゃない?という観客の間で摩擦が起きて、作品上映終了後も盛り上がる。解答付きの映画は面白くない。なんかこの映画意味分からんし、なんてほざくバカは放っておいてよし。コロコロでも読んでろ。
投稿者:ASH投稿日:2015-04-26 00:37:03
【ネタバレ注意】

 ええと、まずは「橋本愛」演じる村野里美の処女喪失シーンがオルシネ的には最大のトピックでしょうが。ちゃ〜んとブラを外すとこまで演じているのはたいしたもんです。何もあんな小汚い物置みたいなとこで初体験することもなかんべよ、とも思うが、里美ちゃんの新一くんに対する母性のようなものがヒシヒシと伝わり、その健気さがいじらしいんだわ。

 てなわけで、前作から早5ヶ月!! 待望の完結編が公開と相成ったわけだが、実は俺、TVアニメ版を最終話まで先に観ちゃったもんだから、オチをすべて知った状態での鑑賞になっちまったんだよな。まあ、原作コミックのファンも同じなんだろうが、こういうお話はオチを知らないで鑑賞に臨んだ方が幸せだよな。で、仕方がないんで、TV版との相違点をアレコレと愉しむように鑑賞した。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-04-17 12:22:04
【ネタバレ注意】

単につまらないならまだしも、寄生獣の深津絵里の主義主張が腹立たしく更にゲンナリ。
マイティー・ソーにも出てる男優の顔がショーン・ビーン化していた。
「笑う大天使」にも出ていた子が寄生獣のひとりをやってたのが収穫。

【サウンド】
『コロニー』
歌 :BUMP OF CHICKEN
【レンタル】
 【Blu-ray】寄生獣 完結編レンタル有り
 【DVD】寄生獣 完結編レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION