allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014)

CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER

メディア映画
上映時間136分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2014/04/19
ジャンルアクション/サスペンス/SF
映倫G
「アベンジャーズ以外、全員敵。」
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,560
価格:¥ 11,610
USED価格:¥ 9,535
amazon.co.jpへ

 Photos
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

【クレジット】
監督:アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
マイケル・グリロ
スタン・リー
脚本:クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
撮影:トレント・オパロック
視覚効果監修:ダン・デレウー
プロダクションデ
ザイン:
ピーター・ウェナム
衣装デザイン:ジュディアナ・マコフスキー
編集:ジェフリー・フォード
キャスティング:サラ・ハリー・フィン
音楽:ヘンリー・ジャックマン
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
出演:クリス・エヴァンススティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
スカーレット・ヨハンソンナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ
セバスチャン・スタンバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー
アンソニー・マッキーサム・ウィルソン/ファルコン
コビー・スマルダーズマリア・ヒル
フランク・グリロブロック・ラムロウ/クロスボーンズ
エミリー・ヴァンキャンプシャロン/エージェント13
ヘイリー・アトウェルペギー・カーター
ロバート・レッドフォードアレクサンダー・ピアース
サミュエル・L・ジャクソンニック・フューリー
マキシミリアーノ・ヘルナンデスジャスパー・シットウェル
トビー・ジョーンズドクター・ゾラ
スタン・リー
ジェニー・アガター
バーナード・ホワイト
チン・ハン
アラン・デイル
カラン・マルヴェイ
ギャリー・シャンドリングスターン
ジョルジュ・サン=ピエール
エド・ブルベイカー
ダニー・プディ
スティーヴン・カルプ
トーマス・クレッチマンバロン・フォン・ストラッカー
(クレジットなし)
エリザベス・オルセンワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
(クレジットなし)
アーロン・テイラー=ジョンソンピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー
(クレジットなし)
【解説】
 マーベルの人気スーパー・ヒーロー“キャプテン・アメリカ”をフィーチャーした「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」の続編にして“アベンジャーズ・プロジェクト”の1本となるアクション・アドベンチャー大作。“アベンジャーズの戦い”から2年後の世界を舞台に、ニック・フューリー率いる国際平和維持組織“S.H.I.E.L.D.(シールド)”の活動に疑問を持ち始めたキャプテン・アメリカとブラック・ウィドウを待ち受ける巨大な陰謀と新たな戦いの行方を描く。主演はクリス・エヴァンス、共演にスカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・レッドフォード。監督は「ウェルカム トゥ コリンウッド」「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」の兄弟監督、アンソニー&ジョー・ルッソ。
 アベンジャーズの戦いから2年。ブラック・ウィドウとともにシールドの一員として活動するキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース。第二次大戦の英雄である彼は、いまだ現代での生活に馴染めず、また自分の役割にも少なからぬ戸惑いを拭えずにいた。そしてまた、ニック・フューリー長官が語る巨大空中母艦ヘリキャリアによる全人類の監視という計画にも疑問を感じてしまう。そんな中ついに、味方だと思っていたシールドの仲間たちから命を狙われる事態に。もはやアベンジャーズ以外誰も信用できない窮地に追い込まれたキャプテン・アメリカ。そんな彼の前にさらなる強大な敵が姿を現わすが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-05-29 12:00:18
空母に戦闘機に銃の国のヒーロー。円盾で防御。円盾で攻撃。打倒、ヒドラ。不死身のアイパッチは元二枚目ジジイを撃つ。洗脳サイボーグ兵士は耳男を救う。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-11-04 13:27:42
【ネタバレ注意】

第1作は観ていないのだが、台詞の端々から何となく出自は理解できるので十分楽しめた。超人が好きなマーベルっぽい設定で、アクションも展開もスピーディ。悪役がロバート・レッドフォードというのも思いがけない配役。どう見ても運動音痴としか思えないスカーレット・ヨハンソンが渾身の?アクション。ブラック・ウィドー役をしている限り、彼女はマーベルの各作品でアクションスターでなくてはならないわけだし、大変だなあ(笑)
しかも他の作品と整合性をつけなきゃいけないから、設定も大変だろうな、と思うけど、あんまり深く考えずにすむのがこのシリーズのお気楽なところ。ド派手なVFXに身を任せ、ハラハラしながら正義の味方が勝利するのを見ていればいいのだから。
それにしてもテロリスト候補を含めて殲滅する作戦って、意外にあり得る設定だったりして。怖い怖い。

投稿者:dadada投稿日:2016-06-27 08:39:52
直近のアメコミ映画ブームに乗り遅れ気味の私。それほど思い入れや何やらがある訳ではないので、別に良いんだけど、巷がお祭り騒ぎだから、ミーハーとしては落ち着かない。
先日、「デップー」を劇場鑑賞し、“ダークナイト・シリーズ”以来となるアメコミ映画劇場体験をしたものの、もう一つ乗り切れなかった。
やっぱ、このジャンル苦手なのかなと思いながら、今更だけども評判の良かった本作を何気にDVD鑑賞...これが、もう言われ尽くしてることなんだろうが、面白かった!
敵が外側でなく内側にあるというソソル筋立て...しかも、あのコンドル・レッドフォードが相手。
重火器を使った街中での腹に響くアクション。キレのある格闘シーン...バジェットの問題もあるけれど、つくづく邦画「ルパン三世」のヘタレぶりを思い出したりして。
物語の展開、アクション、セリフ...全てにおいて、ケレンが利いていて気持ちイイ。
勢いで、「エイジ・オブ・ウルトロン」も連続鑑賞したが、あっちはチョイ苦手寄りの映画で、やっぱ乗り切れず。
同じ“キャプテン・アメリカ”名義の「シビルウォー」をたまらなく観たくなったが、DVDが出るまでお預けなのね...残念。
投稿者:Da-1投稿日:2016-06-05 09:07:04
レンタルDVDで鑑賞。
マーベル作品で、こんなスリリングなアクション・スリラーが楽しめるとは。『マラソン・マン』や『パララックス・ビュー』を手本にしたという話もあったが、陰謀に気付いた男が、巨大な国家に命を狙われながら孤立無援で戦うという、僕の大好きだった7〜80年代のポリティカルスリラーを想起させる味わい。CG控えめの壮絶カーアクション、レッドフォードの起用など、「どうせ子供向け漫画映画だろ?」ってなオールド映画ファンの偏見も吹き飛ばす破壊力バツグンの一作でした。
投稿者:HABBY投稿日:2015-11-21 03:23:19
ほぼスカーレット・ヨハンソンしか見てませんでした。
投稿者:nedved投稿日:2015-07-08 23:13:07
クリス・エヴァンス
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-06-11 22:18:20
悩める“ダークすぎる”ヒーローがカッコよいとされ幅を効かせる昨今。
“バカ”がつくほど誠実で、正義と国家への忠誠を重んじるヒーロー、それがキャプテンアメリカだ!
いささか時代遅れで、クールじゃないのかもしれないけれど、おじさんは好きだなぁ。
かつての“クリストファー・リーブ”の「スーパーマン」に匹敵する高潔さは、これぞヒーロー映画の見本!
バリバリ続編を意識したラストにも期待が高まる!
投稿者:bond投稿日:2015-06-07 22:38:51
マーヴェルシリーズではいい出来映え。肉弾戦、銃撃戦 共に迫力あり。レッドフォードが悪役とは珍しい。
投稿者:nabeさん投稿日:2015-01-24 21:57:42
マーベルの人気スーパーヒーロー第2作である。
アベンジャーズ所属の数多いヒーローたちの中で、本作は、C.エバンズ演じるキャプテン・アメリカと、S.ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの二人が登場する。この二人が、揃って美男美女で、まさにスーパーヒーローの見本のようなカッコ良さだ!
ストーリーの基本は、二人が所属している組織であるシールドの、裏切りによる暗殺者たちとの壮絶な戦いなので、それこそいつでもどこでもすぐにアクションシーンに入って行ける。戦争でもないのに、このような環境を自然にセットできるところが、マーベルシリーズの醍醐味だろう。
とにかく、この映画の魅力は、エバンスとヨハンソンのカッコ良さにつきる!敵役として登場するウィンターソルジャーは、ビジュアル的に地味なのでイマイチだ。
R.レッドフォードとS.L.ジャクソンの名優二人が、シブい演技でこのアニメチックな作品を引き締めているのが印象的。やはり脇役には大物俳優が必要なのだ。
投稿者:DEVILWING投稿日:2014-10-07 20:56:24
【ネタバレ注意】

悪い奴は潰したい。でも、あらかじめ「こいつはそうだ!」と’決めつけて’消していいのか?
ってのが主題なんかな?

善悪なんてその日その時で変るモノ。所詮為政者の都合悪い物が「悪」ですよね?

なので今日もキャプテンは民主主義と共に闘うのです!

アベンジャーズでおなじみの各キャラがその後に向けて再出発するシーンは涙無くして見られません。
現場で汗や血を流す人の苦労も知らないスーツ野郎が、イニシアチブを担って居るのは仕方のない事なのですが、ヒーロー物として「ほんの数人がこの世の未来を変えていく」ニュアンスが少々キツい気がしました。

投稿者:なちら投稿日:2014-06-03 21:57:19
公開前に、レッドフォード風のオッサンが出てるな…と思っていたら、まさかの本人だとは。
えー?この人、こういう顔だった??
しかし、アメコミ作品の悪役とは、攻めてるね〜。全くイメージに無いもの。

今回、抜群の安定感を見せるキャプテンに対して、ブラックウィドウは可愛らしかったな。
仕事向いてないのかもなんて言ってみたり、
キャプテンにやたらと女の子とのデートを勧める辺りがちょっとイイ。
再就職はどうするのかな?
そういえば、スターク社の入社試験受けてるシールドメンバーがいたのは笑えたわ。
投稿者:タミー投稿日:2014-04-25 09:32:47
元は戦意高揚を目的として生まれたキャプテン・アメリカ。マーベルヒーローの中でもっとも国家に準ずるヒーロー、公務員ヒーロー。
というわけで、アベンジャーズの他のメンバーと違って、自分の発言と行動に大きな責任が伴うわけだ。

本作はそんな彼の立ち位置をうまく活かした作品だ。
国民の監視と脅威の事前排除という現代アメリカの正義を敵にし、キャプテン・アメリカが立ち上がる!
もちろん敵を殴る蹴る撃つ、しまいにはテロると大暴れすることになるから、その辺のカタルシスが失われないようにストーリー上の工夫もある。

しかしこんな設定だと主人公がウジウジ悩みそうだが、さすがキャプテン、悩まない。

こんな計画はおかしい→反対する→何か裏がある→じゃあぶち壊す!
親友が敵になる→俺が説得する!→殺されそうになる→説得してみせる!

ここまで来ると病的なくらいまっすぐなヒーローだ。それでも皆が彼を慕って命を懸けるのに観客からの失笑が漏れないのは、キャプテンが先頭になって危険を冒し、弾を受けているからだろう。
それが彼の一番の武器であるカリスマ性、リーダーの才能であり、そのためにキャプテン・アメリカは盾を持っているのだな、と納得させられる一作だった。

とはいえ、本作でもキャプテンの盾は「え、盾ってそんな使い方があるの…」という万能ぶりを見せてくれるので、そこも楽しんでほしい。

「平和とは功績ではない。責任である」
というのは作中の黒幕のセリフだが、心に響く。
逆に彼と戦った側のある人物には「私たちは間違いを犯したけれど、あなた達は私たちの力が必要になる。だから裁けない」なんて言葉をラストに吐かせるのだから、モヤモヤが残る。これは入れなかった方がいいんじゃないの、と思ったりもするが、このモヤモヤこそ制作側の狙いなんだろう。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2014-04-23 03:30:24
70年代の政治スリラーを目指したというだけあって、小気味好いアクションを織り込んだスピーディな展開、過去の因縁が渦巻く二重三重の謀略、誰も信用できない状況でそれでも戦い抜く主人公の活躍に手に汗握る。
まるでロバート・ラドラムのスパイ冒険小説のような無類の面白さを味わわせながら、時事問題を凝縮した作りに舌を巻く。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-481.html
投稿者:uptail投稿日:2014-04-21 11:03:24
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-04-19 13:04:32
【ネタバレ注意】

ジェニー・アガターのあんな姿が観れるとは。

投稿者:ASH投稿日:2014-04-19 13:02:58
【ネタバレ注意】

 「アイアンマン3」「マイティ・ソー2」と、「アベンジャーズ」その後を描いたマーベル作品は既にあったわけだが、それらがどちらかと言えば(当事者のくせに)直接的なその後を描いていなかったのに対して、この「キャプテン」第2弾は極めて「アベンジャーズ」色が濃厚!! なんせシールド内にはびこっていた恐るべき陰謀が明かされるんだからさぁ。

 フューリー長官もナターシャも、さらに評議会メンバーも出てこなかった「アイアン3」や「ソー2」と比べると、主人公であるキャプテンは根っからの軍人ゆえ、直属の組織としてシールドの存在があり、そこから命じられる任務に従うのが基本なんだろうから、アベンジャーズ色が濃厚になったのかもしれんわな。自由人であるトニーや、雷神様であるソーといった勝手気ままな連中とはわけが違う。しかし、属していた組織が信用できなくなった時、愛国者はどうする?

 と、どうやら根底のテーマはそこにあるようなのだ。平和維持のため、それを信念として任務を遂行してきたキャプテンだが、そのシールドが行き過ぎたシステムを始動させようとしていると知り、それが正しいことなのかと疑問を抱く。愛国者であるキャプテンの、正義というものに対する自問。行き過ぎた行動に従うのも、果たして軍人としての務めなのだろうか? と、ここにマーベル・ヒーロー普遍のテーマが見えてくる!

 まあ、あまり深刻に悩むのもアメコミ映画としてはいかがなもんかとは思うので、シールド設立とその裏に隠された陰謀、さらに敵としてキャプテンの前に立ちはだかるウィンター・ソルジャーの意外な正体と、ドラマチックな要素が満載でお話を大いに盛り上げてくれる。前作は戦争アクション映画だったが、今回はキャプテンの超人的な活躍がよりクローズアップされていて、ドラマ性もあり、怒涛のクライマックスまで用意されているので見応え充分!! 俺は2作目の方に軍配!!

 しかし、アベンジャーズが壊滅の危機にあるってのに、トニーや他の連中は助けに来てくんないのかよ? と、野暮なことを言いたくもなるが、前作で滅びたと思われていたヒドラ党が21世紀にもなって生き延びていたなんて。善と悪は表裏一体、善があるから、悪もある。この2つはなくなることはない。たかがアメコミ映画なんだけど、勝手な深読みをしてしまうのはなぜなんだろ? でもま、深読みってのも、映画の愉しみ方のひとつだと俺は思ってるけどな。

 ヘリキャリアが3基も飛ぶ空中戦。その中でキャプテンとウィンター・ソルジャーの死闘が繰り広げられるクライマックスにボンクラどもはグッとくること請け合い。で、ウィンター・ソルジャーが改造されたバッキーだったという悲しき宿命。かつての親友が敵に回るというド定番が、これほど胸を熱くさせるとは!! 新メンバー、ファルコンの頼りになる相棒っぷりも最高で、「アベンジャーズ2」への布石は大いに揃った!

 さて、今回の目玉はロバート・レッドフォードのアメコミ映画参戦。しかも悪役!! あのレッドフォードが黒幕、というのは出てきた時から充分に予想の範囲内だったが、家政婦さんを無情に射殺するくだり衝撃的だわな。「リベンジ」でお馴染みのエミリー・バンキャンプはもっと出番があればよかったんだけど、スカーレットに隠れちゃって残念無念。「キャプテン3」があるんならば、エージェント13は活躍してもらいたい。

 マーベル作品恒例のオマケ映像。いよいよ「アベンジャーズ2」への準備段階に入ってきた模様。あの双子がどう絡むのか、さらにエンド・クレジット終了後にはもうひとつのオマケ映像が。自分の過去と対峙するウィンター・ソルジャー、なんか意味ありげ(そうか?)。

 スカーレットとレッドフォード、「モンタナ」の2人が再共演!! この映画でスカーレットは、レッドフォードに銃を向けて脅す脅す。大きくなったもんよなぁ。

 ちなみに、俺のいっちゃん好きなマービン・ゲイのアルバムは遺作「ミッドナイト・ラヴ(Midnight Love)」。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞Dan Sudick 
  ダン・デレウー 
  Russell Earl 
  Bryan Grill 
□ アクション映画賞 
 □ アクション映画男優賞クリス・エヴァンス 
□ キス・シーン賞スカーレット・ヨハンソン スカーレット・ヨハンソン&クリス・エヴァンス
  クリス・エヴァンス 
 □ 格闘シーン賞クリス・エヴァンス クリス・エヴァンス対セバスチャン・スタン
  セバスチャン・スタン 
【ニュース】
エミリー・ヴァンキャンプ主演ドラマ「The Girl in the Book」、予告編2015/12/03
全米興行成績、「ワイルド・スピード SKY MISSION」が爆発的大ヒット・スタート2015/04/06
エンパイア映画賞、結果発表2015/03/31
「ゴーストバスターズ」リブート企画、女版に続いて早くも男版が始動2015/03/10
エンパイア映画賞、ノミネーション2015/02/25
第87回アカデミー賞、結果発表2015/02/23
全米興行成績、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が年間成績で首位浮上の快挙2014/09/01
全米興行成績、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が首位返り咲き2014/08/25
「キャプテン・アメリカ2」のルッソ兄弟、『暗殺者グレイマン』映画化を監督へ2014/06/02
全米興行成績、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」がメガヒット・デビュー2014/05/19
全米興行成績、セス・ローゲン&ザック・エフロン共演R指定コメディが大ヒット・デビュー2014/05/12
全米興行成績、「アメイジング・スパイダーマン2」が大ヒット・スタート2014/05/05
全米興行成績、キャメロン・ディアス主演コメディ「The Other Woman」が好スタート2014/04/28
全米興行成績、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」がV32014/04/21
全米興行成績、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」がV22014/04/14
全米興行成績、「キャプテン・アメリカ」最新作が爆発的大ヒット・スタート2014/04/07
全米興行成績、ダーレン・アロノフスキー監督「ノア 約束の舟」が好スタート2014/03/31
クリス・エヴァンス主演アクション「キャプテン・アメリカ」第2弾、予告編2013/10/25
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION